HGBF 1/144 ガンダムトライオン3 レビュー

Tryon3001.jpg
HGBF 1/144 ガンダムトライオン3
メーカー小売価格:3024円

【空と海と大地と呪われし姫君】という言葉(というかゲームタイトル)がある。
そしてサカイ・ミナト君はソラトライオン(空)・ウミトライオン(海)・リクトライオン(大地)を作り上げた。
そうなると、呪われし姫君の存在はつまり…?

というわけで、HGBF 1/144 ガンダムトライオン3をレビューいたします。

※当記事で紹介しているキットは付属のシールのみ貼った素組みの状態です。

【6/5 追記】
ブーメランスタッガの写真を修整いたしました。

・リクトライオンについて
・ウミトライオンについて
・ソラトライオンについて
・合体について
・トライオン3のデザインについて
・トライオン3の可動範囲について
・付属品について
・ブンドドについて
・総評



-Design- (リクトライオン)


Tryon3002.jpg
RM-01 リクトライオン

ミナトが操縦するライオン型メカで、合体時は胸部とバックパックを構成。
背中のダブルキャノネードによる砲撃が可能。


トライオン3の主にバックパックを担当するライガー型ガンプラ。というかメカ。
まずはコイツから見ていきましょう。


Tryon3003.jpg

Tryon3004.jpg

Tryon3005.jpg
フロント&サイド&リアビュー。
ライガーをモチーフとしたデザインだそうですが、体格が体格故かすさまじく猫っぽい。百歩譲っても子ライオン。
凛々しさやカッコよさよりも愛らしさを感じます。ペットにしたいガンプラNo.1。
欠点としては脚が太く短い部分かな。ますます子供っぽく見える。


Tryon3031.jpg
プチッガイと比べるとこんな感じ。相棒ロボかなにか?


Tryon3006.jpg
顔の部分。モールドが少ないせいか、それともスミ入れしてないせいか、ちょっと野暮ったい?
少なくともカッコよくはない。かわいい。


Tryon3007.jpg
前足の左右側面にはウイングのようなアーマーが。


Tryon3008.jpg
後ろ脚はごくシンプルなデザイン。


Tryon3009.jpg
しっぽ。こちらも小ぶりでシンプルなデザインです。


Tryon3010.jpg
背中に背負ってるのはダブルキャノネード。ライガーだけあって、ライガーゼロのパンツァー装備を思い出します。


Tryon3013.jpg
口は少しだけ開閉可能。ちなみに上下にある牙はホイルシールで色分け。


Tryon3014.jpg
ダブルキャノネードも後述するギミックのせいか、前後に広がるように可動します。


Tryon3011.jpg
脚も、付け根・関節・足首の3点に可動ポイントが設けられているのでそこそこ可動。かわいい。


Tryon3012.jpg
咆哮してるようなポーシングも。かわいい。


-Desing- (ウミトライオン)


Tryon3015.jpg
RM-02 ウミトライオン

イサカ・ヒデオが操縦するエイ型メカで、合体時は上半身を構成。


トライオン3の上半身担当。3匹の中じゃ一番メカメカしいデザインかな。


Tryon3016.jpg

Tryon3017.jpg
フロント&リアビュー。
一番メカメカしいデザイン故か、再現度は高い方ですね。


Tryon3018.jpg
目の部分はホイルシールで再現。


Tryon3019.jpg
ヒレの部分はトライオン3の腕になっています。


Tryon3020.jpg
トライオン3のマニピュレーター部分はバーニアに差し替えており、中央部には尾っぽにあたるパーツも。


-Design- (ソラトライオン)


Tryon3021.jpg
RM-03 ソラトライオン

サトウ・ハルトが操縦する鷹型メカで、合体時は下半身を構成。
飛行時は、腰アーマーからビームウイングを展開する。


トライオン3の下半身担当。
こうして見ると、リーダーであろうサカイ君が一番どうでもいい部分を担ってるのね…


Tryon3022.jpg

Tryon3023.jpg

Tryon3024.jpg
フロント&サイド&リアビュー。
イヌワシ型らしいですが、どう見たってゴツすぎである。主に脚。というか脚全般。
普通に脚を伸ばして飾るとどうにもアンバランス…


Tryon3025.jpg
顔付近。
目及び顔の周り、そして側面の黄色い部分ホイルシール。黄色い部分がすごく貼りにくい…


Tryon3026.jpg
ビームウイングは実はスタービルドストライクの光の翼のカラバリ品。こんなところで流用されるとは…


Tryon3027.jpg
爪。デカすぎる。あまり角度を変えられないことが残念。


Tryon3028.jpg
脚関節の部分がMS形態時の逆になっているので、前の方に曲げることができます。後ろには殆ど動きません。


Tryon3029.jpg

Tryon3030.jpg
一応、脚そのものを後ろに倒せば鳥っぽく見えるかな?


