【オンドゥルルラギッテ…】 今週のニチアサ 37週目 【キター!!!】

前書き。
IMG_0259.jpg

ライジェネ2買いました。
どちらのハード版を買うか迷いましたが、結局DS版にしました。
やっぱり前作がDS版ですからね。正当進化の部分を見てみたいんで。
ちなみに予約特典も付いてきましたが、(ちっちゃい店なので特典付くか不安でしたが^^)
未だ開いてすらいません。キャラコンプなんて自分の手でしてみせるぜ!

詳しい感想は後日レビューとして書きたいのであまり詳しくは書きませんが、
迫力が増した分、DSのハード故が画質の粗さが少し目立つように感じます。特にフォーゼなんか。
下画面による回復は相変わらず便利なんですけどね。
纏まった金が入ったら、PSP版もやってみたいところです。
でもPSPが手に入ったら地球防衛軍2やりたいお… (´・ω・`)




バトルスピリッツ覇王 46話 『制圧! ディクタトール・シーザー突撃!』

バトスピep46 1

バトスピは46話。あと2話でおしまいです。
アマテラス・ドラゴンを手に俺Tueeeeeeeeeee状態のテガマル
そんなテガマルに相手をするのは新切り札を手にしたアブラ・カタブラ。
召喚すればほぼ勝ち確定のアマテラス・ドラゴンを前に一体どうしようというのか…?

バトスピep46 2
バトスピep46 3

アブラ・カタブラの取り出した新切り札「ディクタトール・シーザー」。
その効果は、相手のスピリットを破壊した時、次のターンの相手のメインステップを中止させるというもの。
メインステップを中止…つまりスピリットを召喚できないということです。
これでテガマルのアマテラス・ドラゴンを完封! やったぜ!

バトスピep46 4

もちろんそんなウマイ話があるわけありませんでした。
絶甲氷盾で相手ターンを強制終了。それにより貯めに貯めた手札からアマテラス・ドラゴンを召喚!
後は…お察しください。

何はともあれ来週は遂に大会も大詰め決勝戦!
アマテラス・ドラゴンの強さに囚われたテガマルをハジメは救うことができるのか?
信頼するスピリットを手に、最後の戦いへ挑みます!



特命戦隊ゴーバスターズ Mission24 『トレビアンな夏休み』

ゴーバスep24 1
ゴーバスep24 2

いや~夏です。夏祭りです。
ゴーバスターズ24話は、無愛想なヒロムのまさかの大道芸人姿が拝められました。
夏祭りに急遽助っ人として呼ばれたヒロム。普段の立ち振る舞いからは想像つかないピエロ姿です。
中学生の頃、近い将来にバスターズに入ることを考慮して同級生と全く関わろうとしなかったヒロムを見かねて、当時の担任の先生、設楽キョウコの強引な誘いで大道芸人部に入部。
そこから才能を開花させ友人も増え、生き生きとした学生生活を送ったそうです。
しかしそれなら放送初期に見られた無骨で無愛想な様は何だったのか… あれは対人関係の欠乏によるものじゃなかったのか?
まあ、それは後付設定によるちょっとした矛盾ということでしょう。ちょっとしてないような気もしますが。

ゴーバスep24 3
ゴーバスep24 4

しかしキョウコ先生、お若いですねぇ…w
大人になったヒロムのことを気遣ってくれる、とても優しい恩師でございます。
夏祭りを期に海外へ日本の大道芸を教えに旅立つそうです。
学生時代ではお手玉でヘマをするほどドジでしたが、今では大丈夫なのかな?w
最後のシーンの、ヒロムをレッドバスターだと確認するシーンも良かったんですが…
あのシーンは「あれヒロム君だよね?」→「ハイ。」というストレートすぎるものではなく、

