HG ガンダム G-セルフ(アサルトパック装備型) レビュー

G-self_Assault001.jpg
HG ガンダム G-セルフ(アサルトパック装備型)
メーカー小売価格:4104円

こんなにデカい箱のHGプラモを買うのはいつ振りだろう。
似たような箱なら以前経験があるんだけど… あんまり思い出したくないなぁ。

というわけで、HG ガンダム G-セルフ(アサルトパック装備型) をレビューいたします。

※当記事で紹介しているキットは付属のシールのみ貼った素組みの状態です。
・G-セルフ本体のデザインについて
・アサルトパックのデザインについて
・可動範囲について
・付属品について
・ブンドドについて
・総評

-Design- (G-セルフ本体)


G-self_Assault002.jpg

G-self_Assault003.jpg
アサルトカラーのG-セルフ。脚以外のパーツ構成はそのままのカラバリキットです。
メリハリのあるカラーリングで、中々のヒロイックさを誇ります。


G-self_Assault004.jpg
トリコロールカラーでいう水色の部分は赤色に。


G-self_Assault006.jpg
元々が赤かった部分はかなの暗めの赤色に。


G-self_Assault005.jpg
白い部分も以前のG-セルフでは青みがかった色でしたが、今回のものは純粋なホワイト。


G-self_Assault012.jpg
黄色い部分も少し暗くなっている気がします。(もしかしたら気のせいかも…)


G-self_Assault007.jpg
脚部のみアサルト用の新規パーツ。Z系列のように脚全体がバーニアの装甲に覆われています。
外側のバーニア部は色分けされていません。


G-self_Assault008.jpg
なお従来のG-セルフの脚部のパーツも付属するので、純粋な赤カラーのG-セルフを組むことも可能。


G-self_Assault009.jpg
関節部のフォトンバッテリーのコンデンサー部(?)もダークレッドカラーに。


G-self_Assault010.jpg
足もヒールの高いものに差し替えられました。


G-self_Assault011.jpg
ノーマルのG-セルフと比較。足が高くなっているので、必然的にアサルトカラーの方の全高が高いです。
ホワイト部の微妙な色の違いも分かる…かなぁ?


G-self_Assault013.jpg
なお脚を丸ごと付け替えれば15話で有名な「アサルトパックから分離した形態」にすることも可能。
実際はホワイトカラーの色合いが微妙に違うので、完全再現したい場合はノーマルのG-セルフにアサルトのパーツを装着するかどうにかしましょう。


-Design- (アサルトパック)


G-self_Assault014.jpg
アサルトパック本体。


G-self_Assault015.jpg

G-self_Assault016.jpg

G-self_Assault017.jpg
フロント&サイド&リアビュー。
デカい。とにかくデカいとしか言いようがない… あと赤い。
基本的にG-セルフ本体にも使われている、レッドとダークレッドの2色がベースカラーとなっています。
組み立てるのは大変ちゃ大変ですが、細かいパーツが少ないのでそこまで緻密な作業は求められません。
その代わり、1度装着したら分解が難しいようなパーツ構成なのでポリキャップの付け忘れとかには要注意。


G-self_Assault018.jpg
ビームキャノン。先端以外の砲身はモナカ割り。


G-self_Assault020.jpg
ビームキャノンの屋根の中央部のセンサーをホイルシールで再現。


G-self_Assault019.jpg
ダクト(だったっけ?)の部分。本来は内部が灰色なのですが、色分けされず。


G-self_Assault021.jpg
バインダー。…ではなくビームサーベル。(取説にて書き記されています。)先端部が色分けされていません。
実際に見れば分かりますが、確かにビームエフェクトが取り付けられそうな溝があります。


G-self_Assault022.jpg
ビームライフル。真ん中の部分に青いホイルシールを貼る他、丸い水色の部分もホイルシール。


G-self_Assault023.jpg
ミサイルポッド。フォトンアイ部はホイルシール。
本来ならフォトンアイ下の丸い部分は凹んでいるはずですが、キットでは再現されず。


