HG 1/144 モンテーロ(クリム・ニック専用機) レビュー

IMG_0434_201411062002560aa.jpg
HG 1/144 モンテーロ(クリム・ニック専用機)
メーカー小売価格:1728円

今月はガンプラの発売ラッシュが凄まじいですね。
2014年は終わりが見えてますが、ガンプララッシュは始まったばかりです。
皆様も流れに負けず、健やかなガンプラライフを楽しみましょう。

というわけで、HG 1/144 モンテーロ(クリム・ニック専用機)をレビューいたします。

※当記事で紹介しているキットは付属のシールのみ貼った素組みの状態です。
IMG_0443_20141106200258e3b.jpg
モンテーロ

クリム専用の青いMS。マントのような両肩の大型シールドと、グリモアに似た球体状のコクピットブロックを持つ。
柄の両端部が刃になっている「ビーム・ジャベリン」と呼ばれる特殊武器を装備しており、
先端からはビーム・ワイヤーを射出できる。非使用時は大型シールド内に格納している。


天才中尉の操る音姫内蔵MSが遂にガンプラにて立体化。
「モンテーロ」って名前、どうもMSっぽく感じないのよね。どちらかと言うと戦艦みたい。


IMG_0446_20141106200258f4a.jpg
フロントビュー。
非常にスタイリッシュな形状です。かなり細いですね。
全身はかなり濃いめの青の成形色。(コバルトブルー?)


IMG_0447_20141106200302ee1.jpg
リアビュー。アメリア製MSのバックパックは凄く簡素な作りだなぁ…


IMG_0450_20141106200302bb1.jpg
顔。丸い形状に緑のキレ目。ちょっと珍しいデザインかも?
首回りはカバーの類が一切無い為、やや細く不安定に見えるかも。


IMG_0453_2014110620152941d.jpg
胴体。上側のバルカンは色分けされていますが、中央左右のダクト内部は色分けされず。
腹の部分はグリモア同様、ボール型のコクピットハッチになっています。


IMG_0454_201411062015338e8.jpg
肩。ちょっとこの辺は不満が多いです。
画像で見えている白いラインと肩上部の青い部分は全てシールでの再現。
この青い部分が厄介。シールが貼りにくいのなんの。良い子は黙って塗りましょう。


IMG_0455.jpg
シールド。真っ青な成形色のままです。


IMG_0456_20141106201534a57.jpg
内部には収納形態のビームジャベリンを装填。


IMG_0457_201411062019469ed.jpg
腕。関節はやや明るめの黄土色。某山積み閣下を連想させるのは私だけだろうか。
分からない人は「山積み閣下」でググってみよう。


IMG_0458_20141106201950a29.jpg
腰回り。もう本当にボディは青一色です。モールドもさほど多くないですね。
サイドアーマーに装填されているのはミサイル。


IMG_0459.jpg

IMG_0460.jpg
ミサイルは前後でデザインが少し異なります。
外すこともできますが、取り付けの為の基部が丸出しになるので注意。


IMG_0461.jpg
脚。細く、足自体も小さいですね。飛行用のMSだからでしょうか。


IMG_0462.jpg
バックパックはグレーの成形色。


IMG_0464.jpg
可動範囲。
アリオスやF91のようにジョイント基部が上に位置する為、肩を大きく上げられます。


IMG_0467.jpg
胸周りも非常にスッキリしているので、引き出しもそこそこ。


IMG_0465_20141106202446ccc.jpg
腕は90度可動。個人的にもう少し動いてほしかった。


IMG_0466_20141106202447d15.jpg
シールドはボールジョイント接続。フレキシブルに可動します。


IMG_0484_201411062029114c6.jpg
上に上げれば飛行形態のポーズにも。


IMG_0470_20141106202907f8f.jpg
腰は一回転可能。前後にも少しだけ可動します。


IMG_0469_20141106202906fc1.jpg
開脚具合はサイドアーマーがあまり動かないせいか、やや控えめ。


IMG_0468_201411062029028d2.jpg
脚は結構曲がります。ロール軸もあるので膝立ちも余裕です。

総じて今までのGレコガンプラシリーズではかなり動く部類でしょうか。


IMG_0471_20141106202911104.jpg
付属品。今回は左手の平手は付きません。
代わりに左手の握り拳が付いてきます。嫌がらせか!


IMG_0472.jpg
ライフル。特に言うことがないくらい普通のライフル。
保持のバランスは良好です。


IMG_0473_20141106203318a8b.jpg
ビーム・ジャベリン。先端付近の白い2つのラインはシールで色分け。


IMG_0476_20141106203321e4b.jpg
それぞれ先端にはビームワイヤーを取り付け可能。


IMG_0477_20141106203320838.jpg
一応シールド内に装填されている収納形態のジャベリンも保持可能。


IMG_0478_20141106203705ba8.jpg
ライフルだけ持たせて素立ち。
こういう成形色一色のタイプのガンプラの撮影は苦手や…


IMG_0480_20141106203937f67.jpg
私は天才なのだよ!


