SDBF スターウイニングガンダム レビュー

DSC02521.jpg
SDBF
メーカー小売価格:1296円

6月から新フォーマットによってリメイクされたHGUCシリーズが発売するみたいですね。
ああ、心の奥底で願っていた想いが実現するなんて! こんなに嬉しいことはない。
願わくばギャンを! ススム兄様の為に新しいギャンを発売しておくれ!

というわけで、SDBF スターウイニングガンダムをレビューいたします。

※当記事で紹介しているキットは付属のシールのみ貼った素組みの状態です。

【2/27 追記】
「リアルモードの腰が前後逆」という指摘を頂いたので、
幾つかの画像を正しいものに差し替えさせていただきました。ご指摘ありがとうございます。

DSC02522.jpg
SD-237S スターウイニングガンダム

サポート機としての機能を継承しつつ、劣っていた単体での戦闘能力を強化した姿。
「SDとリアルタイプの融合」[111]というコンセプトを基に、四肢を延長したリアルモードへの変形機構を新たに追加している。
鋭利な緑色のクリアパーツが特徴。リアルモード時の腹部、四肢はSD体型時はバックパックとして背中に装備されており、
腹部以外のパーツは合計六基の遠隔操作ビット「スターファンネル」として使用できる。
これらのうち脹脛部分の大型のものは「ガンビット」とも呼ばれ、強力なビーム砲撃を放つことが可能。フ
ァンネルのクリアパーツは敵機を切り裂く武装にもなるほか、腕部分の中型のものは組み合わせることで大きさを自由に変えられるバリア形成器、
サイドアーマー部の小型のものは合体して「プラフスキー手裏剣」になるなど用途も幅広い。
リアルモード時は機体各所のジェネレーターを直結させた「フルモード」となることで、
額のアンテナから「W」字型の高出力ビーム「ウイニングビーム」を発射できる。
従来の分離・変形機構も残されており、コア・ファイター、コア・ブースターのほかにバックパックを追加した「メガ・コア・ブースター」に変形し、
ビームマシンガンは大型のビームソード「メガブレード」にもなる
。また、詳細は不明だが「ハイパービームキャノン」という高出力ビームを放てることが確認されている。


前作主役機より「スター」の名を継ぎしホシノ・フミナの後期愛機がSDにて立体化。
旧機同様、様々なギミックを持つスターウイニングですが、果たしてその出来栄えや如何に。


DSC02520.jpg
ちなみに今回の付属シール。
多いことは多いですが、何より1つあたりのシールの大きさが異様に大きい。
機体中のメタリックグリーンの部分は全てシールだと思ってください。


-Design- (SDモード)


DSC02523.jpg

DSC02524.jpg

DSC02534.jpg
フロント&リア&サイドビュー。
バックパックが巨大化し、ボディのデザインも所々シャープなものとなり、より攻撃的なデザインに。
ちなみにランナー自体は全て新規のものであり、旧ウイニングとは似てるよでかなり違ったデザインになってたり。


DSC02525.jpg
顔。相変わらずアンテナがデカい。
アンテナ中央部のオレンジ色の部分はホイルシール。


DSC02531.jpg
胸。後述するリアルモードの胴体も兼ねてるせいか、ダクトがリアルよりのデザインに。


DSC02530.jpg
肩。羽のようなシャープなデザインに。
メタルグリーンのシールを貼ってあるのですが、妙にサイズが合ってないような…?


DSC02532.jpg
腰アーマーのデザインも微妙に変わっています。シール貼るのは相変わらずですが。


DSC02533.jpg
脚も少しリアル寄りのデザインになりました。


DSC02535.jpg
バックパック。スターウイニングの誇るギミックで重要な役割を持ちます。


DSC02538.jpg
ガン/ガードビットから出ているビーム刃はクリアパーツ仕様。
色分けは完全にシールに頼っています。


DSC02536.jpg
ガードビットには後述するスタークロスのビーム発生装置が。


DSC02539.jpg
旧ウイニングと比較。
見てもらえれば分かるように、顔のデザイン以外はほぼ全て別物。
唯一似ている顔でさえ細かい部分で変化が見られます。新規ランナーは伊達じゃない。