Tryon3032.jpg
それではいざトライオン3に合体! レッツ・トライ・オン!


-Let's try on!!-


Tryon3033.jpg
トライオン3への合体に必要な外付けパーツ。


Tryon3034.jpg
まずはソラトライオンから。
本体から首とビームウイングを取り外します。


Tryon3035.jpg
腰にあたる位置とサイドアーマーにあたるパーツの位置を正しい位置に戻してやります。


Tryon3036.jpg
脹脛パーツを取り外し、左右にあるバーニアパーツと足にあったバーニアを外します。


Tryon3037.jpg
左右のアーマーも外し、内部に傾斜をつけるパーツを装着した後アーマーを再装着。
バーニアパーツも位置を変えて装着します。


Tryon3038.jpg
太腿パーツを位置をぐるっ回転させて、関節の位置を正してあげます。


Tryon3039.jpg
後は脹脛に足首を取り付け、太腿と合体させればソラトライオンもとい下半身の完成。


Tryon3040.jpg
ウミトライオンは頭部のパーツが余剰パーツになるので取り外し、胴体と腕に分けます。


Tryon3041.jpg
胴体にはあらかじめ腕接続用のジョイントをはめこみます。


Tryon3042.jpg
後は胴体に腕を差し込んだ後、各部パーツの位置を正しい位置に変えて手首を装着。


Tryon3043.jpg
その後下半身と合体させれば胴体はおおむね完成。


Tryon3044.jpg
最後にリクトライオン。早速物騒ですが首をチョン切ってあげます。


Tryon3045.jpg
しっぽを折りたたんで本体に内蔵させ、頭部を固定していたジョイントパーツを外します。


Tryon3046.jpg
脚を折りたたんでバックパックっぽくさせ、


Tryon3047.jpg
内部にあるツメを引き出し、さきほど取り外したジョイントパーツを再装着。
これでバックパックの完成。


Tryon3048.jpg
そして本体にバックパックを差し込み、


Tryon3049.jpg
先ほどちょん切ったリクトライオンの頭部を胸に装着し、


Tryon3050.jpg
最後に頭部を付ければいよいよ完成!
程よく面倒ですね~


Tryon3051.jpg
ちなみに合体後の余剰パーツはこちら。バーニアとウミトライオンの頭部ですね。


-Design- (トライオン3)


Tryon3052.jpg
最強機動 ガンダムトライオン3

サカイ・ミナトが選手権用に製作したΖΖガンダムの改造機。『ガンダムトライエイジ』に登場する「ガンダムトライゼータ」のスーパーロボット的要素を取り入れつつ、
ミナトの趣味が反映された作り込みがなされている。原典機と同様に機体を3機のメカに分離・変形させることが可能だが、
各メカの形状は動物風にアレンジされており、合体方法も異なる。
合体時は各メカのファイター3名が「レッツ・トライ・オン」と叫び、スーパーロボット的演出が盛り込まれた合体シーンを経て完成する。
合体後は大型MAクラスと同じくファイター3人によって操作されるが、機体そのものは通常のHGサイズであるため、
大型機としての利点はない。さらに、「複雑な合体機構により機体強度が犠牲になっている」とユウマから指摘されるが、
ミナト自身はそれをロマンだとして意に介していない。ただし、各メカは単体でも充分な戦闘能力を有しており、
合体時は「トライ・ファイターズ」の3機がかりの攻撃に押し勝つほどの出力を発揮する。
合体中は機体の周囲にバリアを展開することで、合体中に攻撃される弱点を克服している。
武装は原典機と同じ額部のハイ・メガキャノンに加え、ロケットパンチのごとく撃ち出した両腕をガイドビームを介して遠隔操作する「アームドブースター」、
リクトライオンの両目から発射されるビームを収束して撃ち出す「ライガーグレア」、
両腕のウイングシールドを赤熱化させて敵を斬り裂く「ヒートウイング」、頭部アンテナをブーメランとして投擲する「ブーメランスタッガー」、
背部に装備された2門の高出力ビーム砲「ダブルキャノネード」、蹴りと同時に脛前面のソラトライオンの爪で敵を捕縛して投げ飛ばす「ラプターブレイカー」と、
遠近問わない多彩な武装を搭載している。
必殺技はソラトライオンの頭部とウミトライオンの尻尾が合体して完成する巨大ビームソード「超咆剣(ちょうほうけん)ハイパーミノフスキー・トライザン」。
発動時はリクトライオンの口から発せられる球形のエネルギーフィールドで敵を拘束し、
同じく口内に格納されたハイパーミノフスキーの柄を取り出して刀身を展開「G」をかたどった3つの斬撃で敵を完全破壊する。


