HGBF 1/144 ディナイアルガンダム レビュー

Denialgundam001.jpg
HGBF 1/144 ディナイアルガンダム
メーカー小売価格:1944円

見れば分かると思いますが、箱絵の構図がそのまんまトライバーニングと同じです。
兄弟弟子関係を現したバンダイの粋な計らい…といったところでしょうか。
なお実際のアニメ本編の活躍はというと

というわけで、HGBF 1/144 ディナイアルガンダムをレビューいたします。

※当記事で紹介しているキットは付属のシールのみ貼った素組みの状態です。
・本体のデザインについて
・可動範囲について
・付属品について
・ブンドドについて
・総評

Denialgundam002.jpg
NK-13J ディナイアルガンダム

イノセ・ジュンヤの使用ガンプラ。チームから提供された機体「カテドラルガンダム」をベースに、ジュンヤが自ら手を加えて完成させた。
トライバーニングと同じく素手での近接格闘に特化しており、同様に粒子貯蔵用のクリアパーツとバーニング・バーストの類似システムを搭載している。
バーストモード時はクリアパーツが紫色に発光し、後頭部から髪の毛のような粒子の帯が放出される。
この帯は相手に巻きつけて拘束したり、鞭のような打撃武器となる。
さらに両手甲にはビームソードの発生器が内蔵されており、完全な丸腰であるトライバーニングよりも手数に優れている。


ライバルと言うにはアレだし、超えるべき壁と言われてもピンと来ないし、
ぶっちゃけ噛ませ扱いなジュン兄の改造ガンプラがHGにて立体化。
形式番号の「NK」って何だろう? カテドラルガンダムにまつわる何かかしら。


-Design-


Denialgundam003.jpg

Denialgundam004.jpg
フロント&リアビュー。
何だこのプロポーションはぁ? 異様に長い脚に目を奪われます。
あと妙に腰が長細い。でも見た目のバランスが悪いというわけではなく、これはこれで纏まりがあるのが不思議。


Denialgundam005.jpg
いきなりですがトラバと比較。脚の長さが一目瞭然です。
ただその弊害か、重心が上にズレている為バランスが悪く、自立がいつも以上に困難になっています。
少なくともトライバーニング感覚で立たせるとすぐにすっ転びます。


Denialgundam006.jpg
顔。アニメに比べるとちょっと長細い? でもアンテナが程よくシャープで中々カッコイイです。
あと今回は目のホイルシールを貼るのがちょっと難しめ。目の下の赤いラインを残そうとするとどうも…


Denialgundam010.jpg
胸。水色の部分も白いダクト部も全てパーツで色分けされてます。


Denialgundam007.jpg
肩。小さな粒子のクリアパーツが。
なお今回の付属クリアパーツは全てラメ加工がされているというリッチな仕様に。
市販品でこの待遇は少し珍しい。


Denialgundam008.jpg
腕周り。肩から出ている小さい黒線模様の部分と、アームガードの白い部分はホイルシール。
間接の構造はトライバーニングと一緒。


Denialgundam009.jpg
後ろから。こちらにもクリアパーツが。


Denialgundam011.jpg
腰。トライバーニングと同じく2軸構造。ただ、色分けの都合上パーツの数は多め。
その為か、少し長細い形状に。


Denialgundam012.jpg
腰が特殊な構造なせいか、サイドアーマーは脚に装着されるように。


Denialgundam013.jpg
こんな感じで可動軸が設けられている為、可動の妨げにはなりません。


Denialgundam014.jpg
膝付近。
黒く縦に長細い穴の部分はホイルシールを貼っています。


Denialgundam015.jpg
ダクト部もホイルシールで色分け。


Denialgundam016.jpg
足。アンクルガードの白い部分と足本体のグレーの部分はホイルシール。
脚が長いだけに、情報量もそれだけ多い。


Denialgundam017.jpg
バックパック。後述するエフェクトパーツの兼ね合いのせいか、穴の感覚が広め。


Denialgundam018.jpg
ちなみに今回はリアアーマーの内部も別パーツで色分けされています。
これで一々プラ板で埋める必要がなくなったね!


