今週の烈車戦隊トッキュウジャー 38話

烈車戦隊トッキュウジャー 第38駅 『映画作ろう』

トッキュウep38 0

動物がキャラクターなんだから、きっと楽しくてのどかな推理ゲーに違いない(確信)
トッキュウep38 1

某撮影所を訪れたレインボーライン。そこでシャドー怪人・フィルムシャドーに襲われている男性を発見。
彼は映画プロデューサーの分倍河原さん。彼の案内で撮影所を見学。
現在進行形の彼も映画を撮っているそうですが、何と監督を始めとしたスタッフが行方不明状態。
俳優もこうなってしまえばやる気がでない。そこでトッキュウジャーの面々がスタッフをやることに。
カグラの無茶苦茶の監督指導のもと撮影が進行しますが、逆に今度は俳優たちもいなくなってしまいます。
嫌気が刺して逃亡してしまったのか… と思いきや、ヒカリの推理と調査で、スタッフや俳優たちはどうやら撮影所から出た痕跡がない様子。
彼らは全員フィルムシャドーに捕まっており、彼らの見ている悪夢の力でフィルムシャドーは闇の映画を作り上げたのでした。
5人は変身し、最後には久々にレンケツバズーカで守衛さんを放ってフィルムシャドーを倒すのでした。映画も何だかんだで完成した様子。

トッキュウep38 2

うーん、カグラの無茶苦茶な指導といい、ヒカリの探偵といい、大和屋クオリティ全開のお話です。
正直カグラがDQNにしか見えません。あんなトンチンカンな指導をする彼女に最終的に
「映画を侮辱する者に制裁を下す」役目を担わせるって、ひょっとして制作サイドによる新手の自虐好意か何かでしょうか。
ラストの言葉が「映画、一緒に見に行こうね!」だったので「もしや今度のスーパー戦隊の映画の宣伝も兼ねてる可能性が微レ存?」
…などと考えるのは流石に考えすぎか。名探偵ヒカリについてはぶっちゃけどうでもいいや。
過去にヒカリが探偵した回もハッキリ言って酷い有り様でしたが、昔のドラマのパロディを入れてくるなど、
ある年齢層の方々にはちょっと楽しめるような内容だったとは思いますが、今回はそれもありません。
レンケツバズーカが久々に活躍してくれたのは嬉しかったですが、「ハイパーレッシャーは使わない」主義を貫くなら、
ロボ戦をトッキュウレインボーで戦うのってどうなんだろう。その辺、詰めが甘いと思います。
こんなことよりちゃんと本筋のお話を進めてほしかったなぁ…
うんこ。
関連記事
スポンサーサイト

倉庫からテキトーに見繕ってきた感のある衣装。

新堀和男氏ではなく喜多川 2tom氏(喜多川務)登場のトッキュウジャーですが。
確かに今回は「遠回しな映画販促」展開な気がしないでもありません。
レンケツバズーカを使ったのはあの“オチ”の為に使った感が強いですねヾ(・・;)
(守衛さんが初登場した段階からバトルに関わる事はマニアなら感付くはずですが…)
 又しても、カグラのぶっ飛んだセンスが結果オーライに繋がったのですが、流石にワンパターンになってますね。
けん玉探偵といい本作の大和屋ギャグはいい加減な感じです(゚ー゚;A
 どうしてもアキバレンジャーの撮影所回を彷彿させるので、セルフパロ位は入れても良かったのでは?
荒川稔久氏に執筆して頂きたかった気もしますが今季は「俺、ツインテールになります。」がありますから…
http://www.tbs.co.jp/anime/ore_twi/goods/cd.html
博士役が内田真礼さんだったり敵味方揃ってイタイ属性萌えヲタだったり妙にアキバレンジャーと共通点が多いですw
[ 2014/11/30 18:31 ] [ 編集 ]

Re: 倉庫からテキトーに見繕ってきた感のある衣装。

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

今作の大和屋ギャグは何か登場人物におかしなこと(非常識とも言う)をやらせて
強引に笑いを誘うような展開が多いですね。私的にそういうのは「子供だまし」だと思ってます。
現に笑ったシーンは殆どない… というかドン引きばかりです。

>どうしてもアキバレンジャーの撮影所回を彷彿させるので、セルフパロ位は入れても良かったのでは?

非公認の壁は大きいですから…たぶん。
[ 2014/12/07 02:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/716-36578381


仮面ライダードライブ 第8話「その胸に宿る秘密とはなにか」

仮面ライダードライブの第8話を見ました。 第8話 その胸に宿る秘密とはなにか 「霧子、逃げろ!奴は本気だ」 絶体絶命の危機に陥る進ノ介を身を挺して庇おうとする霧子はチェイスが攻撃を放っても尚、立ち続けるのだった。 「逃げません!だって私は…」 霧子に向けて放たれたチェイスの一撃は霧子ではなく頭上へと放たれるのだった。 チェイスが退いてくれたおかげで助かった進ノ介は...
[2014/11/30 13:01] URL MAGI☆の日記

烈車戦隊トッキュウジャー 第38駅「映画つくろう」

烈車戦隊トッキュウジャーの第38話を見ました。 第38駅 映画つくろう 烈車は映画の撮影所がある駅に到着して街に出ると、フィルムシャドーが男性を襲っていた。 ライト達が救出した男性は映画プロデューサーだったことから撮影所の見学をさせてもらうことになるのだが、撮影所では監督もスタッフも消えてしまうという事態が発生する。 そこでカグラが監督、ライト達がスタッフとして映画作...
[2014/11/30 14:55] URL MAGI☆の日記