HGBC 1/144 ライトニングバックウェポンシステムMk-Ⅱ レビュー

DSC02220_20150213173009e03.jpg
HGBC 1/144 ライトニングバックウェポンシステムMk-Ⅱ
メーカー小売価格:864円

本当なら昨日のうちに記事を上げたかったのですが、
ブンドド中にBWS側のジョイント軸がポッキリいってしまったので急いで買い直してきました。
元々塗装する予定だったしね、結果オーライ。

というわけで、HGBC 1/144 ライトニングバックウェポンシステムMk-Ⅱをレビューいたします。

※当記事で紹介しているキットにシールは付属しません。完全なパチ組みです。
-Design-


DSC02234.jpg
こちらが本体のライトニングバックウェポンシステムMk-Ⅱ。
セット内容はランナー4枚というHGBCにしては中々のボリュームを誇ります。


DSC02235.jpg
特筆すべきはこの色分け精度でしょう。
HGBCでありながらホイルシール無しでここまで設定通りの色分けを実現しています。凄い。
足りない部分はBWS側とライフル側のセンサーと、ライフル側のパイプくらい。


DSC02236.jpg
機首の先端にはライフルの銃口がかなりアンバランスな位置で固定されています。
実際ダボが小さく装着が不安定なので、瞬着コーティングを推奨します。


DSC02237.jpg
左右それぞれ1本ずつビームキャノンが。


DSC02238.jpg
このビームキャノンにはSB13タイプ並びに同じ径のサーベル刃を装着可能です。


DSC02239.jpg
ミサイルハッチの部分。以前のBWSでは内部にミサイルが造形されていましたが、残念ながら今回はオミット。


DSC02240.jpg
両翼の部分であるブースター。
ここの造形とビームキャノンを照らし合わせてみると、恐らく元ネタであろうGP01FBのコアファイターに似てるのが分かります。


DSC02241.jpg

DSC02242.jpg
背中にはフルバーニアンの文字通り、バーニアがいっぱい。
ちゃんと1つ1つパーツ分けされてるので塗装も安心です。


DSC02247.jpg
旧HWSと比較。やはりライフルが浮いて見えるかなぁ…


DSC02262.jpg
なおライフルはライトニングのハンドガンと合体させてハイ・ビームライフルにした上で、
HWSMk-II本体の内部に装着かることができます。


DSC02261.jpg
こちらの方がバランス的にはちょうど良いかも。


-Transform-


それではメインであるライトニングガンダムとの合体に。

DSC02243.jpg
機首をぐるっと後ろに倒した後に、左右のブースターを傾けさせます。


DSC02244.jpg
倒した機首の中から接続用ジョイントを引き出してあげます。


DSC02246.jpg
後は本体の下に付いていたブースターを上の位置まで持ってきて装着。
この時ビームキャノンを少しだけ傾けるのを忘れずに。


DSC02263.jpg
RGZ-91Fb ライトニングガンダムフルバーニアン

全国大会用の新型バックパック「L.B.W.S.Mk-II」と合体した姿[196]。
左右の可動式ブースターポッドの追加といった推力面の強化によって大幅な機動性向上を果たしており、
MS形態のままでも特殊システムによる高速移動状態の機体に追いつけるほどの速力を発揮する。
新型のハイ・ビームライフルとポッド接続部付近に設置された2門のビームキャノンによって、得意の射撃戦にも磨きがかかっている。


フルバーニアンの名を冠してる割にはそこまで外見はGP01FBには似てない感じ。
バーニアが増強されて機動力が高くなっている点においては正にフルバーニアンそのものですが。
長身だったライトニングにBWSによる横幅がついたことで、バランスもよくなりましたね。
ライフルはハイ・ビームライフルに。なんかどっかのレールガンみたい…


DSC02264.jpg
公式サイトのイラストみたいなスタイルにするには、BWSは本体と平行ではなく少し傾けて装着することをオススメします。
ただBWS側のジョイント軸のスイングは結構ユルめで遊びがあるので、これも瞬着コーティング推奨。