先生「やりたいことやってるのね(ボソボソ」

ヒロム「何の話ですか?」

先生「ううん、何でもない」

といった、正体を仄めかすけど断言はしないシチュエーションの方がロマンティクなのでは…と思ってたり。

ゴーバスep24 6
ゴーバスep24 5

戦闘シーンもゴーバスらしい演出でした。
レッドがエースでメガゾードに対抗して、ブルーとイエローがメタロイドに対抗するシチュエーションは第1話を彷彿とさせますね。
もう折り返し地点に立ったゴーバスターズですが、未だに初期のロボであるエースが現役というのも珍しい。
状況に合わせて単体ロボと合体ロボを使い分けるのは何だか新鮮味があっていいですね! マンネリ化防止にもなりますし。
最後にスタッグとの連携攻撃もカッコよかったですね!
地上戦も負けず劣らず、イチガンブラスターのエネルギーをソウガンブレードのエッジに当ててそのまま刀身をメタロイドに当てる戦法も中々でしたね。

ゴーバスep24 7

最後に久々に登場した我らがコスプレエンターさん。
戦闘シーンも見れて、久々の活躍にしては上場な動きっぷりです。
しかし場所に合わせてコスプレするなど、エンターさんもエンターさんで好き勝手やってますよねw
夏祭りを襲って人々を苦しめ、同時にエネトロンを頂くという作戦でしたが、
ぶっちゃけ限りなくセコイし、大型施設を狙うのと違って取れるエネトロンはそう多くはないでしょうから、ハッキリ言って微妙な作戦では?
これでは何の為にエネトロン使ってまでメガゾード呼んだんだか…
エスケイプも登場しましたし、今後はいつもよりも凄い作戦を考えないと出番が食われそうな…




今週の速水校長 45話 『天・秤・謀・反』

フォーゼep45 6

さてさて皆さんお待ちかねの速水校長回です。
前回の次回予告から只ならぬ雰囲気を漂わせてる彼ですが… やってくれましたねw
めちゃくちゃ真面目な回なのに、何処かネタ臭がしてならない…
全ては8年前、橘さん…いや、速水校長…
いやいや、天野浩成氏を決定づける確固としたネタが生まれてしまったが故に…
さて、何処から手をつけたものか…

フォーゼep45 5

メインの前には前菜を。
今回で久々に黒木蘭と草尾ハルが再登場! ライダー部仮入部はただの空気設定じゃなかったのねw
まあ、東映公式のライダー部一覧の下にひっそりと存在が書かれていましたからね。
速水校長から最後の使徒である、ピスケス・ゾディアーツと伝えられた蘭。
今までの校長の行動から疑ってばかりの蘭でしたが、その身を呈してまで蘭を助けようとする校長の姿を見て、
なんと自らゾディアーツスイッチを押してピスケス・ゾディアーツに覚醒!
姿は違えど、自分は仮面ライダー部と宣言し、志を見失うことなくレオに猛然と立ち向かう! 何という男前であろうか!
今までのゾディアーツ達はスイッチを押したら何の躊躇いもなくフォーゼに喧嘩を売っていたというのに…
スイッチの魔力に持ち前の精神力が上回ったのか… そもそもスイッチの魔力というのが場当たり設定なのか…

フォーゼep45 1
フォーゼep45 2
フォーゼep45 3
フォーゼep45 4

さてさてメインデッシュ。
ホロスコープスを裏切り、ライダー部の元へ駆けつけた(というか逃げてきた?)速水校長。
誰もが伝説の発言を思い浮かべる瞬間でした。しかし同時に誰もが私と同じ不安を抱いたことでしょう。
この男… 本当にホロスコープスをラギッタのか?
この点をハッキリさせる為、要点を纏めてみました。

①ホロスコープスを裏切ったのはあくまでも保身の為。信用できないのでは?
②蘭を助けたのは蘭がピスケス・ゾディアーツだから。本当に蘭はピスケスなのか?
③実は単なる手の込んだ作戦だったりして。

