HGBF 1/144 ガンダムフェニーチェリナーシタ レビュー

IMG_9120.jpg
HGBF 1/144 ガンダムフェニーチェリナーシタ
メーカー小売価格:1944円

恐らくビルドファイターズ第1期最後のリリースとなるガンプラ。
長かったような、短かったような。放送全盛期は怒涛のラッシュでしたね。
果たしてこのキットで有終の美を飾れるのか。

というわけで、HGBF 1/144 ガンダムフェニーチェリナーシタをレビューいたします。

※当記事で紹介しているキットは付属のシールのみ貼った素組みの状態です。
IMG_9025.jpg
XXXG-01Wfr ガンダムフェニーチェリナーシタ

キュベレイパピヨンとのバトルで破壊されたフェニーチェを全面改修した機体。
改修前よりも鋭角で左右対称の形状となり、バード形態への変形機構も復活している。
オッドアイは緑のツインアイとなり、マスクは頭部のスリットがないものに変更された。
「リナーシタライフル」はメインライフルとサブライフルで上下に分割可能で、さらにサブライフルは
ハンドライフルとビームソードに分離する機能が追加された。
バード形態時はメインとサブを分割してそれぞれ左右の腕に懸架される。
変形機構の復活に伴い、フェニーチェでオミットされていたシールドは「リナーシタウイングシールド」へ改修され、
原点機よりさらに大型化した。ビームマントは右肩にも増設されている。


終盤の登場ながら、そのデザインのカッコよさから筆者の心を奪った憎きガンプラ。
発売を絶大に所望していましたが、とうとうビルドファイターズ1期最後のガンプラとして君臨することになりました。


IMG_9032.jpg
フロントビュー。アシンメトリーのデザインは一新し、オリジナルのデザインをボリュームアップさせたような印象。
HGACのウイングガンダムがやや痩せ気味だったので、ボリュームアップした当キットは
プロポーション面でも非常に調和がとれていると思います。


IMG_9031.jpg
リアビュー。
ちなみにかつてのウイングやリナーシタとの共通パーツは殆どなく、関節部以外はほぼ新規造型です。
細かい部分を見比べても微妙に違ってたりします。


IMG_9033.jpg
顔。片ヅノのリナーシタの顔が元に戻った… のではなく、完全新規の顔。
微妙にアンテナ部が折れ曲がってるのがポイント。ツインアイも両眼緑色に戻りました。


IMG_9035.jpg
胸。ウイングの面影こそ残しているものの、やはり新規造型。
中央部は胃従来通り、下地にメタリックグリーンのホイルシールを貼った後、透明のクリアパーツを被せます。
ダクト部もホイルパーツで色分けされてますが、細かいのでマーカーで塗ったほうが早いです。


IMG_9037.jpg
肩。特徴的だった黄色い丸いパーツ部が小さくなってしまった為、ホイルシールで色分け。
ここはちゃんとパーツで色分けしてほしかった。


IMG_9038.jpg
関節部はウイングのランナーを使いまわしている為、デザインは少し前のものです。


IMG_9042.jpg
アームガード部の爪の部分は、立ててあるのが正しい形だそうです。
腕まで伸びてるアームガード部ですが、これが後々難点を生むことに…


IMG_9039.jpg
腰。地味で分かりにくいですが、こちらも新規造型です。


IMG_9040.jpg
脚。スラっとしていたウイングやフェニーチェに比べ、オプションが増してゴテゴテしてます。


IMG_9043.jpg
背中のウイング。ウイングやフェニーチェよりもデザインがボリュームアップ。


IMG_9044.jpg
可動範囲。
上半身はハッキリ言って元々と同じです。腕・肩ともに良く動きます。


IMG_9045.jpg
引き出し機構もグイグイ動きます。


IMG_9046.jpg
首も問題なくガンガン動きます。


IMG_9047.jpg
腰も余裕の一回転。


IMG_9048.jpg
膝関節も変形機構を取り入れている為三重関節。膝立ちは余裕です。


IMG_9049.jpg
開脚はサイドアーマーの都合上、この程度。
足首の自由度がかなり悪い為、接地性には難アリです。


IMG_9116.jpg
ウイングの可動。開き具合はウイングやフェニーチェと一緒。


IMG_9051.jpg
前後可動も一緒。


IMG_9052.jpg
違うのは赤いサブウイングが前後にロール可動するようになってます。


総じて接地性に問題がある以外は高可動と言ってよろしい出来栄え。


IMG_9053.jpg
付属品。


IMG_9054.jpg
こちらはオマケパーツ。右側のジョイントパーツは一部変形に使いますが、
左側のサーベル刃はランナーの都合上付属する完璧な余剰品。


IMG_9055.jpg
バスターライフルカスタム。
ウイングのバスターライフルに、ハンドガンとビームサーベルを合体させたものです。
アームガードが邪魔して根本までライフルが持てない…


