FC2ブログ





今週のハピネスチャージプリキュア! 36話

ハピネスチャージプリキュア! 36話 『愛がいっぱい!めぐみのイノセントバースデー!』

ハピプリep36 0

少子化は若者が高齢者を年金的な意味で支える上での重要な社会問題だと思うんですけど(名推理)
ハピプリep36 1

めぐみの誕生パーティーの日がやってきました。ついでにお父さんも帰ってくるみたいです。
お父さんは世界各地で人助けのお仕事をしてるみたいです。立派な人です。
めぐみも意気込んでお母さんの病気を治したい意志を表しますが、お母さん曰く病気は治療は難しく、
投薬を続ければ生活には支障ないみたいです。なので心配する必要はないと。
めぐみさん拍子抜け。お母さんを治したいと思ってきたのに、まさかの治さなくてもいい発言。
自分の頑張りが空回りだったことに気が抜けてしまいます。
そんなテンションのまま誕生日パーティー(一介の中学生の誕生日パーティーにしてはスケールでかすぎ)開催。
あまり乗り気じゃないテンションに誠司が気付き、「落ち込むなんてお前らしくない」「悩まずに自信を持て」と励まします。
一応元気づけられためぐみですが、そこへ現れた神様仏様ブルー様。
誠司とは逆に、ブルーは「悩んだり苦しんだりするのはめぐみの心が成長しているから」と説き伏せます。
むしろそっちの元気を貰えたらしく、めぐみは元気を取り戻しました。誠司涙目。
そこへオレスキー出現。自分の誕生日を祝ってもらえない妬みで襲いかかってきました。
4人はプリキュアに変身し、サイアークと交戦。「タンジョウビガー!」となっているオレスキーに、ラブリーは「一緒にやろうよ」と声をかけます。
失敗したり、上手くいかなくても、皆の幸せを願いたい。
そんなラブリーのイノセント…というか「いろいろ考えてみました」的な想いでイノセントフォーム発現。
後はいつもの流れです。サイアーク倒したらオレスキーさん帰っちゃいました。
自分のイノセントの想いに気付けためぐみはブルーにご報告してコソコソ抱き着いちゃったりしてます。
そんな様子を見て修羅場なお方が1人、そして2人…


ハピプリep36 2

ついにラブリーもイノセントフォーム体現です。
しかし意外でした。1番成長が必要そうなめぐみの最終的な答えが「今のままでいい」とは。
前にも言いましたが、「彼女自身の為に頑張ること」こそが鍵だと思っていましたので。
それでも「おっちょこちょいでも他人の為に頑張れる」ことこそがイノセントな想いなのだと。

振り返ってみるとめぐみにとっての「人助け」に関する問題は、「人助けが成功するか否か」ではなく、
「人助けするにあたって自分は健全であるか」つまり単なる偽善者に止まってないかということも含んでいたと思います。
そういえば以前、アンラブリーに「母親の手助けの延長線上で人助けをしてないか?」みたいなこと指摘されてましたね。
めぐみが人助けをするのは、単に相手の笑顔を見て自分が満たされる、自己満足に浸りたいからなんじゃないか…? と。
今回のお話でその「人助けに対する自分の想い」を見つめ直したみたいですね。その上でこれからの人助けしていくぜみたいな。
どうやらこの話を「めぐみの成長の集大成」と捉えるのは少し違うかもしれない。今回で「成長途中」と言われたわけですし。
今後まだまだめぐみが変わる可能性が微レ存…?
う~ん、考えが纏まらんぞ! 難しいですの~プリキュアって。
というかめぐみのキャラ回は考察が自分の中でぐるぐる回って空回りしてる感が否めない。

あと何か誠司君がダークサイドに堕ちちゃいそうでメチャクチャ怖いんですけど。
ブルーはミラージュに対して反省はしてるんだろうけど、もう少し立場ってもんを弁えた方がいいと思う。
関連記事
スポンサーサイト