①については色々言ってましたが、生徒をゾディアーツ化させたことを悔いたり、レオに襲われた蘭を守る為に生身でレオに立ち向かうという男らしさを披露。
他にもサジタリウスの正体を教えたり、リブラのスイッチを渡したりと自ら後に引けない状況を作ったのです。
②についてはラストで実際に蘭がピスケスに覚醒。ラプラスの瞳に狂いは無かったようです。
③についてはレオが本気で殺しにかかってる時点で恐らく違うでしょう。そもそも作戦を立てられるほど速水校長と立神の間に信頼関係があるとは思えません。

あと余談ですが速水校長がリブラの正体バレをしたのを区切りに、レオやサジタリウスも躊躇うことなく正体を披露。やはり謀反宣言は伊達や酔狂では無かったようです。
しかしこのように裏切りフラグが消滅して次に待っているのは… 察しの良い方ならお分かりですね?
今まで理事長が12使徒に選ばれた生徒達を迷いなく捨ててきたように、謀反が発覚した今、速水校長の運命も決定付けられたことでしょう。
更には江本教授という前例もありますし… ブルブル…こんなこと言ってはダメだ!
速水校長、どうか死なないで… ブレイドの時のように、フラグを跳ね飛ばして元気な姿を見せてくれ…

ちなみに大人の都合上カットされたシーンでは校長と理事長の出会いのシーンがあった模様。
それ、すっごく見たい! カットしたのが惜しまれますねー。DVD版では収録してくれますよね? 期待してますw

今回のことで色々と言いたいことはあるのですが、長くなりそうなので次回に持ち越します。
と言っても次回も長くなりそうな予感…




スマイルプリキュア! 25話
『夏だ!海だ!あかねとなおの意地っ張り対決!!』

スマプリep25 1

スマプリep25 2
スマプリep25 3
スマプリep25 4

ゴーバスターズに続いて、こちらも夏真っ盛り。そしてもう折り返し地点。早いなぁ。
そんな(どんな?)スマイルプリキュアですが、ほんわか日常回が戻ってきました!
タイトルからも分かるように、あかねとなおの海での奮闘を描いたお話でございます。
海。青い海。けれど泳ぐことはなく、ひたすら浜辺の遊びや出店での働きっぷりを描いていました。
プリキュアでの水着=NGという暗黙の了解故のお話でしょう。海=泳ぐ! と捉える作品は多いですが、こういうお話も泳がないなりに工夫されていて面白いですね!

水・着・伝・説

…ゑ? 誰この人、知らない…
え? これもプリキュアだって? プリキュアでシャワーとか水着はNGだろ ハハッ

スマプリep25 6

そんなことはさておいて、とても楽しいお話だったと思います。
お好み焼き屋とかき氷屋に燃える二人の姿は非常に生き生きしてましたし、
泳ぐ以外の海での遊びも的確に表現できていたと思います。
二人の行動は全て直球勝負! みたいな感じで、ストレートで良かったと思います。
ただバトル面では二人のお互いを認め合うシーンの為故にテンポが少し崩れてしまったのは残念。
でもライバルとして戦いあった末にお互いを認める描写としては文句はないです。そんなに。
最後は二人で仲良くお好み焼きとかき氷の店を合体させましたとさ。
しかし世間一般ではそういう店のことを海の家といいます。

スマプリep25 5

アカオーニの行動倫理も相変わらずでしたが、久々の三馬鹿コントが見れなかったのも残念。
次回でマジョリーナが出てくるみたいだし、こうなれば三馬鹿コントも見れるかな?




