今週の烈車戦隊トッキュウジャー 46話

烈車戦隊トッキュウジャー 第46駅 『最後の行き先』

トッキュウep46 0

そこは生クリームチョコの出番だろと言いたい
ゼットの作り出した闇の巨獣の力で昴ヶ浜は再び闇に飲まれることに。
そして実質闇堕ちを遂げたライトも闇の王たるゼットに敵うはずなく、闇の底へ…
…というのは先週テレ朝のサイトをチラ見してたからぶっちゃけ知ってたというのは置いといて。

ライトがゼットに屈してしまうのはともかく、トカッチら4人が再び大人に戻る展開がどうにも強引で駆け足すぎます。
ああゆうのは1話まるごと使ってじっくり描くのが良いと思うのですが… 尺の問題でしょうか。
曲がりなりにもここまでの話で5人の境遇や関係を描いてきた故に、いまいち生かされてない感があるのは残念。
あれじゃス○ートプ○キュアだよ… いやむしろMOVIE大戦のディ○イドか?
その一方で明のポジションが安定していたのは良かったです。やはり脇役にも脇役なりの魅力がある。

次回で最終回、もとい終着駅ですが、やや駆け足で進んでる感は否めません。まさしく「特急」ジャー。
闇に堕ちたライトを4人が救うというのは十分燃える展開ですが、前述のせいで乗りきれてないのも事実。
とはいえ何だかんだでラストの布陣は整ってはいるので、展開次第では来週は十分楽しめそう。
関連記事
スポンサーサイト

ニンニンジャーの玩具CMがフライング気味…

このタイミングでライトが三人兄妹ということが分かったトッキュウジャーですが。
確かに駆け足な上、前作に比べ地味な展開ではあります、戦う相手がゼットと配下のネロ&モルクだけですから。
「大決戦」という感覚からは離れます、とはいえシュバルツ&ノアの退場はあれでベストと言えますし難しいところです。
 ライトの記憶が無くなったトカッチ達4人の描写はじっくりやるべきですね。
それこそ、手前の彼らの回想を入れるのならその段階で…とも言えますが…
それで何話も引っ張るのは戦隊の体を成す上では無理があります。
「(実は影武者の)主人公不在の中の他のメンバーの心理描写」という点ではシンケンで完成されてしまってますし…
対して、確かに明のぶれない姿勢は感心しました(^^)b
 こじんまりとしてしまいましたが次回で終着駅です、当初の予想とは異なりましたが
ロードムービーとして地味ながらもしっとり余韻の残る幕引になって欲しいです(^-^*)/
[ 2015/02/08 17:47 ] [ 編集 ]

Re: ニンニンジャーの玩具CMがフライング気味…

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

視聴後にあれこれ考えてみましたが、「最終バトルの布陣」が整っているのは
よく考えたらライトとゼットだけなんですよね。他は何と言いますか、観客扱い…
このところずっとライトとゼットの描写に比重を置いていた気がします。
振り返ればこのトッキュウジャーという話は5人の友情とかよりも、ライトとゼットの光と闇をメインに置きたかったのですかね。
何か色々考えると最終回が不安になってきました。うおーん、大丈夫かなぁ。
[ 2015/02/14 02:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/788-85c2652f


烈車戦隊トッキュウジャー 第46駅「最後の行き先」

烈車戦隊トッキュウジャーの第46話を見ました。 第46駅 最後の行き先 勝利のイマジネーションが見えないまま1人でキャッスルターミナルに突入したライトは闇のトッキュウ1号に変身するも、ゼットの闇の前には太刀打ちできず、明により救出されたものの、ライトは大きなダメージを負ってしまう。 「行くなとは言わん。だが今は休め。町や人を助けたいならな」 明はライトと今度こそ必ず2...
[2015/02/08 16:54] URL MAGI☆の日記