G-self_Assault024.jpg
外側ミサイルポッドは黄色いシャッターを引くような形で開閉。
内部は色分けされていません。


G-self_Assault025.jpg
下のミサイルポッドは灰色のシャッターを下から引っかけて動かす要領で開閉。
こちらも内部は色分けされず。


G-self_Assault026.jpg
背面のバーニア。内部は全て黒いホイルシールを貼るようになってます。


G-self_Assault027.jpg
G-セルフと並ばせて。とにかくアサルトパックがデカい。


G-self_Assault028.jpg
そしてドッキング!GNアームズを連想させるような形態。


G-self_Assault029.jpg
アサルトパックの空いてるスペースに本体がカッチリはまる為、遊びは殆どありません。
装着自体もしっかりしています。


-Movable-



G-セルフ本体の可動範囲は据え置きなので過去のレビューを参照に。


G-self_Assault049.jpg
ビームライフルを支えるアームは、上下方向には1つ、左右方向には2つの可動軸が設けられています。
意外と自由度高め。


G-self_Assault048.jpg
ビームキャノンのグリップも前後に可動。


G-self_Assault031.jpg
ビームサーベル基部はボールジョイントなので割とフレキシブルに可動。
ほぼ死にギミックと化しているのが残念。


G-self_Assault030.jpg
ミサイルポッドもボールジョイント。ビームサーベルほどではないですが、向きを傾ける程度には可動。


G-self_Assault032.jpg
中央バーニアも少しだけ上下に可動します。


-Items-


G-self_Assault034.jpg
取説にて付属品と明記されているのはこのくらい。
後はG-セルフ本体の余剰パーツがあるくらいです。


G-self_Assault035.jpg
ビームライフルはノーマルのG-セルフに付属されていたものと同一。
アサルトカラーとは馴染みが薄いですね。


G-self_Assault036.jpg
ディスプレイスタンド。アサルトパックを固定してディスプレイする際は重宝します。


G-self_Assault037.jpg
スタンドの先端部のみも付属するので、アクションベースとも連携可能。


-Bundodo!!-


G-self_Assault038.jpg
ハッパさんを信じてアサルトパック発進!
アクションベースが壊れてしまったので魂STAGE2つ使って何とかディスプレイしてます。


G-self_Assault039.jpg
ライフルの可動の自由度が高いので、ディスプレイ時のスタレスは少なめ。


G-self_Assault040.jpg
そしてこういう武装は煽り気味に撮るのが一番映えますね。


G-self_Assault041.jpg
ビームキャノン。死ぬなよぉ!


G-self_Assault043.jpg
劇中のようにきちんと腕を伸ばしてグリップを握ることももちろん可能。


G-self_Assault042.jpg
ミサイルポッド撃つ時は腕を後ろに下げてました。背面にスイッチでもあるんでしょうか。


G-self_Assault045.jpg
15話のミサイルポッド破壊時のワンシーン。いつの間にシールド持ってたんすかね…


G-self_Assault046.jpg
からのG-セルフ単独戦。はっきり言ってアサルトパックよりも印象が強い。


G-self_Assault047.jpg
ベルリの戦闘センスから鑑みるに、ライフルをバンバン撃たせるよりサーベル振るわせた方が様になる気が。
それだけにアサルトパックのビームサーベルが使われなかったのは残念。


G-self_Assault050.jpg
せっかくなので赤G-セルフでも遊んでみる。
大気圏用パックとの相性はそこそこかな。


G-self_Assault051.jpg
宇宙用パックは全身ブルーなのでやや見てくれが悪いかも。
これを期に宇宙用パックを赤く染めるモデラーが増えるかも…?


G-self_Assault052.jpg
やはり某インパルスさん曰くサーベル持たせるのが1番カッコイイか。
「エクスカリバーパック」とか装着出来たら面白そう… 面白そうじゃない?(誰も作るとは言ってない)


G-self_Assault044.jpg
最後は姉さんと一緒に。

以上、HG ガンダム G-セルフ(アサルトパック装備型) のレビューでした。



◆評価点
・優秀かつ迫力満点な造型
・一通りのギミックは再現されている
・コンパチで赤いG-セルフを組むことが可能


◆不満点
・劇中未使用とはいえ、ビームサーベル未再現は惜しい
・色分けはやや大ざっぱ


総合オススメ度:★★★★★

とにかく大ボリューム。一言目には誰もがそう考え付くことでしょう。
色分けが大まかな部分こそあるものの、カラーリングそのものが緻密でない為そこまで気になりません。
ギミックも一通り再現されてますし、グリップの可動面など、きちんと遊ぶことも考えられている設計です。
それだけにビームサーベルエフェクトやフォトンアイ下のミサイルポッド未再現は惜しい。
「劇中未使用だから仕方ないだろ」という意見もございますでしょうが、
何ぶんG-アルケインには劇中で使われていない可変機構がキットにて実装されておりますので…
とはいえ劇中のアクションがやりたい放題気味だったので、あまりキットに求めすぎるというのも難です。
というわけで大した減点には至らないということで、個人的には満足なキットという評価にとどまりました。
単に赤いG-セルフが欲しいという人にもオススメです。単価は高いですが、塗装の手間は省けますしね。



