ここにブログのタイトルを入れます

フレッシュプリキュアの最大の魅力とは何と言っても、
番組の良い点も悪い点も全部ひっくるめて「mktn」の一言がカタが付くことだと思う。


異論は大いに認めます。
WOLTです。おはこんにばんは。
この度で当ブログも60万アクセスを達成いたしました。
毎日多くのアクセスを頂き、本当にうれしく思うばかりです。
夢の100万アクセスも折り返し地点を通過いたしました。
最近ではガンプラ記事などを通じてコメントの書き込み数も増えましたし、多くの方々と交流ができることを喜ばしく思います。
より多くの方々と触れ合うためにも、より一層努力していきたい…ところです。私の体力が持つ限りはw


そろそろ6月もおしまいです。
そこまでムシムシと暑い日は少なく、今のところエアコンの出番もありませんが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
私はPC買い替える為に自室の整理をしていました。
今まで保留していたものも、思い切って一気に捨てることにしました。
その中でも、筆者が一番長い間付き合っていたと思しき玩具をちょっとだけ取り上げたいと思います。


DSC05148.jpg
それはウルトラマンのソフビシリーズです。
私は生まれた頃からウルトラマンが大好きで、親にねだってはこういうミニフィギュアを集めていました。
今の私の「特撮好き」の根底には、このウルトラマンがあることには間違いありません。


DSC05149.jpg
私の生まれる前から生産されているものなので、相当古いです。
見ての通りところどころ歪んでいたり、自立がまともにできなかったりと、かなりボロボロの状態です。
小さいころはよく遊んでたっけなぁ。


DSC05150.jpg
共に幼少期を過ごしてきたウルトラマンシリーズですが、最近ではめっきり「ウルトラマンとは過去の存在」と思うようになりました。
最近のウルトラマンの、ようわからん武器を振り回したり怪獣の力を使って戦ったりなど、
昔とは比べ物にならないほど変わり果てた姿に物凄く困惑しました。確か最新作はカード使って変身するんでしたっけ?
もはや私の知っているウルトラマンはどこにもいません。


DSC05151.jpg
ウルトラマンを熱心に見ていたのは「ネクサス」や「マックス」あたりが最後です。
特にネクサスは、そのダークすぎる作風から一瞬のうちに虜になりました。
やたら展開がグロかったり、ネクサス(特にジュネッス)がボコボコにされるなど陰湿な展開が見受けられましたが、
それを補って余りある魅力が私を魅了してくれた、最高のウルトラマンだと思っています。


DSC05152.jpg
そんな私の思いを打ち砕いてくれたのが、巷でファンを騒がせているエイプリールフール企画でした。
そこにはあのダークな作風がウリなネクサスやダークザギが、あろうことか公式本人の手によってお笑いのネタにされていました。
その時点で、私は思わざるを得ませんでした。
「コイツら真面目にコンテンツを育てる気あるのか?」と。
プライドを捨ててまで笑いをとりにく姿勢はある種評価に値しますが、決して公式でやってほしくないことです。
そこにシビれもしなければあこがれもしません。ただただ呆れるばかりです。
こんなにも、ウルトラマンは変わり果ててしまったのか、と…


DSC05153.jpg
何もネタに走るのは昨今どのコンテンツでも見られることですし、最近では仮面ライダーでも積極的にオンドゥル語文化を取り入れています。
でもああゆうネタはファン発祥だからこそ「コンテンツが愛され続けた結果」、公式にも認められたものであって、
ウルトラマンの場合は「苦し紛れのウケ狙い・話題作り」であることがもう見え透いていて気持ち悪いんです。
そんなこと、仮にも子供たちの夢を守り育むヒーローの姿勢として見せてほしくはなかった…
経営状態のカツカツっぷりは最早隠す気はないようですが。


DSC05154.jpg
私の意見に参道してもらう必要はありません。あくまでも時代の変化を受け入れられなかった者の戯言です。
件のエイプリルフール企画を楽しんでる方も多くいるみたいですし、なんだかんだでウルトラマンというコンテンツは存続してるのですし。


DSC05155.jpg
ウルトラマンは私の幼少期を支えてくれた大事なヒーローです。
ネクサスは大好きなウルトラマンです。ティガもガイアも大好きです。その事実は変わりようがありません。
ですがそれらは全て過去のものです。私にとってウルトラマンは今に生きてません。
ですから、思い出はフィルムに保存し、玩具は燃えないゴミの日に捨てます。
ありがとう、ウルトラマン。さようなら、ウルトラマン…