DSC02265.jpg
設定通り左右のブースターが可動。


DSC02266.jpg
またビームキャノンを肩のジョイント穴に合わせて装着することで固定することもできます。


DSC02251.jpg

DSC02252.jpg
後は変形してMA形態にすることも。変形プロセスは旧BWSと大体同じなので省略。


DSC02253.jpg

DSC02254.jpg
やはりと言いますか「ライフル余ってたんで適当に付けときました」臭がプンプン。
とはいえ変形に余計な差し替えが必要ない点においては本当に優秀。


-Bundodo!!-


DSC02272.jpg
コウはニンジンが嫌い。ユウ君はお化けが嫌い。
…あ、よく見てみたら「コウ」と「ユウ」って文字似てる!


DSC02273.jpg
ブースターで加速してるポーズとろうとしたらどう見てもゆらゆら漂ってるシーンにしか見えない。


DSC02268.jpg
とりあえず狙撃だ狙撃。


DSC02269.jpg
何でもアリな次元覇王流で戦うトライバーニングとリアルモードに変形するスターウイニング。
比べてしまうとどうもライトニングFBは地味だ。その地味さは決して悪い点ではないと思うのですが。


DSC02275.jpg
思い切って種撃ちリスペクト。
オープニングとかでも片手で撃ってたっけ?


DSC02267.jpg
ビームキャノンでも狙撃。旧BWSのビームキャノン、結局使ってなかったなぁ。


DSC02276.jpg
立ち膝で狙撃!
肩センサーとドッキングさせるとやっぱりポーシングが固くなってしまうなぁ。


DSC02277.jpg
ビームサーベルも忘れずに。


DSC02278.jpg
活躍が地味なライトニングFBですが、サーベルでの格闘シーンもきっちり見せてほしいな。


DSC02258.jpg
後はMA形態でゆらゆら。


DSC02260.jpg
こういう可変機は下から見てはいけない(戒め)


DSC02256.jpg
初期に比べたらセカイとも比較的仲良しに。これからもチームワークで突き進め!


DSC02281.jpg
以上、HGBC 1/144 ライトニングバックウェポンシステムMk-Ⅱのレビューでした。


◆評価点
・パーツによる色分け精度の高さ
・(ライトニング合体時)合体後のスタイルの破綻もなく、良好な出来栄え
・(ライトニング合体時)MAへの変形プロセスの簡単さ


◆不満点
・ライフルとBWS本体の装着の不安定さ
・旧BWSで再現されていたミサイルポッドのオミット


総オススメ度:★★★★☆

総合的に旧BWSの正当進化作と言えるかな。パーツの色分けには本当に驚いた。
トライバーニングが「クリアエフェクトでガンプラを彩る」という点でスタービルドストライクと似ているのに対し、
今回のライトニングFBは「支援機の変更で強化」というコンセプトがスタービルドストライクとそっくり同じです。
2機(ウイニング入れて3機)とも一応主役機ですからね。共通点があるというのは面白い。
合体後も特に不備な面はありません。元々ライトニング自体が優秀ですからね。
ただ各種ジョイントやギミックなどの可動面がユルかったりすると非常にストレスを生んでしまう為、
組み上げる際は各ジョイント部に瞬着コーティングするなどして強化させておくと遊びやすいですよ。

 
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/02/13 17:30 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(6)

BWSMk-Ⅱどこかで見たような・・・?

BWSMk-Ⅱは旧BWSと比べ横長になりましたね(嫌いじゃないですw
ハイ・ビームライフルはバンシィのアームド・アーマーBSにライフルと合体したような感じがします
ミサイルのオミットは残念です、あれがあれば文句なしでしたが・・・(旧BWSのような追加シールドが無くなったのもちょっと残念
MS形態で後ろ姿を見たら、BWSMk-Ⅱがまるでオーライザーみたいですねw
サイドブースターをオーライザーのサイドバインダーに改造しても悪くはなさそうです(かなりの手を加えないとできなさそうですが
[ 2015/02/13 22:57 ] [ 編集 ]

Re: BWSMk-Ⅱどこかで見たような・・・?

