ネクスエッジスタイル ストライクフリーダムガンダム レビュー

IMG_0978_2014112912053741b.jpg
ネクスエッジスタイル ストライクフリーダムガンダム
メーカー小売価格:2700円

ジャンルの名称が英語とカタカナで表記ゆれがあるのですが、
魂ウェブ公式サイトではカタカナ表記で商品説明がされている為、カタカナ表記で統一したいと思います。

というわけで、ネクスエッジスタイル ストライクフリーダムガンダムをレビューいたします。
IMG_0979_2014112912054183d.jpg
本体のストフリ。新ジャンル『NX EDGE STYLE(ネクスエッジスタイル)』にて記念すべき第1弾に選ばれました。
「エッジを強調させたこれまでにないスタイリングとディテール」、「磨き抜かれた可動性」

等々、これまでの技術の粋を結集させたかのような宣伝に目を惹かれましたが、その出来栄えや如何に。


IMG_0980_201411291205435e5.jpg

IMG_0982.jpg
フロント&リアビュー。
フォルムはSDサイズを基調とした、頭デカめ、身体小さめの大胆なプロポーション。
SDサイズとしてのバランスはとれている為見た目の破綻は少ないです。


IMG_1023_20141129124243c41.jpg
HGビルドバーニングとサイズ比較。
成人男性の掌サイズと言ってしまえば表現しやすいか。


IMG_0983_20141129120545c99.jpg
顔。アレンジを効かせたアンテナが脅威の大きさ。
細部にもしっかりディテールが掘られており、作り込みは浅くありません。


IMG_1024_20141129124630979.jpg
胸はモールド少なめ。
その分ダクトや腹部ビーム砲の金色塗装や造形に抜かりはなし。


IMG_0984_201411291214155b1.jpg
肩。きめ細かくモールドが掘られていますが、肩内部のバーニアは色分けされず。


IMG_0985_201411291214201dd.jpg
腕。こちらも細かくモールドが掘られています。
関節部が一部金色ではなく黄色になっているのは残念ですね。可動の為には仕方なかったのかしら。


IMG_0986_201411291214207fc.jpg
フロントアーマー。かなりのデコボコ形状。モールドもしっかり彫られてます。


IMG_0987_20141129121422a69.jpg
小さい脚の部分までしっかりモールド。


IMG_0989.jpg

IMG_0990.jpg
ドラグーンにもモールドは妥協されてません。


IMG_0992_20141129121921d25.jpg
なお一部のパーツは可動性重視の為か、素材が異なりメチャクチャ柔らかくなっています。
フロントアーマーなんてこの通り。


IMG_0993_20141129121922761.jpg
可動範囲。肩・腕共に90度ほど。


IMG_0994.jpg
引き出しに関しては、ある程度前後に動かせるようになっています。


IMG_0995_20141129121924bd8.jpg
腰は一回転可能。前後可動は残念ながらありません。


IMG_0996_201411291222066ba.jpg
脚は意外にもギリギリまで曲がります。膝立ちもちゃんとできました。


IMG_0997_20141129122212d04.jpg
開脚も意外と広い。接地性については、まあ仕方ないかな。

総じてROBOT魂やフィギュアーツには及ばないものの、可動フィギュアとしてなら十分な可動域かと。

IMG_0999_201411291222168da.jpg
ドラグーンもいつも通りちゃんと展開します。
…が、肝心のドラグーンは脱着不可能


IMG_0998_20141129122211a4d.jpg
サイドアーマーのレールガンも展開不可能
それどころか、サーベル柄も脱着が出来ないという仕様。サーベル柄だけは何とかならんかったのか。


IMG_1001_2014112912221627b.jpg
付属品。少ない…
ちなみ初回特典で「光の翼」が付属するのですが、自分が店頭に行ったときは貰えませんでした。
というか、初回特典があること自体忘れてた…orz どうもすいません。


IMG_1002_201411291229447ac.jpg
後は専用スタンドも付属。
今後展開される商品にも同様のものが付属し、それぞれ合体ができるみたいです。


IMG_1005.jpg
ビームライフル。合体状態のものが1つ付属。分離はできません。
「合体機能をオミットした代わりに、見栄えを優先した」とのことですが、
ストフリ本体が大胆にアレンジされてるので、ライフルも多少見栄えが変でも文句は言わなかったと思います。

そんなことより過去のストフリのライフルと比べると、明らかに色が足りてません。
見栄え良くねーじゃねぇか!