DSC02540.jpg
新生・信号機ファイターズ揃い踏み。
ちなみにトライバーニングは塗装途中、ライトニングFBはツヤ消し処理が未完了、
そしてスターウイニングは素組み。筆者のせいとはいえ相変わらず纏まりがない。


-Movable- (SDモード)


旧ウイニングと大体同じなのでそちらを参照に。


-Items-


DSC02541.jpg
実は明確に別パーツ化されている付属品はこれだけ。
他はすべてスターウイニング本体に収納されています。


DSC02543.jpg
ビームマシンガン。成形色の灰色一色。
ちなみに銃口はやっぱり開いてない。


DSC02544.jpg
パーツを入れ替えればメガブレード形態に。


DSC02549.jpg
ガードビットにあったビーム発生装置にクリアパーツを取り付ければスタークロスに。


DSC02550.jpg
2つを合体させれば手裏剣タイプのものにも出来上がります。


-Transform- (SDモード→コアファイター/ブースター)



・コアファイターへの変形

DSC02556.jpg
コアファイターは定石通り頭部のみの変形。
頭部を外して専用のバイザーパーツを装着。


DSC02557.jpg
後は後頭部の翼を広げてセンサーの部分を動かすだけ。


DSC02558.jpg

DSC02559.jpg
これにてコアファイターの完成。地味にキャノピーの部分のシールが細かく分かれてるので見栄えも良い。


DSC02560.jpg
機体下部にメガブレードを懸架することができますが、
その場合貴重なディスプレイ用のジョイント穴が埋まってしまうので要注意。


DSC02566.jpg
旧ウイニングのコアファイター(左)と比較。
黄色い部分が増えた以外はそこまで見栄えに変化はないですね。
旧ウイニング側のキャノピーのシールが物凄く汚い…


・コアブースターへの変形

DSC02561.jpg
コアブースターへの変形も至ってシンプル。
バックユニットを外した胴体の肩を倒し、脚を後ろに回すだけ。あとはドッキング。


DSC02562.jpg

DSC02563.jpg
コアブースター形態。ウイングのおかげで旧ウイニングよりもはるかに飛行機らしいデザインに。


DSC02567.jpg
旧ウイニングのコアブースター(右)と比較。
形はスターウイニングの方がスッキリしてますし、何より変形プロセスの容易さが段違い。


・メガコアブースターへの変形

DSC02564_20150226215404fa1.jpg
メガコアブースターへの変形も何ら難しいことはありません。
バックユニットのジョイント軸を本体の足と合わせてドッキングするだけです。


DSC02565_20150226215405add.jpg
メガと言うだけあってボリュームも増加してますが、合体のプロセスは物凄く単純。
普通にカッコイイです。


-Bundodo!!- (SDモード)


DSC02568.jpg
進化した姿で戦線へ突入!


DSC02547.jpg
ビームマシンガンは頭がデカすぎるのとマシンガン側のグリップのせいでかなり取り回しが悪いです。


DSC02548.jpg
加えてこの形態だととれるポーズにも限られる。銃で遊ぶのは難しいですね。


DSC02546.jpg
ではメガブレードはどうかと言いますと、やはり可動の悪さが引きずっててイマイチ。
せめて頭の可動が良ければ。


DSC02545.jpg
目のシールを寄り目とかに変更させればポーズの味も変わるかもしれません。


DSC02554.jpg
ガードビットはジョイント穴の類が一切ないので、魂STAGEとかのアームで無理矢理浮かさざるを得ません。
手頃なサイズなので保持が難しくないのが幸い。


DSC02555.jpg
ガンビットはジョイント穴が多いのでディスプレイは楽ちんです。


DSC02551.jpg
スタークロスも同様。アニメだとどちらかと言うとガン/ガードビットの活躍の方が目立ってますが。


DSC02552.jpg
手裏剣発射。きたないな流石スターウイニング汚い。


…と、こんなところでSDモードの紹介は以上です。
が、ここからがスターウイニングの本領発揮。


-Transform- (SDモード→リアルモード)


DSC02570.jpg
まずは変形の為に、アンテナとバックユニットのパーツをそれぞれバラします。


DSC02571.jpg
頭の位置はそのままに、SDヘッドを2つに割ってみるとそこにはリアルガンダムヘッドが!


