HG 1/144 マックナイフ(マスク専用機) レビュー

DSC02619.jpg
HG 1/144 マックナイフ(マスク専用機)
メーカー小売価格:1512円

近々マスクは機体を変更することが予定されていますが、
一方のベルリはG-セルフのまんま。アムロとシャアの構図を彷彿させます。
ただ違うのは、ベルリの戦闘センスにG-セルフがきちんと追従できている点。
ロクに変形機構や武装ギミックを使わせてくれないアルケインは大声で泣いていい。

というわけで、HG 1/144 マックナイフ(マスク専用機)をレビューいたします。

※当記事で紹介しているキットは付属のシールのみ貼った素組みの状態です。

【追記】
どうも腰を回す過程で脚の位置がひっくり返ったらしく、レビュー途中で脚の向きが左右逆になっています。
それ以外不自然な点はなく、プロポーションを大きく破綻させるものではないのでどうかご了承ください。

DSC02621.jpg
CAMS-05 マックナイフ

スペース・ガランデンに配備された新型可変MS。
通常のMSと同サイズながら、エルフ・ブルックに近い可変機構や内蔵式武装を持ち、格闘戦能力も高い。
マスクとバララの専用機は双眼のアイセンサーを搭載しており、彼らのパーソナルカラーに塗られている。
ほかの量産機は単眼のアイセンサーで、カラーリングは黄色。


マスク第二の機体が立体化。
スタイリッシュで丸みを帯びたデザインは正直あまりライバル機っぽくないかも。
現に相変わらずG-セルフにはボコられてますからね。


-Design-


DSC02623.jpg

DSC02624.jpg
フロント&リアビュー。
ケレン味溢れる細身のデザインがよく再現されています。色分けもエルフ・ブルックよりはシール数は少なめ。
各種モールドもよく掘られていますが、踵にあたる部分の構造が少し特殊で自立させにくいのが難点。
ですがこの機体の最大の特徴はこんなものではなく。


DSC02626.jpg
G-セルフ、エルフ・ブルックと比較。そう、このマックナイフ、メチャクチャ小さいのだ。
「通常のMSと同サイズ」とかウッソだろお前! もしかしたらG系MSがデカいだけなのかもしれませんが。
組み上げた時のスケールの小ささには驚きを隠せない。


DSC02627.jpg
同じく小型MSであるセラフィムガンダムとも比較。
殆ど同じ大きさですね。そのくらい小さい。


DSC02630.jpg
気を取り直して各部デザイン。
ツインアイのモニターの部分は「ツインアイ点灯タイプ」のものと「消灯タイプ」の2つのシールから選択式となっています。
他には後頭部と左右のセンサーがシール。


DSC02631.jpg
胸。中央左右の灰色と白の部分はホイルシール。それ以外の色分けに関してはスミを入れれば問題なさそう。


DSC02633.jpg
関節などフレームの部分はブルーグレー。
腕や脚は全てモナカタイプの構成ですが、あまり合わせ目は目立たないかも。


DSC02634.jpg
腕のデザインはエルフ・ブルックと似てますね。手首もエルフ・ブルック同様平手のみ。
今回はボールジョイント接続ではない為、指先が内側に向いているように。


DSC02636.jpg
腹の部分にはモールドがびっしり。腰を囲うような白いパーツは結構外れやすい…


DSC02638.jpg
脚。こちらも構造がエルフ・ブルックと殆ど一緒。モールドは彫られてますが、ミサイルは色分けされず。


DSC02639.jpg
裏から。バーニア部が色分けされています。


DSC02640.jpg
バックパック。小さいながらもきちんと造型が作り込まれています。


-Movable-


DSC02644.jpg
首の可動には何ら問題なし。


DSC02642.jpg
肩は90度より少し上がる程度。逆に腕関節は90度より今一歩届かない程度に動きます。


DSC02643.jpg
引き出し機構はありませんが、腕自体がそこそこ内側まで動く構造に。


DSC02649.jpg

DSC02648.jpg
手首は上下にある程度動かせます。
ただ先述したようにボールジョイント接続できないので三次元的な動きはできません。


DSC02645.jpg
腰の可動もスムーズ。一回転は余裕です。
構造はビルドバーニングのものと同じと考えてもらえればよろしいかと。
ただしかなりすっぽ抜けし易いので要注意。


