ROBOT魂 マスターガンダム レビュー

DSC01846.jpg
ROBOT魂 マスターガンダム
メーカー小売価格:5184円

さあさあ皆さんお待ちかね! 本日はROBOT魂マスターガンダムの発売日!
NESのデスティニーで苦杯をなめさせられた管理人でございますが、
果たしてこちらの商品に満足することはできるのでしょうか?

それではROBOT魂 マスターガンダムのレビューへ、レディィィィィ…ゴォォォォォ!
DSC01847.jpg
GF13-001NHII マスターガンダム

手続き上は東方不敗マスター・アジアがクーロンガンダムから乗り換えた機体である。
しかしその詳細は謎に包まれており、事実上詳細を知るのは東方不敗本人とネオホンコン首相ウォン・ユンファのみ。
この機体にはかつてマスターが搭乗したMFと幾つかの共通項または類似点が存在し、
一般的にクーロンガンダムがDG細胞で変異した機体といわれている。
元々クーロンガンダム自体、彼がかつて搭乗していたシャッフル・ハートの残骸から組み上げられた機体といわれており、
以前の特徴がDG細胞により復活したものと考えられていることが多い。
しかし実際にはデビルガンダム四天王の機体は全て、オリジナルとは無縁で、DG細胞がオリジナルに擬態している。
機体装甲はDG細胞で構成されているが、マスターの強靭な精神力によって完全に制御されているため
自己増殖や自己進化を遂げる事は無く、機体修復のみに活かされていた。
彼が明鏡止水の境地に到ると「ハイパーモード」となり、機体が金色に輝く。
また、一般的にMFの搭乗者はファイティングスーツと呼ばれるナノマシンが織り込まれた素材で作られた専用パイロットスーツを装着するが、
マスターは自身の嗜好により、初期のガンダムファイトで使用されていた通常の服にファイティングスーツの機能が組み込まれたものを着用している。
初期の技術とはいえ彼の動きが完璧に機体にトレースされており、各国の査察団による検査でもレギュレーション違反の疑いは皆無であった。


皆大好き師匠の後継機がゴッドガンダムに続いて立体化。
新たな可動機構を取り入れたゴッドガンダムは好評を博しましたが、師匠の方は一体どうでしょう?


Design


DSC01853.jpg

DSC01854.jpg
フロント&リアビュー。
ゴッドほど痩せているわけでもなく、四肢…主に下半身がガッチリしているおかげでプロポーションは秀逸そのものです。
元々のカラーリングのシンプルさも相まって、非常に引き締まった印象ですね。
気になるとしたら、引き出しギミックを入れてるせいで肩と胴体の間に少し隙間ができてしまっている箇所でしょうか。