DSC02573.jpg
リアルガンダムヘッドにアンテナを取りつけさせ、
上半身と下半身の間にバックユニットの中心パーツを取りつけます。


DSC02574.jpg
ガンビットを脚パーツに合体。


DSC02575.jpg
ガードビットは腕との合体の為に一部パーツを取り外してドッキング。


DSC02576.jpg
スタークロスのビーム発生装置は腰に懸架し、


DSC02577.jpg
残った頭部はコアファイターに変形させて背中に取り付けさせれば、


DSC02600.jpg
じゃんじゃじゃ~ん! スターウイニングガンダム・リアルモードの完成!


-Design- (リアルモード)


DSC02601.jpg


DSC02602.jpg
細かい目で見れば「手がデカすぎる」とか「肩と腕の付け根が細すぎる」とか色々ありますが、
差し替えパーツ一切無しでここまでのプロポーションを保てるのは最早芸術のレベル
スゴイ! ガンプラはここまで進化した!


DSC02581.jpg
頭。アンテナがデカいですが設定画でもこのくらいデカいので丁度良い。


DSC02582.jpg
肩アーマーのデザインはそのまま。
腕にガードビットが足されて延長されてます。


DSC02583.jpg
脚はガンビットのパーツを使って延長されています。


DSC02584.jpg
バックユニットはまんまコアファイターですが、きちんとバランスよく纏まっているのは凄い。


DSC02615.jpg
赤「なんだこの真ん中にいるヤツ」
青「なんだこの真ん中にいるヤツ」
黄「なんだこの真ん中にいるヤツ」


-Movable- (リアルモード)


DSC02590.jpg
頭部は問題なく動きます。


DSC02603.jpg
腕関節は90度。下腕部もちょっと動きます。肩はかなり上まで上がります。


DSC02586.jpg
引き出しはそれなり。SDでは生かせなかった胴体の構造が生かされている…!


DSC02604.jpg
腰は回せませんが、一度取り外して横に浮かせるように取り付けることも可能っちゃ可能。


DSC02605.jpg
脚関節は90度ほど。フロントアーマーが動かないので膝立ちはできません。


DSC02606.jpg
開脚はこの程度。そこそこ広がりますが、接地は悪いです。


総じてお世辞にも高可動とは言えないものの、変形プラモできちんと可動箇所を設けていること時代は好印象。
少なくとも何処ぞのススム兄様なガンプラよりは良く動きます。


-Bundodo!!- (リアルモード)


DSC02607.jpg
リアルモードで前線に突入!


DSC02608.jpg
リアルモードの構造のおかげでビームマシンガンの取り回しもよくなりました。


DSC02610.jpg
サブグリップを握れば両手持ちなんてのも。


DSC02611.jpg
メガブレードの取り回しもそれなりですが、各クリアビーム刃が可動の妨げになりがち。


DSC02612.jpg
とはいえ劇中でも出たり消えてたりするので、自由に取り外していいのかも。


DSC02617.jpg
スタークロスは腕に取り付けて攻撃用に使うみたい。


DSC02618.jpg
SDでは支援寄りだったのが、リアルだと白兵戦主体の攻撃機に。
役割分担が1機でできるとは面白いですね。


DSC02599.jpg
以上、SDBF スターウイニングガンダムのレビューでした。


◆評価点
・SD・リアル共に良好なプロポーション
・豊富なギミックによるプレイバリューの広さ
・SD→コアファイター/ブースターの変形プロセスの容易さ
・リアルモードへの変形に差し替えパーツは無し


