SDBF S×D×Gガンダム レビュー

sotai sdg001
SDBF S×D×Gガンダム
メーカー小売価格:1080円

最早BFTの主役はセカイでもユウマでもフミナでもなく大張さんなのではないかと思う今日この頃。

というわけで、SDBF S×D×Gガンダムをレビューいたします。

※当記事で紹介しているキットは付属のシールのみ貼った素組みの状態です。
・共通本体のデザインについて
・可動範囲について
・スナイバルガンダムのデザインについて
・ドラゴナーゲルガンダムのデザインについて
・ギラカノンガンダムのデザインについて
・スナイバル・ドラゴ・ギア形態の変形シークエンスについて
・スナイバル・ドラゴ・ギア形態について
・ブンドドについて
・総評

-Design- (S×D×Gガンダム本体)


sotai sdg002

sotai sdg003
各パーツを何ら装備してない状態のS×D×Gガンダム。
この時点でデザインの9割は完成しているのが凄いというか何というか。


sotai sdg009
顔はオーソドックスなガンダムタイプ。
アンテナのや口元の赤パーツのデザインとか、物凄く王道を往ってる感じですね。


sotai sdg010
肩はジョイント穴だらけ。各形態でも殆ど使わないので、別売りのジョイントパーツで遊べということか。
成形色は少し濃いめの緑。


sotai sdg011
腕。何も知らずに見ると「手首が無い!」と思いがち。
成形色は肩よりは明るめのライトグリーン。


sotai sdg012
このモールドの描かれてる部分が本体のマニピュレーター。
昨今のガンダムではやや珍しいデザインですね。


sotai sdg013
下半身。脚の部分には合体後に使うと思しき白い部分がありますが、この白い部分は全てホイルシール。


sotai sdg014
バックパック。大きなジョイント用な穴があります。


sotai sdg015
なお今回はツインアイ用のパーツが2つ付属するので、今まで使うに使えなかった別の表情パーツが使えます。


-Movable- (S×D×Gガンダム本体)


sotai sdg004
首はいつも通りの左右回転。顎を引いたりとかはほぼ無理。


sotai sdg005
腕の曲げ具合はこのくらい。


sotai sdg006
肩の上げ幅はこのくらい。あまり上がらないですね。


sotai sdg007
何気に腰は一回転可能。


sotai sdg008
開脚はこの程度。接地自体は優秀ですね。


総じていつも通りのSDといったところでしょうか。
スターウイニングと比べると腰が動かせるのが大きいですね。

それでは各形態の紹介へ。


-Design- (スナイバルガンダム)


snibal001.jpg
スナイバルガンダム再現に必要なパーツ。


snibal002.jpg
SDG-R1 スナイバルガンダム

シキ・トシヤの使用ガンプラ。
基本装備は右肩のパイルバンカーと左腕のシールド。



snibal003.jpg

snibal004.jpg
フロント&リアビュー。
肩に装備された武装のおかげで見た目のゴツさは三機でイチバン。


snibal014.jpg
胸アーマーは正面にダクトが描かれているという標準的なガンダムデザイン。
中央の黄色い部分はシール。


snibal005.jpg
右肩にはスパイクという槍型武器を装備。
先端のシールが物凄く貼り辛いので黒鉄色あたりで塗装推奨。


snibal006.jpg
スパイクは伸縮可能。ポリキャップとか使ってないのですぐにユルユルになりそう。


snibal007.jpg
手に持たせることもできます。


snibal008.jpg
シールド。後述するスナイバル・ドラゴ・ギアの頭部にあたります。


snibal009.jpg
一応こちらも保持可能です。


snibal010.jpg
更にスパイクと合体も可能。合体というか単にシールドを上に乗せただけなんですが。


-Design- (ドラゴナーゲルガンダム)


dragonagel001.jpg
ドラゴナーゲルガンダム再現に必要なパーツ。


dragonagel002.jpg
SDG-R2 ドラゴナーゲルガンダム

シキ・ノブヤの使用ガンプラ。
背部に粒子吸収用の改良型アブソーブ・システムを搭載しており、使用時には胸部前面に展開する。



dragonagel009.jpg

dragonagel010.jpg

dragonagel011.jpg
フロント&サイド&リアビュー。
装着パーツが前面と後面につけるものだけなので、見た目のこざっぱり感は三機の中でもイチバン。


dragonagel003.jpg
胸アーマーはスナイバルに比べるとややスッキリとした形状かな。


dragonagel004.jpg
背面に装備したクロー。
若干爪を開閉できますが、開いておいた方が自立が安定します。


dragonagel005.jpg
腕先につけて格闘武器にすることもできれば、


dragonagel006.jpg
胸パーツとバックパックの位置をひっくり返してアブゾーブシステム展開状態にも。


-Design- (ギラカノンガンダム)


giracanon012.jpg
ギラカノンガンダム再現に必要なパーツ。


giracanon013.jpg
SDG-R3 ギラカノンガンダム

シキ・カズヤの使用ガンプラ。基本装備は右肩のキャノン砲。



giracanon014.jpg

giracanon015.jpg
フロント&リアビュー。
武装を右肩だけに装備してるせいで、見た目のアンバランス感は三機の中でイチバン。


giracanon016.jpg
ライフルは保持可能。グリップは上部にもあるのでそっちを掴んでもよさそうですね。


giracanon018.jpg
ライフルは背中に背負うこともできるほか、


giracanon017.jpg
頭に装着することも… ってなんじゃこりゃ! 後ろへ攻撃する為用かな?


