今週のバトルスピリッツ 烈火魂 11話

バトルスピリッツ 烈火魂<バーニングソウル> 第11話 「龍虎再び!」

烈火ep11 0

俺氏、またバトスピ大好き声優の生放送見逃す…
元々水曜は遅くまで用事あるからついついリピート頼みになっちゃうんだけどね。
幸村と利家、遂に真の決着へ!
…という肩書上のバーストお披露目回。騒々しいわっ!
観衆がヤジを飛ばして妙に間延び感がある以外は、かなりシンプルなバトル内容でした。

今回バーストとして発動したのは『武将転生』という特定スピリットを復活させ、フラッシュで強化もさせるという、
過去カードでいう五輪転生炎に似たカード。これでセンゴク・アシュライガーとのBP差は1000なので、本当に僅差です。
こんなピンポイントのカードより、汎用性が高くブレイヴを壊せる双光気弾でも入れといたほうが…
…いやいや、あくまでもブレイヴ状態のセンゴク・アシュライガーに勝ってこそのバトルか。
となると、前回の練習バトルは一体何の役に立ったんですかね…?

散々私の予想してきた「Lv4大作戦」は見事にアテが外れました。
これはきっと、この後に控えているであろう兼続戦で使われると期待してもよいのでしょうかね?w
それにしてもネクサス、ブレイヴ、マジック、バーストのお披露目が連続しているとなると、
この1クールはコテコテにバトスピのカードやルール説明を丁重に行う期間なのでしょうね。
そうなると次回明かされるのは… もしかするとアルティメットかな?
そしてアルティメットに対抗するには膨大なBPが必要になるから、それでソウルドラゴンをLv4にして…
お、なんかビジョンが勝手に掴めてきた。でも予告タイトルにあった「忍者」ってアルティメットっぽくないよなぁ…
関連記事
スポンサーサイト

双光気弾はフラッシュタイミングの関係上どちらにせよソウルドラゴン破壊された挙句、フルアタで負けるんですよね
そもそもLv4にするのはいいんですがハガネヴルムがいない現状どうやってセンゴクタイガーとバトルするつもりなんですか?

あと武将転生の蘇生対象は武竜全般な上、BPパンプも腐りづらいのであまりピンポイントでもないんですけどね
[ 2015/06/12 01:58 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

パンダマン様、コメントありがとうございます!

>双光気弾はフラッシュタイミングの関係上どちらにせよソウルドラゴン破壊された挙句、フルアタで負けるんですよね

あっ、なるほど。確かに敵の火力を抑えてもこちらのスピリットがいなければフルアタでやられてしまうんですね。
これはこれは迂闊でした。

>そもそもLv4にするのはいいんですがハガネヴルムがいない現状どうやってセンゴクタイガーとバトルするつもりなんですか?

【連刃】の効果は「相手は可能ならばスピリット2体(できないなら1体)でブロックしなければならない」ですよね?
利家の場にいるスピリットが回復状態のセンゴクタイガー含め2体までであればソウルドラゴンはバトルできるはず…
…という考えなのですが、間違ってますでしょうか?
確かにアニメ本編の状況では他にスピリットがいましたのでバトルはできないでしょうが、
ソウルドラゴンをLv4にする状況であればまたバトル状況は変わってくると思いますので…
[ 2015/06/13 13:45 ] [ 編集 ]

返信ありがとうございます
2つ目について出すが

まずソウルドラゴンをLv4にするにはコアの関係上1ターンかかることは置いとくとして
連刃あるのわかってて利家が回復状態でセンゴクタイガー残すか?ということです。
まず前提として、幸村のCG持ちスピリットはセンゴクタイガーの効果で爆発四散するんで毎ターンアタックされる確率が高いと思われます。
付け加えるなら合体スピリット状態のセンゴクタイガーだとアタックしないはずがないので基本幸村のターンは疲労状態です。

また現状センゴクタイガーの回復効果はソウルドラゴン相手でしか発揮しませんし(イクサとサムライさんはあまりLv3するメリットもありませんしすること自体自殺行為ですし)

私が幸村vs利家戦で最初に思ったことは「こいつどうやって自分のターンでセンゴクタイガーとBP勝負する気なんだろ?指定アタック付加のマジックでも使うのか?リアルだとハガネヴルムがいるから第2章の枠つぶしになるんですけど…」ですね

この幸村vs利家戦は幸村に対して多くの制約がある勝負でしたがその分いろいろと展開を考えさせれる一戦でした。
あと長文になってすいません。
[ 2015/06/14 16:13 ] [ 編集 ]

>それにしてもネクサス、ブレイヴ、マジック、バーストのお披露目が連続しているとなると、この1クールはコテコテにバトスピのカードやルール説明を丁重に行う期間なのでしょうね。

というかはこの辺はこれまでの作品でもそんな感じだったかと
もう一つ言えば究極ゼロから約半年のみとはいえ一応アニメとして考えればインターバルがあったわけだから改めて説明するのは必須だと言える
確かに究極ゼロまで見ていて尚且つ烈火魂も継続してみている輩達からすれば不要と考えるだろうけどここからバトスピ始めようと考えてるのもいることからすれば時間掛けても丁寧にやるのは不自然でもない
(前番組での某ガンプラアニメなんかはそういうやるべき基本的なことをまったくやらないから新規会得もまともにできてない)

確かに「今更バトスピの基本なんてやるのは無駄無駄」と言うのは簡単だがこれまでのTVシリーズがトータル6年間やれていたのはそういう基本をシリーズ毎になってもキチンとやるからこそ新規も会得できてるという結果もある
丁寧にやるのを無視して妙な方向性にやって逆に新規も会得できずに人気も落とすのでは意味がないというのは断言できる
[ 2015/06/14 19:34 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

パンダマン様、コメントありがとうございます!

なるほど、そもそもLv4にしたところでバトルできる可能性が低いんですね。
バトルするには指定アタック効果で無理矢理攻撃するか、マジックなどで奇襲をかけるしかないと。
そう考えると武者転生での奇襲は理にかなった展開だったんですね。
しかしそれだと練習戦での雑魚スピリット軍団との戦いがますます何だったのか…w
丁寧な解説、ありがとうございました。
[ 2015/06/15 12:19 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ラグナ様、コメントありがとうございます!

勘違いされてるかもしれませんが、私はこういった説明を丁重に行う流れを「駄目」だなんて思っていません。
むしろ今までにない堅実さで驚きを覚えていたところです。
ラグナ様の意見とは異なりますが、私の中では過去のバトスピ作品は「新効果のみしっかり説明し、それ以外は気持ち程度」
といった感じです。究極ゼロは新効果の説明ですら杜撰と感じていましたが…

ただ堅実にルール説明に徹しすぎるということは、言い換えれば地味な展開の連続でもあり、
作品の特徴を印象付ける貴重な1クール目にとっては、却ってこの流れが仇となってしまうのではないか? と不安に思っています。
VS利家戦前の練習バトルの荒唐無稽さといい、監督や脚本がまだバトスピに慣れてないのではないか? というような印象も感じました。
ただルール説明を無碍にすることはよくないことですし、その辺の匙加減というのは難しいものですね。
[ 2015/06/15 12:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/910-5bdb6c72