HG 1/144 グリモア レビュー

IMG_0137.jpg
HG 1/144 グリモア
メーカー小売価格:1512円

調べてみたけどコイツ、形式番号とか存在しないのか…
海賊のMS故に素性を隠したいからでしょうが、「グリモア」だけって何か寂しいな。

というわけで、HG 1/144 グリモアをレビューいたします。

※当記事で紹介しているキットは付属のシールのみ貼った素組みの状態です。
IMG_0139.jpg
グリモア

グリモア海賊部隊の主力量産型MS。
ずんぐりした体型と、球体状の腹部コクピットブロックが特徴。
非合法組織である海賊部隊の事情から、機体の素性を特定されないように大幅な擬装が施されている。


HGのGレコシリーズ第2弾はアメリアの海賊部隊のMSが立体化。
ずんぐりしたフォルムと特徴的な頭部から、アッガイっぽい印象を受けましたが、
手首がガンダムと同等のサイズになってる辺り、少し人間らしさも保ってるかも。


IMG_0140.jpg
フロントビュー。ずんぐりしたデザインの再現度は素晴らしいですね。
茶色の部分はツヤ消し加工がされていて、質感も思ったより良さげ。
カッコイイかどうかは個人差が激しそう。


IMG_0142.jpg
リアビュー。まじまじと見つめて何故かドラえもんが頭に浮かんだ私。何故だ。


IMG_0145.jpg
頭部。薄く平べったい形状です。ドラ焼きみたい。やっぱドラえもんじゃないか
中央部のセンサーは裏の装甲にホイルシールを貼るようになっています。
バルカンは色分けされてません。


IMG_0146.jpg
腕周り。肩から腕にかけて殆どのパーツがモナカ割りです。注意。


IMG_0147.jpg
お腹。この丸い球状のものが脱出ポッドも兼ねてるんだとか。


IMG_0152.jpg
フロントアーマー。ここは全てパーツの時点で色分けされてます。


IMG_0151.jpg
リアアーマー。こちらのバーニアの色分けはシールでの再現となっています。


IMG_0149.jpg
脚。太く短いデザイン。膝の丸い模様はシールでの再現。


IMG_0150.jpg
バックパック。こちらはボディと違い黒の成形色。
こっちもツヤ消し加工してほしかった…というのは贅沢か。


IMG_0186.jpg
可動範囲。首は左右にはこのくらいまで可動します。上下にはわずかに可動。


IMG_0153.jpg
腕関節は90度。肩は45度ほどまでしか上がりません。
腕はともかく、肩はもう少し上がってほしかった。


IMG_0154.jpg

IMG_0155.jpg
00ガンダムよろしく手首も上下に可動します。


IMG_0156_20141023200739c1c.jpg
肩も引き出せますが、胴体がデカすぎるのであんまり実感できないかも。


IMG_0157.jpg
腰は上半身と下半身に可動部位が分かれていて、共に一回転するように可動します。
上半身の部分は前後にも若干可動。


IMG_0158.jpg
脚関節の可動は90度ほど。Gセルフと違い、ちゃんとロール軸もあります。
膝立ちは少々厳しめ。上画像は何とか安定性を保たせてます。


IMG_0159.jpg
開脚はこの程度。接地性はかなり悪いです。
足首が殆ど動かないのよ…

総じてデザインこそ異なるものの、G-セルフと同じような可動域かな?


IMG_0175.jpg
付属品。今回は珍しく、左手のみ平手パーツが付きます。
平手パーツが付きます。
平手パーツが付きます。


IMG_0161.jpg
サブマシンガン。センサーはシールで再現。


IMG_0162.jpg
ビームワイヤー。棒状のものが2本付属。
軟質パーツなので、自由に曲げて遊びましょう。


IMG_0176.jpg
プラズマナイフ。モールドは彫られてますが、白成形色の一体成型パーツ。


IMG_0181.jpg
後ろ腰とリアアーマーの隙間にマウントすることができます。


IMG_0180.jpg
分かりにくいと思うのでリアアーマーを取っ払ってみた図。


IMG_0188.jpg
シールド。デザインに問題はないですが、G-セルフ同様にジョイントが特殊な形状なので、
少し外れやすいのが難点。


IMG_0163.jpg
持たせるもん持たせて。
ナイフだったりビーム鞭だったり、アウトローの装備が海賊っぽいですね。


IMG_0166_20141023201914d92.jpg
ちなみにG-セルフと比べるとこんな感じ。G-セルフの方が少し背丈が高め。


それではブンドドいくぞ!


