ROBOT魂 ゴッドガンダム オプションパーツセット レビュー

Ggundam_options001.jpg
ROBOT魂 ゴッドガンダム オプションパーツセット
販売価格:3780円 ※プレミアムバンダイ限定販売

今月もプレバンからの発注商品は少なめ。
代わりに今月25日にまでの締め切りの商品の代金が大変なことになっております。
でもビーファイターもティガも欲しいからなぁ。
あとレビュー内の写真で胸パーツが腕組み専用のままになってるものが多々ありますが、気にしてはいけない。

というわけで、ROBOT魂 ゴッドガンダム オプションパーツセットをレビューいたします。
・マシンキャノン展開パーツについて
・腕組みパーツについて
・コーナーポストについて
・ヒートエンド手首について
・打撃エフェクトパーツについて

Ggundam_options002.jpg
ブリスター越しからセット内容。
ブンドドを交えながら1つ1つご紹介いたします。



Ggundam_options003.jpg
マシンキャノン展開パーツ。
パーツ分けされただけあって塗装面はきちんと綺麗に塗られています。
惜しむらくは銃口の部分も塗ってほしかった。


Ggundam_options004.jpg
肩につけるとこんな感じ。展開前のパーツを外すのは意外と固かったので、
デザインナイフなどですくい上げるように外すと良いかと。


Ggundam_options005.jpg
さあ皆さん一緒に、「バァァァルカンッ!!」



Ggundam_options006.jpg
腕組み用交換パーツ。胸パーツと腕パーツをそのまま引っこ抜いて取り付けてしまいます。


Ggundam_options007.jpg
実際付けるとこんな感じ。差し替えてるだけあって再現度は非常に高いですね。


Ggundam_options008.jpg
横から。こうして見ると腕組みには可動範囲よりも胸パーツが邪魔だったんだなぁと実感。



Ggundam_options009.jpg
コーナーポスト。後期OPで有名なアレです。


Ggundam_options010.jpg
前後にモールドや塗装に目立った違いはなし。


Ggundam_options011.jpg
アンテナも塗装は一色で、そこまで作り込みは深くはないです。
まあ、あんまり作り込まれてもしょうがない代物ではありますが。


Ggundam_options012.jpg
腕組みゴッドを立たせてディスプレイ。


Ggundam_options013_20150320220553894.jpg

Ggundam_options014.jpg
う~ん、そのまま非可動フィギュアとして売っても良いくらいのクオリティ。



Ggundam_options032.jpg
ヒートエンド手首。塗装具合はゴッドガンダム本体に付属したゴッドフィンガー用手首と同等。


Ggundam_options033.jpg
これで爆熱ゴッドフィンガーを最後まできっちり再現できるように。



Ggundam_options017.jpg
クリアオレンジの打撃エフェクトパーツ。


Ggundam_options016.jpg
左から順に、単発・2発・3発のエフェクトがそれぞれ2つずつ付属。


Ggundam_options018.jpg
更にそれを支える枝状のパーツも付属。


Ggundam_options020.jpg
そしてそれらエフェクトを装着させるのが手首エフェクトパーツ。


Ggundam_options021.jpg
こんな感じで手首として装着します。後はこの上から各エフェクトを装着するだけ。


Ggundam_options022.jpg
まずは単発から。


Ggundam_options023.jpg
保持については全く問題無し。ただ角度によってはエフェクトの傾きとか少し不恰好に見えるかも。


Ggundam_options024.jpg
2発だと少々腕ジョイントの負担が大きくなるので保持が辛くなります。


Ggundam_options025.jpg
単発のものを2つ取り付けてるのですが、これで保持が不安定なんだから2発・3発エフェクトを取り付けるとなると…


Ggundam_options026.jpg
3発ディスプレイ。もう腕のジョイント限界。写真では奇跡的に保持できてます。
取説でも「保持が難しい場合は魂STAGEで支えてね」との記述があるのでそうしましょう。


Ggundam_options027.jpg
両腕でエフェクト装備。左腕は魂STAGEで支えてます。
尤も肝心の魂STAGEは別売り。商売上手なこった。


Ggundam_options019.jpg
更に付属の透明ジョイントを使ってエフェクトを浮かせてディスプレイすることも可能です。


Ggundam_options028.jpg
こんな感じでアームにジョイントを接続させます。浮かせる際は魂STAGE必須。
尤も肝心の魂STAGEは(ry


Ggundam_options029.jpg
浮かせてディスプレイ。ペガサス流星拳みたいになりました。


Ggundam_options030.jpg
アーム同士は接続可能なので、こんな芸当も。STGの敵弾みたい?


Ggundam_options031.jpg
公式のイメージ写真みたく。自由度はそこそこなので気ままにポーシングしてみましょう。


Ggundam_options015.jpg
以上、ROBOT魂 ゴッドガンダム オプションパーツセットのレビューでした。


◆評価点
・オプションパーツとしては充実した内容
・塗装・造形に大きな問題無し


◆不満点
・打撃エフェクトを手首に装備する際のヘタり
・魂STAGEでのディスプレイが前提のパーツがあるにも関わらず魂STAGEは未付属


総合オススメ度:★★★★☆

最早書いてある通りです。
セット内容に問題はなく、自由度もそこそこで遊び応えはありますが、
打撃エフェクトによる手首ジョイントのヘタりが怖く、また魂STAGEのアームを付属してくれなかったのはちょっと優しくないかも。
一般的にフィギュアなどの付属品として魂STAGEは同梱されてるので入手の機会は多いものの、
今回必要なのは「柱とジョイントが分かれているタイプ」のものであるかつ、そういったものは付属品として同梱されてることが少ないです。
入手するには魂STAGEを単独で購入するしかありません。いやはや商売上手なことですこと。
遊ぶ機会がある際はその点に注意しておきましょう。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/03/20 22:35 ] ROBOT魂 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/831-5812fa20