DSC01855.jpg
顔。造形面は結構エッジを効かせてる感じでしょうか。塗装精度に問題はなし。


DSC01857.jpg
胸。ダクトの色分けも非常に綺麗です。


DSC01858.jpg
肩。丸い肩アーマーも丁度いい大きさです。


DSC01859.jpg
腕周りも特に塗装精度に問題もなく。手は少し平べったいですね。


DSC01860.jpg
腰。ここも特に言うことなし。


DSC01861.jpg
脚もガッシリしっかりとしています。その割に足が少し小さめかも。


DSC01862.jpg
バックパックのウイング。


DSC01863.jpg
黄色いラインの色分け精度も非常に綺麗です。


DSC01878.jpg
師弟で比較。と言っても似てる箇所は微塵もありませんが…
造形面はマスターの方が好みですね。後述する可動面ではゴッドの方が上手ですが…


Movable


DSC01866.jpg
首は横に捻ると襟元のパーツに干渉する為、この程度まで。


DSC01864.jpg
腕関節はギリギリまで。肩は概ね90度まで上がります。


DSC01865.jpg
引き出し機構もガンガン動きます。


DSC01867.jpg
腰の回転は下腹部の部分は画像の程度まで。
上腹のジョイントを回せば一回転もできないことないですが、すっぽ抜ける可能性が大なので注意。


DSC01870.jpg
腰を上に引き出すことで少しだけ前に倒せます。


DSC01868.jpg
膝立ちは全然問題無し。脚関節はガッツリ動きます。


DSC01872.jpg
開脚は180度全開。


DSC01873.jpg
足首も足先がロール可動するおかげでバツグンの接地性を誇ります。


DSC01871.jpg

DSC01869.jpg
ゴッド同様、下腕と脚関節にロール軸が設けられていますが、デザインの都合上少し捻れる程度にとどまっています。

総じて本体の方は抜群の高可動。モビルファイターに相応しい可動域を誇ります。


DSC01875.jpg
リアウイングの主翼の方は画像の程度まで。小さいサブの方はボールジョイントなのでフレキシブルに動きます。

Items


DSC01874.jpg
付属品。手首とビーム布だけというシンプルさ。


DSC01876.jpg
マスタークロス。鮮やかなクリアピンク彩色のものが付属します。
布の基部は丸いジョイントなので角度をつけることも可能。(下の方は無理)


DSC01877.jpg
ダークネスフィンガー手首。トランザムかの如くギラギラと輝いてるかのようなグラデーションです。


Bundodo!!


DSC01879.jpg
東方不敗の名の下に、ブンドドをお見せいたしましょう!


DSC01880.jpg
片足立ちする際はバックウイングの角度を調整してバランスを保ちましょう。


DSC01881.jpg
肩の引き出しがグイグイ動かせるので連続ビンタシーンも再現可能。


DSC01884.jpg
生身でもガンダムに乗っても布1本で渡り合う師匠。


DSC01885.jpg
必殺仕事人の構図。


DSC01888.jpg
だからお前はアホなのだぁぁぁぁぁっ!


DSC01882.jpg
しかしマスターに普通の格闘シーンをさせてもいまいち物足りない感が漂います。


DSC01883.jpg
第1にマスター自身のアクションに特殊なものが多いこと、
そして第2にマスター以上に師匠の方が暴れすぎていることが原因か…


DSC01886.jpg
「見よ! 東方は赤く燃えている!」
印象的なポーズですが、再現するのは中々難しいです。主に脚をクロスさせる位置の調整とか。


DSC01887.jpg
敵対しても師弟のノリは忘れない。それが流派東方不敗。


DSC01890.jpg
バトらせても普通に絡ませても楽しめる2人。本当に良き師弟関係です。


DSC01891.jpg
以上、ROBOT魂 マスターガンダムのレビューでした。


◆評価点
・良好な造型
・優秀な可動範囲
・手首も比較的豊富


◆不満点
・ゴッドに比べると価格設定がやや割高か
・展開前のマントは未付属(オプションパーツセットにて付属)


総合オススメ度:★★★★★


お前のようなマスターを待ってたんだよ!
優秀な造形と可動範囲。モビルファイターに必要な2つの要素はきちんと揃わっている為、
好きなようにポーシングをとることが可能です。劇中のポーズ再現も意のまま。
付属品はシンプルですが必要なものはきちんと揃ってますのでブンドドに問題はなし。
普通に動かすのもそうですが、何よりゴッドガンダムと絡ませるのが楽しい!
立体物のマスターガンダムとしては、本当に理想的な形だと思います。
現在はオプションパーツが受注中ですが、最終決戦再現の為のハイパーモードも欲しいところ…
…でもお値段いくらになるだろう?

 
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/01/24 15:47 ] ROBOT魂 | TB(0) | CM(2)

何故このクオリティで運命はry

Robot魂のマスターガンダム、プロポーションといい可動といい高水準に纏まって両立していて珠玉の一品みたいですね…見送ろうとしてましたがレビューを見て心が激しく揺れました。

最近のRobot魂は値上がりしている分クオリティが相応に進化しているかは割と微妙な印象でしたがこのマスターが出せるなら是非色々と残念すぎたデスティニーのフルアクション版を出してほしいですね(NESは付属品が…)
[ 2015/01/25 18:47 ] [ 編集 ]

Re: 何故このクオリティで運命はry

七玉様、コメントありがとうございます!

マスターはゴッドを持ってる方には是非是非オススメしたいフィギュアです。
HGより遥かに良く動きますからね。風雲再起はいませんが…

>色々と残念すぎたデスティニーのフルアクション版を出してほしいですね

何故あそこまで残念クオリティになってしまったのか解せません… なんであんなに脚が上がらないのか。
現在クロスボーンシリーズでフルアクションver.のリメイクの流れが続いていますが、
デスティニーがリメイクされるとしたら是非METALROBOT魂あたりでやってほしいですね。
[ 2015/01/31 13:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/772-1f312ed0