ROBOT魂 ガンダムF91(ハリソン・マディン機) スカルハートver. レビュー

DSC00893.jpg
ROBOT魂 ガンダムF91(ハリソン・マディン機) スカルハートver.
販売価格:4536円 ※プレミアイムバンダイ限定販売

新しい撮影方法を試したので試し撮りがてら余っていた玩具をレビュー。
前よりかは少し綺麗になってるはずですが、如何せんまだ慣れていないので、
光の明暗差が激しい部分があるかもです。ご了承ください。

というわけで、ROBOT魂 ガンダムF91(ハリソン・マディン機) スカルハートver.をレビューいたします。

【12/31 追記】
写真の肩のフィンの向きが逆でした。お詫び申し上げます。

DSC00809.jpg
F91 ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機

F91部隊の指揮官であるハリソン・マディン大尉の搭乗機。
増加試作機に改修を施してあり、青いパーソナルカラーで塗られている。
ハリソン機はヒートシンク等の強化やバイオコンピューターの改良により、
MEPEを起こさずにフェイスオープンと放熱フィンのみで限界稼働をし、最大稼動モードが可能である。


クロスボーンシリーズにおいてクロスボーン・バンガードと戦いを繰り広げ、
時には共同戦線を張ったこともある地球連邦のF91がROBOT魂にて立体化。
通常版F91は2010年に発売されており、当商品は一部新規造型されたカラバリ品となっております。


DSC00810.jpg
フロントビュー。全身は青…というより紺色のような黒色の強いカラーリング。
プロポーションはHGUCよりもやや大きめですが、破綻はなく上々。


DSC00811.jpg
リアビュー。ここからでもヴェスパーの合わせ目が目立つ…


DSC00818.jpg
顔。新規構造となった頭部。造形は問題ありませんが、アンテナの部分にやや色飛びが…


DSC00823.jpg
胸。バルカンやV字マークもきちんと塗り分けられています。塗装精度もまあまあ。


DSC00824.jpg

DSC00825.jpg
両肩には設定通りF91の文字が造形されています。


DSC00826.jpg
右腕。


DSC00827.jpg
左腕にはシールド用の装置が造形されています。


DSC00829.jpg
腰。フロントアーマーの色の塗り分け精度も問題なし。


DSC00830.jpg
後ろ腰。


DSC00831.jpg
脚。全体的に塗装や塗りの精度に問題はなかったです。


DSC00833.jpg
ヴェスパー。塗装自体はよくできていますが、合わせ目が凄く目立っちゃってます。(特に左側)


