ROBOT魂 G-セルフ レビュー

G-self001.jpg
ROBOT魂 G-セルフ
メーカー小売価格:5184円

毎日暑い盛りで、湿気も上がってきました。
こうなると室外でのガンプラの塗装作業が進みにくくなります。
あー塗装ブース欲しい。でも置く場所ない。

というわけで、ROBOT魂 G-セルフをレビューいたします。
・本体のデザインについて
・可動範囲について
・付属品について
・ブンドドについて
・総評

G-self002.jpg
ハイ、ROBOT魂版のG-セルフくんです。
HG版はプロポーションはともかく可動面に大きく犠牲を払うことになりましたが、こちらはどうでしょう?

-Design-


G-self003.jpg

G-self004.jpg
フロント&リアビュー。
プロポーションは… 決して細くはないですね。胴体とか結構大きい感じ。でも腰はちょいと細め。
肩は意外と小さめかな? あと手が妙にデカい。
印象は人によって変わりそうですが、総じてHG版とは大した差はないかも。


G-self005.jpg
顔。鋭利なアンテナが目を惹きます。
ツインアイは大きく金塗装。その他部分の塗装もきちんとしてますが、マスク部のスミ入れは割とテキトーかも?


G-self006.jpg
後頭部。


G-self007.jpg
肩のサーベルラック。差込口とかは造形されてますが、流石にサーベルラック収納ギミックはオミットです。


G-self008.jpg
胸。ダクト部にはクリアパーツが貼られています。でもこれじゃ排気とかどうすんだろ? 実はダクトじゃないのかな
胸中央のコクピットハッチ及び、その左右部分にもブルーのクリアパーツを使用。質感は十分です。


G-self009.jpg
肩。内部の排気ダクトもきちんと色分けされています。


G-self010.jpg
腕。間接部のメタルブルーの部分がHGよりも長細くなっています。
それ以外はHG版と特に印象が変わりません。


G-self011.jpg
腰。フロントアーマーや中央部のクリアパーツ造形もきちんとしてますが、
こちらもHG版と大して印象変わらないかも


G-self012.jpg
膝部分のクリアパーツ。ここのフォトンバッテリーコンデンサー(?)がすごく外れやすい…


G-self013.jpg
裏から。ここの間接部の塗装部はHG版ではオミットされてた箇所ですね。


G-self014.jpg
足。ここの部分の整形色は胴体よりも少し黒ずんでます。


G-self021_201505301336398e3.jpg
HG版(右)と比較。身体のバランスはそこまで違いはないですね。HGの時点で完成されていたと見るべきか。


-Movable-


G-self016.jpg
首は左右には回転可能。上下にはあまり動かないです。


G-self015.jpg
腕は90度ちょい、肩も水平程度に可動します。ROBOT魂でこの程度か…


G-self032.jpg
肩の引き出しはそれなり。


G-self017.jpg
腰は残念ながらこの程度までしか動きません。HGより劣化してますよ!


G-self018.jpg
脚関節も90度よりほんの少し曲がる程度。
装甲をスライドさせればほんのちょっぴり動くようになりますがいずれにせよ広いとは言えません。


G-self019.jpg
開脚はこの程度。HGよりも優秀ですね。ただし接地性は微妙。


G-self020.jpg
ちなみにHGでは構造上機能していなかった太腿ロール軸ですが、今回もオミットされています。
一応ボールジョイントがそこそこ融通が効くのでHGほど杜撰ではないですが、ロール軸は欲しかったな…


G-self023.jpg
一応、HGでネックだった脚の上げ具合は改善されています。これは嬉しい。

総じて可動面は… HGとドッコイドッコイといったところか。
良くなってる部分もあるにはあるのですが、ROBOT魂の技術を持ってしても大幅改善とはいかないようです。


-Items-


G-self022.jpg
付属品。


G-self024.jpg
ビームライフル。複雑な色分けもちゃんと塗り分けられています。
銃口部はHGよりも太めですね。


G-self025.jpg
トワサンガシールド。HGのものより一回り大きい造形です。


G-self028.jpg
ビームサーベル。やっぱり細い造形です。こちらはHG版と特に印象の違いはないかも。


G-self033.jpg
大気圏用パック。翼の形状がHGよりも鋭利になりました。


G-self034.jpg
広げてみて。カラーリングのせいか、印象は殆どHGと違いがありませんね。


G-self035.jpg
前から。ちょっとウイングが下に垂れてるようにも見える…?


