HGUC 1/144 ガンキャノン (HG -REVIVE-) レビュー

Guncanon2015001.jpg
HGUC 1/144 ガンキャノン (HG -REVIVE-)
メーカー小売価格:1296円

商品名は旧版と殆ど同じ。(旧版の方は型番名が付いている)
これじゃ紛らわしいし、「ガンキャノン買ってきてよ!」とか言ったら旧版の方を買ってきてしまう危険性も…
オリジンみたいにHGUC表記はやめてもよかったんじゃないかなぁ。

というわけで、HGUC 1/144 ガンキャノンをレビューいたします。

※当記事で紹介しているキットはパチ組みの状態です。ホイルシールは付属しません。
・本体のデザインについて
・可動範囲について
・付属品について
・ブンドドについて
・総評

Guncanon2015002.jpg
RX-77-2 ガンキャノン

一年戦争のV作戦により開発されたRXシリーズの1機で、同じRXシリーズであるガンダム、ガンタンクと共通規格のコア・ブロック・システムが採用されている。

地球連邦軍初のMSガンタンクは、次世代の主力戦車 (MBT) として開発が進められていたRTX-44を急遽転用したものであったため、
MSとしては機動力が低く種々の問題を抱えるであろうことは明らかであった。
このため、続くこの機体では、ガンタンクにおいて発生した機動性の問題を解決すべく二足歩行型として開発に着手した。
このとき、地球連邦軍では二足歩行型試作ロボット「RXM-1」が開発されていたため、
このデータを基に開発が進められた他、鹵獲したジオン公国軍のザクの実戦データも反映された。
こうして完成したガンキャノンは、ジオン公国軍のMSと比べてもひけをとらないものとなり、
初期試作型のRX-77-1に続いてRX-77-2として本機がジャブローで6機製作され、そのうち3機がテストのためにサイド7へ送られた。
その後、テスト中にジオン公国軍の強襲を受け、2機が破壊され、残った1機がホワイトベースで運用されることとなった。


HGUCのトップバッターであり、ガンダム・ガンタンクらと共にホワイトベースを守り抜いた名MSが満を持してリニューアル。
リニューアル順も当然ながら(?)トップバッター。つくづく重い使命を背負わせられるMSですこと。
旧版は古参キットながらも、現代でも引けを取らない出来栄えで多くのファン達の支持を得たガンプラでしたが、今回は如何に?


-Design-


Guncanon2015003.jpg

Guncanon2015004.jpg
フロント&リアビュー。
一言で言うなら「スタイリッシュ」。外箱には「マッシブなプロポーション」と書かれていましたが、
小さい頭部、シャープになった肩キャノン、細くなった四肢を見るあたりはどちらかと言えばスマートになったと言えます。
正に現代風にリファインされたガンプラという感じ。
また記事冒頭にも書いたように、当キットにホイルシールはありません。


Guncanon2015041.jpg
旧版(右)との比較。
ボテボテだったプロポーションがいかにスタイリッシュになったかお分かりでしょうか?


Guncanon2015005.jpg
頭部。センサーはクリアパーツで再現されています。
珍しく内部にシールを貼らないので、少々安っぽく感じるかも。裏地を銀塗装してあげたいところ。


Guncanon2015006.jpg
後頭部アンテナは一体成型パーツ。


Guncanon2015007.jpg
キャノンは旧版よりも細長くなっています。造形面にもモールドが増えました。


Guncanon2015012.jpg
胸。パーツ構成もデザインも、殆ど旧版と一緒。


Guncanon2015011.jpg
バックパック。側面のバーニアが丸っこくなりました。
ちなみに本体との接続は二軸タイプ。ハイモックと同じなので拡張性も高いです。


Guncanon2015008.jpg
肩。やはりというかパーツ構成はモナカ割り。ただモールドに見えなくもない…?