-Movable-


Denialgundam019.jpg
首の可動軸は新構造で、軸そのものが前後に可動するように。
ただ顔パーツのデザインの関係上、あまり前後には動かないので役に立ってません。
左右には普通に曲がります。


Denialgundam022.jpg
腕はギリギリまで曲がり、肩も90度には上げられます。


Denialgundam020.jpg
肩の引き出し構造は、トライバーニングと同じで胸自体に可動軸が設けられています。
が、引き出し範囲が狭く、トライバーニングほどの可動はしません。


Denialgundam021.jpg
なお肩との接続部はポリキャップではなく、普通のプラパーツ。
そのおかげでポロリの心配はなくなりましたが、可動範囲が狭まってしまったわけです。


Denialgundam024.jpg

Denialgundam025.jpg
腰は前後に柔軟に動きます。


Denialgundam023.jpg
一回転だって余裕。


Denialgundam027.jpg
開脚はほぼ180度全開。ただし足首が絶望的に動かないので接地は最悪。


Denialgundam026.jpg
脚関節事体もよく曲がりますが、ご覧のようにフロントアーマーの軸が下の方にある為、
前に脚を出して膝立ちさせようとすると不格好になってしまいます。


Denialgundam054.jpg
なので膝立ちさせる際は横に足を出すようにしましょう。そうすれば綺麗に様になります。

総じて本体の可動は… 似た構造であるトライバーニングと比べると一長一短。
クセが強い、とだけでも言っておきましょうか。


-Items-


Denialgundam028.jpg
まずはトライバーニングと同じく、平手、手刀、武器保持用手首の3種類とジョイントパーツが付属。


Denialgundam029.jpg
さらにディナイアル専用のオリジナルクリアエフェクトパーツ。
もちろんラメ加工も余すことなく施されています。


Denialgundam030.jpg
さらにビルド/トライバーニングと付属したエフェクトパーツも丸々付属!
ラメ加工も施されていますので、違和感なくディナイアルに使えます。


Denialgundam031.jpg
後頭部用のおさげクリアエフェクトである粒子帯。


Denialgundam032.jpg
可動軸が2つ設けられているので、回転させてポーズを変えることができます。


Denialgundam033.jpg
広がった形状の粒子帯も付属。


Denialgundam034.jpg
ビームソードエフェクト。アームガードに装着するものが2つ付属。


Denialgundam035.jpg
そして本編未登場のバーニングバーストシステム形態。
トライバーニング同様、各部から粒子が噴出した姿です。


Denialgundam036.jpg
こいつの素晴らしいところは、トライバーニングと違ってパーツを外す必要がないこと。
形態変化したければ専用のパーツを取り付けるだけでいいんです。楽になったなぁ。


Denialgundam037.jpg
肩の粒子放出体。これはトライバーニングにも同じものが見られましたね。


Denialgundam038.jpg
腕の粒子放出体。このパーツ、めちゃくちゃ外れやすいです。装着口とちっとも噛み合ってません。


Denialgundam039.jpg
そして背中の翼のような粒子放出体。
派手なのもそうですが、ラメ加工も相まって月光蝶のような美しさも感じさせます。


Denialgundam040.jpg
兄弟弟子同士で再度比較。纏まりはディナイアルの方が一枚上手か?


Denialgundam041.jpg

Denialgundam042.jpg

Denialgundam043.jpg
ビルド/トライバーニング付属エフェクトはいつも通り装着して使いましょう。


-Bundodo!!-


Denialgundam044.jpg
ジュン兄は飛来して登場するというよりは、一か所に留まって待ち構えるボスキャラのような印象。


Denialgundam045.jpg
クールな外見も相まって、「静」のポーズが似合いますね。


Denialgundam046.jpg
でもこの自立時の立たなさは酷い。普通に立たせるのでさえ億劫なのに、キックシーンときたら…
取説でも片足キックしてるポーシングではさりげなくスタンド使ってるし…


