【ゴリラの学名は】 今週のニチアサ 27週目 【ゴリラゴリラ】

皆様こんばんは。更新が遅くなってすみません。久しぶりの前書きです。
気候もだんだん暑くなってきてまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
筆者はちょっと風邪気味です…( ´Д`) 体調管理には気を付けましょう。

世間じゃあ例大祭だったらしいですねぇ…懐かしいなぁ。
あ、筆者は例大祭には行ったことありません。あるのはコミケだけです。それも2回ぐらい。
いやあ、あの時はよくやったなぁ… 今もたまーにやったりしてるんですが。
やっぱりね、一度手にしたゲームは最後までやらないと。クリアする前に売るのはちょっともったいないです。
てなワケで以下いつものテンションでお送りしまーす。


バトスピep36 1
バトスピep36 2

バトスピは大会編に入ってはいますが、まだ始まらないみたいですね(^^)
新弾お披露目回はまだまだ続きます。もう発売はされてますが。
バトル内容は「ヴァイキング・レイヴ」の様々な効果を駆使した非常に充実した内容だったと思います。
もうここまで来るとセイリュービも目立たなくなってきたなぁ…
お話に関しては特に進展は無いので言うことは無いです。
正直Dr.サンセットの世界征服計画は聞いててゲンナリします…既に同じような野望を抱えた人が一人いるのに。
そんな彼も次回でいなくなるようですね。ちょっとウレシイ


ゴーバスep14 1
ゴーバスep14 2

ゴーバスターズは14話。
色々と伏線を張ってきた前回から引き続いて後編になっております。
ヨーコのウィークポイントを狙ったりと実にエンターさんらしい巧妙な作戦です。
それに対抗すべく打ち出したヒロムのエンターさん変装作戦も良かったですね!
しかしエンターさんがメガロイドを増産してまで建てた作戦にしては…ちと微妙な印象です。
エンターさんが今回登場しなかったってことはエンターさんは作戦中に不在ってことですよね?
最後の最後で詰めが甘いっていうのはどういうことなんでしょうなぁ…(´・ω・`)
新メガゾードを完成させるべく、確実にエネトロンを入手したければ最後まで作戦に携わるべきでした…
公式が「ドシリアス」と言う割には今一歩押しが足りなかった感じです。
全体的なストーリーは面白かったと思うんですけどね^^;
ここまで伸ばした意味はあったかなぁ…?

ゴーバスep14 3

それと今回、「エンターさんの心臓が止まっている」という意外な事実が発覚。
これは中々興味深いですね… まあ触手出してる時点で人外の何かということは分かってましたがw
オルフェノクか何かなのでしょうか
謎に満ち溢れたエンターさんのヴェールも少しずつ剥がれていく感じになるんですかね…

ゴーバスep14 4
ゴーバスep14 5

さて次回では新メンバー、ビートバスターが登場です!
様子を見るにユウトとデネブ臭がそこはかとなく漂ってきます… 多分シイタケ嫌いなんだろうなぁ。
俳優さんはマジレンジャーでマジイエローを務めた松本寛也さん。実に渋くなって帰ってきましたなぁ。
懐かしいですねー、黄色の腰時代とか 今度はどんな活躍を見せてくれるのでしょうか?


フォーゼep37 6

ホワチャー!!!

フォーゼep37 1
フォーゼep37 2
フォーゼep37 3

フォーゼは37話! 前回と引き続いて若者の「夢」に関するお話です。
しかし見果てぬ夢を若者なりに追い求めたJKの話とは打って変わって、目の前に掲示された夢を前に若者たちが争うという中々ドロドロしたものです。筆者は嫌いじゃないですがwww
「スキルや努力があっても報われるとは限らない」「夢を実現する為に他人を蹴落とす」…就職の厳しい現代の風刺のようなものでしょうか… というか子供向けじゃないよね?コレ…
しかしエリーナもユウキをあんな風に責めたてるのは夢云々以前の話ですよなぁ。
だってユウキの宇宙飛行士の夢に対する熱意は恐らくライダー部一です。それだけ外に出してますもんね。
スキルの前に熱意がなければやっぱり夢は叶わないでしょう。本人だってふざけてる気は無いだろうし…そこを責めちゃうのは酷だなぁ。
その分エリーナの宇宙飛行士に対する熱意も並みならぬものなんでしょうが…同じグループの仲間と仲良くしないと宇宙飛行士はやってけないぞ! 多分!

フォーゼep37 4
フォーゼep37 5

そんなエリーナが変身したのがこのアクエリアス・ゾディアーツ。
リミットブレイクされても自身の水瓶から出る水で完全復活するというチート性能。
一体どうやって倒すんだろうなぁー。まあ次回で倒しちゃうんだろうけど…
コズミックステイツならスイッチの組み合わせができるし、色々な倒し方が期待できます。
どうか良い展開を期待してます!



