HGBF 1/144 百万式(メガシキ) レビュー

IMG_1202_20141218213912a97.jpg
HGBF 1/144 百万式(メガシキ)
メーカー小売価格:1944円

もしかして、今後BFTは新キャラをパパっと出しては主人公達に倒されるという
作業的なお話をやっていくのかしら。
というか最近になってようやく気付きましたが、監督前作と変わってたのね…
違和感の原因はこれか。

というわけで、HGBF 1/144 百万式(メガシキ)をレビューいたします。

※当記事で紹介しているキットは付属のシールのみ貼った素組みの状態です。
IMG_1205_20141218213915e02.jpg
MSN-001M 百万式(メガシキ)

スドウ・シュンスケがサカイ・ミナトに発注した「HGUC デルタガンダム」の改造機。
鑑賞用のアーティスティックガンプラと見紛うほどの精密な造りながら、
金属パーツへの置換や薄紫の耐ビーム塗装といった実戦的な改造も加えられている。
武装はデルタガンダム純製のビームライフルに加え、日本刀状の高出力ビームソードを2基装備する。
このビームソードには粒子変容効果が付加されており、R・ギャギャのシールドやライトニングのビームサーベルを
も一方的に打ち破る高い切れ味を発揮する。背部に装着されたバックパック「メガライドランチャー」は、
MSを騎乗させたり下部フックで牽引することができる支援メカ形態「メガライダー」、
両側に百万式本体のウイングバインダーを装着した飛行形態「メガフライヤー」、
百式が装備するメガ・バズーカ・ランチャーに似た砲撃形態「メガランチャー」の3形態に変形する。
ランチャーの砲身部分はビームサーベルとしても使用可能。


みんなの嫌われ者サカイ・ミナト君の作り上げたガンプラが遂に立体化。
設定通りHGUCのデルタガンダムをベースに幾つかランナーが追加されているという内容。
その為キットの構造はデルタシリーズと同じです。


IMG_1213.jpg
フロントビュー。カラーリングはやや青みがかった紫が基調。
プロポーションはデルタシリーズベースだけあって全高が高く、スタイリッシュ。


IMG_1215_20141218213915de4.jpg
リアビュー。バックパックが大きく重いので、自立させる際は本体の脚を調整させて何とか立たせてます。


IMG_1239_20141218215504cd1.jpg
今回は横からも。
バックパックの大きさの比率が分かるでしょうか。


IMG_1216_20141218213917022.jpg
顔。まごうことなき百式フェイス。目と頭部センサーの部分にはホイルシールを使用。
ツインアイが黒いのは百式の設定を取り入れたせいでしょうか?
なおキットでシールを使うのはこの頭部のみ。


IMG_1221.jpg
胸及び腰。全て新規パーツで構成されており、色分けも十分。


IMG_1217.jpg
肩。ここも新規パーツ。バーニアの部分は色分けされず。


IMG_1220_20141218214544731.jpg
腕。デルタシリーズお馴染みの構造ですが、新たにアームガードのパーツが追加されています。
パイプの色は白。


IMG_1222_20141218214548d31.jpg
フロントアーマー。こちらも新規パーツ。


IMG_1223_20141218214549698.jpg
脚は殆どデルタシリーズ同じ。アンクルガードの保持の部分がややゆるめ。


IMG_1224_20141218215137af3.jpg
なお足関節の後ろの部分のパイプの色も白。


IMG_1232_201412182151415d4.jpg
バックパックもさらっとだけ紹介。


IMG_1233_2014121821514473e.jpg
HGBCではメガライドランチャーとしてカラバリのものが発売されていますが、
キットの説明書を見る限り、単なる「バックパック」表記でも間違いではない様子。


IMG_1235_201412182151443fc.jpg
ランチャー砲身。設定上はビームサーベルが出せるらしいですが、キットでは対応パーツは付属せず。


IMG_1236.jpg
ウイングにはデルタガンダムのパーツも一部使われています。


IMG_1240_20141218215506618.jpg
ウイング外側にはビームソーザの柄を収納。


IMG_1237.jpg
バーニアはちゃんと別のランナーパーツが使われています。


IMG_1264_201412182203422a9.jpg
ウイングと下部のアーマーパーツを差し替えれば、メガフライヤー形態に変形。
ウイングが少し外れやすいのが難点か。


IMG_1267_20141218220344c69.jpg
下部にあるグリップを立たせれば、


IMG_1268_20141218220349ccc.jpg
こんな感じで百万式をぶら下げて運ぶシーンを再現可能。


IMG_1269_201412182203493da.jpg
更に変形させてメガランチャー形態に!
メガフライヤー形態からであれば、差し替えパーツはいらず、キットの可動だけで変形が済みます。
自立に関しては真っ直ぐ向けることが難しいので、無難に浮かせてディスプレイすべし。