DSC02646.jpg
開脚に関しては驚異のV字開脚。可動構造様々です。


DSC02647.jpg
脚関節はエルフ・ブルック同様90度しか動かないので膝立ちは無理。
宇宙戦用MSなので仕方ないですね。


総じて本体に関しては今までのGレコキットの中でもかなりの高可動と見ていいかも。


DSC02666.jpg
後は設定通り、股間部のミサイル「フォトン・ボム」を展開可能。
ミサイル本体は脱着可能ですが、細かいパーツなので紛失には要注意。


-Transform-


DSC02657.jpg
飛行形態への移行は、踵を閉じて腕と脚のロール軸を回すだけ。かんたん。
差し替えパーツも何もいりません。逆にこれで差し替えパーツがあったら困る。


-Items-


DSC02650.jpg
付属品。本体に装着する武装はブースターくらい。


DSC02651.jpg
で、そのブースター。出番は初登場時に背負ってたくらいですかね。


DSC02653.jpg
バーニア内部はピンク色のパーツで色分けされているという中々の凝りよう。


DSC02652.jpg
ブースター本体もこんな感じで可動します。


DSC02654.jpg
後はいつものスタンドが付属。


DSC02655.jpg
更に差し替えで角度を変えられる簡易アームも付属。


DSC02660.jpg
本体をバックパックと接続する際は、魂STAGEのジョイントが使えないので必然的にこっちを使うことに。


DSC02656.jpg
後は股間部の丸みに沿ってスタンドさせるジョイントパーツも付属。
エルフ・ブルック共々ディスプレイに関しての補助は充実してます。


-Bundodo!!-


DSC02661.jpg
飛行形態で前線へ突入!


DSC02658.jpg
ブースター付けてた時は武装のケースを手に持っていたのよね。


DSC02662.jpg
動かし方はエルフ・ブルックと殆ど一緒。


DSC02663.jpg
ただし脚を動かす時とかは腰の白いパーツや、そもそも腰自体が抜けてしまいがち。
積み重なると非常にイライラします。


DSC02664_201503051906435b4.jpg
踊るマスク大尉


DSC02665.jpg
近接戦闘もチョップやキックが主体だったので、握り手を付ける必要はエルフ・ブルックよりは薄いですね。


DSC02667.jpg
見ててね☆
ギミックを入れたくれたことは嬉しいが、ミサイルのディスプレイにし難さは異常。


DSC02668.jpg
「変形が隙になる!」
脚もぎ取りまでは再現可能ですが、ジョイント部がかなり固いので破損にご注意。


DSC02670.jpg
金的は… G-セルフの膝にマックナイフが据わってるようにしか見えないw
せめてG-セルフの脚がもっと持ち上がれば。あとマックナイフの右脚がそのまんまなのには突っ込んではいけない。


DSC02672.jpg
以上、HG 1/144 マックナイフ(マスク専用機) のレビューでした。


◆評価点
・優秀な造型
・劇中のアクションを再現する上では十分な可動
・差し替え無しで飛行形態に変形可能


◆不満点
・機体の仕様上仕方ないとはいえ、プレイバリューは低め
・腰や一部パーツの外れやすさ


総合オススメ度:★★★★★

とりあえず、マックナイフの立体化としては十二分に合格点ではないでしょうか。
腰やパーツの外れやすさはダボを太らせたり接着させれば何とかなりそうですし。
アクションは一通り再現可能なのでプラモとしては非常によくできていると思います。
ただし内容自体はあまり濃いとは言えないので、ガッツリ遊びたい方には向いてないかも。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/03/05 19:21 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(4)

気になっていたキットなので早速のレビュー有難いです!
質問なんですけど、関節強度はどうですか?このキットは紺色のランナーが軟質プラのランナーなんでしょうか?
[ 2015/03/06 01:40 ] [ 編集 ]

デザイン上の関係もあってあまり動かないのか
飛行形態で飾るから関係ないんですけどねw
[ 2015/03/06 04:45 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

マスク様、コメントありがとうございます!

>関節強度はどうですか?

記事にも書きましたように、腰がやや外れやすいです。
それ以外は特に固すぎず緩すぎず、丁度良い感じですね。

>このキットは紺色のランナーが軟質プラのランナーなんでしょうか?

その通りです。その為関節部には殆どポリキャップを使用してなかったり。

[ 2015/03/07 16:03 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

らいむ様、コメントありがとうございます!

せっかく長距離用ブースターがあるのですから、それを生かした飛行形態にしたいですね。
私は基本的に付属品は全部乗せで飾ってますw
[ 2015/03/07 16:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/817-b7f2ce8f