HG 1/144 ガンダム G-ルシファー レビュー

DSC02727.jpg
HG 1/144 ガンダム G-ルシファー
メーカー小売価格:2160円

最近は見の周りが色々と忙しくなってきました。
ガンプラは貴重な息抜きの時間なので何とかスペースを確保してます。
早く楽になりたいでござる。

というわけで、HG 1/144 ガンダム G-ルシファーをレビューいたします。

※当記事で紹介しているキットは付属のシールのみ貼った素組みの状態です。
DSC02730.jpg
VGMM-Gf10 G-ルシファー

ビーナス・グロゥブのジット・ラボラトリィで開発されたG系統の最新鋭MS。
大型のスカート・ファンネル3基とモノアイ・センサー、3座式のコックピットを装備している。
G-セルフと同様「ユニバーサル規格」の機体で非戦闘員でも比較的容易に扱える。
第21話でマニィとノレドがジット・ラボよりメガファウナへと持ち込み、
第22話以降とラライヤとノレド(およびノベル)が搭乗する。


G-セルフ、G-アルケインに続く第三のガンダムのG-ルシファーが立体化。
悪魔の名を冠することから発表当時は物議をかもした(と思う)機体ですが、ラライヤ&ノレドの機体で固定みたいです。


-Design-


DSC02731.jpg

DSC02732.jpg

DSC02733.jpg
フロント&サイド&リアビュー。
曲線中心のデザインと禍々しいカラーリング、巨大なスカート・ファンネルのおかげでますますガンダムに見えません。
人によってはこっちはこっちでゲテモノガンダムだと言えるかも。ガンダムって何だ哲学)
ルシファーの本体そのものは痩せ形で細く、見れば見るほど女性機体だと感じます。


DSC02734.jpg
頭部。ガンダムというか某汎用人型決戦兵器のテストタイプ。
成形色は全てやや緑がかった白といったところ。
目の部分はモノアイですが、昨今では珍しくクリアパーツは使わない構成。
スリットの黒い部分はホイルシール。


DSC02735.jpg
胸。緑白のアーマーの下にやや明るめのライトパープルの装甲が。
色分けは襟元のバルカン以外問題なし。


DSC02738.jpg
肩。上の方にある小さいバーニア部はホイルシール。


DSC02739.jpg
腕。女性機体らしく非常に細長いです。色分けも特に問題無し。
それにしてもGレコの機体って「肘に出っ張った装甲」があるのが多いですね。デザイナーさんの癖かな?


DSC02740.jpg
腰。前回のマックナイフ同様フロントアーマーの類がありません。


DSC02743.jpg
左脚の大腿部はサーベルラックも兼ねています。
このサーベル柄がポロポロ落ちやすい…


DSC02744.jpg
下半身。上半身と違って緑白の装甲が一切ありません。かなり異質なデザインですね。


DSC02747.jpg
裏から。


DSC02745.jpg
大腿部や細かいバーニアなどは濃い紫色の成形色。


DSC02746.jpg
足は更に変わった造形。何よりポリキャップ未使用の上に各パーツを保持しているダボも小さいので強度も弱いです。


DSC02748.jpg
バックパックはめちゃくちゃ小さいバーニア。


DSC02749.jpg
そしてG-ルシファーの最大の目玉であるスカート・ファンネル。


DSC02750.jpg

DSC02751.jpg
メガキャノン部と6門の小さいビーム砲は全て色分けされるように。


DSC02752.jpg
内部ディテールはホイルシールでの再現ですが、これがめちゃくちゃ貼りにくい
せめてもう少しパーツを細かく分解できるようなパーツ構成になっていたら…