IMG_9057.jpg
ご覧の通りビームサーベルの先端からサーベル刃を装着可能。


IMG_9058_20140918183511101.jpg
こんな感じで分離可能。


IMG_9059.jpg
分離した状態でも各々の装備は保持可能。ビームサーベルもこの通り。
しかしやっぱりアームガードが邪魔…


IMG_9060.jpg
こちらは普通のビームサーベル。何処から取ってくるのかは知りません。(恐らくシールドから?)
というか、付属の解説書では存在すること自体が書いてません。なんてこった。
サーベル刃はいつもの形状ですが、硬いプラ素材なので破損とかには注意。


IMG_9061.jpg
リナーシタウイングシールド。ウイングガンダムのものを更に巨大化させたものです。
先端の「目」にあたる部分はホイルシール。ギミックなどは一切なし。


IMG_9092.jpg
ビームシールド。パーツはフェニーチェのものと同じですが、
今回は両肩に装備可能。その為2枚付属しています。


IMG_9065.jpg
持たせるもん持たせて再度素立ち。
ボリューム感一層アップ。う~ん、たまりません!


IMG_9068.jpg
フェニーチェと比較。カラーリング以外はほぼ別物です。
「フェニーチェの改良機」というよりは、「ウイングの2号機」と言った方が正しいかと。


IMG_9067.jpg
ウイングと比較。如何にもリナーシタの方が「強化された」という印象ですね。


お次は飛行形態への変形。

IMG_9104.jpg
まずは背中のウイングとアームガードの爪を畳みます。


IMG_9105.jpg
両手を外して型と腕の位置をずらす。この辺はウイングと同じですね。


IMG_9106.jpg
股間部にジョイントパーツをはめ込み、ジョイントパーツのミゾに沿って脚を固定させます。
が、ぶっちゃけミゾが小さいので固定しきれません。「この辺でいいかな?」と思ったら次のステップへ。


IMG_9107.jpg
脹脛のパーツとサイドアーマーをミゾに合わせてはめ込みます。


IMG_9108.jpg
後はウイングを倒して形を整えて、


IMG_9109.jpg
各武装を所定の位置に装填させれば、完成。


IMG_9111.jpg
これが飛行形態。…ゴツイ。ただひたすらにゴツイ。
折り畳まれたウイングのせいもあって、「鳥」というよりは「ミサイル」のような印象を感じます。
もう少しウイング゛か大きかったら…


IMG_9112.jpg
変形自体もウイングと違って複雑で難しめ。加えてこのゴツさ。
思ったよりもカッコよくないかも…


それではブンドドいくぜぃ!


IMG_9071.jpg
シンメトリーになってカッコよさもアップ!
でもそれだと何で今までアシンメトリーに拘っていたのだろう。色々と吹っ切れたとか?


IMG_9073.jpg
デーンデンデンデーン
ちなみに最初見た時、筆者はウイングゼロの改良機かと思ってました。


IMG_9076.jpg

IMG_9117.jpg
バスターライフルカスタムは、持ち前のゴツさも手伝って、普通に構えるだけでもカッコいい。


IMG_9082.jpg
ただ両手持ちはちと厳しめ。
主にアームガードが邪魔して上手く構えられません。


IMG_9089.jpg
所属不明のビームサーベル。


IMG_9090.jpg
アニメ見た感じでは一応シールドに装填されてるっぽいけど… 収納ギミックが欲しかったところ。


IMG_9102.jpg

IMG_9098.jpg
銃剣ポーズがイマイチ思いつかない。
両手持ちポーズはとっておくんだった。


IMG_9084.jpg

IMG_9088.jpg
銃剣の方のビームサーベルは予備のナイフみたいな役割が似合いそう。
ブーメランとかも似合うかな?


IMG_9094.jpg
両肩からビームシールド。
意外と白兵戦特化なんですかねコイツ。


IMG_9097.jpg
ブーン。


IMG_9113.jpg
後は気休めの飛行形態。ゴツい。


IMG_9114.jpg
ちなみに両側のウイングは一応展開可能。これで少しは鳥らしくなったか?


