RG 1/144 ガンダムアストレア タイプ-F レビュー

IMG_9912.jpg
RG 1/144 ガンダムアストレア タイプ-F
販売価格:4320円 ※プレミアイムバンダイ限定販売

あぎゃぎゃぎゃぎゃ!
あげゃげゃげゃげゃげゃ!
あぎゃげゃぎゃげゃぎゃげゃぎゃげゃ!
あぎゃげゃ!

というわけで、RG 1/144 ガンダムアストレア タイプ-Fをレビューするぎゃ。

※当記事で紹介しているキットは説明書で指示されたデカールのみ貼った素組みの状態げゃ。
所謂カラバリ品なので、RG 1/144 ガンダムエクシア用 ガンダムアスレトアパーツと合わせて読むことを強く勧めるぎゃ。

IMG_9940.jpg
GNY-001F ガンダムアストレア TYPE-F

『00F』に登場。第3世代機の技術を用いた改良が行われているほか、
機体色がトリコロールから深紅へと変更されている。第3世代機以外のガンダムの存在を隠すため、
仮面型センサーマスクを装着して特徴的なツインアイを隠している。


真紅に染まりしアスレア、通称「あげゃトレア」がプレバンにて販売。
アスレトアと違い、ちゃんとパーツ一式が付いてきますので、それだけで組み立てられますが、
フェイスとTYPE-F/TYPE-F2の合計4形態が再現可能なので、複数買いした方も多いのでは。
かくなる私も2つ買いました。あげゃげゃ。


IMG_9941.jpg
フロントビュー。
穢れなき純白の女神にキチガイ戦闘狂が乗ったせいで、一気に「血塗られた死神」へと変貌してしまいました。
キット自体は顔以外アストレアのカラバリ品。成形色はHGと殆ど同じのやや明るめのレッド。
しかしアストレアと違って部分部分が色分けされてるので、パッと見の印象としてはちらの方がカラフルで評価が高め。


IMG_9942.jpg
リアビュー。色以外アストレアと同じ、あげゃげゃ。


IMG_9915.jpg
ちなみに当キットは、エクシアのランナー(9枚+ホログラムパーツ)とアストレアのランナー(2枚)が
丸ごと入っており、新規ランナーは上画像のフェイス部に使う2パーツのみ。
エクシアのパーツが丸ごと入ってるのでHG同様カラバリエクシアも作れますよ。


IMG_9914.jpg
デカール。マーキングシールについては新規で作られています。


IMG_9945.jpg
顔。センサーマスク付きのものです。
マスクのクリアパーツがちょっとブカっとしてる上に、透明度が薄いので普通にマスクの裏が透けて見えてます。
これはこれでカッコイイけど、マスクの意味あるのか。


IMG_9971.jpg
顔パーツは無理矢理換装してマスク無し(アストレアと一緒)のバージョンにすることもできます。
でも確かTYPE-Fのフェイスの色は白じゃなくてダークレッドだったような気が…


IMG_9947.jpg

IMG_9948.jpg

IMG_9949.jpg

IMG_9950.jpg

IMG_9952.jpg
あとはアストレアの色違い。嘗め回すように見ていくぜ。あげゃげゃげゃげゃ。


IMG_9954.jpg
アストレア側の武装一式。載せ忘れたけどビームサーベルも付いてきます。


IMG_9956.jpg
ランナーの都合上、一部手首の色が完全に別のものになってます。オイ!


IMG_9955.jpg
エクシアのランナーが丸々ついてくるのでエクシアの武装も組めます。豪華!


IMG_9958.jpg
劇的ビフォーアフター比較。やはりカラーリングって大事である。


それでは好きなようにブンドドするぜ!
あげゃげゃげゃげゃげゃげゃげゃ!

