HGBF 1/144 ガンダムジエンド レビュー

Gundamtheend001.jpg
HGBF 1/144 ガンダムジエンド
メーカー小売価格:2376円

最近はやたら水曜に出荷商品を固めてくる傾向がありますね。
どういう条件で出荷にズレができるのか知りませんが、水曜だとすぐには組み立てられないのよね…(´・ω・`)

というわけで、HGBF 1/144 ガンダムジエンドをレビューいたします。

※当記事で紹介しているキットは付属のシールのみ貼った素組みの状態です。

【5/15 追記】
コメントから、手甲パーツが6つあることを確認しました。ご情報を載せてしまい申し訳ございません。

・本体のデザインについて
・可動範囲について
・付属品について
・ブンドドについて
・総評

Gundamtheend002.jpg
RX-END ガンダムジエンド

アドウ・サガの使用ガンプラ。
トランジェントと同様に特定の改造母体は持たないが、黒基調のカラーリングや外套状の開閉式ウイングユニットなど、
『機動戦士ガンダムW』の「ガンダムデスサイズヘル」に類似した外観を持つ。
通常時は畳んだウイングとプラフスキー粒子製の赤いマントで全身を覆った「ガード形態」で活動し、
本気の戦いではウイングを大きく跳ね上げた「アタック形態」、そこから両肩のアイセンサーと胸部の口を展開した
悪魔のような姿「アクマッガイ形態」、さらに胸部の口からユニコーンガンダム似の
小型MS「イッカク」を露出させた「最終脱ガンダム形態」へと変形する。
胸部の口は、噛みつきによる攻撃のほか、敵のビームを吸収するアブソーブ機能を有している。
イッカクは体ごと額の一本角を回転させて敵を貫いたり、ユニコーンガンダムのデストロイモードに似た「ツノワレ形態」に変形する。
武装は、デビルガンダムを参考にしたガンダムフェイス型の大型マニピュレーター「フィストジエンド」と、
その指先から射出される弾丸状の遠隔操作兵器「DEファング」、リボルバー拳銃型のビームガン「ショットジエンド」。
フィストジエンドは、フェイス部分に隠された口からビームを発射したり、
鋭い牙で敵機を噛み砕く「デッドエンドフィンガー」という技を持つ。ファングは複数個を繋げることで、より突貫力を強化することが可能。


ガンプラ界に現れたゲテモノガンダムがいよいよHGにて立体化。
ソレスタルスフィアの中では1番先に登場しているにも関わらず発売は一番後でした。
それにしても何故形式番号がRXシリーズなのでしょうか?チームのモチーフや「ファング」という名前的にGNシリーズだと思うのですが。
もしかするとバトルのしすぎでガンダム知識が疎く、「ガンダムだから形式番号はRXでいいや」とか思ってたんでしょうか。
きちんと教育しなきゃダメですよ、アランさん!

-Design-


Gundamtheend003.jpg

Gundamtheend004.jpg
クロークを羽織った姿でのフロント&リアビュー。
全体のカラーリングは黒光るアレみたいな色彩をしています。ますますゲテモノ感満載。
赤いマントは付属しません。取説には「自分で作ってみよう!」とさらっと書かれてます。ちゃっかりしてんなぁ。


Gundamtheend006.jpg
そしてクロークを展開させた姿がこちら。


Gundamtheend005.jpg

Gundamtheend007.jpg
フロント&リアビュー。
胴体の薄紫の装甲が多く見られるようになって、印象がガラっと変わりますね。


Gundamtheend017.jpg

Gundamtheend018.jpg
そしてバックパックを取り払った純然たる生身の姿がこちら。
体系としては太すぎず、細すぎずといった感じ。逆にクロークがないせいで迫力は落ちますね。


Gundamtheend008.jpg
顔。最初見た時「おかめ納豆」が思い浮かんだのは私だけでしょうか。
ツインアイが大きく、頭部形状が頭巾を被っているようなデザインなのでヒロイックさはなく、
かといって悪役さもさほど高いわけではない… イロモノであることは確かです。


