今週のGのレコンギスタ 26話(終)

ガンダム Gのレコンギスタ 第26話 『大地に立つ』

Gレコep26 0

地味に玩具レビューの次にアクセス数の多かった我がGレコ感想記事
いよいよ始まってしまった最終話。
地球に降りてみたらアメリア軍がどさくさに紛れてキャピタル・テリトリィを攻撃しようと企んできました。
ややこしい事態になってしまったものの、争いの激化を止めるべくメガファウナ勢は奔走します。

前半(というかほぼ本編)の戦闘パートは作画陣の総力を結集しただけあって、素晴らしい出来栄えでした。
実質初登場となったダハックも十分すぎるほどの活躍を見せてくれました。流石は天才クリム。
ジャブローと思しき洞窟も出てきてファンサービスも充実。地味に姫様のアルケインが何もしてないのもある意味ファンサービス?

同時に人員の殺処分も急ピッチで進められました。
ジュガン司令は戦いに急ぎ過ぎて撃沈、チッカラはダハックと対峙し戦死。
クンパ大佐は事故死。ズッキーニ大統領は息子の手によって神聖なるクレッセントシップで圧死
クンパ大佐の最期は誰が予想できただろうか。最後の一撃は、せつない。せつなさも何もなかったかもしれないが。

しかし無双状態のG-セルフの弱点がまさかの「バッテリー枯渇」とは…
それでもカバカーリーと相打ちになったのはベルリの戦闘センスの成せる業か。
今までほぼ無傷で修羅場を潜り抜けてきたG-セルフがあそこまでボコボコになるまで戦ったのは正に最終決戦といったところです。
それでもパイロットの意に忠実に従い戦い抜いた彼はガンダムの名に恥じぬ活躍でした。お前がナンバーワンだ。
それにしても最終的に相打ち&コアファイターで脱出するのは初代のオマージュなのかしら?


Gレコep26 2

というわけで戦闘パートの出来栄えは確かなものでしたが、その後は流石に展開が早すぎました
せめてジット団との和解とかはもう少し尺を使って描写するべきだと思うのです。
クンも最終的にはミックとも和解しちゃってるし… 直接手を下してないとはいえ、クンにとってミックはチッカラの仇とも言えるはずなのですが。
監督は「パイロット間に憎悪の関係はない」と仰っていましたが、目の前で仲間が殺されて落ち着いていられるものなのかな…
あそこまでお腹が大きくなってるということはそこそこな月日が経った=和解するにも十分な時間があったとも言えなくないですが、やっぱり描写不足は否めませんよ!


Gレコep26 1

ルインはアーミィを離れてどうやらマニィと2人旅に出たみたい。ベルリへの執着も無くなった様子。
アッサリしすぎとも言えますが、ララァの存在をいつまでも引っ張っていたシャアと違い、
ルインはすぐ傍にマニィという1番の理解者がいてくれるので、ベルリのことを引きずる必要もなくなったのかも?
あーでも、彼にはバララもいたんだよなぁ… 実際シャアにもハマーンという第2の恋人がいたわけですし。
そしてバララのデザインは明らかにハマーンを意識したもの。多分ですけど、狙ってそう描いたんでしょうね。
彼の「クンタラ汚名返上」の大義は果たされたのでしょうか。ぶっちゃけ誰も気にしてない気がするんですけど…
そういやバララどうなったんだろう…?


Gレコep26 3

ベルリは皆の下を離れて単身日本へ。
宇宙を旅して、地球も同じように自分の目で確かめたくなったのでしょうか。
Gレコの世界は「技術に依存する人々」という描写を徹底しているように感じました。
人々は進化した技術に依存するばかりで、技術の進化と人の進化が繋がっていない。
ビーナス・グロゥブのムタチオンが正にそれです。
キャピタル・テリトリィのスコード教による統制も似たようなもので、人々を規律で縛って安全を守る一方、
ぬるま湯につかり続けさせるようなもので現状維持を徹底していた為、やはり人類の進化を阻害していたのだと感じました。
その一方で技術は進化していくのですから、一部の人々が悪知恵を働かせてしまうのは無理ありません。
尤も宇宙世紀の失敗を繰り返さない為、ある程度の規律に作って人類の保護に走ることが間違いとは思えません。
クンパ大佐の言うような「戦争による人類の進化」を実現させようものなら人類は再び滅亡の危機に立っていたことでしょう。