おお、Wikiの説明がクソ長い。
というわけでトライオン3の完成。HGUCダブルゼータをベースとして、本体の4割くらいが新規パーツに差し替わっています。
変化が少ないのは、裏を返せば「元のデザインの意匠を残したうえでアレンジを施した」という匠な粋な計らいか?


Tryon3053.jpg

Tryon3054.jpg

Tryon3055.jpg
フロント&サイド&リアビュー。
バックパックが出っ張ってますが概ね自立可能。
プロポーションは合体大型メカということでかなりのゴテゴテ感があります。
アニメでは大張作画というだけあってかなりスタイリッシュだった覚えがありますが、
巨大メカらしくゴテゴテしてるのは悪いことではない。たぶん。


Tryon3056.jpg
頭部。青いヘルメットパーツ以外は新規パーツ。ハッタリの効いた大きなアンテナがカッコイイ。


Tryon3057.jpg
肩はダブルゼータの色変え。


Tryon3058.jpg
腕部分も実は全てカラバリだったりする。


Tryon3059.jpg
シールドもといヒートウイングも流用ですが、外側にはホイルシールを貼ってデザインをアレンジ。
ただモールドなどは一切彫られてないので塗装派泣かせの仕様です。しかも既存モールドの上にデザインされてるんだよなぁ。


Tryon3060.jpg
腰フロントパーツ。ここもカラバリですが、印象は全然違いますね。


Tryon3061.jpg
脚。ここもツメの部分くらいしか新規パーツはないのですが、印象は全然違います。カラバリ恐るべし。


Tryon3062.jpg
裏側。


-Movable-


Tryon3064.jpg
首は根元に可動軸が設けられており、そこそこ動きます。


Tryon3066.jpg
腕関節は90度曲がります。


Tryon3065.jpg
腕はきちんとヒートウイングを畳んでやれば水平まで上がります。
構造上、肩は上がりません。


Tryon3073.jpg
引き出しはそこそこ。


Tryon3067.jpg
腰は微妙に傾くだけ。動かないと言って差し支えないです。


Tryon3068.jpg
脚関節は90度ほど。膝立ちは何とか可能。


Tryon3069.jpg
開脚。ちゃんと開脚してます。
ボールジョイント接続とはいえ、この開き具合は致命傷。

総じて本体の可動域は広いとは言えません。
ダブルゼータのフォーマットを流用したツケがここに響きました。


-Items-


Tryon3070.jpg
武装関連の付属品。
ダブルゼータの流用故か銃持ち手も付属しますが、当キットに銃系武器は付属しません。


Tryon3094.jpg
ちなみに余ったパーツでコアファイターが組めるよう取説に書かれています。
さしずめ「コアトライオン」といったところかな?


