HG 1/144 シャア専用ザクⅡ レビュー

ZakuII_sya001.jpg
HG 1/144 シャア専用ザクⅡ
メーカー小売価格:1836円

このキットの発売前までに旧版のHGシャアザクをきちんと塗装しておこうかと思っていましたが、
雨が降ったり湿度が高かったりでちーとも進みませんでした。
決して筆者がサボっていたわけではないですぞ。本当ですぞ。

というわけで、HG 1/144 シャア専用ザクⅡをレビューいたします。

※当記事で紹介しているキットは付属のシールのみ貼った素組みの状態です。
・本体のデザインについて
・可動範囲について
・付属品について
・ブンドドについて
・総評

ZakuII_sya002.jpg
MS-06S シャア専用ザクⅡ

F型を元に指揮官やベテランパイロット用に推力を30%増すなど細部が改修された機体。
ただし、燃料タンクの増設は行われていないため、稼働時間は短くなっている。
また、指揮官用に通信能力を強化するため、ブレードアンテナが標準装備となった。
特に改造も必要なく、宇宙と地上の両方で活動が可能。生産数は約100機ほどだという。


およそ13年の時を経て、HGUCの枠を飛び出し再び舞い降りた赤い彗星。
発売自体はかなり前からアナウンスされていたものの、BFもBFTも終わった2015年5月にようやく発売。
今までのザクシリーズとは異なる構造で蘇ったその姿は事実情のHG-REVIVE-商品第一弾ですね。
多くのモデラーから注目を浴びたであろうその出来栄えや如何に。


-Design-


ZakuII_sya003.jpg

ZakuII_sya004.jpg
フロント&リアビュー。
シャープさやケレン味を感じるデザインというよりは、どちらかと言うと細かく小さく纏まった印象のプロポーション。
カラーリングも明るいサーモンピンクではなく、かなり暗くマットな質感のピンク色に様変わり。
各部ディテールが多く掘りこまれている他、パーツ構造も今までになく真新しいものとなっています。


ZakuII_sya005.jpg
頭。パイプ・ヘルメットはもちろん、指揮官機の象徴たるアンテナにも細かくディテールが。


ZakuII_sya006.jpg
胴体。左右両胸にあたる部分にバルカンが新造。
中央の黒い部分にもディテールが掘られています。


ZakuII_sya007.jpg
腕は思ったよりも細い印象。ディテールもふんだんにありますが、前腕部の合わせ目は相変わらずです。


ZakuII_sya010.jpg
後ろ。関節部のデザインも抜かりありません。


ZakuII_sya008.jpg
右肩のシールドはマガジンをラッチする為のジョイント穴が。


ZakuII_sya009.jpg
左肩のスパイクは随分と小ぶりな印象。その分ディテールが際立ちます。


ZakuII_sya014.jpg
ランドセルは旧版と同じく真っ赤なカラーリング。バーニアもきちんと色分けされてます。


ZakuII_sya011.jpg
ランドセルから生えているパイプは腰ではなく胴体に繋がっているというRGと同構造。


ZakuII_sya012.jpg

ZakuII_sya013.jpg
下半身はディテールこそ多いものの、パーツ構成や大まかなデザインは今までと殆ど変わらず。


ZakuII_sya043.jpg
RG版(右)と比較。
全体のスタイルのバランスは似通ってますね。
カラーリングもこうして比べると今回のオリジン版の方がイメージに合うような。


ZakuII_sya046.jpg
ちなみに今回のキットは股下の3mm穴が廃止されてしまったので、
魂STAGEでディスプレイする際は後ろ腰に設けられた3mm穴を使う必要があります。


-Movable-


ZakuII_sya015.jpg
首関節は可動部が設けられており、前後に傾けることが可能。
モノアイも従来通り手動で動かせます。


ZakuII_sya017.jpg
腕関節は前腕部と後腕部がギリギリ接するという驚異の曲がりよう。


ZakuII_sya016.jpg
肩もシールドやスパイクが可動の妨げにならぬよう動かせるので、ほぼ水平まで上げられます。


ZakuII_sya021.jpg
引き出しも二重構造。グイグイ曲げられます。


ZakuII_sya020.jpg

ZakuII_sya019.jpg
腰関節にも可動部が設けられ、特に前屈姿勢がとりやすくなりました。
ただしあんまり傾け過ぎると逆方向からジョイント軸が丸見えになるので注意。