IMG_1270_20141218220350c78.jpg
ただ百万式側は保持の為にフロントアーマーの一部パーツを動かす必要があります。


IMG_1225.jpg
気を取り直して百万式の可動範囲。
肩はいつも通り90度。腕は90度より少しだけ曲げられます。


IMG_1227.jpg
肩の引き出しは前後に微動する程度。


IMG_1229.jpg
腰も一回転可能。ただし前後の可動は苦手。


IMG_1230.jpg
脚はボールジョイント。このくらいまで開きます。接地性もまあまあ。


IMG_1231_20141218215724554.jpg
脚関節もよく曲がりますが、ロール軸が設けられてないことには注意。

総じていつものデルタシリーズの可動域ですね。可もなく不可もないまずまずの動きっぷり。


IMG_1238_20141218215904e8f.jpg
付属品一覧。


IMG_1242_20141218215909a2b.jpg
今回のキットには「HG MP-1 E」ランナーが付属している為、
念 願 の 両 平 手 パ ー ツ が 付 属 !
これは嬉しい! 嬉しいけど、キット間のこの格差の違いって何なの!?


IMG_1244_20141218215908abf.jpg
ビームライフル。こちらは完全オリジナルのもの。
珍しくセンサーにシールが付属しません。


IMG_1246_20141218215910726.jpg
ビームソード。刀のような形状で、なんとモールドも彫られてます。ビームなのに。


IMG_1247_2014121821591201a.jpg
同じ大型キットであるライトニングガンダムと比較。
全高は僅かに百万式の方が上でしょうか。やはりデルタシリーズのプロポーションは圧巻。


それではブンドドだぁ!

IMG_1249_20141218220753cc4.jpg
ガンプラ心形流の教え「平手パーツはきちんと付属させる。」


IMG_1251_20141218220755107.jpg
パッケージポーズと被らないような射撃ポーズをとらせるとなると、どうもだらしないポーズに…
後は種撃ちぐらいしか思いつかないし…


IMG_1252.jpg
まあ、両平手が付くぶん表情付けには困りません。


IMG_1254_2014121822075917b.jpg
やはり百式系統と言えばビームサーベル(ビームソード)。


IMG_1255_201412182208016ea.jpg
腰が回せるので斬りつけのポーズは安定。
ただビームソードの柄の保持具合があまり良くないので、瞬着コーティングしておくといいかも。


IMG_1262_20141218221214df2.jpg
一刀流もカッコイイ。というか劇中だと殆ど一刀流だった。


IMG_1271_20141218221257330.jpg
メガライドランチャーは前にも横にもボリュームがあって迫力満点。
ポーズが固定されちゃうのは致し方ないですが。


IMG_1275_2014121822135801a.jpg
付属手首パーツ6つ VS 付属手首パーツ2つ


IMG_1259_20141218221356de3.jpg
結果は大勝利。
手首の数がモノを言う!


IMG_1272_20141218221517ee9.jpg
付属手首パーツ6つ VS 付属手首パーツ3つ


IMG_1263_20141218221514d86.jpg
結果は相打ち。
手首の数の差が戦力の決定的違いではない。


IMG_1273_2014121822172080e.jpg
付属手首パーツ6つ VS 付属手首パーツ8つ


IMG_1274_2014121822171797a.jpg
結果は敗北…(というかむしろ自滅)
やっぱり手首の数には勝てなかった。ていうか8つって何だよ多すぎだろ…


IMG_1276_20141218221719678.jpg
謎の手首対決をしつつも以上、HGBF 1/144 百万式(メガシキ)のレビューでした。


プロポーションはデルタシリーズの構造を継承している為破綻はなく、(スリムすぎるという意見もあるかもしれないが)
可動についても、同様に遊ぶのに必要な可動域は保障されています。
素組みでは細かい部分の色こそ足りてないものの、カラーリングがほぼ一色のおかげでそこまで目立ちません。
付属品もそこまで多いわけではないですが、先述した通り両平手パーツはきっちり付属しますし、
メガライドランチャーも各変形バリエーションが楽しめます。
総じて尖った部分こそないものの、無難かつ堅実な良キットではないかと思います。
これを期にバンダイさんはHGキットにもっと平手パーツを付属してほしいところ。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/12/18 22:20 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(8)

最近のAmazonのレビューの様な感じをお見受けします。
[ 2014/12/19 15:49 ] [ 編集 ]

メインキャメラがクリアパーツだったら…

結構新規パーツが多い構成ですね、はい。

ビームソード表面にモールドまで彫られているとは…細かい。
というかびっくりするほどシールが少ないように見えますがせめてライフルくらいは…でもライトニングも一部付属してなかったしな…

まぁビルバはエフェクト用も含めれば付属する手首の数は計10個だったりしますもんね、そりゃ仕方ない
[ 2014/12/19 16:16 ] [ 編集 ]

カリマ・ケイ「シルヴァ・バレト、通称『銀魂(銀弾)』だな…。」

どうも、旧キャラの中でアランだけみょうに老けてるのが気になるソバスチンですヾ(- -;)
まぁ、PPSEはなくなっちゃうし、ガンプラ学園立ち上げるのやら相棒が相変わらずやらで
7年間苦労が多そうなのは想像できますが…Zでのハヤトのパロといった所でしょうかw?