IMG_1006.jpg
手首の可動の都合上、真っ当に構えようとするとライフルの後部が肩にかかるようになってしまいます。


IMG_1007.jpg
ビームサーベル。本体との調和の為、やや短めの造形。
サーベル刃はクリア素材ではなくピンクに塗られてるだけなので、ちょっとチープさが。


IMG_1008_201411291229522f1.jpg
サーベル自体に連結機能はありませんが、手首の溝に2本のサーベルを半分ずつはめるようにすれば、
なんちゃって連結状態にできます。


IMG_1009.jpg
後は右平手パーツが付いてきます。…左手はつきません。
新ブランドの商品でも平手は冷遇傾向にあるみたいです。はぁ。

それではブンドドれっつごー。


IMG_1010.jpg
こういう飛翔シーンはどちらかと言うとライフル2丁持ちの方が決まってると思うの。


IMG_1011_201411291237456f9.jpg
右平手のおかげで印象的な水平持ちポーズはとれることはとれます。
…と言うより、脇にライフルを挟もうとするとどう頑張っても水平持ちになってしまいます


IMG_1012_20141129123746e19.jpg
いっそ細かいこと考えず普通に構えた方がカッコイイかも?


IMG_1015.jpg
ライフルの取り回しがアレなんで、取り回しの楽なサーベルに。


IMG_1017_20141129124235a83.jpg
ただサーベル柄を手首にすっぽり嵌めるだけなので余計なシークエンスを挟まないのは魅力っちゃ魅力。


IMG_1021_201411291242406e5.jpg

IMG_1020_20141129124238775.jpg
しかしやっぱり腰にサーベル柄がそのままなのは気になっちゃうな。


IMG_1022_20141129124242a9a.jpg
以上、ネクスエッジスタイル ストライクフリーダムガンダムのレビューでした。

本体の作り込みに全ての力を費やしてしまったのでしょうか。
それとも価格を抑える為に付属品をオミットさぜるを得なかったのでしようか。
…恐らく後者でしょうな。光の翼が店頭での特典なのも、購入者側の金銭的な負担を和らげるためでしょう。

とにかく本体の作り込みとは裏腹に、付属品の少なさや各部ギミックのオミットが際立ってしまっています。
フィギュア自体は遊びやすく、アレンジを効かせたせいもあって、ちょっと動かすだけでもかなり様になります。
それだけにやはり、遊ぶためのサブ要素で気が利かなかったのは本当に残念。
特にストフリで印象的な「ハイマット・フルバースト」が再現できないのも痛手かと思われます。

これ商品ジャンル的に、ストフリを採用したのが間違いだったんじゃないかなぁ。
これが恐らくストフリではなく、RX-78-2ならまた評価は違っていたと思います。
あっちは本体に殆どギミックないし、付属品もライフルとサーベルがあれば事足りますし。
ただ「スタイリッシュなアクションの再現」と言われると、RX-78-2よりはストフリに軍配が上がりますね。もどかしいところです。

「安価で遊びやすく、コレクション性の高いフィギュア」というコンセプトは誠に結構なことです。
SDサイズで立体化することも、ROBOT魂にはない大きな特徴点です。
実際本体の出来栄えはかなりのものなので… 「不満がある」と言うより、本当にただただ「残念」といった感じです。

