S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー龍玄・黄泉 ヨモツヘグリアームズ レビュー

DSC05296Ryugen_yomotsuheguri.jpg
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー龍玄・黄泉 ヨモツヘグリアームズ
販売価格:5400円 ※プレミアムバンダイ限定販売

思い返せば、鎧武アーツで一般販売されたのは基本4ライダーとカチドキ&極の6つだけ。
昔のプレバン商品は、一般商品の不足を補うようなラインナップが主体だったのに、立場がすっかり逆転してしまいました。
ついでに値段の上がった。厳しい時代になりましたな。

というわけで、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー龍玄・黄泉 ヨモツヘグリアームズをレビューいたします。
・本体のデザインについて
・可動範囲について
・付属品について
・ブンドドについて
・総評

DSC05299Ryugen_yomotsuheguri.jpg
仮面ライダー龍玄・黄泉 ヨモツヘグリアームズ

ヨモツヘグリロックシードを使用して変身した強化形態。読みは「りゅうげん・よみ」。鎧の色はえんじ色、龍眼の色は薄い緑。
斬月・真の様に名前の後に単語が付いたり、戦極ドライバーのライダーインジケータが変化しているが、
斬月及びバロンとは独立した存在であるゲネシスドライバー仕様の斬月・真とバロン レモンエナジーアームズとは異なり、
龍玄そのものが強化された存在である。装着時の音声は「ヨモツヘグリアームズ! 冥・界・ヨミヨミヨミ!」。
装着時はクラックではなく暗闇からアームズが発生する演出がなされる。兜・ヨモツカブト及び龍眼の色がキウイアームズ、
胸部・ヨモツラングと肩部・ヨモツオオヨロイはブドウアームズと同様の形状に炎の模った紋様の外見となっており、
ベルト下部の前垂れが荒れたような形状になる。装着者の生命力を直接エネルギーに変換し、
格外のパワー・痛覚滅退をもたらし絶大な戦闘能力を発揮する機構となっており、従来のアーマードライダーとは一線を画す戦闘スペックを誇り、鎧武 極アームズとも互角以上に渡り合うほどの戦闘能力を発揮する。
反面装着者に過剰な肉体的反動・体力消費を強制する上、変身を継続すれば装着者の生命力を枯渇させ死に至らしめる危険性を伴う。
ブドウ龍砲・キウイ撃輪の他にオーバーロードの固有武器を召喚することが可能で、
劇中ではレデュエ配下だったシンムグルンの戦斧・ディムブとレデュエのダウを召喚している。
鎧武 極アームズとの死闘の末、光実の身を案じた紘汰の捨て身の一撃によってヨモツヘグリロックシードを破壊されて変身不能になった。
スーツはブドウアームズ、マスクはキウイアームズを改造したもの。当初は龍玄に強化予定はなかったが、虚淵の要望により追加された。


「果たしてお前は果物なのか」と言いたいアームズを纏った龍玄がフィギュアーツにて立体化。
2番目のフォームであるはずのキウイアームズを差し置いての登場に誰もが驚いたはず。
近年はやたら手首が少なかったりする鎧武アーツですが、出来栄えの方はいかに。

-Design-


DSC05300Ryugen_yomotsuheguri.jpg

DSC05301Ryugen_yomotsuheguri.jpg
フロント&リアビュー。

デザインはブドウとキウイを足して2で割り、カラーリングや細部を禍々しくした感じですね。
プロポーションは素体流用のおかげで細くスタイリッシュ。


DSC05302Ryugen_yomotsuheguri.jpg
頭部。パルプアイ内部は恐らくキウイと同デザイン。
塗装もはみ出しが目立たず綺麗です。


DSC05303Ryugen_yomotsuheguri.jpg
胸。概ねブドウと同デザインですが、緑色の丸い部分に炎のようなデザインが描かれているのが特徴。


DSC05304Ryugen_yomotsuheguri.jpg
肩。今までの各アームズはメタリック塗装がされていましたが、今回はノーマル塗装の様子。
設定ではえんじ色のようですが、実際の商品だと少し濃いめっぽい。