IMG_0482.jpg

IMG_0493.jpg
射撃ポーズに必要なのは「肩の上げ幅」だと最近気づいてきた私。
プロポーションが細いので、何もかもスタイリッシュに決まります。


IMG_0485.jpg
ビームジャベリン!
と言っても主な活躍はワイヤーで引っ張ったり絡みつけたりと、おおよそ槍っぽくない使い方。


IMG_0488.jpg

IMG_0487.jpg
ビームワイヤーのブンドドというのはどうも私には苦手のようだ。
得意な人ならバッチリ決まりそう。


IMG_0491.jpg
「ジャベリンは… こう使うのだよ!」
早く大尉のカットシーが欲しい。


IMG_0494.jpg
G-セルフとはお互い単独行動が多いのであまり絡んだりしませんね。
ガンプラ同士組ませてもあまりやらせることがないのが悲しい。


IMG_0495.jpg
以上、HG 1/144 モンテーロ(クリム・ニック専用機)のレビューでした。

プロポーションは細めながらも良好なバランスに纏まっており、組み立ても難しくなく、
可動もそこそこ動いてくれる、と十分な良キットの部類に入る出来栄えかと思います。
難点としては、ゲート跡がかなり大きく残り易い部分が多いです。下処理は入念に。
あと素組み派の方はちょっと辛い面があるかも。主に肩。肩の青いシール。
多少無理してでも塗ってやりましょう。デザインが青一色なので、各部位をスミ入れしたり、
足りない色を補ってやったりすればかなり印象が変わるかと思います。
パッケージ絵っぽく黄土色の関節をメタリック塗装してやってもいいかも。
あと平手付けろ

これでHGのRCシリーズは3つ目ですが、G-セルフ以外は2つともアメリア軍のMS。
早くキャピタル側のMSも立体化してほしいですね。レクテンとかカットシーとかレクテンとか。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/11/06 20:54 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(2)

レクテンはセンサーの部分をどうするのか?ベアッガイⅢ仕様だったり…

グリモアに続いてアメリア製MSモンテーロですが。
グフR35同様に色合いが若干不自然でアニメ本編とも違和感がある細さですが、良い意味で「MSらしくない」
シャープなデザインでカッコイイです(^^)b中の人繋がりで「シドニアの騎士」の一七式衛人「継護」に似てるかも。
http://hobby.dengeki.com/news/824/
↑「カビザシ」という槍が必殺武器ですし。
 単独飛行可能なMSなのでかなり軽量そうな見た目ですが推進装置はグリモアと大差ないのが意外ですね。
作中「ミノフスキーフライト」という単語が出ているので、本機体も搭載していそうではあります。
これはVガン辺りから言及されている装置で周辺に既に散布されたミノ粉を利用して揚力を得るのが
従来のミノフスキークラフトとの違いで、通常のMSにも搭載可能だそうです。
Gレコでも全く同じ物なのかは不明ですが周辺環境に左右される装置なので
長距離移動にゲタを用いたのはその為もありそうです(エネルギーの節約やパイロットの負担軽減もあるでしょうが)
 劇中ではやはり変幻自在のジャベリンが目を引きますね、1stガンダムの物が最初で最後で
宇宙世紀では完全スルーな物が斜め上の進化を遂げるとは…
投げ捨てられるし、もれなく機体も壊れるしでハッパさんの苦労が知れますw
公式ではわざわざ(クリム・ニック専用機)と表記してあるので量産型もいずれ登場しそうではありあります。
しかしジャベリンは彼程の「天才」で無ければ持て余しそうですからオミットされそうですねw(^▽^;
[ 2014/11/07 22:06 ] [ 編集 ]

Re: レクテンはセンサーの部分をどうするのか?ベアッガイⅢ仕様だったり…

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

とりあえずモンテーロはガンプラとしては良い商品だと思います。
色合いについては多分、私の写真映りが悪いのも原因の1つかと… ツヤを消してやれば何とかなるでしょう。
ですがやはり平手が付かないのは残念です。というか握り拳が付くことに違和感しかありません。
細身な外見からも恐らく機体の扱いはピーキーでしょうし、クリムぐらいしか使いこなせないでしょうね。
彼の事ですから、「自分専用の機体」ということを重視する為にわざわざ「クリム・ニック専用機」と冠してるのかもしれませんw
[ 2014/11/20 01:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/690-06c24e5b