RG 1/144 ウイングガンダムゼロ EW用ウェポンパーツ「ドライツバーク」 レビュー

DSC01176.jpg
RG 1/144 ウイングガンダムゼロ EW用ウェポンパーツ「ドライツバーク」
月刊ガンダムエース2月号付録(定価:990円)

今年も最後の最後で雑誌連動付録をやってくれました。
手短ではありますが、パパっと紹介したいと思います。

というわけで、RG 1/144 ウイングガンダムゼロ EW用ウェポンパーツ「ドライツバーク」をレビューいたします。

※当記事で紹介しているキットは組み立て説明の通りに作ったパチ組みのものです。
また、2つセットで再現可能となる「ドッペルト」に関しては取り扱いません。

DSC01177.jpg
セット一覧。内容は灰色のランナーが2つ付属しています。


DSC01180.jpg
こちらが付属武装を1つだけ装備した「メッサーツバーク」
ツメのようなデザインの下部に、砲身らしき部分が見当たりますね。
右手用のものが1つ、左手用のものが2つ付いており、それぞれRGとの組むことを前提にグリップにダボがついています。


DSC01184.jpg
そしてこちらがドライツバーク再現用の合体用銃(名称不明)。
これに先ほど紹介した3つのメッサーツバークを装着させます。


DSC01185.jpg
合体させたのがこちら。これが「ドライツバーク」となっております。


DSC01186.jpg
角度を変えて。大型武器になる為手首側にかかる負担が非常に大きいです。


DSC01190.jpg
そしてツインバスターライフルにメッサーツバークを3つ装着させたのがこちら、「ドライツバークバスター」


DSC01191.jpg
後ろからも。


DSC01192.jpg
あらかじめツインバスターライフル側に装着しておいたジョイント穴に沿ってメッサーツバークを装着させます。
穴は全部で6箇所あるので、全て埋めることでドッペルトが完成するわけですね。


それでは適当にブンドド。


DSC01179.jpg
メッサーツバークを両手に装備させて素立ち。ぶっちゃけツインバスターライフルとあんまり変わらない…


DSC01181.jpg
武器自体は非常に軽いのでブンドドはし易いっちゃし易いです。


DSC01182.jpg
左手用のものは2つ付属しているので、1つはグリップのダボを切ってHG用にしてもいいかも。


DSC01183.jpg
説明には書かれていませんでしたが、銃口にはウイングゼロEWに付属のビーム刃がぴったり装着可能でした。
ダボの大きさが合えばどのサーベル刃でも装着可能です。


DSC01187.jpg
ドライツバークともなると重くなるのでブンドドの幅は狭まります。


DSC01194.jpg
手首をギチギチに補強してやれば片手での保持も楽ですが、両手でしっかり支えてあげたいところ。


DSC01189.jpg
ビーム刃も取り付けてみて。(数が足らなかったのでHGのものを代用)
こんな感じの武装が去年のプロショップ限定商品にあったような。


DSC01193.jpg
ドライツバークバスターは真っ当にツインバスターライフルと同じ構えでポーシングしてあげましょう。
ポーシングの際はライフル側もスタンドで支えてあげることを忘れずに。


DSC01194.jpg
以上、簡単ながらRG 1/144 ウイングガンダムゼロ EW用ウェポンパーツ「ドライツバーク」 のレビューでした。

シンプルだったツインバスターライフルに尖ったデザインの装備を装着させてやることで、
迫力も高まり、これはこれでカッコイイと私は思います。
ただメッサーツバーク・ドライツバーク共に銃型の武器ですので、既にツインバスターライフルという銃型の武器のある
ウイングガンダムゼロEWと絡ませるのはイマイチ面白みに欠けるかもしれません。
加えてドライツバークに関しては取り回しが良いとも言えません。
ガンダムエース本誌には様々な1/144キットとの連動方法が書かれているので、そちらも試してみて、
ウイングガンダムゼロEWだけでなく、他のキットの彩ってみたいところです。

 

関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/12/27 16:17 ] ガンプラ(RG) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/743-66715e8d