スマプリep17 1
スマプリep17 2
スマプリep17 3








( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚) …?!

(つд⊂)ゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシ

(  д )

(; Д ) !!













スマプリep17 4
スマプリep17 5

スマイルプリキュア、今回は芸人回でございます。ゲストはまさかのFUJIWARAさん!
放送前は色々と不安が募る回となりましたが、ここは流石スマプリといった所でしょうか。非常に遊び心にあふれております。
その結果がキュアゴリラだよ! 鼻水吹きました。全く風邪気味だというのに。
あと意外とFUJIWARAのお二人さんのアフレコが自然でびっくり。声優陣と比べても特に違和感が殆どなかったです。
赤鼻と青鼻を同時に使った戦闘も良かったです。キュアサニーの格闘シーン、属性を生かしたアクションも見ものでしたね!
れいかの天然っぷりも良かったですけど、漫才の時までやってしまうのは正直KY…いえ、何でもありません。

芸人ゲスト回というわけで色々意見のある人も多いでしょうが、今回はうまく纏まった回ではないでしょうか。
ギャグもバトルもちゃんと表現できてたし、私としては特に文句はございません。地雷にならなくて一安心でございます。

それにしても… ゴリラと聞いたら…






ゴリラ オン

…いや、きっと気のせいだ。うん、気のせいだ! ウホッ!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/05/27 20:22 ] 旧ニチアサレビュー | TB(0) | CM(4)

リブラ「顔でかいからや!顔でかいから生徒に人望がないねん。ホントは目の錯覚やから!」

FUJIWARAゲスト回の「スマイルプリキュア!」ですが
賛否の嵐が強そうですが、私も今までの芸人タイアップ回と比べればかなり良い出来だと思います。
問題の「キュアゴリラ」に関しても、フレッシュの時から娘さんと一緒にプリキュアごっこをして
変身バンクを持ちギャグにしていた原西さんでしたからあまり嫌味もありませんでした(^◇^)
http://www.youtube.com/watch?v=TBikRJ1IdZ4
只、FUJIWARAと原西さんの芸風を知らない人は「???」かもしれませんねぇ。
それこそ れいか/ビューティーみたいなリアクションかもしれません(^▽^;)
あと、お好み焼き回に比べるとあかねメインのエピソードとは言い難い所ではありますね
「サブタイに偽りあり」となってしまうのが残念が所です(;^_^A
所でみゆきのお父さんの博司さんの中の人は関俊彦さんですね、桃太郎がタイプなのはネタではありませんねw

ゴーバスはウサダ奪還に続いてヨーコの救出も凝っていました、ヒロム&リュウジの潜入ミッションは中々です。
ゲーム『メタルギアソリッド』のスネークや『スプリンターセル』のサム・フィッシャーと良い勝負ですw
OPのキャスト表で「エンターの声:陣内将」とクレジットしてあったのが気になっていたのですがそういう事でしたかw
ホントに陣内さんもといエンターは何処に行ったのでしょうか?(^▽^;)
GT‐02の上部に付いていたのはスピーカーだったのですね、私はコレを思い出しました↓
http://www.youtube.com/watch?v=7rXwvvSixrc
マクロスの世界観を知らない人は面食らうでしょうねw(;^_^A
次回が遂に追加戦士「“ビート”バスター」登場のようですが…途中で洗脳が解けて無味乾燥キャラにはなりませんように(-人-;) 

最後に普段は尺の都合でタイトルにのみメッセージを込めていた『仮面ライダーフォーゼ』についても今回はコメントしますが。
JK回に続いて今回もシビア回でしたね、高校時代は理想と現実の間が見え始める年頃ですからエリーナの焦りも最もです。
(エリーナが二代目オンドゥルと言われたり、アクエリアスの能力的に『まどマギ』の美樹さやかみたいな顛末という声も(;^_^A)
只、ユウキのアホキャラもちょっと度が過ぎてエリーナが苛立つのも分るような…せめて勉強は出来た上でテストのボーナスも正解したなら良いのですが…
そこまで弦ちゃんと一緒ではイカンやろと(;^_^A因みにJAXAの選抜では英語は必須です。
当初ユウキは秀才キャラで行く予定だったのですが演じる清水富美加さんの熱演でだいぶキャラが変わったらしいです。
それが今回はちょっと悪い方向に行った気がしないでもありません(^▽^;)
宇宙飛行士選抜の閉鎖環境テストということで、1時間前に日テレ系で放送中の『宇宙兄弟』と内容が被ってきましたね(^◇^)
ユウキの疑惑に関してこんな考察も↓
http://www.syu-ta.com/blog/2012/05/27/102447.shtml
もしフォーゼがきっかけでWOLT様も宇宙開発に興味が持たれたのなら
『宇宙兄弟』『ΠΛΑΝΗΤΕΣ(プラネテス)』『MOONLIGHT MILE』あたりはオススメですよ(^◇^)
あと古い米映画ですが『The Right Stuff』も良いですね。
ラストでチャック・イェーガー(実在のエースパイロットで超音速水平飛行を始めて達成した人類でもあります)
がテスト機NF‐104で無断出撃するシーンは神話「イカロスの翼」を彷彿させ個人的に好きです(^^)b
[ 2012/05/27 22:19 ] [ 編集 ]

