RE/100 ガンダム試作4号機 ガーベラ レビュー

Gerbera001.jpg
RE/100 ガンダム試作4号機 ガーベラ
メーカー小売価格:3780円

こう、ガンプラ組んでるとすっかり週末の気分になります。
普通は木曜出荷だからね、それだけ月曜出荷は異例中の異例。
本日は祭日ということもあってどれだけ売り上げが見込めるのかな?

というわけで、RE/100 ガンダム試作4号機 ガーベラをレビューいたします。

※当記事で紹介しているキットは付属のシールのみ貼った素組みの状態です。
・本体のデザインについて
・可動範囲について
・付属品について
・ブンドドについて
・総評

Gerbera002.jpg
RX-78GP04G ガンダム試作4号機 ガーベラ

『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に設定上存在する機体。
地球連邦軍にて、突撃・強襲・白兵戦用というコンセプトの元に計画されていたMSである。
コードネームは「ガーベラ」(GERBERA)。型式番号から「GP04」と呼称されることも多い。
もともと存在自体は当初から設定されていたものの、公式なイラストが存在しない機体だった。
ホビージャパン発行のムック『GUNDAM WEAPONS3』において明貴美加によりデザインされ、
そのイラストを元に「もしも試作4号機が完成していたら」というif設定に基づいて製作された作例に人気が集まり、
ガレージキット化なども行われ、2004年には公式設定となった。
アニメでは『SDガンダムフォース』にてガンダム試作4号機をモデルとしたキャラクター「プロフェッサー・ガーベラ」で初登場している。
実際にはガンダム試作1号機フルバーニアンとコンセプトが重複してしまったため、「ガンダム開発計画」から外され、結局完成させる事は無かった。
しかし、アナハイムは独自にこのガーベラを元にしてガーベラ・テトラを開発し、裏取引によりシーマ艦隊に譲渡したとされる。
このガーベラ・テトラがガンダムの形をしていなかったのは、「ガンダム開発計画」から外された経緯もあるが、
元ジオニック社の技術者が多く開発に携わっていたからとも、シーマ艦隊との裏取引の事実を隠すために擬装されたからとも言われる。
シルエットはゼフィランサスに近いが、背中に3本の大型プロペラントタンクが設置されている。


ガンダムシリーズ十八番の「幻の機体」である試作4号機がRE/100にて立体化。
後付け設定なんざガンダムシリーズ(特に宇宙世紀)では得意中の得意分野なので、
この4号機の売れ行き次第ではもしかしたら5号機とか6号機とかも作られるかもしれません。
そんな期待のかかる(?)4号機、出来栄えや如何に。


-Design-


Gerbera003.jpg

Gerbera004.jpg

Gerbera005.jpg
フロント&サイド&リアビュー。
パッと見はガーベラ・テトラと似ても似つかないゴツゴツのガンダムタイプですが、
よく見たら肩の大型バーニアやシュツルム・ブースターの位置・形状など似通ってる部分も見受けられますね。
それにしてもフレーム流用だけで、あの丸っこいガーベラ・テトラが作れるもんなんですかね。


Gerbera006.jpg
顔。ノーマルなガンダムヘッド。アンテナもシャープでカッコイイ。


Gerbera007.jpg
胸。中央ダクト部の出っ張りっぷりとかはGP01に通ずるものがあるかと。
色分けは特に不備無し。


Gerbera008.jpg
肩。前後面にちっこいバーニアが付いてます。
ここは本来なら内部が赤いはずですが、色分けはされず。


Gerbera009.jpg
内部に設置されたバーニア。こちらは色分けなどに問題はありません。


Gerbera010.jpg
腕。ゴツゴツした形状ながらも、モールドなどは曲線的かな?


