今週の手裏剣戦隊ニソニソジャー 14話

手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの17 『助けてサギにご用心!』

ニンニンep14 0

下山「ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!! 」
視聴者「ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!! 」
東映「ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!! 」
バンダイ「ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!! 」
安定の下山クオリティです。シナリオの内容はメチャクチャです。
登場人物がみんな下山さん(及び製作スタッフ)の手によって動かされています。キャラの個性とか関係ありません。
大体風花が「ドジっ娘」属性だったとか寝耳に水です。今まではどちらかというと「暴走気味の兄のストッパー」だと思ってました。
今回の話の題材はさしずめ「オレオレ詐欺に騙される」といったところでしょうか。
でも敵の策だと勘付いていたのなら八雲も霞も天晴に忍シュリケンを渡す時点で警告してあげてください。そして黄色の人は空気
最後にコードネームで呼び合うのも、ぶっちゃけ5対1の状況かつ敵の目の前で呼び名を決めちゃ意味ないでしょう。
これがゲスト脚本回だったらまだしも、メイン脚本の人の回なんだよなぁ…
来週も下山さんです。全話執筆とか拘らなくていから、お願いですから小休止してください。
これまだあなたの手がけた話、純粋に面白いと感じたのは1つとして無いけどこのまま執筆を続けても余裕をなくすだけだと思います。

あ、一応擁護しておくとアクションシーンのカメラの動きとか生身アクションを披露したのは良かったと思います。
ただ筆者の場合、こういう番組を見るとき何よりも脚本の出来栄えを最優先にするので、
たとえアクションが良くてもその回の評価には殆ど関わりません。
あくまでも脚本を引き立たせるスパイスの1つだと考えています。
関連記事
スポンサーサイト

コンバット越前「コードネームは大事だぜぇ!」

別の意味で「泣けるでぇ!」だったニンニンジャーですが。
今回も「アイテム奪われ変身不能」というオーソドックスなシナリオながら
そこに至るプロセスが捻くれていて頭が痛いですね「(ーヘー;)
主人公の肉親という最も重要ポジションであるはずの風花のキャラの定まらなさが見て取れますし。
ラストで思い出したかのように二人で鍛錬して「兄妹の絆」と言われても…
ついでに今回に限っては兄妹関係なく問題解決してしまいますし…
 風刺というか教訓として「特殊詐欺」をネタに盛り込んだのでしょうけど消化出来てませんし
視聴者であるちびっ子には直接関係ないのですがそれは…
確かに生身のアクションは良いのですがキョウリュウやゴーバスのエスケイプ程に推せるものでもありませんし…
この番組のイチオシと言える要素が皆無なんです「忍ぶどころか暴れるぜ」というのは
天晴が只暴れるだけならそれは失敗と言わざる得ません(-"-;A
[ 2015/05/31 17:49 ] [ 編集 ]

戦隊版ガンダムAGE

なんというかこれは……
『今回は』と言いたい所ですが(個人的に)、やっぱり話に破綻がありすぎますね。
これで見続けれるのは敵味方関係なくキャラに不快感が無いからですね(ハイ、自分の感想です)。

コメントタイトルにも書いたとおり、個人的にはガンダムAGEを戦隊に変えたような感じがします。
もちろん内容もモチーフも全く違うのですが、『3世代』がキーワードだったり、おじいちゃんポジションのキャラがとんでもなく凄い存在だったり、父親ポジションのキャラの存在意義が微妙だったり、話が支離滅裂だったり
(にもかかわらず、きちんと料理すれば素晴らしい作品になるであろう設定があったり)

話はそれましたが、自分的には風花ちゃんがかわいかったのでギリギリ許容範囲です。
風花はドジっ子と言うより被害担当キャラだと思ってました。
対応も兄とは違ってちゃんとして(結局騙されはしたものの)被害に遭わなかったのも割と良い。
キャラ自体は悪くない、動かし方が問題ですね。(ここも良くも悪くもガンダムAGEっぽかったり)

自分的にはロボがカッコ良かったり活躍したりすればOKなので、そういう意味でも見続けれてるかもしれません。
そういう意味ではゴーバスもお気に入り、
キョウリュウはロボが微妙(私見)だったものの、脚本で高評価になった作品です。
トッキュウはデザインが壊滅的(私見)だったものの、ロボのギミックやら連動やら脚本演出やらBGMやらで(主にBGMで)近年では一番好きな戦隊です。

……多分自分は戦隊ヒーローならどんな脚本でも受け入れれるだけかもしれません。(やっぱり好みはありますが)
[ 2015/05/31 19:27 ] [ 編集 ]

Re: コンバット越前「コードネームは大事だぜぇ!」

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

今回のニンニンジャーもダメでしたね…
だいたい詐欺をモチーフにするのも正直時事ネタとして古いような…
恐らくオレオレ詐欺を題材としたのでしょうが、現在はもっとややこしい詐欺も増えてますし。
だからといって別の詐欺をモチーフとされても困りますし、ちびっこたちもますます混乱しそうですがw
>この番組のイチオシと言える要素が皆無なんです「忍ぶどころか暴れるぜ」というのは
天晴が只暴れるだけならそれは失敗と言わざる得ません(-"-;A

ご意見ごもっともです。過去にソバスチン様が言われましたように、
結局プリキュアやライダーの通った道をうわべだけなぞってるだけという…
忍者戦隊というのも使い古されたネタですし、だからこそ他戦隊との差異化が求められるのだと思いますが、
実戦不足な下山さんではミスチョイスと言わざるを得ませんね…
[ 2015/06/05 14:48 ] [ 編集 ]

Re: 戦隊版ガンダムAGE

宮藤椿様、コメントありがとうございます!

私と違って比較的寛容な意見をお持ちなようですね。
ただ個人的には、設定面では正直ガンダムAGEの方がうまいことよくできてると思います。
ガンダムAGEはなんだかんだで最終的に親子3人が入り乱れて活躍をしていた反面、
こちらは息子と爺ちゃんはともかくお父さんが何もしてませんから…本当に何もしてない…

>自分的にはロボがカッコ良かったり活躍したりすればOKなので、そういう意味でも見続けれてるかもしれません。

実を言いますと、本編がアレなのでロボ戦も楽しめずにいます。
最近では地上戦に時間をかけすぎてロボ戦の時間も少なくなりましたし。
後、個人的にロボのデザインもそこまで好き… というわけでもないんです。とことん私と相性の悪い作品ですね…
[ 2015/06/06 12:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/899-b9d6351b


手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの14「助けてサギにご用心!」

手裏剣戦隊ニンニンジャーの第14話を見ました。 忍びの14 助けてサギにご用心! 再び天晴を狙うキンジの攻撃が激しくなるのだが、当人達は気づかぬうちに互いに力をつけていたために家の中を散らかす天晴とキンジに風花の怒りが爆発する。 「天兄、少し腕を上げたか」 「最近、スターさんに狙われてるからね」 「そういう問題じゃないでしょ!?見てよ、これ!仕事ばっかり増やしてまっ...
[2015/05/31 14:57] URL MAGI☆の日記