関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/08/05 16:00 ] 旧ニチアサレビュー | TB(0) | CM(2)

アカオーニ「ゴルフ中継は退屈オニ!」

どうも楽天のD3ショップでEDF3Pを予約したソバスチンです。限定武器のプロダクトコードが欲しかったので(*゚ー゚)>

今回は毎年恒例の「夏休み日常回」且つ「水着なし回」なスマイルプリキュアですが。
『5』のかれんさんの執事、坂本さんも合宿先で泳ごうとしたメンバーを制止してましたし
今回のアカオーニの空気を読めない行動といい( ̄∩ ̄#、意地でもプリキュアに水着を着せない姿勢は
アキバレッドのおじさんだったら「これも東堂いづみの仕業かっ!」と言ってるでしょうねw
 ただWOLT様の記事にあるようにフレッシュ2話でのミキたんの水泳&シャワーシーンは当時相当苦情があったそうです。
確かにキャラ紹介の仕方としては若干不自然ではありましたが…
私はこの苦情の殆どが子供のいる世帯ではなく熱心な大友プリキュアファンによるものだと邪推しているのですが果たして(・・;)
フレッシュでのこの回がつつがなく済めば後の修学旅行回等の演出は変わっていたかもしれませんね。
 今回は「お好み焼きVSかき氷」ということであかねとなおとの意地の張り合いは微笑ましかったです(^∇^)
私が以前、冗談で言った「お好み焼き名人アルティメットフォーム」が若干頭を過りましたw
みゆきが最後に「こんな仲良しもあるんだね。」と、さり気無い一言を挟むことでお子様にもテーマが分りやすかったのでは?
しつこいようですが徹底的に前作の欠点を洗い出して改善した結果です(^-^*)/
 
 ヒロムの意外な一面が見れたゴーバスターズですが。
確か12話でアンジー警護のためピエロに変装する展開がありましたね。まさかアレが伏線だったとは
それにしても中学生時代のヒロムはクラスメイトと打ち解けられず一匹狼だったのでは?
と私も予想していましたが、思わぬ展開でした。本当に設楽先生は教師の鑑ですね。
教育現場で悲しい事件が起こっている昨今、こう言ったエピソードをニチアサで放映することは非常に意義があります。
 私も再び1話を彷彿させるバトルは胸躍りました!安易に合体や追加武装に頼らない姿勢は好きです。
個人的にバスタービートのカタパルトアタックは好きな技なのでエースの加わった合体技は気に入りました(^∇^)
 今回のエンターさんは確かに彼らしくないともいえますが、まぁプリキュア同様ストーリー進捗が出来ない夏ですからw
エンター「マジェスティからの指令も大事ですが八手三郎には逆らえません。」
 次回もプリキュアと仲良くお化けが出てきそうですから夏休みを満喫しましょうか(´▽`)

 今回はストーリーが大きく動いたのでフォーゼのコメントも。
さて、速水校長に関しては複雑な心境ですね個人的に。
完全に白化したとしたらチョット強引な気もします、江本教授と違って彼の場合は突発的な事態ですから。
あとあっさりライダー部に理事長の正体が知れたり「うっかり」弦太郎がリブラスイッチを落としたりと強引に物語を畳んでいる気も…(-"-;A
蘭のピスケスへの変身もそうですね、行動せずにはいられない娘ということは前のエピソードで分かっていたことですが…
 今回個人的に注目なのは理事長の言う「プレゼンター」と呼ばれる上位知的生命体。
彼らが何故コズミックエナジーの知識を人類にもたらしたのか?
意図的なのか偶発的なのか含めて気になります。只この伏線は回収しきれない気が…(-"-;A
 まぁ色々気になりましたが「校長はやっぱり校長」というシーンもw
初登場時乗ってたポルシェが別の車になっていたり。
http://www.syu-ta-anime.com/blogimg/2012/d/20120805fourze02.gif
↑届いてません。本当にありがとうございました。
理事長室にあった明らかに目立つ「KENGO」のガイアメモリを見逃したりと…(^▽^;)
なんだかんだでやっぱり死亡して欲しくは無いですね。もう「ライダー界のブンビー」を目指して頂きたいですw
[ 2012/08/05 20:56 ] [ 編集 ]