Gerbera011.jpg
フロントアーマー。中央のグリーンの部分はホイルシールで色分け。


Gerbera012.jpg
ちなみに左右のフロントアーマーの内部はこんな感じでモールドが掘られています。


Gerbera013.jpg

Gerbera014.jpg
脚部。脹脛の部分は宇宙世紀ガンダムでよく見られる丸っこい形状。
膝の赤いマーキングと脹脛左右のグリーンの部分はホイルシール。


Gerbera015.jpg
足。真ん中に小さいバーニアがある以外は至って普通の足。


Gerbera016.jpg
サーベルラックは2本のシュツルム・ブースターの上に置かれています。


Gerbera017.jpg
こんな感じで展開可能。ダボの付いたサーベル柄が2本付属します。


Gerbera018.jpg
シュツルム・ブースター。ややシャープや形状です。
灰色ラインはホイルシールで、モナカ割りのパーツ構成。
シールを剥がせば全面ホワイトの成形色なので、色分けに関してはやや大ざっぱ。


Gerbera019.jpg
下に伸びているブースター先端には地上接地用のスタンドが伸びています。


Gerbera020.jpg
スタンドパーツを取り払えば普通のブースター形状に。


Gerbera021.jpg
ちなみにブースターは全て取り払えます。
下に伸びてるタイプのものは結構外しにくいので注意。


Gerbera022.jpg
外した姿がこちら。普通のガンダムっぽくなりました。


-Movable-


Gerbera023.jpg
首は特に問題なく可動。


Gerbera024.jpg
腕関節も十分に曲がります。


Gerbera025.jpg
肩もかなり上まで上がる構造。


Gerbera056.jpg
引き出しもグイグイ動きます。


Gerbera026.jpg
腰は余裕の一回転可能。


Gerbera027.jpg

Gerbera028.jpg
前後には動きませんが、左右に腰を振ることができます。


Gerbera029.jpg
脚関節の曲がり具合も十分。Mk-Ⅲ同様内部にスイング機能がある為膝立ちも余裕。


Gerbera030.jpg
開脚はこの程度。足首もまあまあ動きます。

総じて本体の可動については文句なしの高可動と言っていいでしょう。


-Items-


Gerbera034.jpg
付属品。


Gerbera055.jpg
そしてマーキングシール。


Gerbera031.jpg
専用ビームライフル。独自のエネルギーパック方式を採用してるとのことですが、
本体付属のエネルギーパックとの連動はありません。


Gerbera032.jpg
シールド。GP01の使用していたものと似てますが、折り畳みなどのギミックはありません。


Gerbera033.jpg
内部。接続はいつものジョイントパーツ形式。
下部にはエネルギーパックを2つ収納しています。


Gerbera036.jpg
ロングレンジ・ライフル。GP01のものを改造してるんだとか。
かなり大型な形状。後部にはエネルギーパックを装着しています。


Gerbera037.jpg
アシンメトリーなデザインも特徴的です。


Gerbera038.jpg
フォアグリップが可動する為、両手持ちが可能。


Gerbera039.jpg
上向きで装着されているグリップは回転して倒して保持することができます。
両手持ちする際はこっちを保持した方がいいかも。


Gerbera040.jpg
ビームジュッテも展開可能。クリアレッドのものが1本付属します。


Gerbera035.jpg
ビームサーベル。いつものクリアレッドのものが2本付属します。


-Bundodo!!-


Gerbera046.jpg
大型ブースター3つで強襲、強襲!


Gerbera049.jpg
ロングレンジライフル。その名の通り長射程武器なので、
白兵戦を主眼としたGP04Gにとっては少々ミスマッチかも。


Gerbera048.jpg
遠くから射撃した後、ブースターで勢いよく距離を詰める戦法とかで使うんですかね。


Gerbera053.jpg
んでもってもし近づかれて斬りかかられたらジュッテでガードする、みたいな。


Gerbera047.jpg
思い切って種っぽいパース。カッコイイ気もしますが、ちょっとミスマッチかな?


Gerbera051.jpg
距離を詰めていざ白兵戦へ。


Gerbera052.jpg
腰を左右に触れるギミックが思いのほかサーベル斬撃と相性がいい。


Gerbera050.jpg
ちなみにサーベルをラックから抜刀するポーシングはややキツめなので、破損などに注意。


Gerbera043.jpg
ここからはブースター無しで。


Gerbera042.jpg
専用というだけあって、ビームライフルは取り回しが良さそう。


Gerbera041.jpg
デザインも普通のガンダムボディになって、動かしやすさ抜群です。


Gerbera045.jpg
余計にものがない方が、白兵戦もりやすいでしょうな。


Gerbera044.jpg
こんなヒロイックな機体に乗って戦うシーマ様…想像してみて、どうぞ。


Gerbera054.jpg
以上、RE/100 ガンダム試作4号機 ガーベラ のレビューでした。



◆評価点
・優秀な造型・可動
・RE/100特有の組み立てやすさ


◆不満点
・平手パーツ未付属
・肩・腰がやや外れやすい
・やや大雑把な部分も見受けられる色分け


総合オススメ度:★★★★☆(4.5相当)