Denialgundam050.jpg
いっそ膝立ちさせてポーシングさせてみると、これが意外と様になる。
開脚の際の可動の良さで助かってます。


Denialgundam049.jpg
頭のムチを振り回す攻撃~! 一体どこの拳法家が使う技なのか…


Denialgundam047.jpg
とりあえず安定の次元覇王流リスペクトポーシング。


Denialgundam048.jpg
脚が長いだけあって、やはりキックシーンは特に映えますね。


Denialgundam051.jpg
ブンドドを楽しむのであれば、やはりトライバーニングと絡ませるのが一番。


Denialgundam052.jpg
バンダイ先生… トライバーニングの赤く光ってるだけの粒子パーツが欲しいです…


Denialgundam053.jpg
一転攻勢を許さない、完膚なきまでに叩きのめすディナイアル。


Denialgundam055.jpg
でもよく分からん奥義を使われて負けた。やっぱり主人公補正には敵わなかったよ…
てゆーかあの分身殺法モドキって結局なんだったんだ。


Denialgundam056.jpg
オマケでバーニングバーストシステム形態。力強さより神々しさを感じます。


Denialgundam057.jpg
ただ腕のクリアパーツがポロポロ外れるのでポーシングは断念。
続きは君の手で確かめよう!


Denialgundam058.jpg
以上、HGBF 1/144 ディナイアルガンダムのレビューでした。



◆評価点
・優秀な造形&色分け
・ラメ加工が施されたクリアパーツ
・ビルド/トライバーニングのエフェクトパーツが丸々付属


◆不満点
・本体の自立面でのバランス及び接地の悪さ
・バーニングバーストシステム形態時の腕クリアパーツがポロポロ外れる
・腰がやや外れやすい(個体差?)


総合オススメ度:★★★★☆

クセが強い! その一言に尽きるかな。
良い部分も悪い部分も小さくないが故に、個人的な評価が難しいです。
クリアパーツの質感は良好ですし、パーツ構成などから、ビルドバーニングの不満点を改善しようとした面が見受けられます。
ただその弊害か悪くなっている箇所もアリ。特に接地の悪さは痛い。
普通のガンダムならまだしも、拳法メインの機体ですから地に足を着かせるのは大前提とも言えます。
上手い人なら簡単に立たせられるのかもしれませんが、筆者はかなり苦労しました…

悪いものとは言いませんが、とにかく人によって評価が大きく変わりそうなガンプラです。
クリアパーツの派手さ、そして本体に秘めたるシブさに惚れた方は是非。



なお5/21現在、プレバンにてディナイアルガンダムの原型機であるカテドラルガンダムの一次受注がスタートしております。
最近の受注ガンプラはかなり早期に締め切ってしまうことが多いので、いち早く手に入れたいという方は是非。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/05/21 21:27 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(12)

フレーム流用でここまで違いを出せるとは…

ディナイアルガンダムといえば個人的には初見から一気に惚れ込んだものでして…

今回のキットは目やダクト類以外ほとんどシールがないという色分けもなかなかのものだと思うんです
特にデスティニーで色分けされなかった胸部ダクト上の水色とか。
っていうかこんなに足が長かったとは…
いくらトラバがビルバより少し背が縮んでいるとはいえかなりの違いですねこれは…
脚といえばサイドアーマーがジョイントを介して大腿部に接続されているタイプなんですね。地味にこういうのは珍しい…
あとスカートに隠れて普段あまり見えないところですが何と無くふとももが太めなのかな?
腰が細いだけなのかもしれませんが

そしてこのエフェクトのボリューム…
おさげのエフェクトだけだと思ってた時期が私にもありました。
まさかバーニング・バーストでここまで派手になるとは…
ビームソードエフェクトも付属するのがいいですねー
そのおかけでその部分のクリアパーツは再現されませんが…

個人的補正というのもあるのかもしれませんがかなり良キットな感じがします…
一時は出ないあるなんてダジャレ(これがなかなかセンス高い)もありましたが無事に発売されて何よりなので早速買いにいかないと…
[ 2015/05/22 00:40 ] [ 編集 ]