◆不満点
・素組み派には辛いシール量・それによる色分け
・構造上仕方ないとはいえ、可動範囲はそこまでよくない


総合オススメ度:★★★★★


こりゃスゴイぞ! スゴく楽しいぞ!
各武装へのオプションパーツへの変形がメインだった旧ウイニングと違い、今回は単機での変形がメイン。
まさか差し替え無しでリアルモードに変形できるとは思わなかった…
余るパーツも殆どなく、ほぼ全てのパーツがウイニング本体に同梱されています。
ここまで印象を一変させる変形が余計なパーツ無しに可能になるとは、最早芸術品…!
コアファイター/ブースターへの変形プロセスが旧ウイニングよりも簡単になっている点もグッド。この内容で1296円とは!
このように、旧ウイニングと違って単機だけでもガッツリ遊べる内容に仕上がっています。
可動面とか細かい点を見れば問題点も少なくはないですが、
個人的にはメチャクチャ気に入ったし、大いに遊ぶことができたので評価はスターの名に恥じぬ5点満点です。
トライファイターズのプラモを集めている方にももちろん、新規の方にも是非手に取って遊んでほしい。
やはり近年のガンダムというのは、ガンプラにより進化の傾向が強いのかな?


関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/02/26 22:22 ] ガンプラ(SD) | TB(0) | CM(10)

これはすごい!!

差し替えなしでここまで再現するのはすごいですね。十分遊べますよ!!
SDからリアルになる機能、どうやら初ではないみたいですね(武者頑駄無が初だったような
フロントアーマーについてはこれは仕方ないですね。改造できるかと思ったのですが、このままでも大丈夫ですね
これを機にリアルモードの可動範囲の修正がされ、徐々に改良してほしいです
スタイルと色でどこかで見たことがあるなと思えばロックマンX4に出てくるダブルに似ていると思いました(攻撃武器も似ているのが驚きですw
[ 2015/02/27 13:50 ] [ 編集 ]

凄まじい完全変形を見た

さて今回のスターウイニング、トライ・ファイターズの機体の中では完全新規造形なんですよね…
何気に一番ビフォーアフターしてる本機…

SD形態では若干の干渉はありますがまぁSDなので仕方ないところ…
というかコアブースター形態のまとまりかたすごい。

そしてリアルモードへの変形ですがまずこれ頭部in頭部が再現できてるってのが凄いですよこれ
そしてこの完全変形!感動したッ!
あと意外とリアルモードでけっこう動くんですね…
[ 2015/02/27 16:34 ] [ 編集 ]

新生ガンキャノンがTB版(ビアンカ専用機)の布石になるか?

どうも、ここ最近は吉野裕行さん演じるキャラが印象深いソバスチンです。
「バハムート」のファバロとか「SHIRO BAKO」のタローとか最新は「寄生獣」の浦上とか
原作を最初読んだ時(高校生)はなぜラスボスが後藤じゃなく彼なのか理解できませんでしたがw
ジュン兄は線の細い青年とチンピラを演じ分けられる吉野さんならではなキャラですが
勝手に荒らんで勝手に浄化された印象は拭えませんねwデュナイアル共々バーニングと同門の対決なのに(;^_^A

 Gジェネやスパロボに出た時の扱いが気になるスターウイニングですが。
これはHGとしても、SDとしても完成度の高いキットのようですね(^^)b完全変形まで可能とは…
それも全形態絶妙なデザインですしマクロスのバルキリーとは別ベクトルで驚異の三段変形です(ノ゚ο゚)ノ
このアニメならではといえますし胸をはって「お子様向け」として販売できます、一期の時点で既に遅しかもしれませんがw
 本編では脚部のみリアルに変形して「ハイスクール奇面組」の主人公、一堂零の技
「筋肉大移動」を思い浮かべたのですが私以外にも同じ事を考えていた人がいて
Gレコ同様に「やっぱこのアニメは“お子様向け”なのか?」と考えさせられました( ̄ω ̄;)
[ 2015/02/28 17:24 ] [ 編集 ]

Re: これはすごい!!

レグルス様、コメントありがとうございます!