子安武人(5月5日生れ)、中島愛(6月5日生れ)…一月違いかぁ…

どうも、セコイヤでの「大友公認発言」にドキリとするソバスチンです。
プリキュアを観るのはあくまで子供の楽しみのおこぼれを頂戴しているだけなのですが…(゚ー゚;A

 めぐみのイノセントフォームがやっとこ覚醒したハピプリですが。
今回でめぐみのお母さんの一件はオシマイなのでしょうか?子供に余計な心配をさせないのが親心の筈ですが…
それとも成田女史「重すぎるから協議の結果」投げてしまったのか?
めぐみの行動力の源は恐らくお父さんにあるのでしょうがそれならばもっと早くに登場させるか
存在を言及しておくべきですね、そうしておけばキャラを掘り下げる事も出来ました。
 只、何れにせよ彼女のアイデンティティを確立する明確なゴールが無いのが事態をモヤモヤさせますね。
誠司の言うプリキュアとして頑張ってきた事も、ブルーの言う悩みながらも行動することの大切さ。
どちらの意見も正しいのですが、どうにもブルーには余計な波風を立てる体質のようですねw
「幼馴染として今のままの関係でいたい」気持ちと「もっと踏み込んだ関係になりたい」気持ちとの
藤堂巡りの板挟みはこの手の恋愛少女漫画では付き物ではあります。
本格的に介入しそうなディープミラーといい誠司の身が心配ではあります。
次回さっそくキュアテンダーと思しき影が登場するようですが、彼女は本当に蘇ったのか?(━_━)ゝ
[ 2014/10/12 17:00 ] [ 編集 ]

ミッチの台詞になんの違和感も感じないぐらいしっくりくるぜ!

>う~ん、考えが纏まらんぞ! 難しいですの~プリキュアって。

同じ様な感想を抱いた人は多いみたいですね。なんかズレというか共感しづらいなど。

>あと何か誠司君がダークサイドに堕ちちゃいそうでメチャクチャ怖いんですけど。

ナマケルダ先生のありがたいお言葉が現実味を帯びてきましたな。


>ブルーはミラージュに対して反省はしてるんだろうけど、もう少し立場ってもんを弁えた方がいいと思う。

今回の件で一応、沈静化していたブルーデストロイ熱が再熱化しております。もうね、反省している言動じゃないのが嫌われる最大の原因なんですよね。
めぐみに抱きついたり、めぐみにだけミラージュとのこと言ったり、めぐみにだけブルー呼びさせたり、めぐみにだけ…とめぐみだけばっかしているからもうね。
しかも、次回もまためぐみにだけをしようでますますブルーデストロイ現象は燃え上がっていきそうです。
それでは、
[ 2014/10/13 12:52 ] [ 編集 ]

Re: 子安武人(5月5日生れ)、中島愛(6月5日生れ)…一月違いかぁ…

ソバスチン様、コメントありがとうございます!
セコイヤのCMは正直好きになれません。人気声優をダシに使ってるのもそうですが、
・ッセージの内容が妙にゆとり臭いというか何というか。

どうも今回のめぐみのイノセント化を疑問に思ったのは私だけじゃないようですね。
私も今回ばかりは考え過ぎたと思ってます。もう少し正直になるべきでした。
せっかくアンラブリーの回などでキャラの暗部を掘り下げできたのに、
かなり無難な形で収束されたことは色々と惜しい気がします。
成田先生がハードルを上げ過ぎたことによる「妥当な答え」だとしたら、正直脚本家及びシリーズ構成としての技量を疑います…
誠司とブルー云々に関しては、両方とも間違ったことを言ってないことが逆に厄介なんですよね。
ますます誠司が不憫になっていくようでこちらもモヤモヤしてしまいます。
板挟みするのはいいですが、そろそろ尺も迫ってますし…
[ 2014/10/19 07:26 ] [ 編集 ]

Re: ミッチの台詞になんの違和感も感じないぐらいしっくりくるぜ!

:様、コメントありがとうございます!

話の内容に共感ができなかったのは私だけではなかったようですね。ほっと一安心です。
ブルーデスロトイは再熱しているようで… ほんと、何かしでかすだけで彼の評価はダダっ下がりですね。
脚本も意図的に煽っているような気がしてなりません。それはよろしくないですな。
誠司君に幸あれ。
[ 2014/10/19 14:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/669-04f3c4c7


ハピネスチャージプリキュア! 第36話「愛がいっぱい!めぐみのイノセントバースデー!」

ハピネスチャージプリキュア!の第36話を見ました。 第36話 愛がいっぱい!めぐみのイノセントバースデー! めぐみの14歳のお誕生日を明日に控え、ひめ達は大使館でパーティーの準備をしていた。 海外でお仕事しているめぐみのパパもお誕生日にあわせて日本に帰ってきてくれ、久しぶりの家族3人で夕食を食べることができたものの、お母さんの病気のことについて聞いためぐみは落ち込んでし...
[2014/10/12 20:01] URL MAGI☆の日記