ZakuII_sya018.jpg
腰もパイプが上半身と繋がっている為、一回転可能に。HG規格で遂に念願の腰可動が。


ZakuII_sya022.jpg
脚関節は90度ほど。従来と同じくらいですね。


ZakuII_sya023.jpg
開脚は180度前回。ただし足首はそんなに動きません。

総じて文句なしの高可動域。ザクがこんなに動くとは感涙を禁じ得ません。


ZakuII_sya044.jpg
他にもシールドがここまで傾けることができたり、


ZakuII_sya045.jpg
ランドセルのバーニアもボールジョイントなので微動します。


-Items-


ZakuII_sya024.jpg
付属品。オリジンではザクマシンガンの設定は無くなったみたいです。


ZakuII_sya025.jpg
後は量産型用のジャンクパーツも付属。


ZakuII_sya026.jpg
マーキングシールも付属。至れり尽くせりです。


ZakuII_sya027.jpg
MS用バズーカA2型。要するにいつものバズーカみたいなもの。スコープ部のみホイルシールを使います。
グリップは前後に可動しますが、特に動かさなくても保持は安定します。


ZakuII_sya028.jpg
上部に装填されているマガジンは脱着可能。


ZakuII_sya029.jpg
スペアの分はシールドにラッチするようになっています。


ZakuII_sya034.jpg
専用ジョイントパーツを使えばランドセルにマウント可能です。


ZakuII_sya033.jpg
MS用対艦ライフル。旧アニメ版では影も形もなかった兵器です。
こちらもスコープ部のみホイルシールを使用。


ZakuII_sya040.jpg
ヒートホーク。大きさは従来のものと殆ど変りません。


ZakuII_sya042.jpg
左腰にマウントする用に、グリップが短縮された個体も付属。


-Bundodo!!-


ZakuII_sya035.jpg
ザクマシンガンが無くなったと思ったらとんでもない代物を引っさげて帰ってきた赤い彗星。


ZakuII_sya036.jpg
構え撃ちが首や腕の可動などで非常に美しくポーシングすることが可能。
ザクスナイパーよりもスナイパーしてる。


ZakuII_sya032.jpg
バズーカに持ち替えて。
取り回しが本当に楽になりました。


ZakuII_sya031.jpg
行けるか…? あと2隻!


ZakuII_sya030.jpg
バズーカの保持も引き出しの優秀さのおかげで非常に様になります。
とにかくポーシングの1つ1つが本当に美しい。


ZakuII_sya037.jpg
お決まりのキック。(どちらかと言えば踵落とし?)
腰が回るおかげで格闘シーンも本当に映えます。


ZakuII_sya039.jpg
劇中では使わなかったヒートホーク。きちんとマウント状態でも腕が届きます。


ZakuII_sya041.jpg
本当に腰が気持ち悪いぐらい可動するので様々なポーシングが楽しめます。
ヒートホーク1本だけでも色んな動きができそう。


ZakuII_sya038.jpg
以上、HG 1/144 シャア専用ザクⅡのレビューでした。



◆評価点
・優秀な造型&可動
・各部に施された精密なディテール
・マーキングシール付属


◆不満点
・ライフル&バズーカの持ち手が右手しかない


総合オススメ度:★★★★★


「さらにできるようになったな、HGザクⅡッ!」 この台詞多分今度発売されるガンダムにも流用すると思う
HGガンプラの歴史にザクの歴史あり。それだけザクシリーズは世代を踏まえてリリースされてきましたが、
まさかここまで進化してしまうとは。13年間の技術の革新は只者ではない。
組んでみた感想としては、全体的に「簡易版RG」を作っているような印象でした。
腰パイプやフロントパーツなど、パーツ構成がよく似ています。HGもそれだけ精密になったということです。
デザイン優秀、ディテール豊富、腰は回るし倒せる、武器もカッコよく構えられる…
嗚呼、こんなに優秀なザクⅡはない。それだけに武器持ち手… あとは平手も両手分欲しかった。
とにかくプラモデルとしては優秀作といって過言ではありません。
一度ガンプラから離れてしまった方も、これを期に戻ってみてはいかがでしょうか? 赤い彗星は皆様を待ってますぞ。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/04/23 19:59 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(11)

これは凄い!!HGもここまできたんですね…
ザクに対するバンダイの気合いの入れ方は尋常じゃないですね(汗)
[ 2015/04/23 23:28 ] [ 編集 ]

おはようございます^ ^

コチラでは初めてコメントさせて頂きます。
何度かウチのブログに素晴らしいアドバイスありがとうございますm(_ _)m

いつもながら、ブンドドのポージングめちゃかっこいいですね!
レビューを見て、このキット欲しくなってしまいましたw
今後もわかりやすい説明を楽しみにしながら拝見させて頂きます^ ^
[ 2015/04/24 07:48 ] [ 編集 ]

勝手な想像をさせてもらうと、ザクの担当になったらスタッフはより張り切るんですかね。
個人的には小スケールのわりにディティールがうるさい気はするんですが、ギミックを盛り込んだ上でのフォルムの捉え方は素晴らしいと思いました。
[ 2015/04/24 12:50 ] [ 編集 ]

とんでもないものが現れたっ!!

