【ロケットステイツ】 今週のニチアサ 28週目 【再販してくれないかな(´・ω・`)】

前書きでーす

WOLTです。最近眠いです。皆様いかがお過ごしでしょうか。
先日『オーズ&フォーゼ MOVIE大戦 MEGAMAX』をようやくレンタル、視聴することができました。
やっぱり人気なんですねぇ。わりかし近い店だと全部貸切状態で大変でした。
(一番最寄の店だとそもそも置いてなかったり。オイオイ^^;)

いや~、やっぱり迫力が違いますね! 流石はMOVIE大戦!
スーパータトバもロケットステイツも大活躍でした!
内容は少し詰め込み過ぎた感じかな? スーパーロケットスイッチ入手の経緯はもっと拘ってほしかった…
とはいえど『スーパーヒーロー大戦』がアレだったので、出てくるライダーがフルで活躍する映画としては十分な出来だと思います。
次回のMOVIE大戦も期待してます!


バトスピep37 1
バトスピep37 2
バトスピep37 3
バトスピep37 4

えーっと、バトスピはどうだったかと言うとですね。
バトルにつきましては何もありませんでした。大会を前にキャラクターそれぞれが意気込みを語るという完全な茶番回です。
今回で世界中を巡る上で行動を共にしたサンセットとボンバー及びジーニアス号と別れることになるのですが、キマリVSサンセットの別れ際バトルとかやってくれると思ってた私にはかなり物足りない感じです。
まあ諏訪部ナレーションとの掛け合いや井上氏のニュース報道、久々のバトスピ仙人登場(今回で正体がバレちゃいましたが)などツボはちゃんと抑えてるので、それはそれで「バトスピ覇王」らしくはあります。
サンセットの「実はいい人」描写も上々。まあずっと前から分かってたことですけどねw 要するに皆厨二なだけです。
レギュラー・準レギュラー共に勢揃いした回なので、茶番としてはとても充実した内容だと思います。
でも完全に茶番だもんな… うん、バトルしてないもん…(´・ω・`)


ゴーバスep15 1
ゴーバスep15 3

ゴーバスターズ、遂に追加戦士の登場です!
終始新戦士であるビートバスター/陣マサトとそのバディロイド、ビート・J・スタッグ/スタッグバスター(以下J)に振り回された展開ですねw
金色を務めるビートバスターがマサトなのは分かってたけど、まさかバディロイドであるまでもが銀色の追加戦士として加入することになるとは!
「完璧を求めない技術者」というちょっと変人体質のマサト、自己主張が過ぎているあまりにマサトからよく突っ込まれるJとこれまた中々のコンビでございます。
基本的に初期メンバーの3人が真面目なので、マサト&Jコンビの異質さが一層際立ちます。

亜空間より現れ、17年前と全く変わらない風貌を持ち、敵を倒し終わった後はエネトロンを奪ってトンズラしちゃうという謎が謎を呼ぶ設定だらけです。そんな曲者コンビがどのようにヒロム達と絡んでいくのかが楽しみですね。

ゴーバスep15 2

今回は新戦士の活動のせいかメガロイドの戦闘がいつもより長め。ソウジキロイドがこれまたいい味を出してましたね!
あんなに淡々と確実にエネトロンを奪えるなら前回みたいに大がかりな作戦をやる必要は無かったのでは…^^;
まあ前回の失敗を転機に、今回から確実な作戦に路線変更したんでしょう。マジェスティもカンカンですしね。
今回ソウジキロイドの声を担当した吉野裕行氏は前回の諏訪部氏同様『謎の新ユニット STA☆MEN』のメンバー。
やはりこれからSTA☆MENのメンバーが起用される形になるようですね。


フォーゼep38 1
フォーゼep38 2
フォーゼep38 3

フォーゼは38話。前回に続く宇宙飛行士の夢をめぐる高校生達の奮闘を描いたお話です。
まあ結論から言うとグリーンカード説が正しかったということですね。
最終的にエリーナとユウキは仲直りして、(記憶喪失になっちゃったけどね)アクエリアスも無事撃破するというお話だったんですが…
ウ~ン、何でしょう、すごくモヤモヤしている感じです。
試験を合格するまでの経緯はいいと思うんですが、アクエリアスとの一騎打ちの所はなぁ…
場面が変わっていきなり雨がザーザー降りだし、皆正体を知ってる状態になってるし…
正直言って演出に「わざとらしさ」を感じて素直に見れませんでした。ダイジェストを見てる感じです。
タイマンバトルならライダー部が見てる中じゃなくて、二人っきりでやってほしかったです。雨はザーザー振りじゃなくてもいいです。
流れ自体はいいと思うんですが… イマイチしっくりこない回でした。





スマプリep18 1

あ~、これ勝ち展開か… (´・ω・`)



スマプリep18 3

( ゜Д゜) …ヱ?



