S.H.フィギュアーツ 魔進チェイサー レビュー

Machinechaser001.jpg
S.H.フィギュアーツ 魔進チェイサー
メーカー小売価格:4860円

そういえば7月に真骨彫クウガが再販されるようですね。
やたら再販までに期間をとるバンダイにしてはナイスな対応です。
これで難民と化していた私も一安心… でも再販分を奪い合う光景が目に浮かぶような。

というわけで、S.H.フィギュアーツ 魔進チェイサーをレビューいたします。

※付属の初回特典に関しては別途記事で扱います。

【7/12 追記】
可動範囲の説明を一部修正

・本体のデザインについて
・可動範囲について
・付属品について
・ブンドドについて
・総評

Machinechaser003.jpg
魔進チェイサー

チェイス(プロトゼロ)がブレイクガンナーで変身した戦士。基本カラーは紫。
バイクを意匠化した装甲で全身を包んでおり、頭部・ナイトメアヘルムにはオレンジ色の複眼・シャッタードアイを備えており、
右側が若干隠れる構造になっている。また、ベルトさん曰く何者かがプロトドライブを基に開発したらしく、
ブレイクガンナーでのシフトカーの使用も可能である。ドライブと互角以上に渡り合えるほどの高い戦闘能力を発揮する。


ドライブのライバルライダーにしてストーカーのチェイサーがフィギュアーツにて立体化。
「悪役ではなくライバル」という設定で作られたキャラクターではありますが、
ライバルキャラを語るならぶっちゃけ第三勢力として活動させた方が良かったんじゃないかなと思ったり。
まあ、ハカイダーも一応敵勢力だったっけ…


-Design-


Machinechaser002.jpg

Machinechaser004.jpg
フロント&リアビュー。
か、カッコイイ…! アシンメトリーなデザインも、マッシブで筋肉質なプロポーションもどれも好みです。
黒を基調としたボディに輝くメタリックパープルが美しい。


Machinechaser005.jpg
顔。設定通り右目は隠れています。
左右で大きく異なるデザインも忠実に再現。


Machinechaser006.jpg
右側頭部。パイプはもちろん、止め具と思しき部分まで細かく精密に造形されています。
チェイサーの頭部を覆う「包帯」のように見えるのは私だけでしょうか?


Machinechaser007.jpg
左側頭部。こちらもかなりの情報量ですが、頭を分割する割れ目が少し気になります。


Machinechaser008.jpg
胸。紫色率が一一気にアップするも、塗装飛びなどはなく精度は良好。


Machinechaser009.jpg
右肩。手前の部分のギザギザはダクトか何かでしょうか?
あまりバイクに詳しくない私にはこのフィギュアーツは向いてない…?


Machinechaser010.jpg
そして右腕。紫色の部位が見受けられます。この部分はチェイサーの腕力を増加させる機能があるとか。


Machinechaser011.jpg
左肩。バイクのカウルをイメージしてるのでしょうか。ドクロを模したマークが見受けられます。


Machinechaser012.jpg
右腕。こちらはシンプルなデザイン。


Machinechaser015.jpg
背中。中央のサーキュラーダイナミクスはもちろん、周りのモールドもしっかり造形されています。


Machinechaser013.jpg
脚部。アシンメトリーデザインは下半身にまで。
ちなみにこの辺は公式HPを見ても正式名称が分かりませんでした。


Machinechaser016.jpg
左太腿のパイプ部分。


Machinechaser017.jpg
右太腿の紫色装甲もじっくりと。





Machinechaser014.jpg
脹脛からは共通デザインに。公式デザインと比べるとやや丸まった造形に。


-Movable-


Machinechaser018.jpg
首は左右には十分に可動。前後は控えめ。


Machinechaser019.jpg
腕関節は90度ちょい。


Machinechaser020.jpg
肩は残念ながらあまり開きません。60~70度くらいが限界か。


Machinechaser041.jpg
引き出しはこの程度。


Machinechaser021.jpg
腰はこの程度まで捻れます。実際はまだ動きますが、ボールジョイントが外れる恐れがあるので自重。


Machinechaser022.jpg

Machinechaser023.jpg
前後可動はこの程度。


Machinechaser024.jpg
脚の上げ具合に関しては、腰アーマーを可動させれば脚をより大きく上げられるのですが、
当時の筆者は理解しておらず満足に上げられてない状態に…
関節の可動範囲自体は良好。


Machinechaser025.jpg
開脚はこの程度。昨今では珍しく足首の可動が良好なので、接地性は抜群と言っていいかも。

総じて可動は良い部分もあれば悪い部分もある… ちょっとクセがある感じでしょうか。
でももう少し肩は上がってほしかった…


-Items-


Machinechaser026.jpg
付属品。
平手とブレイクガンナー用手首はともかく、もう1種の保持用手首は何のためにあるんだろう?
シフトカー保持用とか?


Machinechaser027.jpg
ブレイクガンナー。小さいながらも綺麗に塗装されています。


Machinechaser028.jpg
ただ銃口の内部は黒くなっていたはずなのですが… 塗装ミスかな?


Machinechaser029.jpg
ちなみに上部のアンテナは取り外し可能。外した状態であれば待機状態のシフトカーを装着可能です。
粋な計らいと言えますが、何故か説明書には載ってなかったり。何故?


