今週の烈車戦隊トッキュウジャー 47話(終)

烈車戦隊トッキュウジャー 第47話 『輝いているもの』

トッキュウep47 0

ちょっと待って! 7色揃ってないやん!
あっちのアニメは曲りなりにも7色揃えてたのに!
よく言えば順当な終わり方だったと思います。悪く言えばやや都合が良すぎるか。
まさしく「敷かれたレールの上を走るような展開」でした。( まさかの伏線回収!?)
なんか妙にアッサリしてるんですよね… うん。少なくともゴーバスターズ程の最終回ではなかった。
少なくともネロ男爵とモルク侯爵は然るべき時期に退場させるべきではなかったですかな。
ゼットはともかくとして、あの2人との戦闘は消化試合臭かったです。

ゼットの散り際も何だかなぁ…
闇に飽き飽きして光に興味を持ったのも束の間、骨の髄まで闇に染まった彼は光に拒絶され、
ライトには嫌われグリッタにもどちらかと言えば同情の眼差しを向けられただけ。
何というか、救いがありません。そりゃもちろん邪悪な方でしたけど、元々はもっと純粋な存在だったはずなのでは…

振り返れば小林脚本ってどうにもこのケースが多いですね。
シナリオ進行と共にレッドとライバル格の結びつきを強くするんですが、最終的に決定的な違いを見つけて逆転するパターンです。
そしてその後敗れ去ったライバル格のフォローが少ない。本当に「レッド(たち)の信念の前に敗れ去った」感が漂ってます。
ゴーバスのエンター然り、シンケンの十臓然り。当然彼らも十分すぎるほどの悪人でしたが…

レッドが優遇されるのは最早小林脚本のお約束ともとれる演出ですが、今回はそれが輪にかけて強かったと思います。
思えばメンバー内の友情描写こそ少なくはなかったものの、どちらかと言えばライトとの絡みは少なかった方だったかも。
「レッドと他のメンバーの繋がり描写が薄い」という意見を聞いたことがありましたが、
私の中では「5人は物語開始時点で既に仲睦まじい関係だった為、友情描写に多く割く必要はなく、
確かめ合う程度で良い」
と思っていたのでそこまで深く考えていませんでした。
ただシナリオが進み、ライトとゼットの絡みが増えていく中で、他4人がライトと離れていくように感じました。
(明に関しては元々ポジションが4人によりも控えめな位置にあったので、大した違和感はなかったかも)
ゴーバスターズではシナリオのシメに「3人(ヒロム・リュウジ・ヨーコ)の因縁にケリをつける」という構図が出来上がっていたと思うのですが、
今回のトッキュウジャーは「ライトとゼットの決着をつける」ようにしか見えませんでした。4人が余っちゃってるんですね…
なんかもう、烈車に乗ってはるばるやってきた4人がただのサポート役に見えてしまって…

今作を私なりの一言で表すなら、「コテコテの小林脚本作品」です。
元々個性の強い脚本が特徴の方でしたが、今作は今まで以上にクセが際立っているかと思います。
合う人にはノリノリで視聴できますが、合わない人は終始妙なわだかまりを抱きながら見ることになると思います。
素材自体は決して悪くないと思うんですが… 面白い話もありましたし。
次に小林女史がメイン脚本を担当する話が来たらどうなることやら。いやいや、今はそんなことよりニンニンジャーを待ちましょうぞ。