スマプリep18 2

( ゜Д゜) …



スマプリep18 4

。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。 ウワァーン!!


スマイルプリキュア18話…いい最終回でした。でもまだ続くみたいです。
今回のお話は運動会。なおちゃんとプリキュア一同が頑張ってリレーを走り抜こう! というお話です。
「勝ち負けだけが絶対じゃない」「皆で力を合わせて頑張るからこそ意味がある」というメッセージを一直線に貫き通した回でした。
やっぱり子供向け番組なんだからこういうメッセージ性が強い回じゃなきゃね!
バトルの内容とかどうでもいいぐらい、メッセージが力強く描かれていました。
それにしてもれいかさん… アナタ毎日お兄様とジョギングしてませんでしたっけ?
まあ、速く走ろうと意識するとああなっちゃうのかもしれません。天然なれいかなだけに。

バトルはほぼオマケ状態でしたが、独りで戦おうとするアカオーニさんが「皆で戦う」という今回のメッセージ性を強めるのに一役買っているのは事実。
敵役もうまいこと生かしてますね。流石!

アナウンスの再現度()は中々評価を得ているようですが、筆者の母校ではそこまで脱力気味ではなかったような…(´・ω・`)

ともかく非常に王道な回でしたが、とても面白く見れたと思います。













































スマプリep18 5

(・∀・) …ナニコレ?
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/06/03 20:17 ] 旧ニチアサレビュー | TB(0) | CM(4)

南波六太(ムッタ)「『フォーゼ』見忘れたー!」ヾ(・・;)オイオイ

『スマイルプリキュア!』18話は実に爽やかな感動エピソードでした。確かにバトルが蛇足に感じるほどw
「大事なのは勝ち負けではない」というメッセージは3話のやよい加入回のおさらいでもありますが
今回は5人が一蓮托生ですしダイジェストながら練習や大会本番の描写はツボを抑えていましたd(-_^)

又、クラスメイト達の反応や、やよいへの陰口の内容も実際の中学生ではありえそうな感じでしたね。
ちょっとスイートの面影がちらつきましたが(゚ー゚;Aやよいの頑張りに感化され真っ先に声援を送ったクラスメイトの描写は流石です(^^)
コチラのほうが遥かに『中学生日記』してると思います、本家は見ていませんがw

ラストの皆で涙を流す作画はかなり良かったです、作画担当のフィリピンチーム(TAP)も腕を上げましたねd(-_^)
因みにエンドカードのアレは「可能性の獣」です。
http://dic.pixiv.net/a/%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0
バリズンソードみたいに割れるのかもしれませんねヾ(・・;)ォィォィ


新展開を迎えたゴーバスターズですが、やっぱり「敵か?味方か?謎の追加戦士」とはこうでなくてはと思います(゚∇^d)
(辻褄の合わない理屈を捏ねて正式加入を渋った上に事態を混乱させたミュー(ry)
ビートバスターの陣マサト先輩は正に浦島太郎と言ったところでしょうか?
その昔、タツノコアニメに『未来警察ウラシマン』というアニメがありまして(ry
先輩がどのように地球に戻ったのか?大量のエネトロンをどうするのかも気になりますし。
そしてなによりエンターの言う「創造する者」とは…まさか…; ̄ロ ̄)!!

