今週のGのレコンギスタ 17話

ガンダム Gのレコンギスタ 第17話 『アイーダの決断』

Gレコep17 0

バララは兵器に入りますか?
デレンセンの一件といい、どうもベルリは次週の話に感情を引き継がなすぎ(に見える)だと思う。
今までの話を振り返ると「前回のアレは何だったんだよ」と思う箇所がちらほら。
彼の場合、一応自分の中で鬱憤を溜めこんでいるとも解釈できるけれども。
恐らくは話の理解のし難さに貢献してると思います。感情移入できないタイプではないのに、妙に阻害されてる感がある。
その点ポンコツ姫は清々しいですね。現在に至るまで「カーヒルが、カーヒルが、」状態です。

そんなこんなでポンコツ姫を置いて皆でお掃除バトルです。
ポンコツ姫は除け者にされて自分の不甲斐なさに気付いたみたいですが。
ただ、決断と言う程の決断でもなかったような… 彼女が最終的にやったことは次なる目的地を見つけたくらいですし。
内面で何かが変わったのかもしれませんが… もしや決断と称して遂にアルケインの可変機構が!?

最近影の薄かったクンパ大佐にもようやくスポットが当てられました。
と言うのも今まで幾つか彼を取り巻く伏線の確認の面も強いでしょうか。
やはり彼はトワサンガ出身の人間だったようで、本名は「ピアニ・カルータ」。
そんでもってベルリとアイーダの2人を地球へ送り、ヘルメスの薔薇の設計図を明かし、更にG-セルフに核爆弾も仕込んだとか!?
とことん裏で手を引いていたってわけですね。まだ彼の真意が見えてはいませんが…
ですがこれまての行動で、彼が今ある世界に不満を抱いていることは事実です。
世界の覇者となりたいのか、それともシロッコみたいに影で世界を動かす役になりたいのか。うーむ。

関連記事
スポンサーサイト

もーちょい配慮があってもいい気が…

初めまして。いつも楽しく拝見してます。
自分は富野信者なのでGレコはそれなりに楽しんで見ているのですが、それでも全体的に前話との繋がりが希薄なのは否めません。
Gレコはもともと4クール企画で、それを2クールに強制圧縮しているという話を聞いたことがありますが(噂なので信憑性はないですが)、仮にそうだとしても、もう少しフォローがほしいとこですね…とくに前回はベルリの今後にかかわる重要な話だったと思うので。
[ 2015/01/25 10:48 ] [ 編集 ]

ネオドゥはクロボンのガンプみたいな元ガンダムでは?

ソレイユにそっくりな船が登場したGレコですが、デレンセンに続いて確かに数話飛ばしたような印象です。
富野監督の初期のインタビューをみるに最初から2クール分のシナリオの構想ができているという事なので
端から人物の細かい心理描写は省いているのでしょう、ZZでもプルが死んだ直後のジュドー達とか…
それよりも描きたいことがあるのでしょうけど視聴者に対しては不親切ですね(゚ー゚;A
 ∀の時からMSに戦闘以外の活躍をさせる展開は増えましたが今回は敵味方総出でゴミ掃除です。
この世界の人類共通の財産、生命点といえるカシーバ・ミコシを守るための共同戦線ですが。
こういった行為を通して紛争解決、平和維持に努めるべきというメッセージでしょうか?
 今ひとつサブタイのとの内容の食い違いは感じました、クンパ大佐の正体を彼女だけが知ったことがポイントなのでしょうけど。
個人的には短い描写だった物のラライヤが復帰し、自身の役割について見つめ直したノレドの方が印象深かったです(^▽^;)
 レコンギスタの為にアメリア、キャピタルを巻き込もうと考えているドレット艦隊すらヘルメス財団には強く出れないようです。
薔薇の設計図やフォトンバッテリーを独占している謎の財団ですが、宇宙世紀のアナハイム的な立ち位置なのでしょうか?
今後更に別勢力も登場するようですし作中の世界情勢は更に混迷を極めますし、そもそもフォトンバッテリーがどの様に製造されているのか今だ不明です。
作品全体の大きな謎として最終的に明かされるのかも気になりますねσ(゚・゚*)
[ 2015/01/25 15:19 ] [ 編集 ]

Re: もーちょい配慮があってもいい気が…

サンチェス様、初めまして。コメントありがとうございます!

前話との繋がり… 特にベルリに関する描写が希薄なのが気になりますよね。
やはり主人公という立ち位置である以上、感情移入が必要なのは当たり前だと思います。
それが意図的に阻害されてるように感じるのですから、不満を感じるのは当然です。
「ベルリは辛抱強い性格」と言われても、それ相応のモノローグとか欲しいですよね。
[ 2015/01/30 00:39 ] [ 編集 ]

Re: ネオドゥはクロボンのガンプみたいな元ガンダムでは?

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

ベルリの変わり身の早さにはモヤモヤが拭えません。内面では葛藤してるのでしょうが…
ラライヤやノレドも個人的に作品での立ち位置がよく分からないのでいまいち感情移入できずにいます。
私としては「ベルリとアイーダを取り巻く話」だと思っているので…

>今後更に別勢力も登場するようですし作中の世界情勢は更に混迷を極めますし、そもそもフォトンバッテリーがどの様に製造されているのか今だ不明です。

ゑ、また増えるんすか? たまげたなぁ…
このまま別の場所へ向かうとしても、何だかトワサンガは消化不良な気がします…
[ 2015/01/30 00:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/773-181b3b45


ガンダム Gのレコンギスタ 第17話「アイーダの決断」

ガンダム Gのレコンギスタの第17話を見ました。 第17話 アイーダの決断 トワサンガの外壁が破れ、スペースデブリ集めをメガファウナは手伝っていた。 モビルスーツ・ビフロンのテストのためにマスク部隊が出撃する一方、ベルリとアイーダはクンパがトワサンガ人だということを知る。 「そのクンパ大佐のいるガランデンからモビルスーツが出てくることがあれば…」 「ただでは済まない...
[2015/01/25 14:49] URL MAGI☆の日記