関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/04/16 20:53 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(6)

やっぱりGレコのキットってBS放送に合わせてリリースしてるんじゃ…

とうとう発売されたアサルトパック…
ミーティアやGNアームズのような合体系メカですが今回はモビルスーツの色が変わって一部形状も変化するので他とはまた違った感じになってますね。
一応GNアーマーでもトランザム仕様となっていましたがあの場合ケーブルが赤くなってコンデンサ内部に文字が浮かび上がっているだけなので何ともですが

さて今回のアサルトパック、以外と可動化所も多いので躍動感あるポージングもできる…のだろうか…?
ただビームサーベルが再現されないのはちょっと惜しいかもですね…
トライエイジに至っては必殺技がそのサーベルですし…
まぁサーベルがつかないのはいつものことと割り切ってしまえばいいんですが。

G-セルフ本体の白の色味も微妙に違っているのでこれは今後発売予定のパーフェクトパックでもどこかしら色が違っていると考えていいのだろうか…
[ 2015/04/16 22:51 ] [ 編集 ]

…デカい…。4000円は伊達じゃないっすね…
素組でもいい感じですが、部分塗装だけでもかなり化けそうですね
[ 2015/04/16 22:51 ] [ 編集 ]

デカい!けど意外とリーズナブル・・・?

最近いろいろと新しいガンプラが出てくるせいか価格の感覚が狂っていますw(いつも行っているプロショップが2,800円で売っていました
しかし、造形がいいですね!ガンプラEXPOで見ましたが、最初イマイチだと思っていましたが改めて見るとかっこいいですw
分離形態がAGE-3 オービタルを思い出します

私談ですが、できたらズゴッギーをHG化してほしいなと思います。ズゴックを彷彿させるスタイルですからねw(バンダイさんお願いします・・・
あと最近のガンプラ改造の課題としてPC-001の肩のポリキャップ(4番)に合う市販のボールジョイントを探しているのですが、全く見つかりません。あったとしてもボール径、ボール軸のどちらかが合わないのです(接着剤で太くするしかないですが・・・
そう考えるとガンプラのポリキャップは特別な作りになっているんだなと思いました
長文失礼しました
[ 2015/04/20 23:13 ] [ 編集 ]

Re: やっぱりGレコのキットってBS放送に合わせてリリースしてるんじゃ…

(´゚д゚`)(仮)様、コメントありがとうございます!

>トライエイジに至っては必殺技がそのサーベルですし…
まぁサーベルがつかないのはいつものことと割り切ってしまえばいいんですが。

なんと! 意外ですね。劇中でバンバン遠距離攻撃をしていたアサルトの必殺がサーベルとは。
これもまた、アニメ制作側とプラモ開発側で意思疎通が図れていなかったのが原因なんでしょうが。

>G-セルフ本体の白の色味も微妙に違っているのでこれは今後発売予定のパーフェクトパックでもどこかしら色が違っていると考えていいのだろうか…

恐らくパーフェクトパックの時は元々のG-セルフのカラーに戻るかと思います。
今回白色の色彩が変わっていたのは、ベースとなる赤色にマッチさせる為なのだと思います。
[ 2015/04/24 22:39 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

サンチェス様、コメントありがとうございます!

高い買い物でもガンプラだとついつい手が出てしまいますw
足りない色を補ってやったり、似たような色にメリハリをつけてあげればかなり良くなりそうです。
[ 2015/04/24 23:04 ] [ 編集 ]

Re: デカい!けど意外とリーズナブル・・・?

レグルス様、コメントありがとうございます!
>最近いろいろと新しいガンプラが出てくるせいか価格の感覚が狂っていますw

確かにこう、ガンプラを買い続けてると金銭感覚がおかしくなってきますね…w

>あと最近のガンプラ改造の課題としてPC-001の肩のポリキャップ(4番)に合う市販のボールジョイントを探しているのですが、全く見つかりません。あったとしてもボール径、ボール軸のどちらかが合わないのです(接着剤で太くするしかないですが・・・

私も以前HGエールストライクとHGBFビルドストライクをニコイチしてエールストライクを作ろうとしたとき、
恐らくレグルス様と同じパーツを買って同じ悩みにたどり着きました。
ポリキャップだとねじこんだりすると大きさが変わっちゃって大変ですからね。
なおHGCEエールストライクが発売されることでニコイチ計画はおシャカになりましたがw
[ 2015/05/01 00:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/853-751135b5