Gundamtheend009.jpg
胸。ピンク色の部分はホイルシールで再現。
というかこの機体のピンク色の部分は大体シールで賄ってます。


Gundamtheend010.jpg
肩。こちらのピンクのラインもシールです。


Gundamtheend011.jpg
本体の腕の方は非常にシンプルなデザイン。


Gundamtheend012.jpg
フロントアーマー。最初から左右に分割されています。


Gundamtheend013.jpg
脚部。つま先がやたらと禍々しい形状ですが、カラーリング自体は大人しめ。


Gundamtheend014.jpg
フィストジエンド。外側のピンク色の部分は色分けされておらず、何故かシールも未付属です。


Gundamtheend015.jpg
内部にはガンダムフェイスが。フェイス部の色分けは全てシールです。


Gundamtheend029.jpg
肩の薄紫パーツの位置を取り換えれば複眼のようなデザインがあらわに。
あらかじめ下地にはシールを貼っておきます。


Gundamtheend030.jpg
胸もパーツの位置を変えて展開状態にすれば、


Gundamtheend031.jpg
本気モードの「アクマッガイ形態」に変身。どうしてそんなギャグみたいな名前にしたし。


-Movable-


Gundamtheend019.jpg
首可動には特に問題なし。


Gundamtheend020.jpg
肩はボール受けのポリキャップが軸を上側にして装着されているため、
肩の上り幅はかなりあります。腕関節もよく曲がります。


Gundamtheend021.jpg
腕の引き出しもそれなり。


Gundamtheend022.jpg
腰も余裕の一回転。


Gundamtheend023.jpg
脚関節もよく曲がります。
何気につま先の形状が膝立ちの時の支えになっていてグッド。


Gundamtheend024.jpg
脚の開き具合もそれなり。接地は今一歩及ばない感じ。

総じて本体の方はかなり優秀な可動範囲を誇っていると言っていいでしょう。


Gundamtheend038.jpg
フィストジエンドの可動はこんな感じ。基部はボールジョイントで、親指以外は間接部もあります。
動くことは動くのですが、握りこぶしみたいなポーズをとらせるのは難しいです。


-Items-


Gundamtheend025.jpg
付属品。


Gundamtheend026.jpg
ショットジエンド。リボルバー状の武器です。
造形自体には問題がないように見えますが…


Gundamtheend027.jpg
なんと銃口の部分が開いてません。テメーは旧キットか何かか!?


Gundamtheend036.jpg
フィストジエンドの延長パーツ。劇中に比べるとやや短めかも(劇中が長すぎなのかも)
あくまで伸ばしているだけにすぎないので、パーツ事体に可動軸などは設けられてません。


Gundamtheend037.jpg
後はフィストジエンドのガンダムフェイスはパーツを差し替えて展開状態にできます。
牙にあたる赤い部分は色分けされていません。


Gundamtheend032.jpg
そして付属品の中でも極めてイロモノであろう、小型MSのイッカク。
腹部に管のようなパーツを介して装着します。
劇中では展開前の状態で登場しましたが、キットではツノワレ状態のみ付属。


Gundamtheend033.jpg
色分けは全くされておらず、全てシールで補ってます。(それでも手など部分部分では色分けされてません)
アンテナの色といい、白いボディから垣間見える赤いエッジといい、ユニコーンガンダムをモチーフとしてるんでしょうね。