その後の世界を見る限りじゃ、キャピタル・テリトリィは恐らくスコード教や法王による世界の統治も続いているのでしょう。
アメリアでは大統領がクレッセントシップによって葬られたことで色々と混乱に陥ってそうですが…
そもそも散らばった「ヘルメスの薔薇の設計図」も放置状態のままです。
しかしこの一連の騒動によって、テリトリィに閉じこもっていた一人の少年、ベルリ・ゼナムは宇宙を駆け廻ることとなりました。
ベルリが宇宙を旅して得られた知識は彼にとって衝撃的なものも多く、陰で鬱憤を晴らす描写もありました。
それでも最終的に彼が「世界一周」を目指すようになったのは、それ以上に彼が「世界を知る喜び」を感じたからなのでしょう。
大切なのは、自分の脚で立つ、目で見ること。進化した技術の根底には一体何があるのか。
温室育ちのベルリが外の世界に旅立ったことは、彼にとって小さな小さな「進化」なのではないでしょうか。
…と言いつつも、実際本編でのベルリは視聴者のアテとは全く外れた方向に動くことが多々あったので、
正直彼に感情移入ができたとは言えません。温室での生活が長すぎたんだよなぁ…
ベルリの心理描写とか、戦争後の世界の動きとか、ノベライズ版とか出すなら是非読んでみたいな。

本編は終わってしまいましたが、プラモの方はまだまだ発売ラッシュが続く見込みです。
私も追っていく予定ですので、実質的にGレコはまだまだ終わりそうにない状態ですね。
今後はきちんとプラモとアニメの設定を反映させてほしいなぁ… 誰かさんの可変機構とか。あとG-セルフの可動ほんとひで
トライバーニングの塗装終わったらG-セルフも塗装してみようかしら。G-セルフカラーの塗料も発売されたわけですし。

というわけで皆様、最後までご視聴お疲れ様でした。
ここまで感想記事を書けたのも皆様のアクセスのおかげです。1人だったら視聴続いてなかったかも…
機会があったらまた別のアニメの感想記事でお会いしましょう、それでは。
関連記事
スポンサーサイト

あの農家のおじさんはどちらかと言うとパトレイバーの榊班長に似ている。

「ラストは富士登山」という誰も予想だにしないラストだったGのレコンキスタ最終回ですが。
ラストバトルは確かに見応えがありました、空中、洞窟、滝と戦場が移り変わりながら
泥臭くインファイトにもつれ込みルインのカバカーリを征したGセルフは実に富野ガンダムらしい主役メカといえますd(-_^)
 一方、キャラの細かい内面やシナリオに関しては分かり難かったのは否めませんね。
そもそもファーストの成功ってやはり安彦良和氏や星山博之氏の功績がデカイです、良い女房役が居ないと万人受けし難い作品になりがちです(゚ー゚;A
今回は∀同様に若手スタッフを起用していますが、おそらく皆が才能を暴発させてしまったような気がします、それはそれで富野監督らしいのですがw
 エピローグを見る感じでは世界の構造は大きく変わらないものの、クレセントシップによる地球一周と
それに参加した人々には変化が見られた感じですね、チュチュミィをノレドに託してメガファウナを去ったベルリは
∀でソシエに貯金魚を投げ返されたロランと対になっている訳ですか…
 2クールのアニメとしては纏まりの悪い本作ですが、印象的なシーンで記憶に残るのは確かです。
メッセージもWOLT様の仰るように「過度な技術依存」に対する警鐘とシンプルな物ですし
「元気のG」をは伊達ではありませんでしたw今後のガンプラのラインナップもありますし
しばらく考察の余地はありそうです、あと何らかの形でストーリーの補完は欲しいですね。
ノベライズはやはり福井晴敏氏か?監督自身の書いた奴は読み難いのでノーサンキューでw(^▽^;)
[ 2015/03/29 17:05 ] [ 編集 ]

Re: あの農家のおじさんはどちらかと言うとパトレイバーの榊班長に似ている。

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

作風や表現の分かり辛さに苦しみつつも駆け抜けた2クールでしたね。
ここまで視聴ができたのもソバスチン様を始めとしたコメントのおかげです。一人じゃモチベ維持できませんでした。
清書役ナシに脚本を書いてたとなると、恐らく下書きや現場での指導も富野節満載だったんでしょうなぁ。
アニメとしての出来はともかく、富野氏最後のガンダム作品(多分)としては伊達な作品ではないですね。
補完をするなら現在連載中の漫画版Gレコも注目でしょうか? ところどころシチュエーションが異なっているようですが。
[ 2015/04/03 22:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/838-4a4cb95e


ガンダム Gのレコンギスタ 第26話「大地に立つ」

ガンダム Gのレコンギスタの第26話を見ました。 第26話 大地に立つ 戦いをやめさせるため戦場を駆けるベルリだが、強敵からの猛攻で窮地に追い込まれる。 一方、ジュガンが率いるランゲバインとウーシァ部隊を相手に奮戦するクリムとミック。 夜明けに染まるギアナ高地の上空で様々な想いが交錯する中、ベルリの殺さずに戦いを終わらせようとする思いが届き、戦いは終了されることとなる...
[2015/03/28 18:25] URL MAGI☆の日記