今週の手裏剣戦隊ニンニンジャー 6話

手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの6 『テングの神隠し』

ニンニンep6 0

今週でプリキュアとの関連性も浮き彫りになったから、そっちとのコラボもオナシャス!
というか最近じゃプリキュアと他ニチアサ番組との絡みすっかりなくなりましたね…
下山さん頑張りますね。前回を除けば今のところ全話執筆している状態です。
でも作品のクオリティから鑑みるに、少しは筆を止めて小休止してほしいとも思ったり。

今まで出番の薄かった風花にスポットが当てられるかと思いきや、結局天晴VS雷蔵の噛ませ扱いにされてしまいました。
天晴の忍術測定試験が「測定不可能」扱いされるなど、シナリオでやたら天晴を持ち上げる傾向は相変わらずです。
天晴ばかり目がいきがちですが、よく考えたらおじいちゃんの好天もやや優遇すぎる気がするかも。
こちらはラストニンジャだけあって持ち上げられる理由も分からなくないですが…
以前のコメントにもありましたが、好天って「親分」的な立ち位置にいながら少々顔を出し過ぎてる気がするんです。
その割を食らっちゃってるのがお父さんである旋風。今のところ、彼は保護者ポジにすらなってないような…
全然「親子三代」って感じしないよ…

私の中で今のところ気に入ってるキャラは、雷蔵と旋風の2人です。
雷蔵は「組織より自分の利を優先する」というテンプレながらも王道な好戦的キャラであり、
今回の話では真剣勝負の為に人質である風花を率先して解放するなど、律儀な面も見られました。
旋風は「自身の力の無さを悔いつつもサポートに徹する」という脇役たるキャラ設定が魅力的です。
どうも私は主役よりも、その脇でサポートに徹するキャラを敬愛する傾向があるようだ…(^^;
それだけに、本編のシナリオでは不遇気味なのが残念極まりない。
それ以外のキャラも、設定自体は間違ってないと思うんだけどな…

一応今回の話で天晴がチームワークを改めて意識しだしたので、今後改善が見られると信じたいところ。
(尤もそのチームワークを信ずる根底にあるのが件の【おでんの例え】なのですが…)

それにしても前回で合体SPが終わったと思ったら次回でまた特別企画とは大変ですな。
チーフプロデューサーの名前を確かめたら、やはりというかあの人のお名前が。
まあカクレンジャーもハリケンジャーも私にとって思い出深い作品なので、あまり苦ではないですけどねw
関連記事
スポンサーサイト

この戦隊の中に1人、妹がいる!

風花が第2のユノア・アスノ(CV天導愛菜)にならないか心配なニンニンジャーですが。
口では「チームワーク」を唱えるものの天晴はスタンドプレーが過ぎますね。
そして孫には(視聴者には)甘やかして見える好天爺ちゃんも息子との確執が見え始めました。
旋風パパにあのように接しているのはなにか理由があるのでしょうか?
 放送前からコメントで危惧していましたがまさか本当に天晴=キオ、旋風=アセム、好天=フリットになるやもと…
ガンダムAGEではアセムは最終的に最も好感が持てる主人公になりましたし、OVAの主役も張れて結果オーライですけど。
しかし仰るようにニンニンジャーは最初『3世代』を謳っていた割に過去の回想もほぼ無いですし。
「子供に分かりやすく」といってもただ主人公を表層的に明るく破天荒に描いてもいつか息切れします。
 次回は先輩2人の登場は嬉しいのですがやっぱり早過ぎますね…
天晴の増長は血縁者より他所の忍者が喝を入れた方が良いのではとは思いますが…
単なるお祭りコラボ回にならないか不安でもありますσ( ̄、 ̄=)
[ 2015/04/05 18:27 ] [ 編集 ]

Re: この戦隊の中に1人、妹がいる!

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

今の天晴の行動は単に「敵を倒す為にわざわざチームプレイしている」といった感じで、
仲間同士の結束を重視してないように思えるので好感がいまいち持てません。
王道かと思いきや妙にひねくれて描いてるように思います。
主役そっちのけで脇役に魅力を感じる作品にはあまり良い思い出がありませんね。
物語を引っ張っていく存在であるはずの主役に目を背ける行為は、作品そのものを否定してる気がして。
でも今のニンニンジャーじゃそれもやむを得ない気がします。
私は次回のコラボ回は箸休め的なものだと思っているので、中身はそこまで重視してないです。
[ 2015/04/12 01:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/843-18c870e7


手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの6「テングの神隠し」

手裏剣戦隊ニンニンジャーの第6話を見ました。 忍びの6 テングの神隠し 天晴達はこれまでの修業の成果を確認するための中間試験を受けるのだが、天晴だけ再試験を受けることになってしまう。 そんな中、妖怪テングが出現し、天晴を残して風花達で応戦するのだが、蛾眉雷蔵まで現れてしまい、とても太刀打ちできない状況に陥ってしまう。 「やはり赤いのじゃないとつまらんな」 妖怪テング...
[2015/04/05 10:44] URL MAGI☆の日記