クセの強いものを極めればブンドドも極める

クセの強い機体ですねw
脚が長いことで膝立ちのバランスがおかしくなったり、踏み込んだときのポーズがかっこよかったりと結構扱いが難しいと思いますが、機体の特徴を知ることでブンドドを更に楽しむことができると思いました
クリアパーツにラメがあるのは嬉しいですね。ラメのり付ける手間が省けますw
ただ紫の成型色がちょっと違うかなって感じがします。もう少し青みがかかればアニメに近いかと(というのも私が色覚異常なのでそう思うのかもしれませんが・・・

クリアパーツで思い出したのですが、また新しい課題があります。HGUCユニコーンガンダム(バンシィも含む)デストロイモードのフレームはこれまでに多くの種類が出てきましたが、フレームを付ける部分に仮組み(ダボ処理)することで他のフレームに付け替えをすることができるのでしょうか?
[ 2015/05/22 21:24 ] [ 編集 ]

型式のNK、もしかしたら2台目カワグチかもしれませんねw あと、ディナイアルってバーストシステム使ってた記憶がありますが… 記憶違いだったらすみません。
[ 2015/05/23 14:12 ] [ 編集 ]

プラフスキー電池にならなくてよかった。

どうも、スパロボの新作にとうとうAGEが参戦し少し気になるソバスチンです。
https://www.youtube.com/watch?v=wfYSgFDahOY
案の定、「機動戦艦ナデシコ」と絡ませるようですね、携帯スパロボは実験作な傾向がありますけど…
初参戦で個人的に気になるのは「マクロス30」と「SDガンダム外伝」ですかね。
前者はPS3のバンナムキャラゲーの中では屈指の出来ですし
後者の騎士ガンダムはちゃんと松本保典さんが演じていて感動です(ノ゚ο゚)ノまぁその為に3DS買うのはちょっと…

「兄より優れた弟はいない」ながらも遅れて登場のディナイアルガンダムですが。
バーニングと同型機ながら長い手足と図体から威圧感がありますね(^-^*)/
あらゆる武術をかじった手癖、足癖さを体現しているとも言えますね。
稼働は良いものの四肢の長さからくるブンドドのし難さは人型玩具あるあるですw
脚部の接地面積が低いものは僅かな揺れも命取りですから。
 セカイとジュン兄との対立は元を正せば次元覇王流「最終奥義」を巡る物でしたが。
彼らの師匠は一体何物メポ? ラルさんといい、所々現れる「モブに見えないモブキャラ」といい
ビルドファイターの世界は他人の空似が多いようですw(;^_^A
[ 2015/05/23 14:57 ] [ 編集 ]

失礼ながら二回目の投稿…

22日の昼に買って23日の昼に一通り完成したんですがなかなかにクセの強い感じですね…
肩関節がKPSプラ同士の接続だったり肩アーマー内部にさらに可動軸が仕込まれていたり…
関節機構はビルバと同じはずなのにここまで動き方が違うのかって感じです。

そして足が長い!背が高い!
これは前から知っていたつもりなんですが実際に見てみるとかなりのもので…
あと細いウエストであるのに結構太ももがあるんですね…
下手したら1100位よりもあるくらいですがこれがまたいい…

総じてクセの強めな機体ですがその分使いこなせれば他とはまた違うアクションができそうです
そういえばクリアパーツもブラックライトに反応するのと反応しないのがあるんですね
[ 2015/05/24 00:00 ] [ 編集 ]

三度も本当にすみません…

今気づいたんですが1100位ってなってるとこ1/100の間違いです…
ロクに推敲もしなかったばかりに…

あと足首については干渉部分をいろいろと削れば結構動いてくれるようになりますね
[ 2015/05/24 00:11 ] [ 編集 ]

少し酷評すぎませんでしょうか

足の接地性が悪すぎると評価されておりますが、単純にあなた自信の立たせ方に問題があると感じます。
私も購入し、色々ポージングさせてみましたが苦になることもそんなにはありませんでしたし、当サイトのレビューの様に酷評とまではいきませんでした。

他のブロガーさんの記事、友人に聞いても接地面については何もありませんでしたし、もう少しプラモの機能を理解し、試してから評価していただきたいです。
[ 2015/05/24 16:48 ] [ 編集 ]

Re: クセの強いものを極めればブンドドも極める

レグルス様、コメントありがとうございます!