Tryon3071.jpg
超咆剣ハイパーミノフスキー・トライザン。
ソラトライオンの頭部とウミトライオンの尾っぽを合体させたものです。
グリップには付け根の部分にジョイント穴が開いており、回転させることで両手に装備可能です。
ちなみに片手での保持は確実に手首が負けるんで、瞬着コーティングは必須。


Tryon3072.jpg
ビームを展開したのがこちら。
メインの刀身は新規パーツ。唾から出てる4つのクリアパーツはスタービルドストライクの光の翼です。


Tryon3083.jpg
ビームサーベル。MG仕様のビーム刃が2本付属します。


-Bundodo!!-


Tryon3074.jpg
トライオォォォンッ、スリィィィッッ!
かっこよく決めるはずが、開脚の幅広さゆえにぎこちないポーシングに…


トライオン34
参考までにアニメ映像。
実際のキットよりも脚が開いてる上に、右腕も90度以上曲がっているのが目に見えてよく分かります。


Tryon3075.jpg
普通のガッツポーズの決めポーズの方がまだ再現度高いかも。


Tryon3076.jpg
アームドブースター発射!
取説には外して遊ぶよう書かれていないですし、ディスプレイ面も考慮されてません。
所詮はダブルゼータの流用です。


Tryon3077.jpg
無理矢理浮かしてみた。
本来なら関節部まで本体に残っているはずですが、そこまで残すとなると分解とか面倒くさくなるので。


Tryon3078.jpg
ライガークレア!
バリさんの作画じゃないと腕がないのも相まってコレジャナイ感が…


Tryon3079.jpg
ヒートウイングのギミックは劇中通りに可能。


Tryon3080.jpg
ただしポーシングは…上腕アーマーが腕関節とちょくちょく外れるのがイラつく。


Tryon3086.jpg
ダブルキャノネード!
劇中だとこんなに浮いてたっけ?


Tryon3081.jpg
ちなみにサーベル柄はキャノネードを浮かせればギリギリ抜刀ぽいポーシングがとれます。


Tryon3085.jpg
いざ抜刀。アンテナの形と相まって戦国武将みたい。


Tryon3084.jpg
でも脚が開かないせいか、全身を映すとどれも及び腰っぽくなってカッコ悪い…


DSC04587.jpg
ブーメランスタッガ!
こちらも脱着が考慮されてませんが、構造上仕方ないか。


Tryon3090.jpg
ハイパーミノフスキー・トライザン抜刀。なんか切腹してるようにも見える。


Tryon3088.jpg
サンライズパース!
左手は添えてるだけなんで安定感は不十分です。
やはり手首は瞬着コーティングしておきましょう。安定性がグッとよくなります。


Tryon3089.jpg
三刀G断。流石に浮かせて持つのは辛いので魂SATEGで保持してます。


Tryon3091.jpg
とりあえずライトニングと絡ませる。というか最近ライトニングばかり絡ませてるような…


Tryon3092.jpg
アニメ本編のラストにかけてのバトルって大体登場人物がシャウトばかりしてたと思う。スタッフは声優の喉を壊す気か。
でもサカイ君もユウマもどちらも良いシャウトでした。フミナは微妙…


Tryon3093.jpg
以上、HGBF 1/144 ガンダムトライオン3 のレビューでした。



◆評価点
・優秀な造形
・差し替えありとはいえ、3体合体&分離可能


◆不満点
・微妙すぎる可動(開脚が致命的すぎ)
・不十分な劇中再現ギミック
・ぶっちゃけ作りがやっつけ臭い


総合オススメ度:★★★☆☆ (2.5相当)

アニメでは、サカイ君の技術とガンプラ愛を凝縮させたような珠玉の一品でした。
しかし実際のキットからは、制作側の愛がちっとも感じられません。
フォーマットの流用、新規デザインをシールだけで補う姿勢、劇中ギミックを考慮しない設計など、
どうにも「手抜き」と指摘されても否定できないような姿勢が感じられました。
Gポータントもトランジェントも新規造型だったのに…
スタービルドストライクの光の翼流用も、単に「パーツ流用したいから」という後ろ向きな考えがひしひしと伝わってきます。
ソラトライオンの翼はともかく、トライザンの唾のビームを翼パーツで補うのは流石に違うような…

フォーマット流用の反動は決して浅くはなく、特に開脚が満足にできないのは痛すぎます。
サンライズパースは「大地をしっかり踏みしめる」のが大事だと思うのに、この仕様は本当に酷い。
だいたい誰もが再現したがるであろう「最強機動トライオン3」の決めポーズが満足にできないってそりゃないですよ。
腰が回らないのも地味に大きな短所ですし…
正直星2つの評価にしようかと思いましたが、リク・ウミ・ソラトライオンの再現と合体はきっちりしていたので、その辺を考慮して星3つ。
ただし100歩譲っても1000歩譲っても、個人的にはとてもとても良キットとは言えません。そんな残念なキットです。
辛口って言われるかもしれないけど、何もそれは今に始まったことじゃないです。ソーリー。

