今週の列車戦隊トッキュウジャー 39話

烈車戦隊トッキュウジャー 第39駅 『終わりの始まり』

トッキュウep39 0

うわーすごいデジャヴ

てか何でまた某声優のフルタCM復活したん?
あのゆとり臭いメッセージが変わってるあたり、やっぱり批判が来たんですかね…

トッキュウep39 1

世間はクリスマスムード。クリスマスになると人々のイマジネーションが高まる為、シャドーラインも手出しがしにくいんだとか。
その頃合いを狙っていたシュバルツ将軍。密約を結んでいた明を呼び出し、遂にシャドーラインに挑もうと言うのです。
明に連絡をとれないことで異変に気付いたトッキュウジャー。ビルドレッシャーに行ってみれば、そこにはシャドータウンへ行く為の書置きが。
考えてみればドリルレッシャーの入手経緯も不可解であり、一同はシュバルツ絡みで何かあったのではと推測。
一方地上ではノア夫人の手によって無作為に過去のシャドー怪人を発生させるボセキシャドーが出現。
そもそもボセキシャドーは闇を無駄に消費させるだけの存在であり、この事態はシャドーライン側にとっても予想外。
何とかボセキシャドーを退けることに成功するトッキュウジャーでしたが、そこへシュバルツのクライナーが登場。更にそこへ明まで。
パーソナルマークだったヘルメットを捨て、スカーフにハット姿というザラムを思わせる外見となった明。
トッキュウ6号の力を維持したままシュバルツの軍門に下るという彼に、トッキュウジャーは何も言えず…


トッキュウep39 2

いよいよラストに向けてシナリオが動き始めたってところでしょうか。
話がクリスマスを挟むことを見越して、シナリオ設定に反映させるとは中々秀逸だと思います。
シリーズ構成なんだから当たり前ですが、基本的に小林女史はキー設定にはきちんと丁寧ですね。夏の劇場版でもそう感じました。
反面、明確にシナリオが動いたのがラスト間際だったので、本当に「動き始めただけ」って感じがします。
あえて自分の力を弱めることでグリッタとの接触を試みるゼット、グリッタ奪還の為に謀叛じみた行為をしでかすノア夫人、
同じくグリッタの為にゼットを狙うシュバルツ、トッキュウジャーを裏切るも、書置きを残すなど完全に断ち切れたとは言えない明(ザラム)。
これらシャドー側に比べると、まだまだトッキュウジャー側の行動や決意は薄いままです。これからが肝心ですね。
そして相変わらず活躍がイマイチなネロ男爵…
関連記事
スポンサーサイト

ボセキシャドー「こうなったら怪人を10体ぐらい…」3号&5号「だめ!(アクターも声優も用意できない)」

ぼっちからすれば本当にクリスマスが「ヤミベリ」なのか疑問なトッキュウジャーですが。
年末の最終決戦とシュバルツの好機とゼットの異変とが上手く絡み合っている構成は確かに
小林女史ならではな巧みさですd(-_^)本作の根幹に関わる設定が上手く活かされています。
 今まで緩い展開が続いたのもノア夫人が決起する前振りだったわけですがこりゃ破滅フラグな予感ですね
闇が弱まり具現化したグリッタはシュバルツを愛する一方
ゼットに対しても複雑な心境ですね、予告のアレからして古風な「私の為に戦わないで!」系ヒロインですw
最近ではこれを主役側がやると陳腐になってしまいますから敵にやらせているのでしょう。
 敵側のドラマが濃い一方トッキュウジャーの決意ですが。
明に関してはトカッチ、グリッタに関してはミオが鍵でしょうか?
ギャグとして流し気味だった明としっかり向き合いクリスマスを祝えるのか?
それにしても忘れがちですがこのような決断と行動を元々年端のいかない少年少女が行っているのですから
十分主人公として活躍してるのですけどねw(^▽^;)
[ 2014/12/07 16:33 ] [ 編集 ]

Re: ボセキシャドー「こうなったら怪人を10体ぐらい…」3号&5号「だめ!(アクターも声優も用意できない)」

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

闇が弱まって話が徐々に進んできましたね。
決着はクリスマスまでにはつくと思いますが、40話を見るにかなりの急展開になりそうです。
仰る通りトッキュウジャーは皆年端もいかない少年少女たちです。
この怒涛の展開をどう乗り越えるかに期待がかかります。
[ 2014/12/14 12:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/721-93f2cbe8


烈車戦隊トッキュウジャー 第39駅「終わりの始まり」

烈車戦隊トッキュウジャーの第39話を見ました。 第39駅 終わりの始まり クリスマスが近づき、街にイマジネーションがあふれまくっているこの時期はシャドーが一番おとなしくなる時期だった。 闇の力が弱まる今を狙ってシュバルツ将軍は闇の皇帝ゼットを討つべく、明を呼び寄せる。 「僕、変だと思ってたんだ。この間、シャドータウン探しを焦ってたことあったでしょ?意味は分からないけど...
[2014/12/07 12:43] URL MAGI☆の日記