HGBF 1/144 ガンダムデュナメスアームアームズ レビュー

DSC01051.jpg
HGBF 1/144 ガンダムデュナメスアームアームズ
メーカー小売価格:2160円 ※プロショップ限定販売

各お店では何処も発売日前にウイングゼロEWを売り出してましたね。
RGは発売日厳守なる暗黙の了解のルールは何処へ行ったのか…
そう言ってる私もいつも堂々とフラゲしてるんですけどね。やっぱり欲しいものは早く手に入れたいんで。

というわけで、HGBF 1/144 ガンダムデュナメスアームアームズをレビューいたします。

※当記事で紹介しているキットは付属のシールのみ貼った素組みの状態です。

【12/27 追記】
何故か載せ忘れていたアーム展開時の写真2枚追加

DSC01056.jpg
まずはデュナメス本体から。

セット内容としては、「HG 1/144 ガンダムデュナメス」のランナー5枚、
「HGBC 1/144 ガンプラバトルアームアームズ」からアームのランナーを2枚(1枚に結合されています)
昨年の「HGカスタマイズキャンペーン」で配布された6種の武装のランナー、
更に新規ランナー1枚が追加された合計13枚の豪華な内容となっております。


DSC01057.jpg
デュナメスのフロントビュー。カラーリングは深緑色から少し薄めのグレーに。
プロトタイプのような、何処か質素で無機質な印象を受けます。


DSC01058.jpg
リアビュー。お尻のパーツが違うことにお気づきでしょうか?


DSC01059.jpg
既存のデュナメスからの変更点として、まず肩にジョイントパーツが追加されています。
その為基本的には常時シールド展開状態に。


DSC01062.jpg
お尻のブースターもジョイント専用のものに差し替えられています。
ここのユニットはサーベルラックも兼ねていたため、ビームサーベルはオミットに。


DSC01093.jpg

DSC01094.jpg

DSC01095.jpg

DSC01096.jpg

DSC01097.jpg
あとは各部をぐるっと。
00の放送時期から「キット化を前提とした機体デザイン設計」が年頭に置かれるようになった為、
プロポーション面に特に問題はありません。


DSC01063.jpg
肩ジョイントを外せばノーマルのデュナメスのような肩デザインに戻すことが可能です。
デュナメスのランナーが丸ごと付属してるの為、お尻のパーツも差し替えることができます。


DSC01064.jpg
ノーマルのもデュナメスと比べて。一応少しだけ色を塗ってあります。
結構古いキットなので、関節部とかはもうヨレヨレの状態です。


DSC01065.jpg
簡単に可動範囲の確認。
腕関節はほぼ90度。肩は90度より少し上まで上がります。


DSC01066.jpg
引き出し機構もそれなり。


DSC01075.jpg

DSC01076.jpg
手首も上下に動くようになってます。


DSC01067.jpg
腰は一回転可能。前後への可動はできません。


DSC01068.jpg
脚関節もよく曲がります。膝立ちも楽勝。


DSC01069.jpg
反面、開脚はてんで駄目です。この頃はまだボールジョイント全盛期でしたからね。

総じて古いキットの割にはそこそこ動きます。開脚以外。
肩や手首の上下可動の辺りなんかは、エクシアよりも優秀でしょうか。


DSC01071.jpg
付属品。
前述した通り、HGデュナメスの武装に加えて昨年のHGカスタマイズキャンペーンでの6種の武装が付属します。
GNビームピストルは残念ながら未付属です。
また、各武装のランナーに付属するジョイントパーツは多すぎる上にレビューでは未使用の為割愛させていただきます。


DSC01072.jpg
GNスナイパーライフル。スコープはホイルシールで再現。フォアグリップも可動します。


DSC01074.jpg
バイポットは差し替えで再現。なんで色が違うんですかね…


DSC01078.jpg
HGカスタマイズキャンペーン武装その1、バズーカ。
カスタマイズキャンペーンの武器にはどれも当てはまることですが、持ち手が細すぎて手首と噛み合ってません。
グリップ下部がストッパーになってるのでポロリはなさそうですが。


