HGBF ウイングガンダムゼロ炎カスタムキット レビュー

honoo_custom001.jpg
HGBF ウイングガンダムゼロ炎カスタムキット
月刊ホビージャパン2015年5月号付録(定価:1200円)

雑誌付録にしては珍しいカラーパッケージ。AGE-1レイザー以来かしら?

というわけで、HGBF ウイングガンダムゼロ炎カスタムキットをレビューいたします。

※当記事で紹介しているキットにシールは付属しません。完全なパチ組みです。
・各武装デザインについて
・ブンドドについて
・総評

honoo_custom002.jpg
セット内容。パーツをそれぞれ纏めて映してるので実際のパーツ数はもっと多いです。


-Design-



honoo_custom003.jpg
ヘッドパーツ。頭がまるまる1つ付属します。
色分けはされてないものの、造形はシャープで秀逸。パーツ分割もされているので塗り分けも苦じゃなさそう。


honoo_custom004.jpg
フェザーグレイブ。柄のパーツに専用の刃パーツを装着させます。


honoo_custom005.jpg
保持には専用の突き用手首が左右それぞれ付属。
保持自体は通常手首でも可能なのでお好きなように。


honoo_custom016.jpg
更に、刃をウイング状の大きいものに取り換えれば…


honoo_custom017.jpg
片方だけ装着すればフェザーブレイドに。


honoo_custom018.jpg
両方装着すればフェザーバスターソードに。
フェザーバスターソードの方は通常手首だとパーツ同士が干渉するので、保持の際は専用手首推奨。


honoo_custom006.jpg
また専用ジョイントパーツを使えば、本体のウイングに装着することも可能。
相変わらずプラ接続なので摩耗が超心配。


honoo_custom008.jpg

honoo_custom009.jpg
フロント&リアビュー。
本体のウイングを後ろに畳んでいる状態なので、素立ちのバランスはやや悪め。


honoo_custom015.jpg
フェザーナイフ。一体成型のものが3つ付属。


honoo_custom007.jpg
専用ラックに装填可能で、ラック自体もウイングパーツに装着することができます。


honoo_custom010.jpg
後はオマケで握り拳パーツも左右それぞれ付属。


-Bundodo!!-



honoo_custom011.jpg
専用手首のおかげでフェザーグレイヴの取り回しは非常に良好。


honoo_custom012.jpg
付属武装の中でスケールが大きすぎず小さすぎずちょうどいいバランスなので、ポーズもビシッと決まります。


honoo_custom013.jpg
フェザーナイフは如何せん小さいのでやや迫力不足。
ウイングゼロ炎自体、割とボリュームのあるキットですからね。


honoo_custom014.jpg
それでも小さいおかげで取り回し自体は良好。順手・逆手持ち共に様になります。


honoo_custom020.jpg
フェザーブレイド。ロングサイズだけあって迫力は圧巻。


honoo_custom019.jpg
専用手首のおかげで斬りおろしポーズもビシって決まります。
手首のヘタれにはやや注意。


honoo_custom021.jpg
フェザーバスターソードはせっかくなのでサンライズパースっぽいポーズで。
左手に専用手首・右手に通常手首を使ってますが、保持は中々難しいです。


honoo_custom023.jpg
片手での保持は流石に手首側の負担が尋常でないので難しくなります。
ポーズ自体は凄く様になるんですが。


honoo_custom022.jpg
上手いこと手首を切り替えて保持を安定させてかっこよくポーシングさせたいですね。
バスターバスターソードの取り回しについてはかなり工夫がいりそうです。


honoo_custom24.jpg
以上、HGBF ウイングガンダムゼロ炎カスタムキットのレビューでした。



◆評価点
・秀逸なデザイン
・豊富な武装バリエーション・付属品


◆不満点
・ウイング用のジョイントパーツの摩耗
・フェザーブレイドの取り回し
・雑誌見る限りじゃ2個買い前提っぽい


総合オススメ度:★★★★☆


ウイングガンダムの名に恥じない、「翼・羽」をイメージとしたデザインは非常にカッコイイです。
武器も接近用武器ばかりなので、接近戦仕様のゼロ炎との相性面は言わずもがな。
ただフェザーバスターソードのウイング刃を本体のウイングに接続する際のジョイントパーツに難あり。
筆者の1つ個体は既にヘタれており、傾かせても位置を維持することができません。(もう1つはまだ大丈夫)
恐らく脱着することを前提としたデザインではないのだと思われます。
ヘタりを回避したければウイング用と武器用の2つを用意すること…つまり2個買いするのが手っ取り早いかと。
雑誌のストーリーや完成品の作例とかでも、やたら2個買い時の装着例をプッシュしています。
通常のキットと違って、雑誌はどうにも2個買いに手が出ません。限定付録だから時期を逃したらオシマイだし…
デザイン自体は秀逸ですが、2個買いして豪華に着飾るか、1つだけにしてお安く楽しむかは皆様次第です。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/03/25 16:15 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(2)

これ似たものをどこかで・・・あっ!!

これコトブキヤのユナイトソードにすごく似ていますねw
ユナイトソードを二つ購入が必要になりますが、両刃にした状態もすごく似ています
塗装部分が少ないので素組み派の人でも楽かもしれませんね
かっこいいなぁ、これは買ってもいいかもしれませんね(ヘタリ覚悟でw
[ 2015/03/26 21:21 ] [ 編集 ]

Re: これ似たものをどこかで・・・あっ!!

レグルス様、コメントありがとうございます!

ユナイトソードですか! 確かにそっくりですね!
ブキヤさんのウェポンシリーズは非常に濃い出来栄えなのでガンプラだといまいちマッチしないので敬遠しがちです。
そもそもブキヤさん自体フレームアームズとか出してますもんね。恐らくそっち向けの商品なのでしょう。
今回のカスタムキット自体は十分「買い」な商品ですが、現在品薄らしいので購入はお早めに!
[ 2015/03/28 00:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/837-9328bb1b