Gundamtheend035.jpg
頭部・腕・腰は全てボールジョイント接続。そこそこ可動してくれます。


Gundamtheend034.jpg
ちなみに腕の裏側は肉抜きが目立ちます。


-Bundodo!!-


Gundamtheend050.jpg
マントが欲しい。すごくマントが欲しい。


Gundamtheend049.jpg
クロークの隙間からチラッと腕をのぞかせてクールに射撃。
尤も劇中ではクールさの欠片もなかったり。


Gundamtheend051.jpg
ファングゥ!ここまで傾けるには延長アーム側のジョイントパーツが必要。


Gundamtheend039.jpg
フィストジエンド展開。これぞゲテモノガンダムの真骨頂。


Gundamtheend048.jpg
この形態だとあまりショットジエンド使ってなかったような。
フルクロス戦じゃ奪われてたし…


Gundamtheend040.jpg
ジョイントパーツをうまく使えば手のひらをかざすようなポーシングも可能。


Gundamtheend041.jpg
デッドエンド・フィンガー! 延長パーツの都合上、突き出すようなポーシングは苦手。


Gundamtheend042.jpg
両腕デッドエンドフィンガー。単にかざしてるだけとか言ってはいけない。


Gundamtheend044.jpg
防御形態。ビームを飲み込む姿はまごうことなきゲテモノ。


Gundamtheend043.jpg
イッカク展開! アニメでは角を生かした刺突攻撃で役立ちましたが、
ツノワレ状態だと何するんだろう。目からビームでも撃ってくれるんでしょうか。


Gundamtheend045.jpg
ちなみに管のボールを外せばこんな芸当も可能。
アクマッガイ形態だけにプチッガイも似合…わない。


Gundamtheend046.jpg
ライバル同士(ただし因縁は一方的)の最後の決戦。
この辺は乱闘すぎて何がどうなってるのか把握しづらかった…


Gundamtheend047.jpg
結果的には相打ちに終わったわけですが、ユウくん的には満足だったんですかね。
まあ戦いには勝利したからね。そっちの喜びの方が勝ってたのかも。


Gundamtheend052.jpg
以上、HGBF 1/144 ガンダムジエンドのレビューでした。



◆評価点
・優秀な造形・可動
・一通りのアクションは再現可能
・劇中では登場しなかったイッカクのツノワレ状態が付属


◆不満点
・おおざっぱな色分け
・ショットジエンドの銃口が開いてない
・イッカクのユニコーンモード(?)が付属しない


総合オススメ度:★★★★☆

マントとファングが付属しないことに関してはノータッチ。
HGでは布製のパーツやファンネル系の武装がオミットされるのはよくあることです。

まあ、とにかくイロモノなガンダムです。
特筆すべきはやはりフィストジエンドによるポーシングでしょうか。
アーム自体の可動範囲は広くなく、ジョイントパーツで補ってやることで動かすことになるので、
面倒くささはあるものの、かなり幅広くポーシングを楽しむことができます。
ポロリの類も目立つものはないので、ジョイントパーツの付け替えの面倒くささを除けば遊びやすいと言えるでしょう。

ただしそれ以外は正直地味。ショットジエンドは造形面にミスがありますし、
イッカクはツノワレ状態のものしか付属しないというミスチョイス。あと色分けにも少々難あり。
Gレコもそうですが、頼みますからアニメ制作側とプラモ制作側でさちんと連携をとってもらいたいものです。
きちんと遊べる内容ですが、アニメみたく遊びつくすにはフォローもかなり必要そうです。
長く長く付き合っていきましょうぞ。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/05/14 18:57 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(9)

これぞゲテモノの集大成!

先触れガンダム、刹那ガンダムときて終焉ガンダムですがどうも本編に登場したのとは逆の順でのリリースとなっているようですが…
やっぱりマントは欲しくなりますね…
なんかいい布あったかな…

しかしなかなかのシール量…
まぁわかりやすいピンクだから塗りやすいんですけどね!
フィストジエンドのガンダムフェイスはすべてシールのようですが左右分付属するので安心。
というかアクマッガイ形態って名前だったんだ…
初めて知りましたわ…
そして中から出てくるイッカク…どういう訳かキットではツノワレ状態なんですよね…
なんでなんだろ…
ショットジエンドの銃口についてはウイニングよろしく開口すればいいだけだし問題はないとしてイッカクの肉抜きはどうするかなぁ…