SDG001.jpg
とりあえず3機揃って。
デザインが大体同じなのは敵を攪乱する為なのかな。
統一性があると見るか、個性が足りないとみるかは皆様次第。


-Transform-


SDG006.jpg
目玉である合体形態へ。まずは全員分の武装を作っておきます。


SDG007.jpg
各ガンダムヘッドからアンテナを外し、ツインアイのパーツをひっくり返して真っ黒な状態に。


SDG008.jpg
次に各ガンダムの腕パーツを外しますが、ドラゴナーゲルのみ肩ごと外します。


SDG010.jpg
そしてスナイバルの両肩にスパイクを差し込んだ後、背中に別のガンダムヘッドを装着。


SDG011.jpg
更にドラゴナーゲルの本体を追加で装着。


SDG012.jpg
更に別のガンダムヘッドと残りのスパイクを装着。


SDG013.jpg
残ったギラカノンの本体はライフル&シールド&クローと合体してメイン頭部に。


SDG014.jpg
残ったシールドとライフルはそれぞれ合体させてサブ頭部に。


SDG009.jpg
外しておいた腕パーツを連結させ、先端にクローを装着し、


SDG015.jpg
各サブヘッドと合体。


SDG016.jpg
後はサブヘッドとメインヘッドを本体に取り付けて、合体完了!


-Design- (スナイバル・ドラゴ・ギア)


SDG017.jpg

SDG018.jpg

SDG019.jpg

SDG020.jpg
スナイバル・ドラゴ・ギアの完成です。
完成した時の達成感よりもひたすら疲労感の方が強いと感じたのは内緒だ。

アニメとは違い流石にゴテゴテな玩具感が半端ないですが、
スターウイニング同様差し替えパーツ無しでここまで再現してのけるのは賞賛に値するかと。
ただ纏まりの良かったスターウイニングと比較しちゃうとやっぱりゴチャゴチャ感が…


SDG021.jpg
メイン頭部。
脚パーツを口としてるので少しは動かせます。
が、シールドと後頭部のクローは載せてるだけなのでびっくりするほどポロリします。


SDG022.jpg
サブ頭部。こちらは口に当たる部分はなく、ライフルにシールドを載せただけ。
載せただけなのでやっぱりボロボロ落下します


SDG023.jpg
腕にあたるクロー。自重のせいで常時垂れ下がってます。上げてやるにはスタンド必須。


SDG028.jpg
縦の長さは標準的なガンプラとほぼ同じ。流石にアニメほどの大きさはありません。
なお現在トライバーニングは解体塗装中。


-Bundodo!!-


SDG002.jpg
Oh! Oh! Oh! Oh! げ~んかいなんて~♪


snibal011.jpg
スナイバルは接近戦担当。スパイクの保持には問題無し。


snibal012.jpg
シールドも多分、攻撃に使えるはず。牙あるし。


snibal013.jpg
合体状態のスパイクは劇中未使用ですね。
これに限らず合体武器はアニメで何かと不遇な気が。ウイニングランチャーとか。


dragonagel008.jpg
先端に装着するだけあって、クローの取り回しの良さは抜群。
と言ってもSDなので可動範囲は大いに制限されます。


dragonagel007.jpg
恐らくアニメじゃ一番目立ってた粒子吸収。
この状態だと頭部の顎が引きにくい。


giracanon019.jpg
ライフルは肩と干渉してしまうので取り回し悪め。


giracanon020.jpg
恐らくは肩に装着したまま撃つこともできるはず。そっちの方が取り回しいいし。


SDG003.jpg
ツインアイシールを死蔵させない為にパーツを複数つけてくれたのは地味に良点。


SDG004.jpg
でも劇中の活躍のせいでニコニコ目が似合ってないが惜しい。


SDG005.jpg
役割分担していざチームプレイ!
でも実際は全員共通装備を使ってたりする。全員適宜役割交換できるのはある意味有意義か。


SDG024.jpg
がおおおお! 食べちゃうぞ!


