今週は手裏剣戦隊ニンニンジャー 16話

手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの16 『父ツムジはスーパー忍者!?』

ニンニンep16 0

忍びなれども忍ばないクセに都合のいい時だけ忍者宣言
忍者ってなんだろう(哲学)
私はこういう話を最初から望んでいたナリ。
スーパー戦隊…というかこういう連続ドラマたるもの、脇役を無碍にしてはなりません。
矢柴さんもやっとこさ本格的なお芝居ができたようで、すごく楽しそうでした。
父の日との絡みも兼ねた日常回でしたが、流石毛利脚本、キッチリ纏めてくれましたね。
やっぱり脇役が活躍するお話というのは見ていて気持ちがいいです。

いつもの5人も変にでしゃばろうとせず、描写を旋風父さんを中心に、子供である天晴と風花を添えて描いてくれたのも好印象。
息子たちを助けるために奇跡の力で忍術を放った旋風父さんは今までの不遇さを払拭する活躍でした。
きちんと忍術が「その場限り」だったのもオチとしていい感じに纏まってますね。
これで好天爺ちゃんも陰で見守ってくれればベストなんだろうけど、あの性格じゃ難しいか。ギャラも高そうだし。

東映公式によればこの話は毛利氏が自ら名乗り出て「やりたい」と言ったお話だそうです。
つまりは下山氏じゃ考えもつかなかったお話なわけです。あの人じゃ何もかもやろうとして結局中途半端に終わるだろうし…
毛利氏は以前から矢柴氏との交流もあったようで、正に適材適所なメンツで作られたお話ということなのでしょうな。

でも来週から下山さんが脚本に戻るようです。インターバル短すぎィ!
関連記事
スポンサーサイト

今日、近場のイオンでやっていたGOプリショーでクローズさんの生存を確認

割とメジャーな妖怪に転生出来て良かったと思ったニンニンジャーですが。
一言、「こうも違うか!」と言わしめてしまう回でしたね、メンバー全員妙に冴えてましたし。
仰るように話の主軸が旋風パパに定まっていたのが大きいです(゚∇^d)
天晴&風花には「敵を欺く為に一芝居うつ」事と「落胆する父親を励ます」という行動が一致してますし。
ラストの万年筆のプレゼントで締めくくる綺麗な単発回と言えます。
 毛利氏はこの話を是非入れたいと意気込んでいましたがテーマの一つである
「3世代のニンジャ」という物をこう言った形で表現するのは良い試みです。
只まぁスイートもそうなのですが「本筋に絡まないサブライターの回の方が面白い」現象ではあるのですが…
 次回はキンジの弟子入りに関わるシナリオですからしょうがないのですが。
下山氏にはもう少し休んで貰っても良いのですがね…(;^_^A
[ 2015/06/14 19:07 ] [ 編集 ]

Re: 今日、近場のイオンでやっていたGOプリショーでクローズさんの生存を確認

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

今回のニンニンジャーは正に「お前のような脚本を待ってたんだよ!」といった話でした。
メンバー(特に天晴)がバカっぽく見えないんですよね。「燃えてきたー」とバカの1つ覚えのように連呼しませんし。
きっちり「ニンニンジャーのエース」っぽく佇んでいたと思います。
尤も今までの積み重ねから彼がニンニンジャーとして立派な存在かといわれたら…うん。
話の本筋の回は仕方ないとしても、日常回に関しては積極的にサブライターの方を起用してほしいです。
物凄く変な要望だと思いますが…
[ 2015/06/15 12:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/913-b8b77dc0


手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの16「父ツムジはスーパー忍者!?」

手裏剣戦隊ニンニンジャーの第16話を見ました。 忍びの16 父ツムジはスーパー忍者!? 突然、襲ってきたジュッカラゲに天晴達が応戦するが、ジュッカラゲだけで妖怪はいないようだ。 帰り道、尾行されていることに気付いた天晴達は忍者の基本中の基本である尾行を巻くことなど朝飯前だといく手にも別れ、尾行を巻く。 「忍者を簡単に尾行できると思ったら大間違いだ」 そんな中、買...
[2015/06/14 11:42] URL MAGI☆の日記