HG 1/144 エルフ・ブルック(マスク専用機) レビュー

DSC02062.jpg
HG 1/144 エルフ・ブルック(マスク専用機)
メーカー小売価格:1944円

希少だったストライクノワールやアストレアType-Fの在庫が補給され、ようやく確保ができましたが、
未だにSEEDのコレクションシリーズは再販の足がよろしくないのが現状です。
ソードとランチャーのコレクションシリーズだけは需要高いんだから再販頼むよ~

というわけで、HG 1/144 エルフ・ブルック(マスク専用機)をレビューいたします。

※当記事で紹介しているキットは付属のシールのみ貼った素組みの状態です。
DSC02101().jpg
CAMS-03 エルフ・ブルック

エルフ・ブルの制式量産型。エルフ・ブルとの外観差は、脚部の厚み、頭部デザインなど。
長距離ブースターは、MS形態時の滞空用バックパックとしても活用できる。
胸部、両肩、指先、脚部など全身各所にビーム砲を内蔵しており、ほぼ全方位への同時攻撃が可能。
脚部にミサイルランチャーとビームサーベルを備える。
出力不安定のため制式採用が見送られたエルフ・ブルと同型のビーム・ライフルを使用することもある。
量産1号機のマスク機は専用の頭部と、ホワイト、ブラウン系のパーソナルカラーが特徴。
高性能だが、大型機ゆえのコストの高さが欠点。


現在マスク大尉は後継機のマック・ナイフに搭乗しており、最後にエルフ・ブルック(マスク機)の姿を見たのは数か月前の話です。
はっきり言って旬を過ぎてますのでこの時期に出しても売れるかどうか怪しいところです。
キットの中身自体が優秀であればワンチャンありますが、果たして。


-Design-


DSC02102().jpg

DSC02103().jpg
フロントビュー&リアビュー。
比較的ずんぐりしていた設定画に比べると非常にスリムなプロポーションです。
破綻らしい破綻は見受けられないので、再現性は高いと見るべきか。
色分けも見た感じそんな違和感はないですが、ホイルシールの量は決して少なくはありません。


DSC02097.jpg
胴体から腰にかけての、可変機構で変形する部位は完全な固定パーツとなっています。


DSC02098.jpg
見ての通り胴体との接続には角度がついてますが、可動などは致しません。


DSC02089.jpg
顔。センサーの周りは全てホイルシール。
見た感じ、やや緑色のセンサーが太めな気がします。
そして頭頂部のモヒカンアンテナが妙に外れやすい。


DSC02090.jpg
胸部。飛行形態での先端になる部分ですが、MS形態だとこのように下を向いてます。
造形的には問題ないですが、ここの基部を下手に動かすとあっさり簡単にパーツがバラけたりする。


DSC02091.jpg
腕全体。どっかで見たことあるかと思ったら、まんまこれ汎用人型決戦兵器のアレだ。


DSC02092.jpg
肩の部分。黒いラインとレーザー発射口はホイルシールで再現。


DSC02093.jpg
黒いラインは裏側にも貼ります。
経験者なら分かると思いますが、こういう細長いシールは非常に剥がれ易い。


DSC02094.jpg
前腕部。こちらもレーザー発射口がシール。


DSC02095.jpg
手首はなんとデフォルトが平手です。その代わり握り拳の手首は未付属
平手が冷遇気味のバンダイにしては珍しいですね。褒めてませんけど。


DSC02096.jpg
なお裏側は肉抜きされてたりする。案外目立つ場所だと思うんですが…


DSC02104.jpg
脚。こっちも細い細い。


DSC02107.jpg
裏側。


DSC02105.jpg
太腿のレーザー発射口周りの黒いラインはホイルシール。


DSC02106.jpg
そして脹脛の左右のメタグリーンのセンサーもホイルシールです。
真ん前のレーザー発射口はパーツの時点で色分けされています。


DSC02140.jpg
G-セルフと並ばせて。全長はG-セルフよりも少し高い程度です。


-Movable-


DSC02109.jpg
首は左右にはよく動きます。下にはほんの少しだけ可動。上には殆ど動かないのが辛い。


DSC02108.jpg
腕は可変機構の為か、ギリギリまで曲がります。
Gレコキットで遂に腕が90度以上曲がるキットが…!


DSC02110.jpg
肩アーマーは360度回転可能。


DSC02111.jpg
肩は水平に90度くらいまで上げられます。
ただ普通に上げると肩アーマーと頭部が干渉するので、あらかじめ肩アーマーを動かすことを推奨。


DSC02112.jpg
引き出しに機構はありませんが、肩がボールジョイントかつクリアランスも確保されている為、
それなりに内側に動かすことができます。


DSC02149.jpg
股関節の基部もボールジョイントなので、開脚範囲は狭めです。接地性なんてあったもんじゃない。


DSC02113.jpg
脚関節も90度しか曲げられず、膝立ちもほぼ形を成していません。
脚自体にもロール軸が備わってない為、自由度はかなり低いと言わざるを得ません。

総じて可動範囲は広いというわけではなく、またデザイン上、パーツ同士の干渉があるのも事実です。
キットとしてはあまり誉められませんが、デザイン性を重視すると致し方ないか。


-Items-


DSC02115.jpg
付属品。


DSC02116.jpg
今回は専用のディスプレイスタンドも付属。
後述するビームサーベルを展開した状態でのディスプレイを推奨している為か、非常に全高が高いです。


