【宇宙兄弟の次は】 今週のニチアサ 32週目 【魔法…兄弟?】

前書き。

WOLTです。こんちくわ。
2012年も折り返し地点に参りまして、ニチアサの方も色々と進展がありましたね。

ウィザード


やはり一番大きいのは新仮面ライダー、ウィザードの情報ですかね。
やはり新作には期待がかかりますが、同時にフォーゼもクライマックスが近づいてるとなると少し寂しいですね。
シメの夏の映画は必ず観に行ってきますよ!
以下、常に対して変化の無いテンションでお送りします。


バトスピep41 3
バトスピep41 4

バトスピは41話。ロック・アラディン操るアブラ・カタブラが来日してきました。
しかし傍にいるはずのインコのモシリータは何故か不在。代わりにいるのはタメルの傍にいる筈のセル爺。
一方セル爺のいないタメルの傍にいるのはアブラ・カタブラの傍にいるはずのモシリータ。
どうやらこの二大コンビ、些細なことが原因で仲違いしてしまったようです。

バトスピep41 1
バトスピep41 2

…と言ってもぶっちゃけそこんとこはあんまりシナリオには関係無かったかな。
今回の一番の見所は何と言っても新たに編成したハジメのデッキ。
前回で手に入れた二大切り札、グレイザーとセイバーを新たに入れながらも既存の切り札であるロード・ドラゴンとバゼルも生かすべくデッキ改造した模様。
そのプレイングは痛快でしたね!三大ロード・ドラゴンが揃った様はやってくれると思ってました。まあ次回予告でも出てたし。
フラッシュタイミングやマジックを上手いこと利用してタメルのスピリットのカーン・ウルフを崩すシーンも良かったですね。ハジメのバトスピの腕前の成長が感じられる回でした。
ただ言うなら前回使いこなせなかったグレイザーを相変わらずパワーだけで押すスピリットとして使ってたような^^;
まあ、今回は仕方ないか。




ゴーバスep19 1

ゴーバスターズは19話。バイクの人ことチダ・ニックのクローズアップ回です!
個性派バディロイドのJから「バイクの人」と評価されてしまったニックがステータスを付ける為、様々なことに挑戦!
…う~ん、バイクの人はちょっとアレだけど、発言者が発言者だからムキにならなくても良かったような。
終わりの方で発言者が撤回しちゃいましたしw

ゴーバスep19 2
ゴーバスep19 3
ゴーバスep19 4

それにしても今回のニックの活躍ぶりには目を見張るものがありました。
スーツアクターの浅井氏と声優の藤原啓二氏のどちらもノリノリの演技でしたね!
でも本来作業用ロボットであるバディロイドがシェフや画家や美のカリスマになってもなぁw
ニックをここまで暴走させるとは… 分かってはいたけど侮れませんなぁ、樹液さんは。
でもせっかくの機会だったのにあんまり戦ってくれなかったのは残念。
まともに戦えるのはバグラーぐらいで、メガロイドは無茶なのかな。

ゴーバスep19 5

今回はいつもヒロムの毒舌をフォローするニックが逆にヒロムにフォローされる形になりましたね。
にしてもフォローの仕方はヒロムらしいすなぁ。褒めて伸ばすタイプじゃないもんねこの人。
後半でのデカレッドばりの飛び蹴りには圧巻。ここで過去の体験になぞってニックにキックしちゃうとはなぁ。
あんまりこういう人とはお付き合いしたくない^^;

ゴーバスep19 6

今回のメガロイドはスパナロイド。
活躍の場が中々多く、わりと今までの戦隊らしい悪役の印象を受けました。
主にボルトを開け閉めするスパナというイメージだけで全てをバラバラにしてしまうキャラになってしまうとは…
声優さんは三宅健太さん。ポケモンシリーズのボス役など、ドスの効いた悪役キャラで有名な方ですね。
非常に大きな声量を持つことでも有名です。

ゴーバスep19 7
ゴーバスep19 8

そして今回で遂に登場してくれました、ビートとスタッグの合体マシン、バスターヘラクレス!
カブト+クワガタで角の数は3つだから2本角のヘラクレスというよりどちらかと言えばコーカサスでは…
実力は十分でしたが、活躍は控えめな方でしたね。どちらかと言えばゴーバスターオーのライダーキックに目が行きましたw
ヒーロー大戦の時のドリルキックが生かされたように思いましたw




フォーゼep41 1
フォーゼep41 2
フォーゼep41 3

フォーゼは41話! クライマックスも近づいてきて怒涛の展開のラッシュです!