J/スタッグバスターの声の出演は中村悠一さんですね。
最近ですと『マクロスフロンティア』の主人公「早乙女アルト」や『ガンダムOO』の「グラハム・エーカー」等
二枚目主人公やライバルキャラと大活躍中ですね。
ソウジキロイド役の吉野裕行さんとも公私共に親交が深く共演作も多いです。
因みに今回大活躍の緑川なお/キュアマーチ役の井上麻里奈さんと同棲疑惑があったり…
声優さん、特にアイドル路線の方はたとえ結婚しても公にしない事が多いですから真相は不明ですが…(^▽^;)
[ 2012/06/03 22:12 ] [ 編集 ]

ゴーバスターズ面白かったですね。

個人的には、ビートバスターとスタッグバスターはゴーオンジャーの反省点を生かしていると思います。

ゴーオンジャーは、7人の戦士に相棒の役割の炎神が12体もいたから、役者と声優のギャラが大変そうだし、さらに人数が多過ぎて空気キャラも生まれてしまいましたので・・・。

対してゴーバスターズは初期戦士を3人にして、バディロイドを追加戦士にすれば、無駄にキャラを出す事もなくなり、予算も浮いたと思うので(笑)

スタッグバスターはネタバレサイトで見た時は、ガタックやガタキリバのようなクワガタ戦士特有の角じゃなくてダサく感じましたが、今日の話を見たらカッコ良く感じました。

果たして二人の追加戦士で、物語がどうなっていくのか楽しみです。

フォーゼの方は神回だったと思います。ただ残念な点は、決闘シーンが短かった事です。いつのまにか弦ちゃんが、アクエリアスの攻略法を見つけていたし、アクエリアスの超新星が何だったのか分からないまま終わったのでそこは残念です。

エリーヌは、二話で退場させるには惜しいと思うくらい個性的なキャラでした。本当にダークネビュラ行きにならなくてよかった・・・(泣)

弦太郎の頼みを聞いてくれたり、遊び心のボーナス問題を出したりと普通に理事長は良い人ですね。

園ちゃんは自分で「最後のチャンスを下さい」と懇願しておきながら、メテオにやられたし、校長は説明不要(笑)だし、基本ダークネビュラ行きになる人は正直しょうがないかなと思う失敗をやらかしているので(笑)

もはやマスター・リブラと呼ばれていた時代や、女子生徒や保護者に大人気という設定が完全に黒歴史になりかけている速水校長はまさにフォーゼ界のブンビーさん?

果たしてタウラスは速水校長の手駒になってくれるのか?

まぁ、例え校長の言うことを素直に聞いてくれても、それは表向きだけで、実は逆にタウラスに利用されているパターンかと・・・(笑)

来週のタウラス編に期待です!

そしてスマイルプリキュアの18話もまさに神回でした。ちなみに残念な話が多い去年のスイプリですが、スイプリ18話に限っては神回でした。

体育祭のリレーで転ぶのはテンプレですが、てっきりやよいが転ぶと思っていたら、無事にバトンを渡し、勝利BGMが流れたから、あのままなおがゴールかと思っていたら、まさかの展開で読めませんでした。けどあの展開は良かったと思います。

陰でやよいに不満を言っていたクラスメイトもフォローされていたし、良かったです。

スマプリで地味に良い点は、スタッフがモブキャラを愛していると言う点です。東映アニメーションのスマプリ公式サイトで2年2組の生徒を全員紹介しているのは感動モンです。いずれクラスメイトの誰か1人くらいメイン回があるのではないでしょうか?

逆にスイプリはサブキャラの扱いが悪過ぎでした。2話だけしか出てこないレナとありさは公式サイトで紹介されているのに、和音と聖歌は最後までメイン回がなく、公式サイトで紹介されない始末。エレンとアコファンには申し訳ありませんが、自分は未だにスイプリの追加メンバーは和音と聖歌で良かったんじゃないかと思っています。セイレーンは、改心させて、妖精としてハミィと一緒にプリキュアのサポートをさせれば十分だと思うので。

またスイーツ部のメンバーも一部のキャラで良いから名前を出せよと思いました。

グダグダになったうえに、また長文ですいません。とにかく今週のニチアサは面白かったです。もし誤字があったらすいません(汗)
[ 2012/06/04 00:55 ] [ 編集 ]

Re: 南波六太(ムッタ)「『フォーゼ』見忘れたー!」ヾ(・・;)オイオイ

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

スマプリ18話は珠玉の一作でしたね! 内容が詰まっているにも関わらず要所要所をちゃんと描けていたし、
何よりラストの展開に実に引き込まれました! バトルなんて存在しなかった。多分(´・ω・`)
キュアキャンディの回とは違って迫力で押すものじゃなく、ちゃんと描くべきテーマを一直線に描いた良回だったと思います。
男子生徒達がやよいを応援するまでに至る流れも良かったですよね! ああいうちゃんとした流れを見ると「いいね!(感動)」よりも「だよなぁ。(納得)」という感想が強いですw スイプリでハミィがセイレーンを説得する経緯を見てからフレプリでラブがイースを説得(というか拳の訴え?)するシーンを見て凄く納得感を得たのと同じ気持ちでした。(何言ってるか分からなかったらスイマセンm(_ _)m)