DSC00861.jpg
持たせる時のヴェスパー側の移動・変形ギミックは差し替え無しで可能。


DSC00832.jpg
可動範囲。腕はギリギリまで曲がり、肩も90度より少し上まで上がります。


DSC00835.jpg
肩の引き出しに関してはそれなり。


DSC00839.jpg
腰は一回転できますが、ボールジョイントがややゆるめ。


DSC00892.jpg
開脚は180度全開にできます。が、足首は殆ど動かないので接地性は微妙。


DSC00840.jpg
脚関節も90度以上曲がりますが、脚自体を上げられないので膝立ちとかはほぼ無理です。


総じて高可動。やや癖のある部分もありますが、元が2010年のものと考えればかなりの良い出来栄えかと。


DSC00841.jpg
付属品。これだけ付いてきて当時は3000円台でした。


DSC00854.jpg
フェイスオープン時の顔は差し替えで再現。


DSC00856.jpg
ビームライフル。フォアグリップは可動します。塗装精度も問題なく、綺麗。
一応両手に装備可能ですが、左手だと若干掴みづらい印象。


DSC00859.jpg
ビーム・ランチャー。グリップが上下に可動します。


DSC00889.jpg
後ろ腰の差し替えパーツを使えばマウントも可能。


DSC00860.jpg
ビームサーベル。やや短めのクリアグリーンのサーベル刃のものが2本付属。


DSC00866.jpg
ビームシールド。サイズはかなり大きめです。
シールドの発生器に上から嵌めるように装着しますが、やや付け辛いです。


DSC00871.jpg
肩のスラスターは両肩のジョイントにそのまま装着させます。


DSC00872.jpg
脹脛スラスターは閉じたものと差し替えて再現。


DSC00869.jpg
というわけで最大稼働モード。


DSC00870.jpg
裏。


DSC00887.jpg
最後にフル装備形態。


それではブンドドやっていきます。


DSC00858.jpg
F91は構造的に頭を上に向けづらいので、飛翔シーンがちとやりにくい。


DSC00878.jpg

DSC00867.jpg

DSC00885.jpg
武装関連は全て2010年のF91と同じものです。
キッチリポーズが決まるように構えられるあたりは本当に優秀な出来だったようです。


DSC00864.jpg

DSC00865.jpg
ヴェスパーはやや構えにくいですね。本体側のボールジョイントもかなりユルいので。


DSC00876.jpg
最大稼働モードでの高速戦闘… を表現したかった。


DSC00875.jpg
スカルハート本編ではX1改・改との連携が印象的でした。
(逆に言えばそれ以外でスカルハート本編でハリソンの目立った活躍はないんだけれども)


DSC00891.jpg
以上、ROBOT魂 ガンダムF91(ハリソン・マディン機) スカルハートver. のレビューでした。


記事の文面からも分かるように、筆者は2010年発売のF91を所持していません。
その為比較はできませんが、きっちりアクションができる辺りは優秀な出来であることは十分理解できます。
ただ現在ではクロスボーンシリーズのROBOT魂が新規造型で発売されているので、
こちらも全身新規造型で発売してほしかったのが本望。贅沢言い過ぎと言えばそうなんですけど。
でも膝立ちは綺麗にできるようにしてほしかったなぁ。
何はともあれ今後もクロスボーンシリーズのMSはリリースされ続けるので、一緒にブンドドを絡ませていきたいところです。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/12/23 22:26 ] ROBOT魂 | TB(0) | CM(6)

ヴェスバー以外いいんだけどね、うん

そういえばこれ2010年のものなんですよね…
可動など総じて良好ではあるんですが色のせいというのもあってどうもヴェスバーの合わせ目が…
ギミックやモールドが凝ってるだけあってどうも合わせ目が残念なヴェスバーですがこれっていつもモナカなんですよね…

というかヴェスバー云々以前にこんなにビームシールド大きかったっけ…
[ 2014/12/24 16:10 ] [ 編集 ]

モナカにされないために、デザインの段階で平べったい銃器はなるべく作らないようにする、とか。
…いや、本末転倒ですね、それではw
[ 2014/12/24 18:14 ] [ 編集 ]

Re: ヴェスバー以外いいんだけどね、うん

(´゚д゚`)(仮)様、コメントありがとうございます!

合わせ目に関しては古い金型のものをそのまま使用しているからでしょうね。
合わせ目が発生してしまうこと自体は仕方ないですが、綺麗に整えてほしいですね。

>というかヴェスバー云々以前にこんなにビームシールド大きかったっけ…
いざって時は投降武器にもなりますから、大きい方が都合がいいんでしょう()
[ 2014/12/27 01:46 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

児斗玉文章様、コメントありがとうございます!

現在ではご指摘のように、立体化するにあたって合わせ目などが目立たないように設計されています。
なにぶん、F91は資料としてもかなり古いガンダムですからね。
おまけに小型ですし、立体化するにあたっては苦労なさったことでしょう。
[ 2014/12/28 23:16 ] [ 編集 ]

ちいちゃな事なんですが

肩のフィンが、左右逆だと思います。
フレーム部分と言うか、直線側が前で曲線側が後ろが正しいはずだと…。
[ 2014/12/30 18:21 ] [ 編集 ]

Re: ちいちゃな事なんですが

那佗様、コメントありがとうございます!

そうですね、また同じ間違いをしてしまいました…
今からの修正はできないので、修正文を上げておこうと思います。
[ 2014/12/31 00:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/738-106d68a7