ちなみにサカイ君が以前作ったとされている百万式はデルタガンダムの流用。
そして今回のトライオン3はダブルゼータからの流用。
一方ユウマが作り上げたライトニングガンダム及びBWS2種は全て新規造型。
今後発売予定のライトニングゼータも恐らく新規造型。

モデラー同士の対決の結果など、最初から分かりきっていたことなのかもしれない…

 
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/06/04 22:10 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(16)

愛が必要!

可動は元のZZからイマイチよくなかったのでその辺りは察してました^^;
が、個人的に残念なところはソラトライオンの頬(?)の黄色部分が丸々シールなところですかね...^^; しかしトライオン3への愛は充分あるので許せますよ^ ^
[ 2015/06/04 22:29 ] [ 編集 ]

ガンダムは顔が命!

顔のマスク部分がアニメ設定と違うのが不満です…せっかく新規パーツなのに…
でもZZのキットには右手の握り手が付いてなかったので、そこは地味に進歩してるんですよね
それだけに顔が…
[ 2015/06/04 23:17 ] [ 編集 ]

も、元キットが微妙だったから…(震え声)

とはいえZZの差し替え変形機構を生かしているのはさすがだなぁと思いました(小並感)
それだけに中途半端なギミックの数々が残念ですね…
[ 2015/06/05 00:10 ] [ 編集 ]

ブーメランスタッガは本来額のハイメガが頭部に残った状態でツノだけ取れるのですが出来ないんでしょうか?
色々と改造のしがいがありそうなキットですね(白目)
[ 2015/06/05 16:45 ] [ 編集 ]

バリア嫌いなので買いません
[ 2015/06/05 18:18 ] [ 編集 ]

寧ろ改造前提のキットですね。

初次見面。
否ぁ、なかなかですよこのキット。劇中で"キットに差替変形を設定すればシステム上は分離合体を実施する"と云う"シミュレーション(模擬)"の機構が上手く活きています。スターウィニングもキットでは差替の奴ですからねぇ。
本来の購入対象年齢が御子達所謂"ボーイズ層"である事を考慮勘案して、色々と"コストダウン"したのでしょう。
このキットは、若し完全変形を実現したら、HGではなくMGやPGのレベルの部品構成と価格になるので、何とか値を抑えて"買い易くした"結果がこれだと思われます。
詰まり、初級ガンプラモデラーの事を考慮勘案して、上級者がやる様な事を控えたからこその"元ネタ流用の差替"に行き着いたのでしょう。
現に完全変形構造にしてたらダブルゼータのPGの事を考えても相当上級者向けになって、おいそれと買えなくなるでしょうね。
このキットは、"初心者のパチ組"でも充分元のメカの雰囲気を再現し、上級者には更なる改造強化を求める、そう云うキットですね。
確か、デルタガンダムのキットって、うちから見たら結構"上級者向け"に見えなかったですよ。あっちも一部差替だし。
HGは元々そう云う方向性のキットですからね。PGだったら違うでしょうけど。
うちは、"トライマシン三体セットのキット"と割り切ります。それだから千円×3で三千円になりますよ…って。
第一こんなの凝って作ったらトライマシンでも千円では買えなくなる…御子達涙目…ですよ。
このキットの対象は元々御子達をメインターゲットにしてると考えると、この造りに納得です。大人は黙って改造しましょう…と云うキットですね。
[ 2015/06/06 22:42 ] [ 編集 ]

やっぱり可動は今二つだったかー・・・
ここが良ければドライオンも買おうと思ってたんですけどねー
アサキンか何かで可動とプロポーション重視のが出ませんかねえ
[ 2015/06/07 05:10 ] [ 編集 ]

Re: 愛が必要!

シャッコー様、コメントありがとうございます!

トライオン3の巷の評価はかなりの賛否があるようですね。
ソラトライオンの黄色いシールは私も残念です。何より物凄く貼りにくいんですよアレ!
HGクオリティだとあれくらい仕方ないのでしょうか。
[ 2015/06/07 14:41 ] [ 編集 ]

Re: ガンダムは顔が命!