…あ、でもULTRA-ACTは気に入ったのあったら買います。
ついでにその時の為に怪獣のソフビも残しておきます。なんだかんだで好きなのよね、俺。

さて暗い話でシメるのもアレなので、最後に恒例の記事ランキング。

1位:RG 1/144 ダブルオーライザー
2位:HGBF 1/144 ガンダムジエンド
3位:HGBF 1/144 クロスボーン・ガンダムX1フルクロスGBFT
4位:HG 1/144 シャア専用ザクⅡ
5位:HG ガンダム G-セルフ(アサルトパック装備型)
6位:HGUC 1/144 クロスボーン・ガンダムX1改
7位:HGBF 1/144 ディナイアルガンダム
8位:カテゴリ「ガンプラ(HG)」
9位:RE/100 ガンダム試作4号機 ガーベラ


…安定のガンプラ勢が上位に食い込んでおります。
1位に堂々輝いたのはダブルオーライザーです。やはりRGは注目度高いですね!
あとは8位に輝いたのがまさかのカテゴリだったというのも驚きです。
私のブログの過去のHG記事にも興味を持っていただけたのでしょうか?
ウチのブログ、コメントのHNに「通りすがり」という表記が多いのですが、できれば通り過ぎないでほしいなぁw
まあいずれにせよ、今後も私の好きなように運営していく予定です。
「ついて来れる奴だけついてこいッ!」ってとこですかね。結局通り過ぎてしまう人多そう…

それでは次の70万アクセスが訪れるその日まで。
皆様、今後もよろしくお願いいたします!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/06/24 16:10 ] 雑記 | TB(0) | CM(16)

そう言わずもう一度メビウス、大怪獣バトル、ゼロ、ギンガ等のウルトラシリーズを本腰入れて見てみてはどうでしょうか?かつて人気を博した超闘士激伝もメビウス主役の新章がWEB連載中ですし
素晴らしい物を過去の物にして燃やしてしまうのはもったいない事ですよ?
[ 2015/06/24 16:37 ] [ 編集 ]

「通りすがり」…

恐らく、「世界の破壊者」こと「おのれ、ディケ○ド」さんではありませんか?

羽に絹着せぬ文章は、私は魅力の一つと受け取っています。

ですが、色々な方が見ていることと思いますので、炎上にはお気をつけ下さいませ
[ 2015/06/24 16:49 ] [ 編集 ]

早いものですな…

ウルトラマンはいろいろ長く続いてますよねー…
親がセブン大好きな影響もありその辺が好きなわけでしたりするわけですが…

そしてこのランキング、ガンプラしかないw
まさかここまでとはな…
友人に塗装依頼されてるの早く完成させないと…

ちなみに私、他のブログではよく通りすがりを名乗って張り付いてたりしちゃうわけですがこれもう通りすがりって言わないような気が…
[ 2015/06/24 18:45 ] [ 編集 ]

通りすがりのみゆきちファン改め

HNを『オパークル』とさせて頂きます、今後ともよろしくおねがいします。
名前の由来はMLPのトワイライトスパークル(ナスビ)とジュエルペットのオパール(カバ)を掛け合わせた物です。
ラリティのネコの名前もオパールですからややこしいですけどw

60万アクセスおめでとうございます、私はガンダムはOO以降たまにしか見てないですし。
ガンプラも久しく購入していませんでしたが、先日ガンキャノンを完成させました。
ガンキャノンがと言うか最近のガンプラがここまで手軽でカッコいいとは驚きましたw
かのRX-78も発売が近いそうでついでに買ってみようと思います。

ウルトラマンは最近の展開は良く知りませんが最新作のデザインや設定を見ると確かに首を捻りたくなりますねw
コメディ寄りの作品と言えば「ウルトラマンゼアス」は結構好きでした、とんねるずが主演で。
いわゆる「仮面ノリダー」のような世界観なのですがコントとしても特撮としても妥協のない作りで至って真面目にバカをやってます。
出光のガソリンブランドの名前を使ったタイアップ企画なので派生やコラボがし難いのが欠点ですが。

色々コメントしましたが、プリキュアとみゆきち関連で微力ながらコメントで話題を提供できればと思いますので
100万アクセス目指して頑張ってください、では。
[ 2015/06/24 20:23 ] [ 編集 ]

