今週のハピネスチャージプリキュア! 41話

ハピネスチャージプリキュア! 41話 『ミラージュのために!ファントム最後の戦い!』

ハピプリep41 0

ゆうこに姉がいたことをすっかり忘れていた
ハピプリep41 1

アバンで世界中が不幸になりました。最初からそれすれば良かったんじゃないかな。
根源を断つべく、ハピネスチャージプリキュアは青い可燃ゴミの力でブルースカイ王国へ。
シャイニングメイクドレッサーの力を経たプリキュアは、幻影帝国の力の元でも一切パワーが減退することなく、一同は城の侵入へと試みます。
が、突然謎の霧に阻まれ4人はバラバラになってしまい、キュアハニーの元には幻影帝国最後の幹部であるファントムが。
ミラージュの願いを叶える為、その一心で戦いを挑むファントム。ハニーも覚悟を決めて彼と対峙します。
ミラージュの変貌には気づいていたものの、自分では彼女を支えることはできない。彼女は見向きもしてくれない。
だからせめて自分にできることは、愛するミラージュ様の望む世界を作り上げること。
苦しい胸中を語りながらも攻撃を止めぬファントムを前に、ハニーは圧倒されてしまいます。
そこへ青い粗大ゴミが現れ、「ぼくもみらーじゅのことがだいすきだからいっしょにかのじょをすくおうよ」と主張。
「お前が言うな」とファントムと視聴者の心がシンクロし、青いゴミを排除するのに成功しました。やったぜ。
そしたら今度はハニーが青いゴミが言ったことと大体同じことを主張。説得力が段違いだ!
やがて3人と合流し、フォーチュンが先頭になってイノセントフォームに変身。
拘束技を食らわせて一通り歌った後には、ファントムの姿はかつてキュアミラージュに仕えていた妖精・ファンファンの姿になっていました。


ハピプリep41 2

ファントムとのしがらみも一段落。主人公の影が薄いのはこの際どうでもいいや。
彼、妖精だったですね…考えてみれば妥当な答えではありますが。彼もパートナーに一途な愛情を宿していたんでしょう。
それなのにそのパートナーとやらは青いゴミとイチャイチャなさって… そりゃイヤになるわ!
これは青いゴミはもちろんのこと、ミラージュ様にもちょっと原因があるかも…
そんな中でもキッチリ歪まずに己の信念を貫いたキュアハニー。流石です。
できればトドメも彼女にしてほしかったんだけど… フォーチュンは最近目立ちすぎや^^; 彼女はラストに一声かける程度でも良かったと思います。
さてさて話の中心がフォーチュン、ひめ、ゆうこと並んでお次はいよいよめぐみ…!
といきたいところですが、次回は三幹部との決着。予告見る限りじゃラブリー以外のプリキュアが戦ってるみたいですが… はぁ。
関連記事
スポンサーサイト

誠司が威吹鬼に変身して助太刀する可能性が“微レ存”←女子中高生の流行語にされとる…

どうも、フィギュアーツより世界制服作戦の方が良いかもと思ったソバスチンです。
http://www.megahobby.jp/products/WoldUniformOperation/
↑初代は鉄板として、ラブとせつなを持ってくるとは…メガハウス、侮れんっ!(ノ゚ο゚)ノ

 ファントムとの決着がついたハピプリですが。
まぁ終盤で敵が一気に攻勢に出てくるのはお約束として 今作はやけに早いタイミングです。
最終決戦に結構尺を取っているようですが、その割にファントムとの因縁もアッサリついてしまった感はあります。
残った尺は…やっぱり「世界のプリキュア大集合でしょうか?」そうで無いと設定の意味もありませんし
正体はキュアミラージュのパートナー妖精だった訳ですが、スマイルでの3幹部のオチと同じですね。
スマイルに比べれば納得の行く展開ではありますが、ブルーとのドロドロ愛憎劇を強制的に終了させたみたいです。
たぶん、放送中の視聴者の反応次第では違った展開もあったのかもしれません。
一応、フォーチュンの因縁の相手とはいえ決着はハニーに着けて貰いたかったのは確かです。
たった一話とはいえプリキュアが傷ついた敵を介抱する展開はシリーズ初ですし
彼女のアイデンティティを表していて一番好きなエピソードでしたから。
 次回は3幹部戦な訳ですが4VS3だからあぶれちゃうんですよね…(^▽^;)
あと今回と合わせて又強敵と戦う展開はゲームの「ボスラッシュ」みたいで余り好きではありません。
グラディウスでは「外伝」の連中が非常に強敵でしたねぇ…
http://www.nicovideo.jp/watch/sm312627
[ 2014/11/23 18:24 ] [ 編集 ]

No title

次回は三幹部の退場回みたいですけど、だとしたら彼らの過去・正体について、どう整理をつけるのか気になります。

もし彼らもファントムと同じく、ミラージュの妖精だったすると、いろいろとおかしなところが出てきてしまいます。


例1:ナマケルダさんは300年前にビジュアル系バンドをやっていたことになる。

例2:三幹部以外の幹部もミラージュの妖精だったら、ミラージュは一人でかなりの妖精を侍らせていたことになる。

例3:映画に出てくる超極悪幹部・ブラックファングも元は妖精だったことになる。


なので、ハートキャッチの三幹部みたいに、進化したデザトリアン(サイアーク)と考える方が無難ですが、その場合、しっかりと過去を見せてほしいです。あれだけ、いろいろ言っていたのだから。
[ 2014/11/23 23:01 ] [ 編集 ]

Re: 誠司が威吹鬼に変身して助太刀する可能性が“微レ存”←女子中高生の流行語にされとる…

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

確かに今までと比べると話の進み具合が随分と早いペースですね。
仰る通り、ブルーとファントムの因縁をバッサリ終わらせるなど、終盤に向けて展開を整理しているみたいですね。
ただ個人的には自ら用意した伏線や設定を回収しきれないが為に、無理矢理終わらせた感が強いです。
「世界のプリキュア大集合」という展開も、果たしてどこまでその展開を盛り上げられるのか不安です。
今まで目立って活躍した世界のプリキュアって、精々アローハプリキュアぐらいですし。

>あと今回と合わせて又強敵と戦う展開はゲームの「ボスラッシュ」みたいで余り好きではありません。

ボスラッシュ演出は好みではないですか。私は納得のいく展開であれば何でもいいです。
ファントムみたいに、ボスラッシュに以降するまでお互いの心境とかが以前と変わっていればよろしいのですが。
[ 2014/11/30 10:40 ] [ 編集 ]

Re: No title

戦闘獣ドカイダー様、コメントありがとうございます!

3幹部の正体については依然謎のままです。
一応ラストまでに割と尺が残っていますので、最後のフォローに期待したいところです。
ですがここまでが設定・伏線などはさっさと回収する流れなので、ちゃんとフォローしてくれるかどうかは不安っちゃ不安です。
[ 2014/12/06 12:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/708-6138368e


ハピネスチャージプリキュア! 第41話「ミラージュのために!ファントム最後の戦い!」

ハピネスチャージプリキュア!の第41話を見ました。 第41話 ミラージュのために!ファントム最後の戦い! ミラージュが世界中を不幸にするために再び動き出し、世界中に現れた巨大な鏡から飛び出したサイアークが街の人々を次々と鏡の中に閉じ込め始める。 「神様!行こう、クイーンミラージュの所へ。世界中をブルースカイ王国のようにさせないために!」 「シャイニングメイクドレッサー...
[2014/11/23 18:31] URL MAGI☆の日記