DSC01080.jpg
HGカスタマイズキャンペーン武装その2、ビームガトリングガン。
やや小ぶりな形状。フォアグリップとか欲しかったなぁ。


DSC01083.jpg
HGカスタマイズキャンペーン武装その3、ビームライフル。


DSC01085.jpg
HGカスタマイズキャンペーン武装その4、ビームバズーカ。
確か筆者が当時のキャンペーンで貰った唯一の商品だったような。


DSC01084.jpg
HGカスタマイズキャンペーン武装その5、ガトリングガン。
キャンペーン当時はガトリング武装の売れ行きが激しかったですね。


DSC01087.jpg
HGカスタマイズキャンペーン武装その6、ヒートサーベル。
一体成型のものが2本付属します。


DSC01088.jpg
説明書には明記されていませんが、ランナーの都合上GNビームサーベルの柄も2本付属。


それではまずはノーマル形態でブンドド。


DSC01090.jpg
肩ジョイントの都合上、シールドの自由度が違いますので、
ノーマルのデュナメスとは違う感覚でブンドドが楽しめます。


DSC01089.jpg
ただ古いキット故にポリキャップがあまり使われていないので、関節部はヘタりやすいです。
特に肩はすぐヘタるのでパーツを組む前に補強をした方がいいかも。


DSC01091.jpg
ジョイントが増設されてもきっちりシールドは構えられます。


DSC01092.jpg
他からビーム刃を借りてきて。HGデュナメスにもビーム刃は未付属なのよね。
ちなみにGマイスター機でビーム刃が付属するのはヴァーチェとナドレだけだったりする。


DSC01098.jpg

DSC01099.jpg
もちろん、HGカスタマイズキャンペーンの武装を手に持たせてポーシングさせるのも全然アリです。
しかしそれはこのキットを楽しむ上での前座に過ぎません…


DSC01100.jpg
このキットを最大限に楽しむには、上画像の6本のアームパーツが必要です。
一応「自由に作ってね」とのことですが、今回は説明書準拠ということで。


DSC01101.jpg
そしてアームをフル活用して全ての武装を装着させた姿がこちら。


DSC01102.jpg
後ろからの外見が大変なことになっています。
ゴテゴテ武装大好きな私には堪りません。


DSC01103.jpg
お尻のユニット右側にはビームガトリングとビームバズーカが。


DSC01104.jpg
左側にはガトリングガンとバズーカ。


DSC01106.jpg

DSC01105.jpg
両肩にはヒートサーベルを1本ずつ。


DSC01107.jpg
右手にはGNスナイパーライフル。


DSC01108.jpg
そして左手にはビームライフルが。全ての武装が装着されています。


DSC01109.jpg
そしてそれらの武装を展開させた姿がこちら! 圧巻の一言に尽きます。


DSC01110.jpg
後ろからでも丸わかりなこのボリューム感。武装が適度に分散されている為、自立も楽です。


DSC01112.jpg
シールドは翼のように展開。デスサイズヘルのクロークを彷彿とさせます。


DSC01111.jpg
両肩のアームを腕のように伸ばし、ヒートサーベルを展開。


DSC01114.jpg
背中から肩にかけて、Wガトリングガンを展開。


DSC01116.jpg

DSC01117.jpg
お尻からはアームをニョキっと伸ばしてバズーカを展開させます。
あくまで一例に過ぎないので、アームの展開の仕方は各自お好きなように。


それではフルアームズの状態でブンドド。


DSC01123.jpg
天使再臨ならぬ悪魔降臨。何なんだ貴様。


DSC01119.jpg
アームの自由度がとても高い為、武器の向きなどで困る面は殆どありません。


DSC01120.jpg
文字通り、思いのままに武装を動かすことができます。
数が数なので大変っちゃ大変ですが。


DSC01127.jpg
ただ見ての通り肩が重くなるので肩ジョイントの負担は高まります。
皮肉にも、本体よりアームの方がジョイントの固さは安定しています。


DSC01128.jpg
後ろからの敵にも対応!
アームが動きすぎて自分でもよく分からなくなってる。


DSC01121.jpg
「乱れながら狙い撃つぜ!」
それとも「狙いながら乱れ撃つぜ!」かな?