Re: アカオーニ「ゴルフ中継は退屈オニ!」

ソバスチン様、コメントありがとうございます!
返信遅れて申し訳ありません。謎のエラーのお蔭でサッパリ返信コメが消えてしまい、放心していた次第ですw

なるほど、戦隊と同じくプリキュアでのお約束展開も原作者の手の内…ということですか。
確かに、あちらもこちらも原作者の方はダミーの人物ですもんねw
別に私としては彼女達の水着姿を見せてもいいと思います。
ぶっちゃけ子供達は夏休みになればそこらで水着姿になるわけですからw 全然気にする問題ではないです。
しかしやはり今の世ですから、水着=大友ハァハァという思考に走る人がいるのも頷けます。
ただミキたんの場合は単なる水泳をする為ではなく、彼女の美貌やスタイルを見せつけるシーンでもあったので、そこら辺の際どさはやはり考え物です。
>私が以前、冗談で言った「お好み焼き名人アルティメットフォーム」が若干頭を過りましたw
Oh! 私もこの放送が終わった後、何故か無償に「鯛焼き名人アル(ry」のシーンが見たくなったものでした。少し奇遇(?)ですね!
スマプリのいいところは、折り返し地点に立ち、尚且つ夏枯れの危機が迫ってる中、5人のキャラの魅力を出し続けてるお蔭で誰も空気化してないところだと思います。やはりその点は脚本の「正しい友情の描き方」によるものでしょうね。

さてさてゴーバスターズですが…
アンジーの回でのピエロ変装は今回への伏線だったとは…やられましたw 前々回の徹底した変装といい、変装することに関しては尋常じゃない拘りを持ってますねw
> 教育現場で悲しい事件が起こっている昨今、こう言ったエピソードをニチアサで放映することは非常に意義があります。
なるほど… 確かに生徒のことを見て見ぬふりをする教育者達が目立つ中、世話好きなキョウコ先生を描くことは皮肉めいていて、訴えかけられるものがありますね。
安易に合体や追加武装に頼らない姿勢は私も好きです! 敵に応じて戦い方を変えたり、強化形態にもちゃんとパワーバランスを考えることはとても大切なことだと思います。(こういう点がガイアメモリやオーメダル、アストロスイッチの売り上げにも影響してると思います。)
その点ゴーバスターズでは、グレートゴーバースターは強力な反面合体に時間が掛かる分、(そもそも本部じゃないと合体できなさそうですし)エースは緊急時でもすぐに発進できる利点がありますからね。バランスはとれてると思います。
エンターさんについては物語に重要な影響を及ぼす作戦が建てられない分、コスプレなどの娯楽要素を楽しんでいくことにしましょうw エスケイプもその波に乗ってくれるといいんですけどね…w

さてフォーゼですが…確かにお話の進み方はやや強引でしたね。
一番の原因は、今までライダー部が黒幕=学園側という存在を考えもしなかったことだと思います。
今まで残りのホロスコープスの穴埋めやヴァルゴ&タチバナさんの正体バレなどのお話の展開に集中しすぎて、黒幕そのものの存在の方にお話を向ける展開が明らかに欠けていました。その仇が今になって出てきたと考えます。
せめて賢吾あたりが「黒幕はもしかしたら学園にいるんじゃないか?」と思い、その方向にも少しずつ話を膨らませてくれれば良かったと思うんですが… 与えられたヒントも多かったですし。
まあ、黒幕を学園側という、弦太朗達と隣り合わせの存在に置いたのも難だと思うんですけどね…

ポルシェの色変更については、速水校長の心情の変化により、まっさらな白色になった、というファンなりの考察がありますが… それだったら教師の使命に燃える赤でも良かったようなw
最終回まであともう少し。最後までその姿を視聴者の前に届けてほしいものです。
[ 2012/08/07 18:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/88-2988c7e8