今週のGのレコンギスタ 23話

ガンダム Gのレコンギスタ 第23話 『ニュータイプの音』

Gレコep23 0

だからプラモ製作側泣かせギミックばかり搭載するのやめーや!
アメリア軍 → カシーバ・ミコシを乗っ取るついでにマスク部隊を叩くぞ! ジット団に合流されると厄介だからね!

キャピタル・アーミィ → さっさとジット団と合流してアメリア軍を倒すぞ!

ドレット艦隊 → アーミィをジット団とは合流させないぞ! あっちの戦力はこっちだって欲しいんだ!

ジット団 → 地球に移住するぞ!(誰も侵略するとは言ってない)

メガファウナ → とりあえずはアメリアには協力するけど、あくまでも独断で行動します


勢力と状況はこんな感じでしょうか?
最終的にドレット艦隊はロックパイを失い、アーミィはジット団の乗るフルムーン・シップと接触することに成功。
メガファウナはあまり積極的には動かず、あくまでも様子見状態。
そして「ニュータイプの音」という、サブタイにも書かれているようにニュータイプを予感させる演出も。
分かりやすかったのはマッシュマー司令ですが、人の生死に敏感になっているベルリもまた同じですね。
クンパ大佐は「戦争によって人類の進化を促す」のが目的みたいですが、それは「人類のニュータイプへの覚醒」が最終目標なのでしょうか。
それ宇宙世紀と変わりないやん… また同じ過ちを犯す気なのでしょうか?
それとも未来はどうでもよくて、ニュータイプという進化の過程が見られればそれでよいのでしょうか。
クンパ大佐、見た感じじゃもうお歳だし… むう、何とも身勝手な。

何だかんだでクライマックスが近づいてきましたが、
最初の方でポンコツ姫たちがグシオン総監に訴えた内容から察するに、彼女らも最終決戦に向けての決意は整いつつあると見て良さそうです。
メガファウナが巡ってきた冒険劇は決して無駄ではなかったということですかね。
尤も視聴者にそれらのことが伝わりきったかというと…(^^;

次回は遂にバララに死亡フラグが立つ模様。
その次の話でジット団の連中とのいざこざに決着をつけ、最終回でマスクとの決戦かな?
それ以外にも解決してない問題はありますから、作業的にはならないでほしいなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

ヘカテーのキット化が遅い理由が分かったような…

ベッカー大尉もロックパイのついでに殺された感のあるGレコですが。
宇宙世紀と変わらないというのは確かですね、このカオスな戦況もZガンダム終盤を思わせます。
ここから先は多くの犠牲が出てきそうな予感が…(-"-;A
サブタイに態々「ニュータイプ」という単語を用いたのもこの世界の人類にも
わずかながらその素養が眠っているということでしょう(戦いの光に飲み込まれたモブパイロットも)特にベルリは顕著に表れていると。
動揺するベルを一喝するノレド&ラライヤは頼もしかったですね、特にラライヤは初登場からだいぶイメージが変わりましたからw
 前回でウィルミット長官と再会したベルに続いて、今回はグシオン総監に独自行動を取ると明かすアイーダと
育ての親との再会が良くも悪くもフラグになっているようです、これまでの主人公とちがい
親に対しては、尊敬の念をもっていますが立場と世代の違いが袂を分けた感じです。
 ファーストガンダムのバズーカ二挺持ちから始まり最終決戦使用のガンダムは多々ありますけど。
パーフェクトパックは一つの終着点ですね(^^)bブースターが瞬時にリフレクターやビーム砲になったり。
パンチを繰り出せば拳が高トルクになったりとフォトン装甲のならではのギミックというか。
しかし仰る通り模型での再現は困難ですねwアサルトバスターやPストライクやFAユニコーン等
視覚的に「分かりやすい」重装形態ではないですから、最近だとファフナーでも「武器召喚」とかありましたし。
この辺は、テクノロジーの好みの問題でしょうかσ( ̄、 ̄=)
[ 2015/03/08 14:46 ] [ 編集 ]

Gセルフの無双っぷりはまるでイデオンですね。今にも暴走して皆殺ししそうでヒヤヒヤします(汗)。監督が倒しかたに苦労したという話も納得です。カバカーリーのハードルがどんどん上がっていく…

そう言えば、最終回に73歳の新人声優がゲスト出演するらしいです。いったい誰なんでしょうね(棒)
[ 2015/03/08 16:50 ] [ 編集 ]

Re: ヘカテーのキット化が遅い理由が分かったような…

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

ベッカーやロックパイの死は最初の悲劇といったところでしょうかね。
世界は宇宙世紀に戻りつつある… あまり良い予感とは言い難いです。
ベルリやアイーダは最終決戦に向けて身辺を整理してるようですが、彼らの行く先はまだまだ分かりそうにないですね。

>この辺は、テクノロジーの好みの問題でしょうかσ( ̄、 ̄=)

フォトンバッテリーはバイオセンサーやサイコフレームに続くトンデモ装置ということですかね^^;
監督はほんと好きなんですね、こういうオカルト機械…
[ 2015/03/14 15:49 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

サンチェス様、コメントありがとうございます!

G-セルフとカバカーリーの対決はまあ、∀よろしく同じ性能を持つMS同士の戦いになるんじゃと思ってます。

>そう言えば、最終回に73歳の新人声優がゲスト出演するらしいです。

いつ如何なる時も新人としての心構えを持つことは素晴らしいことです。(棒読み)
「下手くそ!」とか罵倒されて頭をはたかれてほしい(小声)
[ 2015/03/15 01:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/819-140cf16c