>ただ紫の成型色がちょっと違うかなって感じがします。もう少し青みがかかればアニメに近いかと(というのも私が色覚異常なのでそう思うのかもしれませんが・・・

う~ん、人によるかもしれません。そもそもアニメだと結構暗い中戦っていたので…
私的にはこの色で満足してます。要するに慣れの問題なのかもしれませんw

>クリアパーツで思い出したのですが、また新しい課題があります。HGUCユニコーンガンダム(バンシィも含む)デストロイモードのフレームはこれまでに多くの種類が出てきましたが、フレームを付ける部分に仮組み(ダボ処理)することで他のフレームに付け替えをすることができるのでしょうか?

申し訳ないですが、ちょっと意味がよく分からないです…
フレームとはユニコーンやバンシィに取り付けられているサイコフレームのクリアパーツのことでしょうか。
過去に発売されたHGUCユニコーン(もしくはバンシィ)は全て同じパーツ構成のはずなので、
付け替えることは可能なはずです。(ユニコーン←→バンシィの互換性は分かりません)
仰っている意味が、「ビルドバーニングのようにクリアパーツだけを付け替える仕様にする」というのであれば、
多分それはダボ処理程度じゃ済まされません。本格的な改造が要求されると思います。
ユニコーンは装甲と装甲の間の内部にクリアパーツが挟まれてますからね。
私の場合はそんな面倒なことはせず、クリアパーツ別にプラモを組み立てると思います。
[ 2015/05/25 03:06 ] [ 編集 ]

Re: 少し酷評すぎませんでしょうか

鬼のカツ丼様、コメントありがとうございます!

う~む、決して酷評したつもりはないのですが。良いところは良いと言っているつもりです。
「立たせにくいのはこちら側の不手際」というのは同意します。
でも実際、他のどのガンプラよりも明らかに接地しにくいんです。
今はコツが掴めたのか失敗率も低くなりましたが、やはり私の印象としてはこのプラモは「立たせにくい」です。
あくまで個人ブログの個人的な意見として見ていただければ、と思っています。
[ 2015/05/29 00:01 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ガンプララブ様、コメントありがとうございます!

形式番号については仰ることが正しいかと思われます。
ディナイアルのバーニングバーストシステムは、劇中では確かにそれらしき描写はあったのですが、
少なくとも粒子帯が大きくなるだけで、背中から翼のような粒子がでたりはしませんでした。
[ 2015/05/29 00:04 ] [ 編集 ]

Re: プラフスキー電池にならなくてよかった。

ソバスチン様、コメントありがとうございます!
スパロボBXのAGE参戦は嬉しいです。一体どんな技や台詞が実装されるのかと思うと…

ディナイアルは正にトライバーニングの兄貴分といった印象のガンプラで、
機能的にも似通った部分が多く、それでいて違う部分もちょくちょく見受けられたりして、比べるのが楽しいです。

>彼らの師匠は一体何物メポ? ラルさんといい、所々現れる「モブに見えないモブキャラ」といい
ビルドファイターの世界は他人の空似が多いようですw(;^_^A

BFのいつぞやにでできたドモンらしき人物はまだ若かったので、
時を経てBFTになるとちょうどいい年齢になるのでは… と何処ぞやで推測されてましたw
[ 2015/05/29 00:33 ] [ 編集 ]

Re: 三度も本当にすみません…

(´゚д゚`)(仮)様、コメントありがとうございます!

実際に購入されたようで何よりです。
最近のクリアパーツはブラックライト対応のものが多いようですね。
ただディスプレイの際にいちいちブラックライトを点灯するわけにもいかないですし、
そもそも劇中ではブラックライトのブの字も出てこないので私にとっては意味のないギミックと化しています。(-.-)
そんなことよりディナイアルを安定して立たせる方法を考えねば…
[ 2015/05/29 02:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/888-672e332b