Guncanon2015009.jpg
腕。関節が新規デザインになった他、腕自体も少し細くなりました。


Guncanon2015010.jpg
裏から。関節のデザインはシマシマです。


Guncanon2015021.jpg
ちなみに本体から外してみると、接続軸の上に謎の穴が。
パーツを脱着する時用の穴でしょうか。


Guncanon2015013.jpg
フロントアーマー。中央の黄色いパーツが少し大きくなったかな?


Guncanon2015014.jpg
脚。中央のモールド線もしっかり引かれています。


Guncanon2015015.jpg
でもやっぱり後ろから見ると合わせ目が目立ちます。いっそモールド化してもいいかも。


Guncanon2015016.jpg
足。優秀なパーツ構成のおかげで合わせ目は殆ど目立ちません。


-Movable-


Guncanon2015017.jpg
首は左右に触れるほか、上部にもきっちり動きます。


Guncanon2015018.jpg
肩キャノンは90度ほど可動。接続軸の関係で、左右に振ることはできません。


Guncanon2015019.jpg
腕関節はきっちり曲がりますが、肩は残念ながら水平まで上げられず。


Guncanon2015020.jpg
引き出しもきちんと可動します。


Guncanon2015022.jpg
腰も問題なく一回転可能。


Guncanon2015023.jpg
ちなみに胴体内部にもジョイント軸が設けられたので、少しだけ腰を倒すことが可能。


Guncanon2015024.jpg
脚関節もきちんと曲がります。膝立ちも余裕。


Guncanon2015025.jpg
開脚はこの程度。足首も動くことは動きますが、開脚には追い付いてない様子。


Guncanon2015026.jpg
ちなみに足は接続の関係上、こんな感じで浮かすことも可能。

総じて可動は旧版の上位互換。願わくばもう少し肩を引き出せたらなぁ。


-Items-


Guncanon2015027.jpg
付属品。スプレーミサイルランチャーは残念ながら未付属。


Guncanon2015028.jpg
マーキングシールも付属します。


Guncanon2015029.jpg
ビームライフル。大きさは旧版と殆ど同じ。


Guncanon2015030.jpg
スコープ内部もちゃんと色分けされているという拘りよう。


Guncanon2015031.jpg
両平手は旧版と違い角度はついていません。


-Bundodo!!-


Guncanon2015032.jpg
ガンキャノン、でるぜい!
オリジンザクと違ってきちんと股下に3mm穴が開いてて一安心。


Guncanon2015033.jpg
ライフルのグリップを左手で添えるポーシングもきっちりできるように。


Guncanon2015034.jpg
膝立ち射撃シーンも。技術の進歩がうかがえます。


Guncanon2015035.jpg
キャノンを撃つ際に腰を落とす姿勢も、新しいフォーマットのおかげで安定性が増しました。


Guncanon2015036.jpg
とにかく旧版と比べて、筆者の望んでいた「自然なポーシング」がきっちり再現できるように。


Guncanon2015038.jpg
ガンダム無双とかでやってたポコポコ殴り走るシーンも…


Guncanon2015037.jpg
いっそ種撃ちっぽくスタイリッシュなポーシングも。
プロポーションが一新されてるので不似合というわけでもないですね。実際箱絵もそれっぽいし。


Guncanon2015042.jpg
とにかく落ち着いたポーシングも、いっそのこと派手に動かしまわるのもアリな可動領域。


Guncanon2015039.jpg
でも残念ながら、メモリアルアクションシーンの出来栄えに関しては劣化してるかも…
平手の角度がついてないせいで、「四つん這い」というよりは「寝そべっている」ような感じに。
よく見ると脚浮いちゃってるし…


Guncanon2015040.jpg
別角度から。
キャノンの位置も旧版より前になった為、見栄えの面で頭部とのバランスが悪くなってる印象。
とは言っても個人差によるかな…?