色々書きたいことが多いですがそれだけに早く入手しておきたい…
[ 2015/05/14 20:38 ] [ 編集 ]

はじめまして、ちょくちょくレビューを拝見させていただいてます。


型式番号といいモード変換のネーミングといい本当に酷いですね。初めて知りました。まぁ、アニメ本編がしらけてキット買う気力無いんでどーでもいいんですけど(笑)


ところで、以前こちらのサイトでBFTのレビュー、されてませんでしたっけ!?
[ 2015/05/15 00:55 ] [ 編集 ]

マントのない後ろ姿がなんか貧弱で…。
でも、西洋の兜を被った戦国武者っぽい顔は格好いいです。
大将軍と並べてもいいかも。
[ 2015/05/15 12:23 ] [ 編集 ]

ホビー誌や前情報では、どこか劇中のイメージと違う気がしてあまり購買意欲が湧かなかったのですが、このレビューのお陰で俄然欲しくなりました。

型式番号は…
考察されている通りだとするとアドウさん何でガンプラ学園入ったのと思わないでもないですw

少し、こちらで挙げられている点以外で残念なのは、
・指先に仕込まれているらしいビームサーベルのオミット(劇中でも殆ど使われていないため仕方ないか)
・平手の形状(これは完全に私個人の好み。もうちょっとヴェイガン機みたく開いていても良かったかな…)
位です。
手を加えて色々遊び尽くしたいキットですが、その前にこっちの懐がジエンドになる事だけは防がなければ…(;・ω・)
[ 2015/05/15 19:10 ] [ 編集 ]

違う、・・・これじゃない!!

何と言いますか・・・、これじゃない感がしますねw
フィストジエンドの指が大胆な肉抜き、そして他の指との一体化、これはとても残念です
色分けもイマイチでピンクというのがどうも受け付けません(せめて紫とかにすれば・・・
ショットジエンド・・・、撃つ以前にジエンドですね・・・ww
これは購入するのは難しい・・・。やはりガンタンク初期型に気合い入れすぎたのでしょうかw

RGの最新情報出ましたね。いつかこのMSが来るだろうと前々から思っていました
[ 2015/05/17 23:14 ] [ 編集 ]

Re: これぞゲテモノの集大成!

(´゚д゚`)仮)さま、コメントありがとうございます!

仰るようにそのような疑問は実際にキットを組んで実感してみてほしいですね。
ゲテモノでありイロモノなプラモですから、さぞ言いたいことがたっぷりでてきそうです。
ご自身の納得いくまで試行錯誤なさってくださいな。
[ 2015/05/19 02:43 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

酢ダコ様、はじめまして。コメントありがとうございます!

>アニメ本編がしらけてキット買う気力無いんでどーでもいいんですけど(笑)

アニメでの活躍が残念でしたね本当に。
ついでにアニメとプラモのギミックが一致してませんし…

>ところで、以前こちらのサイトでBFTのレビュー、されてませんでしたっけ!?

アニメのレビューのことですか? 当ブログでは取り扱っていません。
扱っているのはプラモレビューだけですよ。
[ 2015/05/19 03:39 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

児斗玉文章様、コメントありがとうございます!

言われてみれば極アームズのような特徴的な頭部ですね。
ゲテモノの集大成とも言われてますし、アレコレ色々な要素を混ぜ込んだのかも入れません。
[ 2015/05/19 13:19 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

つな様、コメントありがとうございます!

>指先に仕込まれているらしいビームサーベルのオミット

Oh... アニメ見ていたのに気付かなかった…
そういえばガフランなどのヴェイガンの量産機もことごとくサーベルが付属してませんでしたね。

>平手の形状

これに関してはショットジエンドの持ち手を平手として利用すれば雰囲気出るかと。いい具合に指が曲がってますからねw
[ 2015/05/23 00:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/881-36fe75a9