 ネーミングセンスの点でも匠(巧み)な百万式(メガシキ)ですが。
本来オプションにすぎない百式のメガバーズカランチャーを標準装備させるという点で秀逸ですねd(>_・ )
メタス改やゴトラタンのように背部にコンパクトに背負え、従来のMBLのようにぶら下がれたりと。
渋めデザインに反して結構遊べそうです、Gアルケイン同様両手平手が付いているのは
同じ長物射撃武器装備の共通点がありますが、確かに元の百式も命中率は…
 ビームサーベルの威力の演出はZZのごんぶとや∀やGセルフのカッター状の物等
多々ありますがコチラはジ・Oのように日本刀のようなバイアスがかかっている上に
血流し(樋)まで再現されているとはガンプラを工芸品と見なしているサカイ・ミナトならではなのかもしれません。
 今のとこと好感度だだ下がり中の彼ですが、京都人のマオとは真逆の状態ですねw
只、トライファイターズの要がフミナであることを見ぬいた上で惚れてますから
その点でドラマがありそうです、多分失恋話でしょうがw(゚ー゚;A
本編も強敵といえるキャラも出てきましたしマスクメイジンもRウォーリアーでOガンダムみたいに登場したり
やっと盛り上がってくるやもしれないのでこれから更に増えるであろうキャラをどう活かすかですね。
[ 2014/12/19 21:37 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

アリ様、コメントありがとうございます!

>最近のAmazonのレビューの様な感じをお見受けします。

それは褒め言葉でしょうか? それとも皮肉ですか?
ちなみにamazonレビューを書いたことはないです。
[ 2014/12/23 00:06 ] [ 編集 ]

Re: メインキャメラがクリアパーツだったら…

(´゚д゚`)(仮)様、コメントありがとうございます!

>というかびっくりするほどシールが少ないように見えますがせめてライフルくらいは…でもライトニングも一部付属してなかったしな…
手首が付いたり付かなかったりと、その辺は本当にいい加減ですね。
気に入ったものは後々塗装する予定なので、私としてはシールはそこまでこだわらなくてもいいんですけどね。

>まぁビルバはエフェクト用も含めれば付属する手首の数は計10個だったりしますもんね、そりゃ仕方ない
おお、それを忘れていた…
[ 2014/12/23 00:18 ] [ 編集 ]

レグルス

はじめまして、ガンプラのレビューをよく見ています
最近、百万式のカラーリングがなぜ紫色なんだろうと思い、いろいろ考えてみたら一つ面白いことが発見しました。
それは百万式の画像をネガポジ変換にすると、なんと百式カラーになるのです。
デザイナーはそれを狙っていたのかは分かりませんが、面白いもことを考えているなぁと思いましたw
[ 2014/12/23 23:22 ] [ 編集 ]

Re: カリマ・ケイ「シルヴァ・バレト、通称『銀魂(銀弾)』だな…。」

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

百万式の出来栄えは正に「匠の粋な計らい」が詰まったものですね。
きちんと両手を付属させる辺り、ミナト君はサービス精神にもきっちり溢れていますねw
ガンプラ模型の受注製作をしてるみたいですから、本当に商売人ですね。彼は。
しかしそんな彼の渾身の力作も、セイのガンプラには遠く及ばなかったような描写がありましたが…
本編はまあ、面白くなればいいと思うんですけど、やっぱり色々心配です。
強敵が現れるのは結構ですが、現段階では主役3人に描写の比重を置きすぎてますからね…
[ 2014/12/23 23:48 ] [ 編集 ]

Re: レグルス

レグルス様でよろしいでしょうか?
申し訳ございませんがハンドルネームは名前の欄に書いてください。削除対象になってしまいます。
以後はよろしくお願いいたします。


>それは百万式の画像をネガポジ変換にすると、なんと百式カラーになるのです。
デザイナーはそれを狙っていたのかは分かりませんが、面白いもことを考えているなぁと思いましたw

すごい! 大発見ですね!
デザインのアイデアというのは、本当に何処から出てくるのか分からないものですね。
[ 2014/12/27 01:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/732-30dbccb8