びるご様、コメントありがとうございます!

確かにアニメだと口の周りに溝みたいなモールドがあるようですね。
私はあまり気にならなかったのですが、いざ指摘されてみるとどうにも気になってしまいますw
ZZガンダムにとって左手の握り手は重要でしょうね。よく左手でサーベル持ってましたし…
左右の握り手が付属したことで、なんちゃって平手にも使えるのでそういった意味でも重宝しています。
[ 2015/06/07 14:43 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

サンチェス様、コメントありがとうございます!

私はHGUCのZZを所持しておらず、「可動範囲が狭い」ということは存じ上げているのですが、
まさかここまでとは思いませんでした。本当に残念です。
こういうギミック満載のキットは、時間をかけてでもいいので完璧なものに仕上げてほしいのですが、難しいのでしょうね。
[ 2015/06/07 14:44 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

音波大好き高校生様、コメントありがとうございます!

ブーメランスタッガの指摘、ありがとうございます。
何れにせよディスプレイは難しいです。アームドブースターならともかく、
ブーメランに関しては改造すればどうにかなるというレベルではないかも…
[ 2015/06/07 14:46 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

名無し様、コメントありがとうございます!

バリアとは、スタービルドストライクの光の翼の部分のことでしょうか。
あまり良い評価を得られなかったみたいですね…
[ 2015/06/07 14:47 ] [ 編集 ]

Re: 寧ろ改造前提のキットですね。

ちいさいおおかみ様、初めまして。コメントありがとうございます!

ちいさいおおかみ様はトライオン3の「合体機構」について色々と意見があるようですが、
私としてはそれは問題ではなく、「劇中のポーズを決められない」ということが気がかりなのです。
可動に問題のあるHGUCのZZをベースとするには、トライオン3は役不足な存在です。
バリさんの作画が張り切りすぎたというのも原因でしょうが、やはり可動プラモたるもの、劇中のポーズを再現したいものです。
幸い今では改造用のベースとなる素体がありふれていることが救いでしょうか?
でも、何かモヤモヤするものがあるんですよね…
[ 2015/06/07 14:52 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

アクション重視様、コメントありがとうございます!

アサキンで収録しようにも、色分けの面や超咆剣のような大きな武装の関係上、
市販するのは難しいのでは…? と思います。分割セットにすればどうにかなりそうですが。
せめて足周りの可動が改善されればと思っています。
まあ本家アサキンでは未だZZが収録されてないようですし、目指すとしたらまずはそっちからでしょうね。
[ 2015/06/07 14:54 ] [ 編集 ]

キット化したのはすごいと思う

パッケージデザインはカッコいい、しかしリクトライオンのせいで可愛くなってしまったトライオン3w
最初キット化すると聞いた時、実現できるのかと不安でしたがよくここまでできたなぁと感じました
しかし流用であるZZが少し古く可動がイマイチだったのがまさかここでも出てしまうのは残念です
友人がなぜトライエイジのトライゼータをキット化しないのかと言ってましたが、あれは元々応募作品であり、著作権などいろいろ問題があるからキット化は難しいかなと思いました。でもキット化してくれるといいなぁ・・・
[ 2015/06/08 15:18 ] [ 編集 ]

Re: キット化したのはすごいと思う

レグルス様、コメントありがとうございます!

>友人がなぜトライエイジのトライゼータをキット化しないのかと言ってましたが、あれは元々応募作品であり、著作権などいろいろ問題があるからキット化は難しいかなと思いました。でもキット化してくれるといいなぁ・・・

ご存知かどうか分かりませんが、トライゼータは既にとあるイベントにてROBOT魂で参考出品されてます。
公式アナウンスは未だありませんが、立体化は不可能ではありませんし、もしかしたら発売チャンスもあるかもしれません。
以下のリンクの記事で少しだけ写真撮っているので、良かったら見てみてください。
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/blog-entry-516.html

でもまあ、発売するとしたら比較的安価で済むであろうHGガンプラで欲しいですね。
何れにせよプレバン送りは避けられなさそうな…
[ 2015/06/08 18:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/906-c336f768