これがあのHGですか?と言いたくなるほどの高クオリティですね!!気合い入っていますね〜
ディテールもRG並みですし、特に可動範囲が広くなったのは感動です
ただ股下の3mm穴が廃止されたのはちょっと納得いきませんが・・・仕方ないですね
これなら十分にブンドドができますww
6月に販売予定のREVIVEガンダムと並べるのが楽しみです
[ 2015/04/24 14:34 ] [ 編集 ]

あの爆発に耐えられて何故ビグ・ザムの爆発に耐えられなかったん?

どうも、アトラスガンダムのレールガンが…
http://futalog.com/pic/l_150405_1428228793537_jpg_323610879.html
どう見ても某ACの産廃にしか見えないソバスチンです( ̄Д ̄;)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8074177
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10103788
ビックリなのは武装だけではありません、キット化したときの「アレ」のギミックはどうなるのか?

HGの再スタートを予感させるオリジン版シャアザクですが、素晴らしい完成度ですね。
RGを過去のものにさせるポテンシャルもありそうですし、改めてガンプラの影の主役はザクであることを実感させます。
デザイン面ではTVアニメ版に忠実なHGUCを好むビルダーも多そう(RG同様ミニスカなのが個人的に気になります)
ですが、腰の稼働始めザクが抱えた問題点を解消しているのはすばらしい(゚∇^d)
 長らく待たされたオリジンのアニメ化ですが、Ep1ではキャスバル&アルテイシアが地球に亡命するまでの
経緯が描かれています、結構コミカルな演出も多いのが気になりましたが、後に本編に登場するキャラたちの過去が見れて
感慨深いです、ザビ家はもとより父ジオンとジンバ・ラルの革命の思想に振り回される兄妹が不憫で
シャアが後にああなるのも理解できますw(^▽^;)
 本編の見どころは本キットが登場するルウム戦役でのシャアの活躍ですが、「MS IGLOO」を上回る
戦闘で迫力満点でした 黒い三連星の高機動型も登場してましたがコチラのキット化も期待が高まります(^-^*)/
[ 2015/04/24 19:07 ] [ 編集 ]

パーツを使い忘れてますよ。

BODYとWAISTの間に挟むA2-⑲パーツをジャンクパーツ扱いしないで(;;
[ 2015/04/27 04:59 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

サンチェス様、コメントありがとうございます!

お気に召したのであれば是非とも購入に踏み切ってほしいです。
[ 2015/05/01 00:47 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

りんパパ様、コメントありがとうございます!

>何度かウチのブログに素晴らしいアドバイスありがとうございますm(_ _)m

こちらこそ、お世話になっています。

>いつもながら、ブンドドのポージングめちゃかっこいいですね!
レビューを見て、このキット欲しくなってしまいましたw

基本的にポーシングはアニメ内の動きやパケ絵・説明書のポーズを真似て、
後はそこから適当に発展させてるだけです。
もしポーシングに困っているのであれば、説明書などに記載されているポーズを別角度から撮ってみるなどいかがでしょうか?
肝心のシャアザクの出来栄えはきっとりんパパ様も気に入るかと思います。買って損はないですよ。
[ 2015/05/01 02:15 ] [ 編集 ]

Re: とんでもないものが現れたっ!!

レグルス様、コメントありがとうございます!


>6月に販売予定のREVIVEガンダムと並べるのが楽しみです

ガンダムは7月ですよ。6月はガンキャノンです。
是非とも並べてアクションさせたいですが、ガンダムの方も股下3mm穴が廃止されてるんですかね~?
[ 2015/05/01 02:20 ] [ 編集 ]

Re: あの爆発に耐えられて何故ビグ・ザムの爆発に耐えられなかったん?

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

>RGを過去のものにさせるポテンシャルもありそうですし、改めてガンプラの影の主役はザクであることを実感させます。

HGが今こうして形を変えていく中、RGにも変化が求められますね。
一応あっちも手首が豊富になったり色分けが単純化したりなどあれこれ手が加えられてますが、
「リアル」を謳ってる以上造形の出来栄えに苦労しているのが現実ですね。
何と言いますか、プラモデルはフレームに装甲を張り付けていく構造が全てではないのだな、と感じさせられます。

>本編の見どころは本キットが登場するルウム戦役でのシャアの活躍ですが、「MS IGLOO」を上回る
戦闘で迫力満点でした

ザクの活躍もそうでしたが、個人的にライフルが敵艦内に命中して弾け飛ぶ演出にしびれました。
「ああゆう効果があるんだ」と認識させられると共に、ザク特有の実弾兵器の良さがにじみ出ていて感動しました。
[ 2015/05/01 03:01 ] [ 編集 ]

Re: パーツを使い忘れてますよ。

通りすがり様、コメントありがとうございます!

ご指摘ありがとうございます。近いうちに修正しておきます。
[ 2015/05/03 19:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/862-a4365a34