Guncanon2015043.jpg
以上、HGUC 1/144 ガンキャノンのレビューでした。



◆評価点
・良好なプロポーション&可動
・ホイルシールいらずの秀逸な色分け


◆不満点
・スプレーミサイルランチャー未付属
・メモリアルアクションシーン(便宜名)の出来栄えの違和感


総合オススメ度:★★★★★

ガンプラとしての完成度は文句なしです。流石最新フォーマットといったところ。
以前の旧版のレビューで私が挙げていた希望に関してもきっちり再現されています。
プレイバリューを広める為にはスプレーミサイルランチャーは是非欲しかったのですが、
劇中でも使ってない武装ですし、未付属なのも仕方ないと見るべきですね。

先述した、四つん這いでキャノンを撃つ「メモリアルアクションシーン」の違和感はやはりどうにも気になります。
スタイリッシュさを求めた反動がここに来てしまったということなのでしょうか。
とはいえそれ以外の面ではほぼ旧版の上位互換と言って差し支えないです。
「一芸特化の旧HGUC版と、ポーシングの幅広さを持つHG-REVIVE-版」といったところでしょうか。
値段も近年のガンプラでは安価ですし、HG-REVIVEブランドを支えるためにも買っておいて損はないですよ。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/06/18 20:05 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(10)

これから先、きっとオリジンガンキャノンも控えてることもあってか、アレンジ最小限でいい感じですね。
ガンキャノンは上半身がスッキリしてるのが最低条件だと思うんですが、うまくクリアしてますよね。
[ 2015/06/18 22:31 ] [ 編集 ]

レビュー乙です
ミサイルランチャーはまあ値段抑える的な意味で仕方ないのかもしれないですが
角度が付いた平手くらいは欲しかったですね…
[ 2015/06/19 02:11 ] [ 編集 ]

FFⅧでは(●モみたいな)アンジェロの名前を「ジム」に変えて遊んでもいましたw

どうも、FFⅦもそうですがまさか「シェンムー3」の開発も発表とは日本のメーカーは背水の陣じゃないか?任天堂以外は
と勘ぐるソバスチンです、クラウドファウンディングで「200万ドルポンとくれたぜ!」とはこの時代ならではです。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm26499812
http://www.nicovideo.jp/watch/sm26501627
日本人ももっと素直に喜ぶべきかもしれませんが…ガンプラ開発もクラウドファウンディングでなんとかならないのでしょうか?

文字通り生まれ変わったHGUCガンキャノンですが、デザインは若干シャープになった印象ですね。
可動に関しては更に進化したようで(゚∇^d) 連ジで何故か無駄にバリエーションの多い格闘モーションもイケそうですw
対して例の「ヒゲダンス手首」が付かないのは残念です、岩場や遮蔽物のジオラマを手前に置けば
メモリアルアクションも上手く誤魔化せそうですが…(━_━)ゝ
 パーツ色分けも十分でシールがマーキングのみなのも特筆すべき点でしょう。
そのマーキングシールですが、劇場版でのカイ機のC108とハヤト機のC109が代表的ですが。
更にある203という数字はPS3ゲームの特典「機動戦士ガンダム戦記 アバンタイトル」登場したパイロット不明の機体です。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12405845
ジオン側の主人公エリクの乗るゲルググを圧倒していましたが、これがカイやハヤトだったら撃墜されていたらしいです。
と、一年戦争を通して高性能MSとして君臨していたガンキャノンもオリジンではヤラレメカですからギャップが激しいです(^▽^;)
[ 2015/06/19 13:05 ] [ 編集 ]

ブンドドの問題は旧作と上手く使い分ければいいかな

新しく生まれ変わったガンキャノン、初めのころは不安だったのですがとてもいい出来になったかと思います(しかし値段が高い!!
あまり印象のない浴びせ蹴りもできそうでお金に余裕ができたら即買いますw
メモリアルアクションシーンは旧作で補うとしか言えませんね
HG-REVIVEのガンダムやフリーダム、そしてMk-Ⅱも良いキットになってくれると思います(ジム出てほしい・・・
[ 2015/06/19 22:28 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

児斗玉文章様、コメントありがとうございます!

