S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー黒影 マツボックリアームズ レビュー

IMG_0088.jpg
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー黒影 マツボックリアームズ
販売価格:4104円 ※プレミアムバンダイ限定販売

今度のイベントではドライブのフィギュアーツが参考出展されるみたいですね。
鎧武の例からすればかなり早いペースですね。出来栄えのほどが心配になりますね。
鎧武アーツで培われた技術が生かされればいいのですが。

というわけで、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー黒影 マツボックリアームズをレビューいたします。

IMG_0093.jpg
仮面ライダー黒影 マツボックリアームズ

マツボックリロックシードを使用して変身するマツボックリの鎧を装備した黒影の基本形態。
鎧の色は焦げ茶色、コームアイ(単眼)の色は黄色。装着時の音声は「マツボックリアームズ! 一撃・イン・ザ・シャドウ!」。
専用アームズウェポン・影松を使用するリーチと素早い身のこなしを活かした棒術により、
中距離戦や不意打ちを得意とする。変身する初瀬は戦闘の素質が低いわけではないが、
マツボックリロックシードの低いクラス・無鉄砲な攻め立て方が仇となり、
他のライダーとの戦いでは連敗が続き、戦績は芳しくなかった。


グリドンにやや遅れて木の実ライダーの黒影もフィギュアーツ化。
「ロックシードのランクがCと低いため、他のライダーやインベスに苦戦するも、
それを補う野心で戦い抜いた」
とはパケ裏に書き記されてますが、全然戦い抜けてないんだよなぁ…


IMG_0094.jpg
フロントビュー。鎧武アーツらしく痩せ型。
グリドンよりも鎧の占める割合が少ないので、より引き締まったフォルムに。


IMG_0095.jpg
リアビュー。シンプルすぎて言うことなし。


IMG_0098.jpg
顔。額のマークかもキッチリ再現されてます。流石。
コームアイ内部のメッシュ模様はバロンやグリドンの西洋ライダーの腹部デザインに似てるかも。


IMG_0100.jpg
胸。足軽らしく、装甲面積の小さい胴鎧な形状。


IMG_0102.jpg
肩。こちらはマツボックリらしくイガイガした形状に。


IMG_0103.jpg
腕はすんごいシンプル。


IMG_0104_20141021230805155.jpg
戦極ドライバー。ベルトが黄色くフェイスプレートがあるので、れっきとした「初瀬ちゃん」仕様です。


IMG_0112.jpg
太腿の部分はスーツのシワなどを造形していて、質感バッチリ。


IMG_0105.jpg
脚に関してはそれ以外特に言うことないか。


IMG_0106.jpg
後ろ。こうして見ると黒影の頭は三度笠の形をしてるんですね。今まで気付かなかった。


IMG_0107.jpg
可動範囲。
腕・肩共に「いつも通り」の可動域。ただし肩アーマーの造形の都合上、
頭と干渉するのでその辺は調整が必要。


IMG_0108.jpg

IMG_0109.jpg
腰の前後幅は控えめ。


IMG_0110.jpg
腰は和風ライダーの宿命か、このくらいまでしか捻れません。


IMG_0113.jpg
脚周りの可動は相変わらず優秀。膝立ち余裕。


IMG_0114.jpg
開脚は180度全開できました。接地性に関してはお察し。

総じていつもの鎧武アーツらしい可動域。変わらぬ安心感。

IMG_0115.jpg
付属品。


IMG_0116.jpg
影松。シンプルなデザインですが、造形・塗装共にしっかりしてます。
ただグリップが少し曲がりやすいのが難点。


IMG_0117.jpg
先端の部分だけの写真。


IMG_0129.jpg
マツボックリロックシード。銅色のメタリック塗装がされています。


ではシンプルにブンドドやります。

IMG_0122.jpg
「俺はアーマードライダー・黒影!」


IMG_0123.jpg
「そしてこっちがグリドン。」
「ウェッ!?」


IMG_0120.jpg
デザインのシンプルさも相まって、動かしやすさは抜群。


IMG_0119.jpg
ただ自分の個体は脚の付け根の可動が少しユルめなので、
脚を開かせて接地させると自重で倒れちゃいそうになります。


IMG_0121.jpg
終始ザコキャラポジションでしたが、最終話はイナゴ怪人くらい倒させても良かったんじゃないかなぁ。


IMG_0125_2014102123435359d.jpg
グリドンと一緒に必殺攻撃! ちなみに明確な勝利戦はバロン戦だけだったりする。
彼もバナナアームズの敗戦数増加に一役買っていたのだ。


IMG_0126.jpg
メロンの貴公子のウッカリ攻撃を食らってからは転落人生。
それでも劇場版にはキッチリ登場するあたり、初瀬ちゃんは視聴者からキッチリ支持は得られてみたいですね。


IMG_0130.jpg
以上、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー黒影 マツボックリアームズのレビューでした。

いつもの鎧武アーツらしい、良いクオリティを維持しています。
最早鎧武アーツに心配することはないですね。初期不良以外。
惜しむならば、付属手首の少なさでしょうか。グリドンもそうでしたが、ロックシードを保持する手首は欲しかったところ。
恐らく価格高騰を避ける為のオプションの少なさなのでしょうが、それでも4104円。地味に辛い金額です。
黒影は作中でもトルーパー部隊として活躍していたので、複数買いを試みた方もいるかと思います。
クオリティアップの為に価格が上昇してしまうのは仕方ないことですが。まあ、「初瀬ちゃん仕様」と思って割り切りましょう。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/10/21 23:55 ] S.H.フィギュアーツ | TB(0) | CM(4)

一撃 イン ザ シャドウ!

どうも。この黒影、やはりデキは良いようですが我輩はスルーしました。
理由としては、原作での黒影=初瀬の人相の悪さや良いところがないことが上がりますが
1番の理由は”量産型のを購入したいから”があります。

この足軽を彷彿させるヴィジュアルはやはり物量揃えの兵隊にしてナンボな気がします。
「鎧武」ライダーの中でも1番弱そうだし、ね。

気に障るようでしたらすみません。
[ 2014/10/22 16:31 ] [ 編集 ]

やはり雑兵には槍ですね。
ポーズがびっしり決まっています。
足軽から太閤になった人もいるんだし、確かに最終回くらいは活躍させてもよかったかも。
[ 2014/10/22 20:26 ] [ 編集 ]

Re: 一撃 イン ザ シャドウ!

RGM-122様、コメントありがとうございます!

黒影トルーパーの商品化はちょっと難しいかもしれません。
実質ベルトしか違いがないので、後になって作る意味が薄いと思います。
かつてゼクトルーパーの色違い版みたいなのも受注販売されてましたが、
あれはコストやフィギュア1体あたりの単価がまだ安かった時代ですので…
数をそろえたい気持ちは分かりますが、如何せん1体あたり高いんですよね…
[ 2014/11/01 14:01 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

児斗玉文章様、コメントありがとうございます!

作中の活躍を見ると、確かに足軽は足軽どまりでしたね。残念。
一応劇場版には黒影・真なるものがいますが、やはりというか一発屋的な役割でした。
というか、スーツのデザイン自体はドライバー以外変化無かったし…
もっとも天下を獲るとすればそれ相応の結果を出す必要があるので、
所詮雑魚止まりだった黒影に活躍の場が与えられなかったのは当然といえば当然だったのかも…
[ 2014/11/01 14:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/678-d213e222