残念キタエリブルーはプリキュアで生まれました、まどマギの発明品ではありません。

どうも、“3D字幕版”で「マッドマックス 怒りのデス・ロード」を観てきたソバスチンです。
劇場前では「ラブライバー」と呼ばれるヒャッハーが大挙していて怖かったですw( ̄ロ ̄lll)
私はAKIRAやメタルマックス、北斗の拳等の影響を受けた作品を切っ掛けにシリーズに触れましたが
これらの作品のどれかが好きな人なら十分に楽しめる傑作です(^-^*)/作中は殆どアクションで過激なシーンもありますが
シナリオは過不足なく丁重でラストは爽やかに幕を閉じますし、10月発売予定のゲーム版も出来がよさそうです。
パシフィック・リムに続いて2回目も観ようかと思います、せっかくだから4DXかMX4Dで。

さてWOLT様、60万アクセスおめでとうございます\(^◇^*) 最早記事ランキングと言うよりガンプラ注目度ランキングですねw
ダブルオーライザーがトップとは意外です、RGは購入に慎重にならざる得ないという現れかもしれません。
 オパークル様がコメントしたゼアスは懐かしいですねw「マイドカードの歌」は当時学校で流行りましたw
ゼアスの人間体、朝日勝人を演じるのは当時とんねるずのマネージャーの関口正晴さんだったんですよねw
バラエティ番組でも度々出ていたので結構知名度もありました。
番組美術のスタッフがアイドルになった野猿とか昔の「バラエティの内輪ネタ」は質が高く良かったんですけどね…(;^_^A
[ 2015/06/24 22:31 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

電様、コメントありがとうございます!

電様は熱心なウルトラマンファンでいらっしゃるようですね。
メビウスは少しだけ見ました。あと大怪獣バトルの映画も1つだけ見ました。
そこそこ面白かったですが、メビウスも大怪獣バトルも正直、出てくる怪獣とかの「懐かしさ」からくる面白さで、
作品そのものの評価は正直言って可もなく不可もなく、といったところです。
昔よりもはるかに特撮に関しては知見も増えましたし、恐らく昔ほどウルトラマンが楽しめない体質になってるのでしょう。
何か機会があれば見ようかと思います。機会があれば…
[ 2015/06/25 00:18 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

メイジン見習い様、コメントありがとうございます!

>「通りすがり」…
恐らく、「世界の破壊者」こと「おのれ、ディケ○ド」さんではありませんか?

なんと!? このブログも既にヤツの手によって破壊されてしまったというのですか!
おのれブログの破壊者め! ヤツは一体なんなんだ~!

>羽に絹着せぬ文章は、私は魅力の一つと受け取っています。
ですが、色々な方が見ていることと思いますので、炎上にはお気をつけ下さいませ

ご忠言、痛み入ります。
以前から紹介サイトを経由して訪れる方も増えたことから、このブログの認知度も少しずつ高まっているようです。
訪問者が増えるのは大変よろこばしいことですが、気を付けなければならないことも沢山ありますね。
ですがメイジン見習い様が仰るように、このブログは私の「本音」を語る場でありたいのです。
ですからこの先も自分に嘘はつかず、好きなものは好き、嫌いなものは嫌いと真っ直ぐに主張していきたいと思います。
今後もよろしくお願いします。
[ 2015/06/25 00:23 ] [ 編集 ]

Re: 早いものですな…

(´゚д゚`)仮)様、コメントありがとうございます!

>親がセブン大好きな影響もありその辺が好きなわけでしたりするわけですが…

セブンは本人だけでなく、怪獣がやたら○○星人やロボット系が多かった気がしました。
そういった点も初代マンと違って好きですね。

>そしてこのランキング、ガンプラしかないw
まさかここまでとはな…
友人に塗装依頼されてるの早く完成させないと…

これも皆様のおかげでございます。
それにしても塗装依頼を受けてるとは中々の手練れと見た。そんな方に見てもらっているとは光栄でございます。

>ちなみに私、他のブログではよく通りすがりを名乗って張り付いてたりしちゃうわけですがこれもう通りすがりって言わないような気が…

しかし当ブログでは(´゚д゚`)仮)と名乗られてるわけですな。
(´゚д゚`)仮)様が来てからほとほと経つとは思いますが、未だに貴方の呼び方が分かりません。
何とお呼びしたらいいんだァー!
[ 2015/06/25 01:22 ] [ 編集 ]