キットとしての完成度は十分です。
GP04Gの貴重な立体化に加え、これだけのクオリティであれば申し分ないでしょう。
ただMk-Ⅲで付属していた両平手パーツはオミットされ、ブンドド途中で腰が空中分解することも度々あり、
遊んでる途中でストレスを感じるところも多かったです。
両平手パーツオミットに関しては、ロングレンジ・ビームライフルを抱えて持ったり、
エネルギーパックを交換するようなポーシングがとれないことが不満点として大きいです。
1つのキットとしてのボリュームは確かですし、パーツ割りも単純で組み立てはかなり簡単ですので、
良キットと言っても差し支えはないかと思われます。ファンの方は是非。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/04/29 15:37 ] ガンプラ(RE/100) | TB(0) | CM(8)

設定画だけ見てるとフーンとか意味あるの?とか思っちゃいますが、立体になるとだいぶ好意的に見られます。
特に色々な殺陣がこなせそうですね。
[ 2015/04/30 07:05 ] [ 編集 ]

次はブロッサムを

 私も買いましたが組む時間があまりなさそうです。ちまちま組みますが、当初の設定を考えたら立体化すること自体相当な躍進です。REには「そうきたか」と思わせるラインナップをこれからも展開してもらいたいです。
[ 2015/04/30 23:42 ] [ 編集 ]

最近人気がありますね

販売に合わせてかガンダムオンラインでもこの機体が出ていますね(強力な機体ですw
ガーベラ・テトラは知っていたのですが、試作4号機の設定画は見たことがありませんでした
しかしかっこいいですね!肩のバーニアといいロングレンジライフルといいロングブースターが魅力的です

最近どういうわけか私の住んでいる所でHGUCゼクアインが大量に出ています。専用マシンガンがかっこいいですw
ゼクアインなんて見たことがない機体でしたのですごく気になり他の方のレビューを見ようとしましたが、載せている方はあまりいませんでしたw

そして今月待望のAGEガンプラが再販します。これは嬉しいですね
[ 2015/05/03 22:23 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

児斗玉文章様、コメントありがとうございます!

>特に色々な殺陣がこなせそうですね。
殺陣ですか… 似た設計であるGP01あたりとやらせると面白そうですね。
尤もGP01はGP02の方とがっぷり戦いを繰り広げておりますが…
[ 2015/05/06 02:16 ] [ 編集 ]

Re: 次はブロッサムを

いくら仙人様、コメントありがとうございます!

もう既に完成はしましたかね…?
仰る通り、RE/100シリーズは今までにないMSVシリーズなどが立体化されていく模様です。
リリース速度の遅いMGに変わって、コンスタントに1/100ガンプラをリリースする為のブランドとも言われています。
私として、そのラインナップを是非とも1/144にも回して欲しいところなのですが…w
[ 2015/05/06 02:23 ] [ 編集 ]

このレビュー見てガーベラ買いました。
mgだと投げ出してしまいがちな自分でも組み立て出来ました。

またガンプラ買う時の参考にさせて頂きます。

ありがとー。
[ 2015/05/07 06:28 ] [ 編集 ]

Re: 最近人気がありますね

レグルス様、コメントありがとうございます!

>最近どういうわけか私の住んでいる所でHGUCゼクアインが大量に出ています。

あまり聞かない機体ですね。単に私のリサーチ不足なだけかもしれませんが。
レビューが少ないあたり、認知度も低いんでしょうな…

>そして今月待望のAGEガンプラが再販します。これは嬉しいですね
AGEももちろんですが、私的にはSEEDコレクションシリーズも注目しています。
HGCEの各種ストライク再現には必須ですからね。地味にブラストインパルス再販もうれしい。
[ 2015/05/10 10:17 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ゲート処理で切り取られたゲート様、コメントありがとうございます!

購入の参考になっていただけたようで何よりです。
RE/100はパーツ構成が単純で作りやすいのが何より良い点ですね。
どうでもいいですが、このガーベラは割とアンダーゲートが多かったので
「ゲート処理で切り取られたゲート」というのはかなり多かったと思われます…w
[ 2015/05/10 16:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/870-1de106fb