IMG_9962.jpg

IMG_9961.jpg
やはりメッキパーツってカッコイイ。


IMG_9963.jpg

IMG_9964.jpg
大火力っぽく。


IMG_9965.jpg

IMG_9966.jpg
サーベルはどう構えさせてもカッコイイ。


IMG_9969.jpg
GNソードは装着がややグラつきますが、一応装備可能。


IMG_9968.jpg
エクシア版GNシールドはそのままでは装着できない(腕のハードポイントが邪魔)ので、
アストレア側のシールドジョイントを使いましょう。


IMG_9970.jpg
GNブレイドの保持には特に問題無し。


IMG_9972.jpg

IMG_9973.jpg
そして腕と脚にあるハードポイントにはHGアストレアTYPE-Fの装備をそのまま転用可能。


IMG_9974.jpg
ただ筆者のHGアストレアTYPE-Fの武装は装着しやすいように所々瞬着コーティングしてあるので、
RGの装着に関しては結構ギチギチだったりする…


IMG_9975.jpg
HGのNGNバズーカの保持は普通の武器持ち手では保持できないので、可動指を使うことを推奨。
それだと保持のバランスが悪いんですけどね…


IMG_9976.jpg
GNビームピストルも保持には可動指のものを使いましょう。
幸い装備が軽いので保持自体は楽です。


IMG_9978.jpg
GNハンマーも可動指で。結局HGの装備は皆可動指に頼ってる…


IMG_9960.jpg
最後はまんまアストレアと同じっぽいポーズで。

以上、RG 1/144 ガンダムアストレア タイプ-Fのレビューでした。

キットのクオリティ自体は良くも悪くもアストレアと同じ。
手首の色の統一がされてなかったり、HG装備の保持のことがイマイチ考えられてなかったり、
一部設定と異なるカラーデザインになってたりと詰めの甘さも見受けられますが、
HGと同様に武装が豊富に揃っているので遊び応えは十分です。
ただ武装をガンガン付けて遊ぶには、ハッキリ言って精密なRGよりも単純構造のHGの方が向いてるんですよね…
有り余る武装とRG特有の可動域・デザインの緻密さをどう生かすかによって評価が分かれそう。
個人的にはカラーデザインそのものが好みなので嫌いじゃないですけどね。

あとHGアストレアTYPE-Fはここ最近どの店でも品薄状態が続いているので、
早いとこバンダイさんは新しくTYPE-Fを出荷してほしいところです。
筆者は過去に2つほど買いましたが、もう1つくらいは欲しいな~ HGのTYPE-F。

※後々TYPE-F2もレビューする予定です。

 
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/10/19 21:37 ] ガンプラ(RG) | TB(0) | CM(6)

私もアストレアTYPE-Fを二つほど買いしました!
[ 2014/10/20 06:08 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ニラ鍋様、コメントありがとうございます!

アストレアTYPE-FとTYPE-F2、是非ともお楽しみください。
[ 2014/11/01 13:37 ] [ 編集 ]

GNバズーカではなくNGNバズーカじゃないですか? GN粒子ではなく実弾を使用する非GN兵器だったと思います。

[ 2015/05/01 20:29 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

joker様、コメントありがとうございます!

ご指摘ありがとうございます。修正しておきます。
[ 2015/05/10 00:03 ] [ 編集 ]

再販を機にレビューを見に来ました
フェイス部が白なのは設定通りですね
どちらかというとセンサーカバーがクリアグリーンではなくスモークなっているのが設定との違いですが、1/100ではスモークで再現してますがHGでは見栄えのためかクリアグリーンになっていてRGでもそれを継いだ感じですね
イラストでもどちらか統一されてないのでこういう違いはカラー描写の少ない外伝機体の性ですね
[ 2017/01/13 14:12 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

KW様、コメントありがとうございます。

>フェイス部が白なのは設定通りですね
よく確認したら普通に白色でした。一体どこで勘違いしていたのやら。
HGの素組みが赤色のまんまだったからかな?

センサーカバーは緑の方が鮮やかでいいと思います。
ただ色が薄すぎるとマスクとしての意味がないと思いますが。
[ 2017/01/13 22:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/675-b5b94502