ビートバスターについては正にあの掴みどころの無さこそが追加戦士って感じですよね!
エネトロンを持ち去ったのはwikiを見た感じは私利私欲の為のような書かれ方をしていましたが、
まだ全貌が掴めてないのでどうなるかは分かりませんね。
陣マサトの登場の辺りから亜空間やヴァグラス周りの事情も少しずつ明らかになっていくようですから、
いよいよゴーバスターズの本領発揮が見られそうでございます。(`・ω・´)

私は中村悠一さんの出演作品で印象深いのは小学生の頃に見ていた「電脳冒険記ウェブダイバー」という作品ですね。
主人公機であるグラディオンをサポートするロボの役を演じていらっしゃいましたが、びっくりこの作品が中村氏のデビュー作だったんですね。調べてみるもんですなぁ。
ウェブダイバーには今回のゴーバスでソウジキロイドを演じられた吉野裕行氏とも共演なさっています。
小さい頃はああゆう3Dで戦うロボットに実に魅せられたものでした。(´・ω・`) 今でもさほど変わってませんけどねw
[ 2012/06/05 23:53 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

セキ様、コメントありがとうございます!

ゴーオンジャーの反省ですか。なるほど。
ゴーオンジャーの炎神の数はそれは凄まじかったですよね。キャリゲーターが出てきた時なんかそれ専用のゴーオンジャーを有志の方が考えてたり、役者さんには地獄兄弟の兄貴がいるし、しかもまたアニ役だし…w
逆にその炎神の多さを私は楽しんでました。12体合体なんてあまり見られませんし。最も一部の炎神はただロボットに乗っかってるだけなんですが
まあ、空気化についてはそうですね… 最後に出てきた古代の炎神なんてロクに喋れなかったし…
予算については知識不足故によく分かりませんが、バディロイドを5人目の戦士にしてしまうのはかなり斬新ですよね。
それにしても陣マサトといい、フォーゼの我望理事長といい、大物は何を考えてるか分かりませんね。だからこそ大物だしとか言えないのですが(´・ω・`)
デザインのカッコよさに関しては正に「動けばカッコいい!」というヤツではないでしょうか?w
フォーゼも放送前ではイカ頭だの散々な言われようでしたが、番組が始まってからは評価が落ち着きましたしね。
余談ですが、私の母親はフォーゼを「イカっぽくてカッコかわいい」とのことですw

フォーゼはエリーナとユウキの和解は良かったんですけどね。ぶつかり合うのが青春なら、お互いを認めるのも青春でしょう。
しかしやっぱりバトルですがね… アクエリアスの攻略法もそうでしたが、何よりあざとさを感じてしまってちょっとアウツな感じでした。
次回はタウロスですが…速水校長の手下になるというのは、ちょっと神の力を超えている()というか、きっとヤンチャするんだろうなぁと思います。
次回予告を見た限り学校内で変革が起きるようですが、今まで起きてない限り今までの学校のスタイルが速水校長にとって良いものだったのでしょう。
それを変えてしまったタウロス・ゾディアーツこと生徒会長… やっぱり手下にはなれないのではと思います。支持してくれる部下がいないことこそ校長のキャラというのは皮肉なものです。(´・ω・`)

スマプリの18話は良かったですね!
流れもまとまってたし、テーマを一直線に貫いたお話は見事です。ラストの展開も呆気にとられましたね…
公式サイトについてはビックリしました。情報提供ありがとうございます。
先生や生徒達もちゃんと紹介されてるし、声優が付いてる人はちゃんと一緒に書かれていますね。

スイプリについてはちょくちょく見る機会がありました。
レナとありさの紹介には常に疑問に思っておりました。もっとやることあるだろ…(´・ω・`)
聖歌先輩と和音については本当に残念です。本当に、本当に残念なキャラクターだと思います。
何時ぞやのキュアビートやシンフォニーが懐かしいですね… ああやって想像を膨らませてた頃は良かった。
今じゃアレですぜ? あ、もう終わった作品でした^^;
それらのことも含めて近々またスイプリの記事を更新する予定です。
[ 2012/06/06 00:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/77-75e5d0de