友子の失踪(ダークネビュラ送り)を期にライダー部の前に姿を現すヴァルゴ・ゾディアーツ。
状況は今までにない過酷さを極め、徐々に部員同士の心が離れていくライダー部。
そして遂に、弦太朗・流星・賢吾の三人を残してライダー部は解散状態に…! 男臭ェ
上記の三人以外はヴァルゴに脅迫されたから退部しちゃうのも頷けますけど、大杉先生までいなくなっちゃうのはどうなんだろう?
「顧問のいない部は認めない」「俺が生徒を守る」とあの時はあんなにやる気マンマンだったのに…
弦ちゃん達の身を案じてるなら「教師としてお前らは見捨てられない!」とか何とか言ってライダー部に残ってもいいような気もするんですけどねぇ。
まあ、「逃げる勇気も必要だ」っていうのは分かる台詞なんですけどね。アンタまで逃げてほしくなかった…

フォーゼep41 4
フォーゼep41 5
フォーゼep41 6

そして遂に地上に現れたタチバナさん! 何だかすっげぇシュール。
地上に来て早々弦太朗に単身でコズミックステイツに変身できるように特訓を仕込もうとするタチバナさん。
しかしその途中、賢吾が放ったナゲジャイロカの反応が残っていたことにより、タチバナさんの正体が発覚!
その正体は何とヴァルゴ・ゾディアーツ! つまり江本教授だった!
江本教授=ヴァルゴが分かって時点で安心していた方にとっては非常に驚愕な展開ではないでしょうか。
無論私もビックリしました。ええ、ビックリしましたとも!w檜山ボイスと田中理恵ボイスを操る江本教授スゲー
しかし我望も従う一方でフォーゼを特訓させるなど、謎の行動が多いヴァルゴ。
一体彼女…じゃなかった、彼は味方なんでしょうか? 敵なんでしょうか?
今回で徐々にヴァルゴ=江本教授の謎が解けていくと思ってたらこの有様だよ!
そして新たにダークネビュラに送り込まれてしまった流星の運命は? どうなるのぉ~?

フォーゼep41 7

これ書くと何だか続いてたテンションが下がりそうなんですが… 今回でスーパーロケットスイッチが登場しましたね。
MOVIE大戦MEGAMAXの話、本編と続いてたんですね。ツタヤでレンタルしといて良かったぜ。
でも登場するならもうちょっと早く出てもいいような…^^; まあこのくらいがいいのか。
番宣にロケットステイツが新たに加わってる所を見ると、今後も出てきたりするのかな?
個人的には凄く出てきてほしいです…

フォーゼep41 8

そして次回は遂にサジタリウス・ゾディアーツが登場!
我望理事長が遂に動き出す… ライダー部に安堵の日は来るのかぁ!?




スマプリep21 1
スマプリep21 2

さてさてスマプリ21話ですが… あかんやろぉ… これはぁ…
これはあかんわ… 七夕といい願い事といい、フラグ臭しかせぇへん… ホンマあかんわぁ…

まあ茶番はそれくらいにしといて、
今回は久々にキャンディの兄、ホップが現れました。キュアデコルが全種類揃う日がとうとう来るわけです。
更に七夕だけあって(日にち的には来週辺りがベストなんですけども)5人+αのテンションは絶好調!
皆ノリノリで七夕にお願いして星空を堪能しようとしますが…

スマプリep21 3
スマプリep21 4

キュアデコル編(?)も大詰めだけあって、バトルシーンは気合いが入ってましたね!
本気を出したアカンベエの猛攻、それを掻い潜るビューティやピースの属性を生かした攻撃!
そしてラストは全員のバンク技でアカンベエに大勝利!
久々にハッピーシャワーのバンクを見たせいかもしれませんが、福圓(←これ一発変換出来るんですね)ボイスがいつも以上に気合いが入ってるように思えました。
にしても今回でやっとアカンベエが「本気を出した」とは… 最早ツッコむ気もありません^^;

スマプリep21 5

もちろんこんなにいいことが長続きする筈がありません。
最後に待っていたどんでん返しは… 出ましたッ! お馴染み三ツ矢ボイスのジョーカー!
キュアデコルが揃う時を狙い、遂に本格的に動きを見せたジョーカー。
飄々とした様子は相変わらずではありますが、「アナタ達の願いは何一つ叶いませんよ」とプリキュア達を直接攻撃するような発言をする辺りジョーカーが如何にいつもと違うかが分かりますね。
そういや恒例のバッドエンド王国のシーンもいつもと雰囲気が違いましたよね。
ジョーカーが主体で出てくる(と言うより三バカが出てこない?)とここまで雰囲気が違うのですな。

こうして綺麗にフラグを回収したジョーカーは、今まで集めてきたキュアデコルとキャンディを奪ってしまいました。最後に発した三ツ矢ボイスの高笑いが耳から離れません…
これで一気に形勢は逆転… 安易にフラグは建てるもんじゃあありませんねぇ。(´・ω・`)

次回も何だかイヤーな雰囲気が漂っております。もうスマイルできるような状況ではありませんね…
今回のお話辺りが、巷で噂になっている強化フォームの伏線になるのですかな?