なるほど、オリジン版のガンキャノンのことをすっかり忘れていました。
キャノンやバックパックのデザインが違うみたいですね。立体化したら比べてみたいです。

>ガンキャノンは上半身がスッキリしてるのが最低条件だと思うんですが、うまくクリアしてますよね。

無駄のないデザインですからね。アレンジ控えめで正解でした。
[ 2015/06/21 00:12 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

アクション重視様、コメントありがとうございます!

とりあえず今回のHG-REVIVE-版は旧版とは別方向で完成度を高めているので、完成度には満足してます。
角度のついた手首に関しては、この後発売されるビルドナックルズに期待してみたり…
[ 2015/06/21 00:13 ] [ 編集 ]

Re: FFⅧでは(●モみたいな)アンジェロの名前を「ジム」に変えて遊んでもいましたw

ソバスチン様、コメントありがとうございます!
ラングといいシェンムーといい、最近のゲーム業界は古いものを掘り当ててばかりですねw
オーパーツでも探してるのでしょうか?w

HGUCガンキャノン、個人的には満足です。ソバスチン様的にはアリですか?
ヒゲダンス手首に関しては、ビルドナックルズに頼るか、もしくは地形次第で何とかなりそうですね。
接地している部分が必ずしも平坦な土地とは限りませんしw

>更にある203という数字はPS3ゲームの特典「機動戦士ガンダム戦記 アバンタイトル」登場したパイロット不明の機体です。

一部ではジョブ・ジョン機なんて噂もあったみたいですが、補欠要因の彼がそこまで強いわけありませんねw
元々は中距離支援型のガンキャノンがゲルググを圧倒するなんて…
件の彼をガンダムに乗せたらアムロといい勝負ができそうですね。
[ 2015/06/21 00:22 ] [ 編集 ]

Re: ブンドドの問題は旧作と上手く使い分ければいいかな

レグルス様、コメントありがとうございます!

>しかし値段が高い!!

大手家電量販店とかなら1000円以下でお求めできるはずですよ。
懐事情が大変でしたら、そこは財布と要相談ですw

>HG-REVIVEのガンダムやフリーダム、そしてMk-Ⅱも良いキットになってくれると思います(ジム出てほしい・・・

正直過去のHGシリーズを全部作り直してほしいと言いたいぐらいですw
第1弾のガンキャノンが確かな作りですから、今後もきっと大丈夫でしょう。
HGUC第2弾のギャンはかなり残念なキットとして有名ですが…
[ 2015/06/21 00:54 ] [ 編集 ]

サンダーフォース

ちょっと前の他スレの話題ですいませんが九十九百太郎さんの名が出て驚きました。氏の同人CD、いくらか持ってます。


今回の新キット、通しナンバーなんですね。ガンダムG30thみたく別ブランドと思ってましたので。たしかに新規のユーザーは混乱しそうですね。例のナンバーの件込みで劇場版扱いとかのほうがって気がします(ガンダムさんも同様)

キットのスタイリッシュすぎる体型が賛否両論っぽいかもしれませんがいいんじゃないでしょうか。旧版とミキシングとか流行るかもですが…。何より低価格!30th版またはリバイブ版ガンダムさんと並べるのが楽しみです♪


中途半端なヒゲダンス手首が残念、今度の次元ビルドナックル待ちですな♪こちらの写真だとHGゴッドガンダムのお姫様だっこ用手首に見えました(笑)
[ 2015/06/21 22:51 ] [ 編集 ]

Re: サンダーフォース

酢ダコ様、コメントありがとうございます!

旧版とのミキシングですか…
プロポーションが違いすぎるので、下手に混ぜるのは危険そうです。
如何に旧版のプロポーションを保ちつつ可動範囲を上げるか… という点で改造が進むかも?

>こちらの写真だとHGゴッドガンダムのお姫様だっこ用手首に見えました(笑)

手の開き具合とか絶妙かもしれませんw
[ 2015/06/23 01:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/918-557c7b53