G-self037.jpg
フル装備で。


-Bundodo!!-


G-self027.jpg
まずはバックパック装備なしで。


G-self026.jpg
シールドが大きくなってちょっとハッタリが効いてるかも。
武器の取り回しも良好。


G-self029.jpg
ただし可動は不十分のままなのでややぎこちないポーシングも…
地に足をつけさせようとすると、どうにもガニ股気味になってしまう。


G-self030.jpg
何気に左手にもライフル保持手首が付いてきたのは嬉しい。HGでは右手しかなかったからね。


G-self031.jpg
OPのアレ


G-self038.jpg
次は大気圏用パックで。後半からはあまり見られなくなってしまった。


G-self039.jpg
動かしてる感覚が殆どHGと変わらない… 脚なんか特に。


G-self041.jpg
改善された開脚や脚の上がり具合も特に使い道ないからなぁ…


G-self044.jpg
プロポーション事体は優秀で、塗装も良好なので、魅せるポーシングっぽくさせればすごくカッコイイんですけどね。


G-self042_201505301327099f6.jpg
サーベル抜刀。腰があまり回らないのがちょっとつらい。あと脚のコンデンサーがポロポロ落ちる…


G-self043.jpg
劇中ではG-セルフはビームサーベルをメインに使っていた印象が強い(カバカーリーにトドメを刺したのもサーベル)ので、
取り回し改善の為に腰可動はなんとかしてほしかったなぁ。


G-self045.jpg
以上、ROBOT魂 G-セルフのレビューでした。

◆評価点
・優秀な造形&塗装
・HGと違ってきちんと両手に武器保持手首・平手を付属


◆不満点
・HGと大差ない可動域
・脚部コンデンサー・フロントアーマーが外れやすい


総合オススメ度:★★★★☆



HGに比べれば付属品もしっかりした内容になり、プレイバリューは広がっているのですが…
何でしょう、ROBOT魂であることの「驚き」がないですね。おもに可動面のせいで…
おまけに脚部のコンデンサーが外れやすいのなんの! 破損防止の為なのでしょうが、接着してしまった方がマシです。

恐らくこれがバンダイの、G-セルフに対する技術の限界なのでしょう。
あのデザインを完璧な可動フィギュアとするにはまだ技術が足りないようです。
これも全部アニメでめちゃくちゃに暴れまわったせいである
付属手首などがやや寂しいものの、お手頃価格でお求めしやすいHG版か、
塗装がしっかりしていて付属手首も一通りそろっているが定価が約5000円するROBOT魂版か、
どちからを選ぶかは皆様次第です。どれも一長一短な内容であることをお忘れなく…


関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/05/30 13:45 ] ROBOT魂 | TB(0) | CM(4)

よりメリハリがついたような感じかな?

HGと比べると可動範囲は拡大してるんでしょうけどロール軸ェ…
ボールジョイントでもよく動く方なのが救い?

HGでは実現されなかった関節部のクリアパーツの再現など凝ってる箇所も多いですね…
胸部ダクト立体映像の再現とか

シールドなども大きく迫力としてはかなりのものですがそれほど劇的に動くというわけでもないので普通なポーズの方がいいのかな?
[ 2015/05/30 20:52 ] [ 編集 ]

胸部ダクトにあたる部分は車におけるフロントグリルであると
デザイナーさんが以前インタビューで語ってましたね。
[ 2015/05/31 12:12 ] [ 編集 ]

Re: よりメリハリがついたような感じかな?

(´゚д゚`)(仮)様、コメントありがとうございます!

改めて見直すと、プロポーション面は確かにアニメでの姿をよく再現できてると思うんです。
そけだけに、可動性がそこまで変化がないことが残念でならないです。
記事内の最後の手を広げるポーズも、本当は肩の位置を変えずに手を広げるはずなのですが…
G-セルフの立体化は、今後も課題が多そうです。
[ 2015/06/02 00:30 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

トウザイ様、コメントありがとうございます!

フロントグリルですか。要するに内部をコーティングする装甲みたいなものなんですね。
[ 2015/06/02 00:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/897-c60dd091