-Bundodo!!-


Machinechaser030.jpg
「Break up...!」 今日も追跡、魔進チェイサー。


Machinechaser031.jpg

Machinechaser032.jpg
チェイサーといえば真っ直ぐシンプルにブレイクガンナーを構えるポーズが印象的。
…可動フィギュアとしてはちょっとさびしいけれども。


Machinechaser039.jpg
全体像で。


Machinechaser034.jpg
アクションもするっちゃしますが、少なくともこのフィギュアではハイキックなどのポーシングは難しいです。


Machinechaser040.jpg
シフトフレアで炎攻撃!
…エフェクトパーツがどっか行ってしまったので、見つけ次第撮り直します…


Machinechaser037.jpg
もうなんかクールにたたずませるだけでカッコイイ。


Machinechaser036.jpg
ちょっとマッハっぽい?


Machinechaser033.jpg
ドライブと戦わせる。
でも丸腰でシフトスピード装備のドライブと戦ったことってあったっけ?


Machinechaser035.jpg
ドライブはチェイサーとの戦い早々ハンドル剣を手に入れてしまったからなぁ。
タイプワイルドはよ。


Machinechaser042.jpg
以上、S.H.フィギュアーツ 魔進チェイサーのレビューでした。

◆評価点
・良好な造形&塗装精度
・ちゃんとブレイクガンナーにシフトカーをセットできる


◆不満点
・クセのある可動


総合オススメ度:★★★★★



マッシブなプロポーションが再現されていて本当にカッコイイです!
ドライブと違って必要なギミックはちゃんと再現されてますし、(待機状態のシフトカーをセット可能な点)
可動域は確かにクセこそあるものの、劇中ではそこまでオーバーなアクションはとってない為、
これくらいでも丁度いいと判断しました。結果的に大満足な出来栄えです。はっきり言ってドライブより好き。
この緻密に表現された圧倒的情報量のデザインを是非とも皆様も堪能してくださいな。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/05/30 15:49 ] S.H.フィギュアーツ | TB(0) | CM(8)

私は魔進チェイサー凄く好きなデザインだったので買って正解な気がしました!しかもドライブアーツはまだ二体しかありませんが高水準な出来で嬉しいです。あとブレイクガンナー持ち手と平手じゃない持ち手は恐らくライドチェイサーのハンドル持ち手だと思います。ブレイクガンナー持ち手ではハンドルが保持できなかったからそうだと思います。
[ 2015/05/31 12:42 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ミルク様、コメントありがとうございます!

個人的にはドライブよりもチェイサーの方が好みですね。
あのマッシブなプロポーションが素敵だと思います。
しかし初回特典の付け方はどうにもならなかったんでしょうか…?
[ 2015/06/02 00:52 ] [ 編集 ]

こんにちは
こちらの記事を見て気になったので魔進チェイサーのフィギュアーツを先日購入しました。良い買い物を出来たと思っています。
可動域について補足がありまして、腰のサイドに接続されている股関節のフロントアーマーですが、ボールジョイントで可動するので、脚上げ時など、干渉を防ぐことが出来るようになっているようです。マッハほどではありませんが、掲載写真よりは可動するように思いました。
また、背中のサーキュラーダイナミクスも右腕側にあるくぼみに爪などをかけることで蓋を外すことが出来るようになっているようです。以上2点、既にお気付きでしたら申し訳ございません。
[ 2015/07/10 16:02 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ひだか様、コメントありがとうございます!

ご指摘ありがとうございます。気付いてはいたのですが、今に至るまで修正を忘れていました。
レビューで使っている背景紙は既に破棄してしまっている為、文章を追加する程度にとどめておきます。
[ 2015/07/12 00:31 ] [ 編集 ]

おそらく…

コレとそっくりなバイク部品は無いのでハッキリとは言えませんが恐らくラジエーターかエアインテークですね

エアインテークは走行中空気を取り込んで瞬間的に加速度を上げる物で

ラジエーターはエンジンの冷却装置で、ギザギザの中にエンジンから出た熱い冷却水が入っていてそれを小さなファンで冷やしてエンジンの中に再び入れて冷やすという物です。エンジンとラジエーターを行き来するパイプがちょうどチェイサーの体を走っているようなパイプの感じなのでこっちかもしれません

ただ超重加速中動いたり、悩んで暴れるチェイサーには両方を兼ねてるかも知れませんが(笑)

参考までにどうぞ
[ 2015/11/04 02:55 ] [ 編集 ]

Re: おそらく…

TAKE様、コメントありがとうございます。

いつもいつも参考知識の提供をどうもです。
公式サイトによるとラジエーターみたいですね。(最初から見とけばよかったorz)
熱を奪う機能もあるみたいですが、あくまでもその熱を分解・放出する目的らしいので、
自身のエネルギー源にはできなさそうです。敵のエネルギーを自分の糧にした方が死神っぽいと思うのですが。
[ 2015/11/04 14:41 ] [ 編集 ]

なるほど。仮面ライダーチェイサーになる直前の河原でのデッドヒートドライブとハートの戦いの最中、チェイサーに変身して進ノ助を一撃で昏倒させたのは不意討ち以外にそういう相性もある…かも。ですね
[ 2015/11/04 15:38 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

TAKE様、コメントありがとうございます。

デッドヒートドライブとハートとの対決に魔進チェイサーとして乱入したのは、
単にそれ以外で対抗できる力がなかったからだと思うのが妥当だと思います。プロトゼロ状態じゃどうしようもありませんし。
ただ設定を鑑みればデッドヒードドライブに対して魔進チェイサーは相性良さそうです。
尤もパーツ設定の無視(というか作るだけ作っておいて放置)は特撮において日常茶飯事なのですが。
[ 2015/11/05 01:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/898-cdf44349