Re: 通りすがりのみゆきちファン改め

オパークル様、コメントありがとうございます!
新HNから、骨の髄までみゆきちさんのファンなのだなぁと実感いたしました…

>ガンプラも久しく購入していませんでしたが、先日ガンキャノンを完成させました。
ガンキャノンがと言うか最近のガンプラがここまで手軽でカッコいいとは驚きましたw
かのRX-78も発売が近いそうでついでに買ってみようと思います。

その心意気や良し! HG-REVIVE-から新たにガンプラを始めるという人も増えてほしいですな。
余談ですが、ガンダムTHE ORIGINのアニメ1話にみゆきちさん演じるキャラクターがいるのはご存じですかな?
もし知っているのであればガンタンク初期型も買ってあげて、どうぞ。シールの貼る必要のない良キットですぞ。

>コメディ寄りの作品と言えば「ウルトラマンゼアス」は結構好きでした、とんねるずが主演で。

私は図鑑などで知ってるだけで、あまり内容は深く知らないです。
確か歯ブラシで変身するウルトラマンですよね? 図鑑に「少し頼りない」と書かれていて「オイオイ!」と思ってしまいました。
コメントを読む限りではコメディ路線らしいので、頼りなくても問題はなさそうですねw

>色々コメントしましたが、プリキュアとみゆきち関連で微力ながらコメントで話題を提供できればと思いますので
100万アクセス目指して頑張ってください、では。

今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2015/06/25 01:32 ] [ 編集 ]

Re: 残念キタエリブルーはプリキュアで生まれました、まどマギの発明品ではありません。

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

マッドマックスって映画新しくやってたんですか! 知らなかった…
内容はご満足いただけたみたいですね。それにしてもどの業界でもオーパーツ求めて奔走してるみたいですね…^^;
ラングの出来栄えはどうなるだろう… クロスノーツの影を引っ張らなければいいのですが。

>早記事ランキングと言うよりガンプラ注目度ランキングですねw
ダブルオーライザーがトップとは意外です、RGは購入に慎重にならざる得ないという現れかもしれません。

うむ、ガンプラ注目度ランキングとは言いえて妙ですね。
RGがトップなのは、私は妥当だと思います。
毎週ホイホイ発売されるHGと違い、MGやRGのリリース頻度は非常に低めなので、注目を浴びるのも当然かと。

ゼアスに関しては…正直オパークル様の返信とほぼ同じ内容になってしまいますが…w
写真には写ってないのですが、実はゼアスのソフビ事体も所持していたのです。
それが撮影時になると途端にどこかへ消えてしまって…
入念に探せばあるとは思いますが、そこまで乗り気にはなれないので… まあ、放っておけばそのうち出てくることでしょうw
[ 2015/06/25 01:41 ] [ 編集 ]

こんにちは、75systemです。

60万アクセスおめでとうございます(^_^)! 今後もこのブログが発展するよう祈ってますよ!!

あとソフビシリーズの状態がかなり良いですね~。 よほど大事に保管してたんですね( ̄▽ ̄)
[ 2015/06/27 23:05 ] [ 編集 ]

SEGAサターンしろ!?

60万アクセスおめでとうございます♪


こちらのブログ、早耳さんからのレビューがきっかけで知りました。以降もHGガンプラの画像検索からこちらに辿り着いて「あ、WOLTさんとこだ♪」な感じが続いてました(笑)

さらにまさかのラングリッサーシリーズのレビューに驚きましたね。何故に今頃って感じで(爆)(すいません)サターン持ってますがこのシリーズは全く手を出さなかったです。ソウルハッカーズにシャイニングフォース3、ギレンの野望とか遊んだんですけど。


ガンプラレビューはもちろん、ゲームの雑記を楽しみにしてます。長文駄文失礼しました。
[ 2015/06/28 12:59 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

75system様、コメントありがとうございます!

>60万アクセスおめでとうございます(^_^)! 今後もこのブログが発展するよう祈ってますよ!!

ありがとうございます。励みになります!

>あとソフビシリーズの状態がかなり良いですね~。 よほど大事に保管してたんですね( ̄▽ ̄)

実を言いますと、「保管していた」というよりも「放置していた」といった方が適切な表現かと…w
幼少時に遊んでる時はかなり乱暴に扱ってたんですけどねw
ただ、カビとか生えなかったのは幸いだったなぁと思います。
[ 2015/06/29 12:18 ] [ 編集 ]

Re: SEGAサターンしろ!?