>SDからリアルになる機能、どうやら初ではないみたいですね(武者頑駄無が初だったような

説明書にも書かれており、情報が欲しかったのですが調べてみてもあまり良い情報を得られず…
相当古いキットみたいですね。

>これを機にリアルモードの可動範囲の修正がされ、徐々に改良してほしいです

改造するとしたら、変形機構をオミットしてリアルモード専用のガンプラに仕上げる必要がありそうです。
私には精々塗装するくらいが限界ですね…w

>スタイルと色でどこかで見たことがあるなと思えばロックマンX4に出てくるダブルに似ていると思いました(攻撃武器も似ているのが驚きですw

シャープなデザインと腕の太さあたりはそっくりですね!
[ 2015/03/05 01:34 ] [ 編集 ]

Re: 凄まじい完全変形を見た

(´゚д゚`)(仮)様、コメントありがとうございます!

このスターウイニングの凄いところは、全形態全てにおいて纏まりがあるという点ですね。
そして頭部in頭部のおかげで「SDヘッドのリアル体系」やその逆が楽しめる点もちょっと嬉しいところ。
きちんと遊び応えを考えている優秀なキットだと思います。
[ 2015/03/05 01:44 ] [ 編集 ]

>SDからリアルになる機能、どうやら初ではないみたいですね(武者頑駄無が初だったような
これはリアルとSD2種有るだけで設定的にも別物ですよ、最初は鉄機武者鋼丸/爆進丸または模型化されては居ませんがガンキラーだったかと
[ 2015/03/05 05:11 ] [ 編集 ]

Re: 新生ガンキャノンがTB版(ビアンカ専用機)の布石になるか?

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

BFT本編は最早シナリオの質には期待してません...
ガンプラがかっこよく動いてくれればそれでいいと思ってます。

>それも全形態絶妙なデザインですしマクロスのバルキリーとは別ベクトルで驚異の三段変形です(ノ゚ο゚)ノ
確かバリキリーはレゴブロックでの組み立てで設計をしたんでしたっけ?(間違ってたらすいません)
やはりといいますか、きっちり立体化を考慮に入れているデザインは違いますね。
それを考慮しても今回の三段変形の出来栄えには感動です!
[ 2015/03/06 20:32 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

らいむ様、コメントありがとうございます!

ああ、説明書に書いてあったのは鉄機武者鋼丸の方でしたね、失念してました。
多くが武者頑駄無なんですね… まあ、単なるSDがリアルに戻ったところで何の面白みもなさそうですがw
[ 2015/03/07 15:45 ] [ 編集 ]

気になったので

初めまして
いつもレビュー見させて頂いています。

気になったので初めてコメントさせていただきます。
スターウイニングのスターはスタービルドストライクからではなく
ビルダーであるホシノ(星野)先輩の苗字からではないかと自分は思っていました。
もしくはガンプラバトルにハマるきっかけになった憧れのレディ・カワグチが使っていた
スターゲイザー(本人は否定していますが)から名付けたのかも、と
もしホシノ先輩の苗字が保志野とかなら全然ちがいますが
彼女の制作したガンプラの機体番号に名前の語呂である「237」を使ってるので
苗字からとってつけた可能性もあるのではと思って投稿させて頂きました。

これからもレビューを購入の参考等にさせて頂きます。それでは失礼致しました。
[ 2015/03/09 14:51 ] [ 編集 ]

Re: 気になったので

通りすがり様、コメントありがとうございます!

>スターウイニングのスターはスタービルドストライクからではなく
ビルダーであるホシノ(星野)先輩の苗字からではないかと自分は思っていました。
もしくはガンプラバトルにハマるきっかけになった憧れのレディ・カワグチが使っていた
スターゲイザー(本人は否定していますが)から名付けたのかも、と

なるほど、そういう考え方がありましたか!
もしかすると全部ひっくるめてトリプルミーニングなのかもしれませんね。「スター」という名は偉大ですw

>これからもレビューを購入の参考等にさせて頂きます。それでは失礼致しました。
これからもよろしくお願いします。
[ 2015/03/16 02:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/810-b756a59f