…って、ニンニンジャーのメイン脚本の下山健人さんって、大和屋さんの後輩じゃないですかーやだー!
わっはっは。
関連記事
スポンサーサイト

新ナレーション「駅弁ランキング当てるまで降りれま10!」総裁「『お●しかっ!』は打ち切られたろ?」

無事終着駅へと到着したトッキュウジャーですが、確かにこじんまりと終ってしまった感はあります。
只、ロードムービーとして最後家族に迎えられ故郷の地を踏む一同は4クール見守った甲斐がありましたし。
「生きがい」を見出した明がレインボーラインと共に昴ヶ浜を去るシーンは少しウルリと来ました。
(私が年なせいでしょうか?(/□≦、))
 やはり小林脚本特有の過度な因縁付けが人を選ぶとは思います、ゼットが登場したときはまだ彼の設定は定まっていないようでしたが。
結局は、彼がライトのキラキラへの執着に理由付をしたことが没入感を削ぐ結果だったかもと。
ライトに興味があるのは単なる酔狂、絶対的暴君故の余裕。 
それこそ、シュバルツ達始め最後はネロ&モルクに芽生えたキラキラをも鼻で笑うような純粋悪な存在の方が
ライト達の「旅の障害」として友情物として分りやすかった筈です。
 個人的には前半の乗り換え戦闘や、シャドータウン解放と追加戦士である明、6号の立ち位置。
幼い本来のトッキュウジャーを演じた子役たちの熱演には満足しました。
スタッフ一同にはお疲れ様とエールを送りたいです(^-^*)/

 次作のニンニンジャーは恐竜同様に大事に温めている忍者戦隊です。
下山健人氏はおっしゃるように大和屋ファミリーの一人ですが、銀魂仲間の横手美智子氏と比べると
メインを張ることは少ないですね、最近は「サーバント×サービス」位。
あと過去にもコメントしましたが、「3世代」というキーワードが某ガンダムを思わせ頭痛が…「(´へ`;
フライングしたロボのCMを見るにメカの出来は相変わらず良さそうですしまぁ、期待して待ちましょう。
[ 2015/02/15 18:36 ] [ 編集 ]

Re: 新ナレーション「駅弁ランキング当てるまで降りれま10!」総裁「『お●しかっ!』は打ち切られたろ?」

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

仰る通り、5人の評価に対しては好みが別れそうなのですが、
唯一明だけは安定して見ることができました。
ガンダムWのヒイロみたいな「寡黙だけど中身は濃い」キャラというのは非常に映えますねw
どちらもやる時はきっちり戦って戦果を上げますし。

>それこそ、シュバルツ達始め最後はネロ&モルクに芽生えたキラキラをも鼻で笑うような純粋悪な存在の方が
ライト達の「旅の障害」として友情物として分りやすかった筈です。

私も、ソバスチン様が仰る凶悪キャラの方が面白かったと思います。
ライトがその名の通り光側なのですから、それこそ王道っぽく「光=善VS闇=悪」という構図でも良かったはずです。
小林さん的に、ありきたり過ぎる王道路線には乗せたくなかったのでしょうか?

ニンニンジャーの下山さんは戦隊モノでは初めてのメイン脚本ですね。
今までのスーパー戦隊はベテラン勢が手掛けるものが殆どだったので、良い刺激になることを祈っております。
[ 2015/02/22 02:49 ] [ 編集 ]

凄く今更話なんですが

良く考えたら、シャドーラインの幹部たちって、全員ゼットの手で片付けられたようなものですよね。
因縁的にも故郷が敵の本拠地であることと、記事にもあるとおりライトとゼットの関係くらいしか関わりがないですよね。
ライト以外のメンバーと幹部たちの存在意義って一体...
[ 2015/11/11 17:04 ] [ 編集 ]

Re: 凄く今更話なんですが

恐縮てす様、コメントありがとうございます。

シャドーラインは昨今では珍しく敵が一枚岩ではなかったという組織ですね。
敵にドラマがあるのは面白くていいことだと思いますし、トッキュウジャーもそういった部分は楽しめました。
ただ終盤になってもライトを持ち上げ気味で、仲間との絡みが少々雑なものになってしまったのが残念でした。
[ 2015/11/12 01:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/799-a9480b2b


烈車戦隊トッキュウジャー 終着駅「輝いているもの」

烈車戦隊トッキュウジャーの第47話を見ました。 終着駅 輝いているもの 闇の巨獣が吐き出す大量の闇に烈車だけでなく、町と人々は飲み込まれてしまい、闇の力を使ってもゼットには敵わず、勝利のイマジネーションも見えずに為す術を失ったライトの前にトカッチ達が駆けつける。 「どうしてって…分からない?」 「だって、折角町に帰れたのに」 「全部忘れてね」 「そんなの酷いよ」 ...
[2015/02/15 14:57] URL MAGI☆の日記