DSC02118.jpg
ビームサーベル。脚の先端から展開させます。


DSC02119.jpg
アップで。
装着には専用の差し替えパーツの他、一部のパーツを外す必要もあります。


DSC02126.jpg
専用の大型ブースター。カラーリングは黒一色です。


DSC02127.jpg
背中の部分に装着口があるので、そちらにくっつけます。


DSC02128.jpg
一応、バーニアの部分はパーツ分けされています。


DSC02124.jpg

DSC02125.jpg
大型ブースターを背負わせて素立ち。
ブースターは基本的に捨てた状態で戦うので、背負ったままの姿というのはかなり珍しいですね。


-transform-


機体の設定通り、当キットでは飛行形態への変形が差し替えパーツの使用によって可能になります。


DSC02129.jpg
まず機体にブースターを背負わせ、胴体と脚は外しちゃいます。


DSC02130.jpg
頭部のアンテナを専用のものに差し替えた後、頭部を下へ押し込みます。
やや斜め方向に押し込むと上手くいきやすいかも?


DSC02131.jpg
後は腕とブースターの位置を整えてやります。基本的に曲げるだけだから簡単。


DSC02132.jpg
次に飛行形態専用の胴体パーツに両脚を装着し、


DSC02133.jpg
上半身と合体すれば完成です。複雑な操作もなければ、アルケインほど手順があるわけでもありませんね。


DSC02134.jpg
プロポーションも破綻はありません。ブースターがゴツくて中々カッコイイです。


DSC02135.jpg

DSC02136.jpg
なお設定通りブースターを外した状態でも飛行形態の維持は可能。
劇中ではこちらの方を見ることが多かったですね。


-Bundodo!!-


DSC02152.jpg
初登場時の謎ビームサーベル立ち。
ビームサーベルは燃費が悪いらしいので、何もそんなことで使わんでも。


DSC02144.jpg
劇中では肩アーマーを動かさずとも肩を全開に上げていました。
キットでは再現できないのが悲しいところ。


DSC02142.jpg
劇中ではビームを惜しみなくくバンバン撃ってましたが、キットだと実に絵にしづらい。


DSC02141.jpg
何気にパンチアクションとかもあったはずなんですが、握り手首がないからなぁ。


DSC02143.jpg
肩アーマーを前面に出して一斉放射! …のシーンも再現しきれてない。
うおーん、この肩可動どうにかならへんの?


DSC02122.jpg
ビームサーベルのアクションはそれなりに絵になってるかな?


DSC02120.jpg

DSC02121.jpg
ただロール軸がないので、脚を上げる切り上げ・切り下げのアクションしかとれないのは残念。
尤も劇中もそれくらいしか活躍してなかったりするけれども。


DSC02137.jpg

DSC02138.jpg
飛行形態中も頭や腕は自由なので、飛びながらの射撃シーンとかも再現可能。


DSC02146.jpg
G-セルフと対峙。と言ってもまともに対峙して今のところ1度も勝ててない模様
パイロットが仮面キャラである以上ライバル機なんでしょうが、ぶっちゃけ威厳は微塵もない。


DSC02145.jpg
この記事で色々ポーシングを試してみましたが、もしかしたらボコられてるポーズが1番様になってるのではと思ったり。
クンタラの名誉挽回の日は遠い。


DSC02151.jpg
以上、HG 1/144 エルフ・ブルック(マスク専用機) のレビューでした。


◆評価点
・良質なプロポーション
・変形プロセスの簡単さ


◆不満点
・劇中のアクションを再現するには難のある可動範囲(というか普通に可動が悪い)
・握り拳の手首が未付属


総合オススメ度:★★★☆☆


ぶっちゃけ言わせてもらうと、動かしててあんまり楽しくないです。
アニメ本編を見返してポーシングをさせてみるも、いまいち再現し切れないんですコレが。
主に肩や肩アーマーの可動範囲やパーツとの噛み合いの影響で… 脚もお世辞にも動くとは言えませんし。
格闘シーンを再現しようにも握り拳の手首は未付属。
アニメでのアクションが機体設定の整合性を無視していると言われれば確かにそうなんですが、
キットとして発売した以上は、あくまでもガンプラとしての裁定を下すのみです。
飛行形態の再現度やアクションは中々ですし、ビームサーベル展開用のディスプレイスタンドが付いてきたことも嬉しいフォローです。
何よりこうしてプラモとして立体化してくれたことはきちんと評価すべきですかね。
ただやっぱり、可動プラモとしては苦い点が大きく目立ってしまっています。購入の際は是非ともご検討を。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/02/06 21:03 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(2)

設定画の時点で予測できてたことですが、やっぱり可動域が狭いですね。ブンドド派にGレコキットは鬼門です(汗)
とはいえ、可変機でブースターとスタンド付きで定価2000円は結構良心的な価格だと思います
[ 2015/02/06 22:27 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

サンチェス様、コメントありがとうございます!

私も可動範囲は正直期待してなかったんですが、思いのほか肩の自由度がなくて残念です。
とはいえサーベル展開状態で飾れるディスプレイスタンドを付属してたのは良心的ですよね。
普通なら私、スタンドとか割と放置しちゃう派なんですが、こっちは重宝しそうですw
[ 2015/02/11 02:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/786-cc290903