DSC05305Ryugen_yomotsuheguri.jpg
ブドウのヘタにあたる部分はきちんとメタリックグリーン。


DSC05306Ryugen_yomotsuheguri.jpg
腕には金色でエングレイブのようなデザインがあしらわれています。


DSC05307Ryugen_yomotsuheguri.jpg
戦極ドライバー。ライダーインジケータ及びロックシードがヨモツヘグリのものに変更。
ロックシードはブドウの色違いですね。


DSC05308Ryugen_yomotsuheguri.jpg
前垂れの部分はブドウよりも長くなり、ところどころ敗れかかってるのが特徴的。


DSC05310Ryugen_yomotsuheguri.jpg
二の足は単なる色違いの模様。


DSC05311Ryugen_yomotsuheguri.jpg
ブドウアームズと比較。
全身ほぼメタリックで煌びやかなブドウと、ライドウェア共々シックな塗装が特徴的なヨモツヘグリ。
特にライドウェアのデザインがシンプルになったせいか、ヨモツヘグリの方が細身に見えます。


-Movable-


DSC05319Ryugen_yomotsuheguri.jpg
ブドウアームズと同じです。そちらを参考に。
前垂れが長くなったものの、膝立ちとかの影響は特に心配ないみたい。


-Items-


DSC05312Ryugen_yomotsuheguri.jpg
付属品。いつにもまして豊富。


DSC05313Ryugen_yomotsuheguri.jpg
キウイ撃輪。1つだけ付属します。
細かなモールドも再現され、塗装のはみ出しがなく素晴らしい出来栄え。


DSC05314Ryugen_yomotsuheguri.jpg
ディムブ。シンムグルンの使っていた武器です。
斧の部分が緑色からくすんだ黄色になるグラデーション塗装がなされており、質感抜群。保持の固さも良好。
ちなみに「ディムブ」とは「戦斧」のヘルヘイム語。


DSC05315Ryugen_yomotsuheguri.jpg
ダウ。こちらもグラデーション塗装がされているのが特徴。
ディムブ同様、保持の固さも良好です。
ちなみに「ダウ」「槍(そう)」のヘルヘイム語。
イメージとしては槍というか鉾みたいですが。


DSC05316Ryugen_yomotsuheguri.jpg
刃の部分はきちんとヘルヘイムの実が吊るされています。
ただ設定上は確か柄の部分にロープか何かで巻かれているのに対し、
こちらはいかにもキーホールダーのように金具で吊るされているのがちょっと残念。


DSC05318Ryugen_yomotsuheguri.jpg
後はヨモツヘグリロックシード。ブドウっぽい果実の部分はメタリック塗装ではありません。
そして相変わらず形式番号の部分が潰れて読めない。ちなみにヨモツヘグリの形式番号は「L.S.-YOMI」


DSC05317Ryugen_yomotsuheguri.jpg
ちなみにブドウ龍砲の保持手首も付属しているのでちゃんと保持できます。


-Bundodo!!-


DSC05321Ryugen_yomotsuheguri.jpg
ヨモツヘグリアームズ! 冥・界・ヨミヨミヨミ!
理由ある苦痛が龍玄を襲う!


DSC05322Ryugen_yomotsuheguri.jpg
保持手首がついてるおかげでブドウ龍砲のポーシングはバッチリ。
極アームズも見習っていただきたい。