DSC02778.jpg
G-セルフと比較。本体の全高はややルシファーの方が下ですね。


-Movable-


DSC02754.jpg
首は左右には問題なく回転。下にはほんの少し傾く程度で、上にはほぼ動きません。


DSC02753.jpg
腕関節は安定の90度前後。肩は予想以上に動かず、60度くらいが限界でしょうか。
あんまり上げ過ぎるとすっぽ抜けます。


DSC02755.jpg
肩の引き出しはグイグイ可動します。


DSC02756.jpg
腰も問題なく一回転。


DSC02758.jpg
前屈はほぼ無理でしたが、後ろには大きく傾けられました。


DSC02762.jpg
開脚に関してはあまり開くことができません。接地性がそこそこ良いのが幸い。


DSC02763.jpg
ちなみに何故開脚できないかというと、何と股関節が昔懐かしいボールジョイントだから。何故こんな仕様に…


DSC02759.jpg
脚関節は問題ありません。膝立ちも余裕です。


DSC02777.jpg
後は足先の向きを変えてミノフスキー・フライト状態にも。

総じて本体の可動面は悪くないものの、今までできていた部分(肩や開脚)などの可動が狭まってしまっている為、
一概に高可動と評価するのは難しいところ。


DSC02764.jpg
スカート・ファンネルのラックは軸回転&ファンネル自体の角度も変えられる為、
ファンネル装備状態の表情付けには困らなそう。


-Items-


DSC02766.jpg
付属品。サーベル刃いっぱい。


DSC02774.jpg
後はいつもの乳白色の簡易スタンドが付属。


DSC02775.jpg
ただディスプレイの際は、G-ルシファー本体のスタンド穴が通常より大きい為、
専用の中継パーツを使う必要があります。この中継パーツの最大の欠点は魂STAGEには装着不可能なこと。
一応中継パーツの下に更に別のジョイントパーツを付ければ装着できないことはないですが…


DSC02767.jpg
気を取り直して装備。サーベル柄にはSB-15タイプのサーベル刃を装着させます。
色は従来のものよりも赤みが強くなっています。


DSC02768.jpg
一応ダボの大きさが一緒なのでSB-6タイプのサーベル刃も装着可能。


DSC02769.jpg
そんでもってスカート・ファンネル。3機とも取り外し可能で、専用のディスプレイスタンドも付属。


DSC02770.jpg
メガキャノン部には平べったいタイプのサーベル刃を、


DSC02771.jpg
6つのビーム砲にはSB-6タイプの短いサーベル刃を取り付け可能です。


DSC02772.jpg
一応全体図。
SB-6タイプのサーベル刃は6つしか付属しない為、全ファンネルのサーベルを展開させるのは無理です。


DSC02773.jpg
こちらもビーム砲はダボ穴が一緒なのでSB-15タイプの細長いサーベル刃を装着可能。


-Bundodo!!-


DSC02779.jpg
劇中では腕を水平に広げて飛行してたと思うのですが、
キットでは構造上無理なのが残念。それっぽく見せることはできますが。


DSC02781.jpg
しかしこういう後方ユニットを広げてダッシュさせるのはカッコイイですね。
何年か前に似たようなキットをいじったような…


DSC02782.jpg
それっぽく佇ませる。


DSC02783.jpg
サーベル抜刀。引き出し機構が生かせるとしたらこのくらいか。


DSC02785.jpg
なおディスプレイスタンドがちょこちょこ変わってることは気にしないでね。


DSC02784.jpg
肩はあまり上がりませんが、腰が良く動くので斬撃シーンは特に問題無し。


DSC02786.jpg
2本とも左大腿部に装着されてるので、左手は逆手持ちにさせたりとか。


DSC02787.jpg
後ろに失礼。


DSC02788.jpg
ゆけ、スカート・ファンネル!
付属スタンドだと水平にしか支えられないのが残念。


DSC02790.jpg
スタンドに丁度良いジョイント穴もないので、支えるとしたら魂STAGEのアームで掴むのが一番ですかね。


DSC02791.jpg
本体と一緒にファンネルも斬りかかる…みたいな。どんな活躍するのか楽しみ。


DSC02792.jpg
以上、HG 1/144 ガンダム G-ルシファー のレビューでした。


◆評価点
・優秀な造型
・豊富なクリアパーツエフェクト
・きちんと両平手・両保持用手首付属


◆不満点
・やはり物足りない可動域
・ポロポロ落ちるサーベル柄
・ファンネルラックのジョイント軸や足など、少し外れやすいパーツが目立つ
・素組み派には辛いファンネル内部のホイルシール貼り


総合オススメ度:★★★★☆
ビームサーベルやファンネルなど、プレイバリューはそこそこあるのですが、
パーツの外れやすさや、物足りない本体の可動など、ブンドドの障害となる点も少なくないです。
遊び幅としては、前々作のジャイオーンに今一歩及ばず、といったところでしょうかね。
組み立てる前に、ポリキャップを使ってない可動部(と言っても殆どですが)はダボを太らせておくのをオススメします。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/03/12 20:21 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(2)

こうして見ると女の子っぽく見えるのが不思議ですね。スカートとか、タイツにブーツみたいな脚とか…

そう言えば、Gレコキットで2000円超えはこいつが初なんですよね。最近のバンダイは値段の面で結構がんばってるような気がします
[ 2015/03/12 22:03 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

サンチェス様、コメントありがとうございます!

見直してみると、アルケインやルシファーといった女性用機体は総じて手足が細いのが特徴的です。
ふとG-セルフを見返してみると、ルシファーよりは遥かに四肢が太めに作られているのが分かります。

>そう言えば、Gレコキットで2000円超えはこいつが初なんですよね。

最近は金銭感覚が狂ってきて全く考えてませんでした。ヤバイヤバイ。
[ 2015/03/16 11:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/823-3e7071bd