今週の下山戦隊ニンニンジャー 13話

手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの13 『燃えよ!ニンジャ運動会』

ニンニンep13 0

下山「番組の印象をつける序盤だから、慎重に脚本書くナリ…」
下山「あ、でももう1クール終わってたナリ!」
下山「ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!! 」
ギャグ回っぽい話かと思ったら妙に硬い雰囲気だったりといまいち纏まりを感じませんでした。
どっちにしろ話は面白くないです。もう視聴者に世界観を分からせる気はないのでしょうか。
そりゃあ、前回のような正念場であるお話でアレコレ見せ場を詰め込むような人に纏まりを要求するのも無茶な話ってヤツなのかな…

申し訳程度に凪が活躍しましたが、ぶっちゃけあの役目は他の誰でもできたはず… 凪である必要性もありません。
「忍者が運動会をする」というテーマ事体、荒唐無稽なものだからいっそのことギャグに突っ走ればいいものを。
レッドを変に優遇したり、コメディチックな作風の中に影を落とそうとするなど、
ひょっとして下山先生は小林女史をリスペクトしてるのでしょうか?
あの人のレッド優遇は確かに賛否が強いが、流石にここまで露骨じゃないぞ。

九衛門の正体が明かされ、頭脳派であろう晦正影からもその出自故か信頼はされてない様子。
ぶっちゃけ好天爺ちゃんの口から九衛門の正体をバラすのは、いささかタイミングが早すぎたのではないかな?
今回のように晦正影の口から「九衛門は牙鬼軍団の中でもイレギュラーな存在」ということを示唆して、
後々のお話で「実は九衛門は昔の弟子だったんだ」→「ΩΩΩ<ナ、ナンダッテー」っていう展開の方がしっくりくるような…
何れにせよ伏線をぱぱっと回収しすぎるのもよいことだらけではないのだな、と感じました。
関連記事
スポンサーサイト

「モブ忍者」と聞くと彼岸島を思い浮かべる

故人となった雷蔵が戸愚呂弟よりも酷くdisられるニンニンジャーですが。
変則バトル展開は鉄板ではあるものの、「味方が襲ってきた」対処を巡って変にシリアスにしているのが問題です。
だいたい「後で謝る」とか理由になっていません、それなら襲ってきたのが幻影と見破る展開の方が自然です。
「5人はどんな厳しい状況でも一同覚悟ができている」という演出でキンジに家族の絆を示しているのですが
捻くれた表現です、そもそも親戚同士とはいえ1話まで離れ離れで暮らしていたのに説得力がありません。
不思議なことにライダー&プリキュアで表現している事を後追いで劣化させているんですよね下山さんは。
 今回より登場の新幹部 晦正影ですが、デビュー戦が運動会なのはどうかと┐( -"-)┌
こういうのはもっと中盤でも良いはずです、そもそも九衛門が好天翁の元弟子と判明した以上。
彼も雷蔵同様に九衛門の踏み台になるのは目に見えています。
味方側は今回も凪メインに見せかけた天晴優遇、敵側は九衛門優遇という内輪の問題で話を回している状態。
どれがとは言いませんがニチアサでこういう感じに世界観が狭まっていく失敗作は過去何度も見ています。
聞くところによると変身玩具の評判も悪く本作の道のりは険しくなりそうです(-。-;)
[ 2015/05/25 00:26 ] [ 編集 ]

Re: 「モブ忍者」と聞くと彼岸島を思い浮かべる

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

>不思議なことにライダー&プリキュアで表現している事を後追いで劣化させているんですよね下山さんは。
正に修行が足りないといいますか、発展途上の脚本といいますか…
もう少しベテランの方の下でサブライターとして活躍させてもよかったのでは? と思ってしまいます。
ああ、新人らしく刺激的な脚本を求めていた頃が懐かしい…
他番組の劣化展開を失敗の許されない本番でやられてたまるか!って話です。

>聞くところによると変身玩具の評判も悪く本作の道のりは険しくなりそうです(-。-;)

ニンジャリケンありきなギミックみたいですね。昨今のアイテムを多々買わせる商法を極端化させてるような…
何やらロボットも電池の消耗が激しいとかで。…うーむ、やはり私にはガンプラやフィギュアーツがちょうどいいw
[ 2015/05/30 01:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/891-85733d21