それにしても、最近のニチアサは展開が二転三転するので見てて飽きませんね(´・ω・`)


























スマプリep21 6

(・∀・) モウネタバレシテルカラゼンブミチャッタヨ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/07/01 16:19 ] 旧ニチアサレビュー | TB(0) | CM(2)

校長「オデモクルミモボドボドダ!」

ある意味フラグ乱立なスマイルプリキュアですが。
今回はバトル&日常パート共々「キュアデコル編」の集大成といえますね(^-^*)/
キャンディと出会えたこと、仲間たちが出来た事をハッピーに思うみゆきと
みゆき達がプリキュアでよかった喜ぶキャンディとの絆が強調されていましたね
前作で圧倒的に欠けてた部分ですからね(;^_^A

アカオーニのアカンベーとのバトルも気合が入っていました。
全員に見せ場を作りつつハッピーシャワーから皆が加勢して必殺技を放つシーンは
これまでのエピソードで深めたプリキュア同士の結束の賜物です(゚∇^d)

今まで、1話完結エピソードでキャラを掘り下げてきましたが
今回は初の連続エピソードになります。機は熟したと言ったところでしょうか?
「敵に形勢逆転されプリキュア大ピンチ」という筋書きは前作の43話と同じですが
コチラの方が圧倒的に「次回はどうなる?」という視聴意欲が湧きますね。
前作がプリキュアに全く見せ場も無く惨敗だったのに対して
バトルはキッチリ勝利していますし、キュアデコルもジョーカーに奪われるまで
“自力”でフルコンプしたわけですから。
ラストカットのキャンディの短冊とあの『星』が鍵でしょうσ( ̄、 ̄=)
ああいう伏線を張っておくのが次回への視聴意欲へと繋がるのです。
ご都合主義な奇跡では誰の心も掴めません、誰がとは言いませんがw


ゴーバスターズ19話はバイクの人&バスターヘラクレス登場回でしたが
近接型のゴーバスターオーに対してバスターヘラクレスは重火力型ですか。
ヘラクレスクライシスはガンダムヘビーアームズの全弾発射を彷彿させます(^-^*)/

しかし、ニックって結構思い込みの激しい性格ですよね(゚ー゚;A
私にとってここ最近の藤原啓二さんってかなりキレた悪役が多かったので
(タイバニのジェイクやAC5の主任とか…)
こういった陽気な兄貴分キャラは久しぶりでゴーバス自体新鮮でしたから
今回の彼のギャグパートは面白かったですw
公園の子供たちと触れ合い幼かったヒロムとの回想に思いを馳せるニックは微笑ましかったです。
あんな感じでも古い付き合いですから息ぴったりといったところです(゚∇^d)

確かにヒロムがニックにしたキックはデカレッドこと赤座伴番のような…
http://art48.photozou.jp/pub/977/1294977/photo/130437629.v1334342738.gif
あっ; ̄ロ ̄)!コッチじゃなかったw だって撮影用じゃなくてアトラク用のスーツですものw
ゴリサキ「重妄想! 公認続々!!」
[ 2012/07/01 21:48 ] [ 編集 ]

Re: 校長「オデモクルミモボドボドダ!」

「ダデャーナザァン! オンドゥルルラギッタンディスカー!!」
まさかこの言葉がネタではない方向で再び出てくることになろうとは… ((((;゚Д゚))))

今回のスマプルは地雷臭しかしませんでしたね… もちろんいい意味で。(いい意味も地雷臭って何だ)
七夕の願い事といい、キャンディのフラグでしかない発言といい、もう本当に…
でもそれらをブッ飛ばすほど戦闘の描写には気合入ってましたね!
そして分かってはいましたけど、最後のどんでん返しにも驚きましたね…
ああゆう展開にしてくれてこそ、次回への期待が膨らみます。
前回はダダっ下がりのテンションをズルズル引き延ばした感じでしたから…

みゆき達とキャンディの絆の描写に関してはキッチリとステップを踏んでいる為非常に自然ですね。
ハミィはぶっちゃけ響達の絆というより一人でニャーニャー騒ぎ立ててる姿だけが思い浮かびます。
いくら天然といえどあそこまで来たら最早病気でしょう^^;
自分に課せられた任務をほっといてセイレーンの裏切りシナリオに付き合うという本当に残念な子でした。
キャンディはレインボーヒーリングの覚醒の件でちゃんとプリキュアの為に尽くしたという実績があるのに…
ハミィがプリキュアの為にしてくれたことって何でしょう? あ、音符を元に戻すのはハミィの仕事でしたね。
けどあれはパッショナートハーモニーでも元に戻すことはできたから実質ハミィの仕事って…
う~ん、この話題を掘り下げるのはやめておきましょう(汗)

ゴーバスではニックの暴走っぷりがたまりませんでしたね!
バイクとエースのコックピット以外の活躍が殆ど無いニックでしたので、今回のような話は私としても非常に嬉しいです。
(…ということはJの「バイクの人」発言も間違ってないどころか非常に的を得た発言ということになりますねw)
どちらかと言えば私は兄貴格のような、善人キャラを演じる藤原氏の方が好きです。
ああゆう、茶目っ気があって憎めない兄貴ボイスは藤原氏ならではと思ってるので^^

やはりあのシーンはバンがAIBOにお見舞いするキックそのものですよね…
…っと、その映像はアキバレンジャー第二話の!
イタさは強さとは言うけど、あのシーンは(身体的な意味で)実に痛そうですw
[ 2012/07/03 01:16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/81-4c2cd8a9