DSC01122.jpg
どちらにしてもただ棒立ちさせて浮かせてるだけとか言ってはいけない。


DSC01125.jpg
以上、HGBF 1/144 ガンダムデュナメスアームアームズのレビューでした。

現在では入手困難なHGカスタマイズキャンペーンの武装全てを同梱している上に、
それらをアームを用いて1つの機体に仕上げてしまうというこのボリューム感は半端ではありません。
説明書通りに仕上げるだけでも十分様になります。武装フル展開時の迫力は圧巻の一言。(しつこい)
川口名人曰くあくまでも説明書は一例に過ぎないので、アームや武装の位置を変えてオリジナルセッティングにするのも一興。
とにかくアームの使い方次第でほほ無限大の遊び方ができる楽しいキットとなっています。
バンダイからのクリスマスプレゼントと言っても過言でない一品(ただし金はキッチリ取られる)。
アームを組み替えるなり、塗装するなりして遊びつくしてしまいましょう。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/12/26 22:13 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(6)

HGカスタマイズキャンペーンの武装がついて
さらにデュナメスも組めちゃうとはおいしいキットですね~!
アームを使った表現というのがまだまだピンとこない私には、
よい入門キットにもなりそうです。
レビューありがとうございます!
[ 2014/12/27 00:04 ] [ 編集 ]

フルバはいいものだ〜

とにかくすごいボリュームですねこれ…
ただでさえシールドの分でボリュームがあるってのにカスタマイズキャンペーン6種の武装とアームまでついて…
ちなみに私はなぜか通常のが手に入らずイベント限定シルバーver.のガトリングとツインヒートソードがもらえちゃいましたw

んで武装の多さ…っていうかそのせいでさらに関節の摩耗が…
何ともグリスを塗りたい衝動に駆られてしまう…

そして本体のカラーリングもまた渋い!
開発予定某局ゲームの雑魚キャラのうち1機のデザインがほぼ確定されちゃいましたよ

っていうかなんだこの後ろから見た時のボリューム…なんだこれ…
[ 2014/12/27 21:25 ] [ 編集 ]

キャンペーンで欲しいものを逃した人には

HGカスタマイズキャンペーンで欲しかったガトリングガン(パッケージがF)がまさかここで出るとは思えませんでした
デュナメスのカラーリングはHGオーガンダムのようなまだマイスターが決まっていない時の色みたいですね(赤や黄色があるため完全ではないですがw
ちなみにキャンペーン武装は取扱説明書にある部品注文でできるのでしょうか?(まだ購入していないので・・・
[ 2014/12/28 16:44 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ト・マス様、コメントありがとうございます!

川口名人も、「創る楽しさをこのキットから」と仰られています。
「作る」ではなく「創る」と表現されているのがいいですね。
アームを組み替え自分だけのオリジナルガンプラに仕上げることは、まさしく「創造」の域だと感じます。
ト・マス様は可動範囲に凝った改造をなさっているようですが、アームによる武装強化などはいかがですか?
[ 2014/12/28 23:38 ] [ 編集 ]

Re: キャンペーンで欲しいものを逃した人には

レグルス様、コメントありがとうございます!

HGカスタマイズキャンペーンで欲しかったガトリングガン(パッケージがF)がまさかここで出るとは思えませんでした
私も当時はガトリング系武器が欲しかったです。こういった形で再入手の機会が貰えるのは本当に嬉しいですね。

>ちなみにキャンペーン武装は取扱説明書にある部品注文でできるのでしょうか?(まだ購入していないので・・・

できるみたいですよ! 説明書同梱の注文票には制限などは一切書かれていませんでしたから。
ちなみに私は武装の全部欲しさにもう1つ買ってしまいました。
[ 2014/12/28 23:54 ] [ 編集 ]

Re: フルバはいいものだ〜

(´゚д゚`)(仮)様、コメントありがとうございます!
申し訳ございません。気付かずに返信をすっ飛ばしてしまいました。

デュナメスアームアームズの最大の特徴は、機体の選出やカラーリング、
そして武装との噛み合いが見事に全てマッチしていることですね。
組み立ての際はグリスを忘れずに…

>開発予定某局ゲームの雑魚キャラのうち1機のデザインがほぼ確定されちゃいましたよ
そ、それは何ですかな? 気になりますな…
[ 2014/12/30 12:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/741-b43cbe1b