IMG_0167.jpg
ずんぐりしてる割にはキビキビ動いていた印象。


IMG_0170.jpg

IMG_0173.jpg
平手があるって素晴らしい。射撃ポーズものバッチリ決まります。


IMG_0174.jpg
ビームワイヤーはどんなシーンで使ってたっけ?


IMG_0179.jpg
ナイフで斬り込む! この体格で白兵戦するとか燃えるじゃねぇか。


IMG_0182.jpg
それではG-セルフと対峙。


IMG_0183_2014102320264237f.jpg
カーヒル百烈拳! あたあたあたぁ! しかし…


IMG_0184.jpg
ばきゅーん。


IMG_0185.jpg
ぱたり。短い間でしたがお疲れ様でした。


IMG_0187.jpg
以上、HG 1/144 グリモアのレビューでした。

全体的な総評も、G-セルフと同じ感じでしょうか。
デザインの再現度は非常に高いですが、その分可動面で割を食らってます。
ですがまあ、デザインからしてあんまり動きそうなキットとは思ってなかったので、あんまりダメージはなかったり。
(G-セルフは「ガンダムなのに」あそこまでしか動かなかったのが問題)
デザインは賛否ありそうですが、ブンドドさせる為に色々動かしてみると、これが思った以上にハマってしまいまして。
劇中での活躍も相まって、個人的には「カッコイイ」という評価に落ち着きそうです。
デザインにいまいちピンと来ない方も、手に取ってみると案外評価が変わるかも。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/10/23 20:39 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(4)

プラモだと白い頭部がより目立つ感じですが、それに慣れるといい感じですね。
わたしも、このデザインはかなり大好きな部類です。
[ 2014/10/24 11:58 ] [ 編集 ]

グリモアの“G”はゴレームの“G”

どうも、ガンダムBFT4話のサブタイトルが「Gミューズ(μ's)」
なので変な期待をしてしまったソバスチンです(゚ー゚;Aそして、のんたんとドムは関係ないって言ってるでしょう!
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=46625780

HGRC(仮称)からの第2弾グリモアですが、実は前情報の第一印象ではトップで気に入っていたので私も購入予定です。
大型の頭部につぶらな瞳、ずんぐりした体型はボトムズのスコープドッグと
キングゲイナーのゴレームを足して割った感じで渋くて好みだったので(*゚ー゚)>
http://www.mahq.net/mecha/votoms/atvotoms/atm-09-st.jpg
http://www.king-gainer.net/machine/img/m07s.png
2話では地上を滑走するシーンもあったので尚の事、スコタコを連想させました。
 まぁ、あのコックピットの形状からして稼働は期待出来ませんがやはり量産機としての渋さシンプルさは魅力的です。
恐らく今後発売予定のジャハナムがベースなのでしょうが外装が異なるので違った印象を受けますね。
(モンテーロもそうですがアメリア製は球状のコックピットが特徴のようです。)
武装も取り回しの良さそうなサブマシンガン、ナイフ、ワイヤー等、クロスボーン同様に敵の拿捕や無力化を念頭に置いているようです。
キャピタルタワーのケーブルを損傷させない配慮も見えます。
 本機体がGレコの「ザク」ならば「ジム」にあたるカットシーも是非登場してほしいのですが
意外と未だに発売予定が発表されていないのが懸念です、4話での活躍を観て欲しくなった人も(私含め)多い筈です。
脚部の装甲展開ギミックを再現するとなると稼働や価格に支障はでそうではありますから遅れるのは必然ではありますが…
やはりGレコは立体化無視で監督のイマジネーションが先行していますね。
個人的にはBFTと差別化出来て販促をある程度無視してでも面白い戦闘シーンを重視した良い企画だと思います(^^)b
[ 2014/10/24 20:02 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

児斗玉文章様、コメントありがとうございます!

白い頭部はスミを入れてあげればかなり雰囲気変わると思います。
茶色の部分の成形色がツヤ消し状態になっているのも魅力の1つだと思います。
[ 2014/11/01 14:14 ] [ 編集 ]

Re: グリモアの“G”はゴレームの“G”

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

グリモアの魅力はある意味、サモ・ハン・キンポー氏と似たようなものじゃないかと思ってます。
一見3枚目な見た目でも、動いて(動かして)みると見事にハマりきっているという。
実際動かしてみて印象がガラっと変わりました。
カットシーのプラモは私も欲しいです。あとレクテンも…
ただカットシーは可変機構が備わっているので、そういった点で立体化が難しいのかもしれませんね。
ただG-セルフといい、今回のグリモアといい、デザインの再現度は非常に高い為、
制作側にはその実力を今後も遺憾なく発揮してもらいたいと思ってます。
[ 2014/11/01 14:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/680-aaa96b7a