IMG_9115.jpg
まあ劇中では開いてませんでしたが…
そもそも「飛行形態」であって「バード形態」ではありません。鳥に執着する必要はないですね。


IMG_9119.jpg
以上、HGBF 1/144 ガンダムフェニーチェリナーシタのレビューでした。
単独のブンドドに熱中しすぎてギャンバルカンやガーベラ・テトラとの絡みを忘れてた…( ゚д゚)

デザインは文句なしのカッコよさです。お前みたいなウイングガンダムを待ってたんだよ!
アニメではもう少し痩せたプロポーションでしたが、ボリューム感のあるこちらも悪くはないです。というかむしろ好印象。
武装も一通り揃っており、遊びの幅も非常に充実しているのですが、
手まで伸びたアームガードが若干ブンドドの支障になっていて、これが地味にイライラします。
ついでに当記事のブンドドは殆どが浮かせてのディスプレイでしたが、
地上に立たせる場合は、足首の可動の悪さと背中のウイングの重さの関係で、捻ったポーズだと自立しにくいかもです。
加えて飛行形態がイマイチよくない印象。(これはかなり主観的な意見ですが)
総じて良キットとは言っていいものの、やや惜しい点が残るかと。
まあ、完成度の高いキットであることは確かなので、これまでシリーズを買いそろえている方なら購入待ったなしです。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/09/18 19:14 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(2)

バス女「フルスクラッチを手を抜かず当たり前のようにやり遂げるなんて中々できないよ。」アイラ「流石です、お兄様!」フェリーニ「俺はお前の兄貴になった覚えは無いが…」

どうも、「魔法科高校の劣等生」「六畳間の侵略者」「月刊少女野崎くん」と今期の中村悠一さんは大活躍だったなー
と、ヒシヒシ感じるソバスチンです。典型的なラノベ主人公でも嫌味が無く見れるのが氏の魅力です。
そして、バトスピやガンプラ人気商品の請負人みたいなポジションになりつつありますねw
(ジェスタ+ベースジャバーは個人的なヒット商品ですがw)

さて、BFT放送間近で滑り込んで来たリターシタですが、時間がかかっただけに良いキットなようですね。
TV版ゼロやEW版(アーリータイプ)等の良いとこ取りしたようでストレートなカッコ良さが光ります(゚∇^d)
旧フェニーチェに続き攻防バランスの良い装備は健在なようですし遊びの幅は大きいですね。
クロスボーン魔王同様にオールラウンダーな感じでGジェネ等に出たら強機体になりそうですw
 このタイミングで発売となるとどうしてもBFTでのリカルド・フェリーニ再登場に期待が強まりますが。
スタッフのインタビューによると前作のキャラは大きくいじらないように黒田氏は気を付けている様なので
あまり期待はしない方が良さそうですし、折角の新キャラのためにもその方が妥当ですね。
Gレコと被ったのは予想外だったようで現場は結構大変そうな様相ですが(綿田監督はGレコで演出もしてます)
ファンの声が現場の活力になると信じて私は両方とも見守りたいですね。
『アレ』とか『ソレ』はファンの声が負の連鎖になりましたけど、そうならない事を祈ります…(-人-;)
[ 2014/09/19 21:20 ] [ 編集 ]

Re: バス女「フルスクラッチを手を抜かず当たり前のようにやり遂げるなんて中々できないよ。」アイラ「流石です、お兄様!」フェリーニ「俺はお前の兄貴になった覚えは無いが…」

ソバスチン様、コメントありがとうございます!
中村悠一氏は業界でもかなりのゲーマーですからね。
何らかのホビーを与えてしまえば骨の髄まで食い尽くしてくれる為、会社も大喜びでしょうw

アシンメトリーな旧フェニーチェと違い、純粋にボリュームアップを遂げたリナーシタは、
仰る通りストレートにカッコイイです。正に後継機の名に恥じない出来栄えかと。
武装バランスはどちらかと言うと白兵戦向けになったかと思います。
ビームサーベルやビームマントが増設されたのに対し、
ライフルは旧バージョンのまま、サブ射撃武器は小型のハンドガンになってますからね。

>このタイミングで発売となるとどうしてもBFTでのリカルド・フェリーニ再登場に期待が強まりますが。
スタッフのインタビューによると前作のキャラは大きくいじらないように黒田氏は気を付けている様なので
あまり期待はしない方が良さそうですし、折角の新キャラのためにもその方が妥当ですね。

個人的に、ビルドファイターズトライはあまり前作の雰囲気を引きずって欲しくないので、
出来る限り前作キャラはあまり続投してほしくないです。あくまで存在が示唆させる程度で。
もし出すのであればラルさんのように、普段は喋るだけ喋って、最終決戦だけバトルする…
…って、そんな歳じゃないですねw
[ 2014/09/25 23:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/637-6dcab8be