DSC05325Ryugen_yomotsuheguri.jpg
キウイ撃輪も造形は問題なく、軽いのでポーシングも楽。


DSC05323Ryugen_yomotsuheguri.jpg
ただ1枚しか付いてこないのは残念。劇中ではほんのちょこっとだけ2枚で使ってたので…


DSC05329Ryugen_yomotsuheguri.jpg
ディムブは大きさのバランスもばっちり。両手持ちもビシッと決まります。


DSC05330Ryugen_yomotsuheguri.jpg
上段の構え持ちは少々デザインに干渉するものの、概ね良好。


DSC05334Ryugen_yomotsuheguri.jpg
ダウは黒影の影松を一回り大きくした感じで迫力抜群。


DSC05342Ryugen_yomotsuheguri.jpg
ただヘルヘイムの実を吊るしてる金具は気になる人は気になるかな。
いかにも玩具臭いもんなぁ。


DSC05324Ryugen_yomotsuheguri.jpg
とりあえず鎧武と絡ませなければこのフィギュアーツは始まらない。


DSC05326Ryugen_yomotsuheguri.jpg
攻撃に旗しか使ってなかったあたり、この時の紘汰は本気で戦おうとはしてなかったんですね。


DSC05327Ryugen_yomotsuheguri.jpg
でも棒立ちでキックを受け止めるのは流石にどうなんだ。旗使ってガードせい。


DSC05328Ryugen_yomotsuheguri.jpg
とにかくボコられるコウタサン。この頃になるとカチドキもすっかり極の前座に…


DSC05331Ryugen_yomotsuheguri.jpg
とまあ、ここらへんで極にチェンジ。


DSC05332Ryugen_yomotsuheguri.jpg
とにかくバトルシーンは濃い内容なのでブンドドには困りませんね。


DSC05345Ryugen_yomotsuheguri.jpg
ダウと無双セイバーをそれぞれ片手で止めようとするシーン… なかなか難しいw


DSC05347Ryugen_yomotsuheguri.jpg
そして悲しき決着。すぐ復活するけど…


DSC05348Ryugen_yomotsuheguri.jpg
以上、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー龍玄・黄泉 ヨモツヘグリアームズ のレビューでした。



◆評価点
・良好な造形&可動&色分け
・豊富な付属品によるプレイバリューの広さ
・ブドウ龍砲をちゃんと持てる



◆不満点
・キウイ撃輪が1つだけ
・ダウのヘルヘイムの実を吊るしてある金具



総合オススメ度:★★★★★

危ぶまれていた付属品もきっちり充実しており、遊び応えバツグンの良アーツだと思います。
ブドウ龍砲がきちんと持てるのが嬉しいですね。極アームズもこのくらい手首が充実してれば…
キウイ撃輪が1つだけしか付いてこないのは残念ですが、劇中でも活躍は少なめですし、
そもそも鎧武アーツでは「足りない付属品は他から調達しろ」という風潮ができあがっているので(無双セイバー然り)、
今後発売されるであろうキウイアームズに期待しろということなのでしょう。
鎧武と絡ませて楽しく遊べた一品でした。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/06/30 17:52 ] S.H.フィギュアーツ | TB(0) | CM(2)

冥・界!黄泉、ヨミ、ヨミ❗

お久しぶり。
龍玄・ヨモツヘグリ、やはり購入されてましたか。
私もフィギュアーツ化を待ってたので嬉しい一品です。特に戟がよく似合う!
私のではミッチの闇堕ちぶりをテーマに、あるボカロ曲と組み合わせて遊んでます。

今月にはマリカも届くので今から楽しみです。シグルド、ナックルも商品化が決まった今、『鎧武』系はあと鎧武・🍓が出てくれれば、本命は終了です。
[ 2015/07/01 12:59 ] [ 編集 ]

Re: 冥・界!黄泉、ヨミ、ヨミ❗

RGM-122様、コメントありがとうございます!

>今月にはマリカも届くので今から楽しみです。シグルド、ナックルも商品化が決まった今、『鎧武』系はあと鎧武・🍓が出てくれれば、本命は終了です。
🍓って何だ!? と思ったらイチゴのことだったんですね。
私としてはバナナアームズやブラックジンバーも捨てがたいです。ブラックジンバーは今度の魂NATIONSあたりで売られそうですが。
[ 2015/07/02 04:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/935-ca895be5