とにかく最初の方で発表された時はあまり見向きしなかったジャンルではありますが、
実際手に取ってみると評価が変わりました。何となく、シリーズの進化を追ってみたい…そんな気がします。
というわけで、これからも買い集めてみましょうかね。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/11/29 13:09 ] ネクスエッジスタイル | TB(0) | CM(5)

SDGFのガンダイバーもリ・ガズィがベースでした。

どうも、所有しているSDガンダムは「SDXコマンドガンダム(アイラの初ガンプラ)」
「BB戦士Hi‐νガンダム」「ストライクノワール」なソバスチンです。
Hi-νはGジェネやスパロボ人気も手伝ってHGUCに負けず劣らず人気ではないでしょうか?

 新ブランドNXからの第一弾ストライクフリーダムですが。
従来のBB戦士と異なり、「トゥルーオデッセイ」や近年の「コンパチヒーロー」等の
高めの等身が基本体型のようですねモールドや色分けの拘りは流石ROBOT魂の流れです(^^)b
その一方、玩具としてのギミックや付属品の少なさは確かにネックですね。
BB戦士版ストフリは肉抜きパーツが気になりますが、レールガンは稼働しますし
顔立ちもリアル等身のHGを払拭する良バランスでしたから、それに慣れると変にスマートなコチラに違和感が少々湧きます(;^_^A
 確かに、第一弾ならば初代RX-78を投入するほうが良かったかもしれませんね、個人的にハンマーはSDの方が似合うイメージですw
あと放送前から思っていましたがGセルフのデザインは凄く「SD映え」するデザインだと思います。
http://meikuu.blog.eonet.jp/default/images/2014/06/27/g.jpg
http://www.gundam.info/topic/11751
BB戦士でもコチラでも良いですから商品化に取り組んで頂きたいですね、ガシャポン戦士ではどれだけつぎ込めば良いのか…ヽ(´o`;
[ 2014/11/30 17:04 ] [ 編集 ]

やはり手を出しやすい低価格を目指すと色々と物足りなさがありますね。
ストフリではなくストライクだったら良さそうでしたね、ただそうなるとライバルキャラのイージスが鬼門かな?
次のデスティニーも武器の殆どがオミットされてそうですw
なにはともあれ新シリーズ、今後の動きに期待です!


・・・オプションセットとか出しても良いかもしれませんねー。
[ 2014/12/01 14:59 ] [ 編集 ]

ちいさい頃は、リ・ガズィのSDフィギュアでルナツー落下阻止ゴッコしてました。ある意味マセた子供でしたw

こうして稼働の素晴らしさを目にすると、技術進歩に驚きます。
長いこと見なかったシリーズですが、手を伸ばしてみたくなりました。
レビューありがとうございます!
[ 2014/12/02 04:01 ] [ 編集 ]

Re: SDGFのガンダイバーもリ・ガズィがベースでした。

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

ネクスエッジスタイル第1弾のストフリは本当に惜しい出来栄えです。
「第1弾なので今後の出来栄えに期待できる」と言えば聞こえがいいですが、
低価格路線でいくとしたら付属品が冷遇されるのは逃れられないかと思われます。
今度発売されるデスティニーなんて更に酷いことになってますし…

>あと放送前から思っていましたがGセルフのデザインは凄く「SD映え」するデザインだと思います。

なるほど。確かにコミカルに仕上げると中々様になりますね。
本編では活躍がアレなアルケインもこっち路線なら…
[ 2014/12/07 01:26 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ト・マス様、コメントありがとうございます!
返信遅れて、申し訳ないです。

>ちいさい頃は、リ・ガズィのSDフィギュアでルナツー落下阻止ゴッコしてました。

小さい頃は誰だってフィギュアやプラモでブンドドするもんですね。
まあ、かくなる私もレビューの為にこの歳でブンドドを楽しんでいるわけですが…w
[ 2014/12/13 15:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/714-1b131e53