最近コメできないほど忙しいのです

「アニメに芸人さん」は地雷が多い気がしますが、レビュー読む限り大丈夫そうですね
前から思ってたのですが、スマプリは一応ギャグアニメのカテゴリーですかね?ギャグセンスは高いように感じますが…
[ 2012/05/28 02:18 ] [ 編集 ]

Re: リブラ「顔でかいからや!顔でかいから生徒に人望がないねん。ホントは目の錯覚やから!」

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

芸人回でもお話がくどくなかったのは、やはりスタッフのやる気と遊び心、更にはFUJIWARAのお二人の演技の自然さに尽きると思います。
キュアキャンディ同様バンクをまるまる一つ作っちゃうとはやる気がハンパないですね! オチも良かったです。
みゆきパパがまさかのモモタロスの件についてはあかねの家族の人選同様狙ってる感がありますね。拘ってるなぁ。
原西さんの変身については…あの「カチーン! カチーン!」のあたりが何とも聖闘士s… いや、何でもないです。
彼もプリキュアを見て小宇宙がざわめいたんでしょうなぁ…あ、いえ、何でもないです。

ゴーバスのヒロムとリュウジの潜入はまさにスニーキングミッションですね!
正に潜入という感じでゴーバスらしいシーンだと思います。
ただやっぱりエンターさん不在はいただけないですね…^^; 作戦が作戦なだけに、本当にエンターさんらしくない。
今まで曲りなりに成功してただけに、今回ばかりは舞い上がっていたんでしょうか? パンダコスもノリノリでしたし…
でもこれじゃあ前回では落ち着いていたマジェスティがまた暴走してしまいますよ…
ビートバスターについてはリュウジの言っていた「先輩」という説が濃厚らしいので、そちらの方をどう描けるかに期待しています。

フォーゼは予想外のドロドロさにビックリです。
記事ではユウキを押してますが、少し考えを改める必要があるみたいですね。
父親の例を見てる以上現実と夢の間にある厳しさを知るエリーナと、ひたすら夢を追い求めて甘さの抜け切らないユウキ。
確かにユウキには情熱がありますが、テストを真っ向から解けなかったのはちょっと考え物ですね…
それって本当に夢しか見てないことですから。ユウキのバカさ加減が表にも裏目に出過ぎたせいですかね。
正直このまんま試験を合格したら夢を追い求めた挙句決別することを選んだJKに失礼だと思います。
でもエリーナもエリーナでユウキ同様頭の弱い弦太朗を持ち上げるのも少し違和感があります。
明らかにユウキに攻撃的ですが… アレですかな、「宇宙キター!」と直球に熱意を表してる弦太朗と違ってユウキの場合は神頼みやらはやぶさ君やら変な方向に曲がってますもんね。「宇宙をナメてる!」と思ったのかもしれません。
しかしユウキもエリーナも宇宙に対する熱意は人並みならぬものですし、お互い一方に無いスキルを持ち合わせている為、上手くコンビを組めばいい関係になるんじゃないでしょうか?w
(こういうことを記事に書くべきでした。反省です。)
グリーンカードについては全然知りませんでした。情報提供ありがとうございます。
これなら教員側がユウキの行動に食いついていたのも納得できます。しかしこんな所まで描くとは、宇宙に対する拘りは尋常じゃないですね。非常に丁寧な姿勢だと思います。

さてさて多くの宇宙に関する作品の提供、ありがとうございます!
最近は暇も無くなってきましたが、宇宙兄弟は少しだけ見たことがあるので暇があればまた見てみようと思います。
[ 2012/05/29 00:06 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ふくじんづけ様、コメントありがとうございます!
ご多忙の中どうもです(^^)/

スマプリは一般的な女児向けアニメです。
ギャグ色が強いと思われるのは質もそうですが、何より見せ方のテンポが秀逸だと思います。
非常にポンポン見せてくれるので実に飽きません。所々にスタッフの「遊び心」が含まれているのも見どころですね。
やはりその辺は健全なアニメだからこそ、だと思います。
(深夜アニメ離れが進む筆者曰く)
[ 2012/05/29 00:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/76-c87a14ba