今週のバトルスピリッツ 烈火魂 9話

バトルスピリッツ 烈火魂 第9話 『闇からの使者、蘭丸!』

烈火ep9 0

何故こんなシーンで止めてしまったのか
不気味な余韻を残して終わった今回のお話。
てっきり兼続が蘭丸の噛ませになるかと思ってたら、意外なオチが待っていました。
このアニメ、バトル展開とかは冗長で設定もありきたりなものばかりですが、シナリオ展開が妙なところで意表を突いてきます。
つーかそもそも前から思っていたことなのですが、S級バトラーとあろう者が【不死】などの効果を把握してないってどういうことなのでしょうか。

兼続を挑発した挙句カードを与えてサポートするあたり、
蘭丸(そして奥に控える大六天魔王)は兼続にムサシの天下を取ってほしいのでしょうか。
それとも新参者である幸村を邪魔者扱いしてるのでしょうか。
何れにせよ兼続曰くキースピリットはまだ出せてない状況で意味深なカードを与えるなんて、出番的な意味で大丈夫なのでしょうか。

ここまで9話かかってようやく全色のカードバトラーのお披露目が終了しました。
1クール終了まで残り3話。次回からは幸村・利家・兼続・早雲の4人のカードバトラーが入り乱れてバトルするようで。
その為バトルは「兼続VS早雲」と「幸村VS利家」をやった後、両マッチでの勝者同士で対決するんだとか。
兼続と早雲では、今回のお話で兼続が蘭丸から何らかのキーカードを貰ったことから、おそらく兼続の勝利。
幸村と利家の戦いは言うまでもないでしょう。
というわけで、最終的な対決は「幸村VS兼続」という線が濃厚でしょうな。

話数との兼ね合いを推測すると、
10~11話…「兼続VS早雲」と「幸村VS利家」
12話…「利家VS兼続」

で、ぴったり1クールが終了すると。

問題はこの路線だと1クールのシメとなるラスボスが兼続になること。
ライバルポジとしては沸騰的に利家が最適ですし、ぶっちゃけ兼続は二番手以下。
因縁的にも立ち位置的にもネタ的にもいまいちしっくりこない采配です。
何より緑使いとの戦いをシメに入れるってのがちょっと…
それでは私の推測が間違ってるんでしょうか。う~むむむ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/896-75683935