酢ダコ様、コメントありがとうございます!

>こちらのブログ、早耳さんからのレビューがきっかけで知りました。以降もHGガンプラの画像検索からこちらに辿り着いて「あ、WOLTさんとこだ♪」な感じが続いてました(笑)

早耳さんの影響は素晴らしいですね… 拾っていただいて幸いです。
私の記事が少しでも参考になれればと思っております。

>さらにまさかのラングリッサーシリーズのレビューに驚きましたね。何故に今頃って感じで(爆)(すいません)サターン持ってますがこのシリーズは全く手を出さなかったです。ソウルハッカーズにシャイニングフォース3、ギレンの野望とか遊んだんですけど。

記事にも書きましたが、今頃になってやり始めた理由はラングの新作発売の発表を受けたからです。
知名度が高まった今こそ、紹介する価値があると思いまして。

>ガンプラレビューはもちろん、ゲームの雑記を楽しみにしてます。長文駄文失礼しました。

今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2015/06/29 12:28 ] [ 編集 ]

コメント返信ありがとうございますWOLT様。依然のコメントで言及しようか迷って結局書かったのですが、うーさーのその日ぐらし3期1話のゼロゲスト回を見てやはり昔からのウルトラファンとしてもう我慢ならなくなったので、言いたいと思っていた事を再びコメントさせて頂ます
WOLT様は円谷のエイプリルフール企画を「苦し紛れのウケ狙い・話題作り」とおっしゃいましたが、ああいったいわゆる公式が病気的な企画は、以前の昭和ウルトラシリーズから続く円谷のある意味伝統的な企画です。具体例を上げますと、ウルトラファイトやレッドマンなどでしょうか?これらの企画はかつて円谷シリーズが第一期ウルトラブームが終了し経営難に陥った際、怪獣ブームに乗っかって作られた怪作です。特にウルトラファイトは本篇の真面目な戦闘シーンにまるで似合わない実況解説を付けたり、原っぱで実際使用していたウルトラセブンや人気怪獣のスーツをこれまた妙ちくりんな解説や台詞を付けてボロボロになるまで戦わせるという古参ファン大激怒な内容でした。しかしこれがウケた事により帰ってきたウルトラマンが制作され、ウルトラファイトは見事第二次ウルトラブームの火種となりました。
平成シリーズでもコスモス劇場版とネクサスの間に平成版ウルトラファイトと言える、うるコロが放送されコスモスとネクサスのTVシリーズの間を埋めています
このような低予算で一見悪ふざけ・ウケ狙いに見える企画もウルトラシリーズを支える重要な要素なのです。そしてエイプリルフール企画もこの一つだと思います(あとザギのネタは然程ファン発祥です)
[ 2015/07/04 03:17 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

電様、コメントありがとうございます!

文面から察するに、私の勉強不足だったようですね。ウルトラマンとは長い付き合いのつもりでしたが、迂闊でした。
その為、「苦し紛れのウケ狙い・話題作り」という表現は撤回いたします。申し訳ございません。
ですから表現を変えましょう。「そのようなイベントを催すウルトラマンブランドと今の私では相性が悪かった」、ということで。
記事でも書き記しましたが、ウルトラマンは私にとって幼少期のヒーロー像を確立させた由緒正しきヒーローです。
生意気かもしれませんが、そのような幻想をネットスラングのようなネタによって壊されたくなかったというのが本音に近いです。
電様は以前ウルトラマンブランドを「素晴らしい物」と表現されてましたよね?
そういった物の価値観というのは、やはりどうしても個人によって差が出てしまうと思うのです。
電様のウルトラマンにかける愛情や熱意というものは、同じ特撮ファンの端くれとして尊敬に値します。
エイプリルフールでおふざけするのも、円谷プロにとって貴重な恒例行事であることも同意致します。
ですが、今の私にはそれらを理解してなおブランドに熱や愛を割け切れない心情みたいなものがあるのです。ご了承ください。
とはいえ、電様の熱意あるコメントを頂いてすごすごウルトラマンを見限るのも難ですので、
次回作であるウルトラマンXは真摯に観てみようかな、と思っております。ありがとうございました。
[ 2015/07/05 10:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/927-fd08b499