SDG025.jpg
ドラゴン形態は一応2つの胴体が脚になってるので、魂STAGEとか使えば浮かすことは簡単です。


SDG026.jpg
角度によってはそこそこカッコイイですが、やることが口動かすのと腕動かすくらいなので、飽きは早いです。
おまけに頭部シールドはポロポロ外れるからなぁ…


SDG027.jpg
もったいないけどスターウイニングに切り伏せていただきましょう。おさらば。

以上、SDBF S×D×Gガンダムのレビューでした。



◆評価点
・良好なプロポーション&デザイン
・各ガンダム形態への換装が非常に楽(スナイバル・ドラゴ・ギア除く)
・ツインアイ用パーツが2つ付属するので、単体でもツインアイシールを死蔵することなく生かせる


◆不満点
・フルで遊ぶなら3体購入が前提
・スナイバル・ドラゴ・ギア形態のギミックの少なさ
・そもそも可動の悪いSDなのでプレイバリューもそこまで高くない


総合オススメ度:★★★☆☆

全体的に「Ez-SRの単体でのギミックを減らした分、3体での遊び幅を増やした」といったところでしょうか。
一応単体だけでも武装は一通り揃いますし、可動も「SDだから」と割り切れます。
ただ各武装でやることは非常に少ないのであんまり幅広く遊べません。
3mmジョイント穴は豊富なので、それを工夫して遊べということでしょうか。

問題はやっぱりスナイバル・ドラゴ・ギア形態かなぁ。
「DX玩具で出すべき代物をガンプラで出しちゃった」感がビンビンです。
いや確かにガンプラで出したことに意味がありますし、きちんと再現した努力は褒められるべきですが、
パーツポロリ(主に頭部シールド&クローや、各ガンダムヘッドの連結)などストレス溜まりますし、
合体したら合体したで後は飾るくらいしかやることがないのも何だか寂しいところ。
せめて各ドラゴンヘッドが可動できればなぁ。
SDだけあって子ども向けとも言えますが、スーパー戦隊とかのDX玩具に比べればプレイバリューは低いですし、
何より3体購入前提(3240円)は果たして子供向けと言えるのか。

劇中の武装や形態再現で製作スタッフの力を使い果たしてしまったガンプラ。
「スナイバル・ドラゴ・ギアの為なら3000円なんて安いぜ!」と思う方なら是非どうぞ。
個人的には1体だけ買って、ジョイントパーツを組み合わせて遊ぶのも一興だと思います。
果たしてS×D×Gガンダムは通常の3倍の速さで売れることができるのか?


関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/03/13 23:20 ] ガンプラ(SD) | TB(0) | CM(6)

劇中でよく見た怖い目はないのか…

3体買ったんですか…うわあすごい…

プロボーションも結構再現されてますが流石に色分けは細かいところまではいかないか…仕方ないですねこれは
ライフルの頭部マウントギミックはかなり謎ですよね…反転すればバズーカになるとかですが…

さて、気を取り直してスナイバル・ドラゴ・ギラ形態…
流石に劇中ほどではないですが結構大きいんですねこれが。
ただサブ頭部の顎が動かないのはちょっと改修が必要なのかな…?
[ 2015/03/14 09:07 ] [ 編集 ]

スターウイニングがあまりにも良すぎた・・・w

スターウイニングの性能が良かったためか、S×D×Gはすごいというインパクトが足りない感がしますね・・・
せめてキレ目があれば良かったのですがね・・・
[ 2015/03/14 14:25 ] [ 編集 ]

近年のSDのクオリティを考えると、1体1000円は正直割高だと思います。余剰パーツが無茶苦茶多いわけでもありませんし。せめて800円くらいに出来なかったんでしょうかね…
[ 2015/03/15 00:41 ] [ 編集 ]

Re: 劇中でよく見た怖い目はないのか…

(´゚д゚`)(仮)様、コメントありがとうございます!

>3体買ったんですか…うわあすごい…
実は一部シールを紛失した為4体買ってます。

>ライフルの頭部マウントギミックはかなり謎ですよね…反転すればバズーカになるとかですが…

スナイバル・ドラゴ・ギアの合体用のギミックとして見るなら何らおかしい点はありませんが、
わざわざSD形態でのギミックとして紹介する必要が見つかりませんw

>さて、気を取り直してスナイバル・ドラゴ・ギラ形態…
流石に劇中ほどではないですが結構大きいんですねこれが。
ただサブ頭部の顎が動かないのはちょっと改修が必要なのかな…?

スナイバル・ドラゴ・ギアはあくまでも「合体させたらこんな感じのドラゴンが作れるよ」という作例なのでしょう。
ドラゴン形態を改修してもよし、他にも4体、5体と集めて別形態を考えるのも良し、と
遊びの幅広さを提供してるのかもしれません。遊びつくすには多々買う必要がありますが…
[ 2015/03/16 11:58 ] [ 編集 ]

Re: スターウイニングがあまりにも良すぎた・・・w

レグルス様、コメントありがとうございます!

>せめてキレ目があれば良かったのですがね・・・
キレ目は確かに欲しかったです。コミカルなSDとは裏腹にシリアスで印象的な目でしたからね…
[ 2015/03/16 12:04 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

サンチェス様、コメントありがとうございます!

まあ私も定価で買ったわけではないですからね。大手家電店では800円前後で売ってますし。
amazonでも似たような価格みたいです。お世辞にも単体での評価は高くないみたいですね。
[ 2015/03/21 12:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/824-0e5b3c2f