レグルス様、コメントありがとうございます!

>ハイ・ビームライフルはバンシィのアームド・アーマーBSにライフルと合体したような感じがします

あー確かに! デジャヴ感があると思ったらそれでした!

>MS形態で後ろ姿を見たら、BWSMk-Ⅱがまるでオーライザーみたいですねw

確かに変形シークエンスは似てますね! よく見たらスタイルも。
いっそのことオーライザーをそれっぽく塗装してライトニングに装着してみようかしら。無改造でできるかな…?
[ 2015/02/14 02:13 ] [ 編集 ]

合体解説

キャノピー(風防)ではなく機首だと思いますよ
 
本体との接続軸が壊れた方も組み立てて並べるのも面白いかも
[ 2015/02/14 08:40 ] [ 編集 ]

Re: 合体解説

らいむ様、コメントありがとうございます!

> キャノピー(風防)ではなく機首だと思いますよ
うわー、浅はかな知識で勘違いしていました。ご指摘ありがとうございます。

>本体との接続軸が壊れた方も組み立てて並べるのも面白いかも

本当に接続軸だけ壊れたので、外見上に違いはありません。比べる意味はほぼないかと…
[ 2015/02/14 10:21 ] [ 編集 ]

リアル、フィクション問わず「ライトニング」という名称の戦闘機は結構ある。

どうも、鉄機武者兄弟もそうですが「SDからリアルへ」というとこの人も思い浮かべるソバスチンですヾ(・・;)
http://blog-imgs-31.fc2.com/g/r/e/greensnake/20081129223452.jpg
http://blog-imgs-26.fc2.com/g/r/e/greensnake/20090327102704.jpg
BFTはシキ3兄弟の決着とその後の各キャラの絡み、スターウイニングの隠し球。
そして、遂に前作主人公が姿は見せずとも動きを見せたり濃い内容でした(゚∇^d)
アシムレイトの効果で復讐に歪んだ相手の心に介入するのはどうしても「量子化」を思わせてしまいますがw
確かにユウくんは地味だったかも知れないけどちゃんとヘッドショット決めたし
手に入れた予備パーツをチンピラから守るべく覚悟を決めたり地味にセカイとの絆も深めていますね。

 装備換装に拘りぬいたBWS Mk-Ⅱですが、確かにどちらかというとオーライザーっぽい強化パーツですね。
MA形態はGフォートレスやGファルコンの如く重装感が出ていて好みです、ガンダム以外だとVF‐25のトルネードパックみたいです。
http://image1.fg-site.net/image/org/119/org118833_5_844234.jpg
↑色的にもライフルのデザイン的にも狙撃用のG型(ミシェル機)ベースを思わせます。
「フルバーニアン」という名称は変形をしなくてもトランザム機に追いつける『バッタ』のような性能由来でしょう。
 このキットの売れ行きはやはり劇中の活躍次第なのかなとも思います、それこそフラッグのように。
ユウマのライバルに当たるミナトは最初はイメージが悪かった物の土下座までして天大寺学園の一員となったり。
一方のガンプラ学園のサガも粗暴な言動こそあれ強者に対しては一定の敬意を払っている好敵手といった感じです。
彼を取り巻く人間関係は十分面白くなる要素はあるので熱いバトルを期待していますがやっぱり尺の心配はありますね(;^_^A
[ 2015/02/14 16:05 ] [ 編集 ]

Re: リアル、フィクション問わず「ライトニング」という名称の戦闘機は結構ある。

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

>このキットの売れ行きはやはり劇中の活躍次第なのかなとも思います、それこそフラッグのように。

BFTになってから登場ガンプラが増えたことで、どうも明確な販促機会に欠けていると思うんです。
何と言いますか、ひたすらガンプラを登場させることで精一杯のような…
そもそも今のところ一度登場しただけで終わりのガンプラもいますし、他のキットの宣伝も兼ねてたりして…
そもそも尺も迫ってきていますからね…
[ 2015/02/18 11:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/794-7f26facc