HGBC 1/144 アメイジングレヴA レビュー

DSC01892.jpg
HGBC 1/144 アメイジングレヴA
ガンダムビルドファイターズエース付録(定価:820円)

近所の本屋どこ探してもビルドファイターズAの3巻が売ってません。
一体どこに置いてあるんですか! ていうかいつの間に発売したんですか!
それと今回も写真の明るさ設定をミスった予感。既存設定変えな…

というわけで、HGBC 1/144 アメイジングレヴAをレビューいたします。

※当記事で使用したホイルシールはレビュー内にて明記しています。
記事中に使われているHGUC Hi-νガンダムには少しだけ加工・部分塗装が施されています。

DSC01893.jpg
セット内容です。付属するランナーは白色の1枚のみ。
アメイジングレヴA(アメジスト)と専用ライフル・更にシールド用ジョイントと余剰ジョイント2つが付いてきます。


Design


DSC01894.jpg
こちらがアメイジングレヴ。白色ランナーなのでカラーリングは真っ白。
外見は小鳥のようなデザインです。


DSC01895.jpg
時期的に、トランザムブースターに至るまでの前身の1つといったところでしょうか。


DSC01896.jpg
機首にあたる頭の部分は上方向に可動。


DSC01898.jpg
脚の部分。特に可変ギミックとかはなし。


DSC01897.jpg
機首の下の部分にはガトリング砲を取り付けることができます。


DSC01899.jpg
翼にあたる部分は広げるように展開可能。
一応基部はボールジョイントですが、自由度は低め。


DSC01900.jpg
展開後の内部にもモールドがしっかり刻まれています。


DSC01901.jpg
バーニアの部分も上方向に可動することができます。


DSC01909.jpg
脚パーツの位置を変えてシールド用ジョイントを付ければシールドとして装備可能です。


DSC01902.jpg
次に専用ライフル。


DSC01903.jpg
下部グリップはロングタイプのものに差し替え可能な他、


DSC01904.jpg
ショートタイプとロングタイプを合体させることも可能です。


DSC01907.jpg

DSC01906.jpg
方針とグリップの先端にはそれぞれHG規格のサーベル刃を装着可能。
内部の溝に合わせると言うよりは、無理矢理径に押し込んでる感じですが。


DSC01908.jpg
一応MGのサーベル刃も装着可能。というか内部の溝の大きさは明らかにMG規格です。


DSC01910.jpg
更に持ち手のパーツ位置を変えてガトリング方針を装着すればビームガトリングガンにすることも。


DSC01911.jpg
とりあえずHGUCのHi-νガンダムに持たせてみる。
Hi-ν自体はかなり前に買ったものなので、イメージを崩さない程度に勝手に部分塗装とか施してます。


Bundodo!!


DSC01912.jpg
何はともあれ絡み前提のガンプラが発売する前に改造パーツが先に発売されるとは珍しい例。


DSC01913.jpg
とりあえずベース機だけあって、Hi-νとの噛み合いは良好です。


DSC01918.jpg
逆さシールドという設定もMGのHi-νガンダムのHWSを連想させます。


DSC01914.jpg
シールドもHWSみたいにバーニアをメガ粒子砲として利用できるかしら。


DSC01915.jpg
本来なら下部グリップを持たせるべきなのを、何故か銃側のグリップを持たせてしまった。
でもまあ銃剣みたいに見えるし、悪くはないか。


DSC01916.jpg
MGのビーム刃も迫力があって良相性。もともとガンプラだし何でもやってアリです。


DSC01922.jpg
以上、HGBC 1/144 アメイジングレヴAのレビューでした。


◆評価点
・支援機としてのギミックは一通り備わっている
・プレイバリューもそれなりに豊富
・成形色が白なので塗装も楽


◆不満点(心配点?)
・全身プラ素材の為、可動ギミックによる摩耗・ヘタれが心配


総合オススメ度:★★★★☆

とりあえず支援武装普通にカッコイイですし、白成形色のおかげで塗装も楽そうなので、
HGBCとしての完成度は高いと見て間違いないでしょう。
ただ部品の脱着ギミックが前提なので、摩耗やヘタれの問題は避けては通れません。
既に私のものも機首の部分の可動部がヘタれてきています。皆様はどうか丁寧にイジってあげてください。
あと不満点とは少し違いますが、作例としてHi-νヴレイブが挙げられてるにも関わらず肝心のキットが未発売のままです。
はやくHi-νヴレイブが欲しいところです。(´・ω・`)

 
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/01/27 22:05 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(4)

そう言えばプラモをガンガン作ってた頃は「どうせ塗るんだし全てのプラモは白色成形でいい」と思ってたことがありました…。
でも、ある程度の色がついてないと仮組みがつまらないんですよね。
難しいところです。
[ 2015/01/29 12:28 ] [ 編集 ]

塗装と改造ができれば・・・

始めの頃は白いままで組み立てて後はスミ入れするだけというのでしたが、今は塗装しないと味気ないですね
あとはヘタれ防止としてポリキャップの導入による改造をしたいのですが、これは難しいですね・・・
そういえば最近電化製品店でカラースプレーやサーフェイサーなどの塗装するものの販売をしなくなりとても困っています
[ 2015/01/29 14:26 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

児斗玉文章様、コメントありがとうございます!

ぶっちゃけ雑誌付録のプラモは塗装前提なので、色はついてなくても文句はないです。
未塗装のプラモでアレコレ想像している内は楽しいですし。うん、想像している内は…
[ 2015/02/03 02:13 ] [ 編集 ]

Re: 塗装と改造ができれば・・・

レグルス様、コメントありがとうございます!

>あとはヘタれ防止としてポリキャップの導入による改造をしたいのですが、これは難しいですね・・・

とりあえず瞬着コーティングするなりして補強する予定です。
塗装による厚みができればまた変わるかも?

>そういえば最近電化製品店でカラースプレーやサーフェイサーなどの塗装するものの販売をしなくなりとても困っています

ウチの近くでは売ってますよ。と言っても店の規模によってピンキリですが。
個人的にはヨドバシくらいの規模なら結構置いてる気がします。
[ 2015/02/03 02:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/778-116653f0